<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジャンパオロ・モレッリ主演のTVドラマにエキストラ出演 (L'ispettore Coliandro)

e0059574_4494145.jpg
先日またエキストラ出演の機会に恵まれ、ボローニャで行われたTVドラマのロケに参加した。2006年にスタートした『L'ispettore Coliandro』のシーズン5で、撮影は5月から始まった。朝8時、ボローニャ旧市街の広場に男女10人のエキストラが集合。8人は警察署に滞在許可証を更新する外国人、2人は警官という設定。


e0059574_449537.jpg
そこへ主役のGiampaolo Morelliがスタッフとともに、「チャオ!」と片手をあげてやってきた。うわっ、背が高っっ。2m近い?ポプラが歩いてる。いきなりの展開に、ぇええぇェェーー!もしかして今日は、彼と一緒に撮影?^^ 女性陣のテンションが上がる。キャスティング・アシスタント(この日は彼女も警官としてエキストラ出演)の案内で、セットのあるビルへ移動した。書類に署名したあと、衣装とメイクのチェックを終えて廊下に出ると、Yシャツ+ジーンズ姿のGiampaoloにバッタリ鉢合わせ。きゃうきゃう!端正な顔立ちに、ドキドキ。えっ、トイレ?彼もトイレに行くんですね。


e0059574_450045.jpg
準備ができたエキストラは、セットの外で待機した。目の前にGiampaoloがいる、うふふ。セット内を歩き回りながら、台詞の仕上げに余念がない。そこへ監督のManetti兄弟(Marco & Antonio↑↑↑)が登場。撮影クルーは、機械・道具の最終点検に入る。大部分のスタッフがローマやナポリ出身で、彼らの強い訛りが新鮮に響く。予行演習のあと、本番スタート。「静かに!」 Giampaoloの声は、艶やあってよく通る。耳に心地よい。ずっと聞いていたい。背が高い上にトレードマークのRay Banのサングラスをかけ、黒の革ジャンを着ているから、どこにいても、何をしていても(何もしていなくても)、とにかく目立つ。存在感があるノダ。1つ1つの仕草が、これまた可愛くて、萌えエェェ♪


e0059574_4501165.jpg
いよいよエキストラの出番。ザックリした指示に従って動いた後、立ち位置や振りやクチパクなどの指示が、徐々に具体的になっていく。Giampaolo扮するColiandro検査官が、移民局前に並ぶ外国人の列をかき分けて、事務所に入るシーンでは、通り道を作るためGiampaoloがエキストラの肩を、両手で左右に押しのけて行く。撮り直しのたびにアタシの右肩に彼の手がぁぁぁ、うふっ(*^^*) またまた萌え死ぬ。そのシーンにやっとOKが出るかと思いきや、救急車のサイレンがマイクに入って、やり直し。クルーは一斉にため息をつくが、私はぜんぜん平気。何千回撮り直してもいいわよ、Giampaoloと一緒にいられるもーん。


e0059574_4502069.jpg
正午を過ぎた頃、「おなかが空きましたねェ」という監督の声で、短いランチ休憩になった。色んな種類のピッツァ・ドルチェ・果物・飲み物が用意されたテーブルを、役者もエキストラも撮影クルーも、みんな一緒になって囲む。学祭のノリで、とても楽しい。どのピッツァにしようか迷っていると、頭の上から、「これがおいしいよ」と声がして、箱のフタをあけてくれたのが、Giampaolo(*^^*)

ピッツァを食べながら、彼と軽い世間話をした。夢見たい。気さくでノリがよく、礼儀正しい。きらきらした瞳に、吸い込まれそう。吸い込まれてもいい。こうして間近で見ると、顔が濃い。本~当~に濃い!その彼が、今、アタシの隣に座っている、ドキドキ(*^^*) 口から心臓が飛び出そうになる。他のエキストラや撮影クルーの話も、非日常的で面白かった。あるエキストラは、先日39℃の炎天下で一日中撮影があり、一気に真っ黒に日焼け(O_o) 今日は室内ロケでよかった。


e0059574_4502841.jpg
楽しいランチ休憩はあっと言う間に終わり、午後の撮影に入った。今度はやや角度を変えて、午前中のシーンを撮り直す。「今の、いいよね。絶対にいいよね」「よし、よし、よーし p(^^)q」「ちょっと、今の台詞は、間が短かったかな?」「エキストラのみんな、うまいよ、うん。ボクなんかより、ずっとうまい」というGiampaolo。こんなムードメーカーがいると、現場は本当に助かる。オン/オフの切り替えも見事。プロ根性に感心する。そんな彼に、女性陣がぽ~っと見とれていると、「今日はエキストラのみなさんのお陰で、撮影がとてもスムーズに行きました」と監督、それに続いてクルーの拍手喝采。えーっ、もう終わり?「お疲れ様でしたァ」と全員で拍手をして解散、予定より4時間も早く終わってしまった。

撮影終了後は、役者やクルーと写真を撮ったり喋ったりできたので、待ってましたとばかりにGiampaoloに突撃して、ツーショットをお願いした。チビっ子な私は、彼の肩にすら届かない。ハムスターとキリンの図(≧∇≦) ずっと見上げていると、首の後ろが痛くなる。サインもお願いする。私の名前の綴りを聞かれるが、緊張のあまり言い間違えてしまった。「自分の名前だよねェ、もう」ってピストル型にした片手で、肩をツンツンの真似。きゃーー、もっと彼に叱られたい(←病気) 彼のリアクションがいちいち可笑しくて、胸きゅんきゅん。何度も萌え死にました。最後に、「今日はどうもありがとう」と握手をしてくれた。それは私の台詞です、気さくでフランクでイケメンなGiampaoloと、夢のようなひとときを過ごすことができたんだから。別れが名残惜しい(T^T) とても素晴らしい良い思い出になった。


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-27 04:57 | My talk | Comments(2)

House of Cards Season3 episode 4-13 (ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 第4~13話)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_2143922.jpg
【あらすじ】 次期大統領再選をひそかに狙うFrank Underwood(Kevin Spacey)は、票集めのため労働者優遇の法案を作成する。Heather Dunbar(Elizabeth Marvel)はFrankの対立候補として、次期大統領選に出馬する決意をする。過酷なリハビリを乗り越えて日常生活に復帰したDoug(Michael Kelly)は、Frankの極秘情報を交換条件に、Dunbarの下で仕事をしたいと申し出た。その頃FrankとClaire(Robin Wright)は、投獄されている米国市民の返還交渉のためモスクワへ飛ぶが、思いも拠らぬ結果となりショックを受ける。(作品の詳細はこちら


e0059574_2144971.jpg
米露会談でロシア大統領Viktor Petrov(Lars Mikkelsen)は、NATOのミサイル防衛配備案の引き下げを要求、その代わり中東に駐留するロシア軍を撤退させることに合意した。決定的な冷戦状態は免れたものの、オバマ政権のように、ロシアは敵でもないが親密な同盟国でもないという位置づけである。ところで今シリーズのClaireは、以前にもまして思い込みが激しく、見ていてイライラ。彼女の独断や暴走のせいで、米露関係がホントに危うくなりかけたんだから。ヨルダン・バレーの平和維持運動も、国連大使として何やってるんだか?なレベルだし。「アタシが、アタシが」の彼女って、かなり目障りでウザい。


e0059574_215121.jpg
受賞作家&PCゲームの評論家Thomas Yates(Paul Sparks)に、Frankは自叙伝を書かせる。大統領官邸に何度も彼を呼び寄せては、生い立ちやClaireとのなれそめ、結婚生活や下院議員時代を口述させた。そんな2人の間には、次第に特別な感情が芽生える(ああ、またこのパターンか)が、伝記の下書きがFrankには気に入らず、さっさとThomasを解雇。血も涙もない男だ。


e0059574_2151491.jpg
FrankとDunbarとJackie(Molly Parker)の3人は、初回のテレビ討論会で三つ巴になるが、Jackieの暴走により、Dunbarの支持率が上昇し選挙に有利になった。が、ここでDunbarは目算を誤る。さらなるポイント獲得のため、Frankの妻Claireの過去のスキャンダルを、Dougから高額で買取り、一気にFrankを打倒しようと試みるが、Frankに丸め込まれたDougの裏切りで、この作戦はダメになっちゃう。みなさん、汚れっぷりが半端ありませんね。


e0059574_2152876.jpg
もうFrankの下で仕事なんかやってらんねェ!と自主解雇したRemy(Mahershala Ali )と、テレビ討論会後Frankと険悪状態になったJackie(Molly Parker)は、焼けぼっくいに火がつく。ああ、お昼のソープオペラ!


e0059574_21605.jpg
奇蹟の復帰を果たしたDougは、FrankとDunbarをはかりにかけて、Frankの腹心として再就職するんだけど、えっ、こんなのあり?1度はFrankを裏切った男が、さらっと再雇用されるって・・・?(絶句) しかもDougは自分を殺そうとした売春婦Rachel(Rachel Brosnahan)を、地獄の底まで追い続け、ネットハッカーGavin(Jimmi Simpson ←このヒト、生理的に苦手)の極秘調査のおかげで、彼女の居所が分かった。ああ、そして、Rachelは・・・。あれはFrankの厳命だったのか?Dougの個人的感情によるものだったのか?


e0059574_2173464.jpg
このTVドラマには、残念ながら心惹かれる役者が不在だけど、Frankの腹心として黙々と仕事をこなすSeth Graysonを演じる地味でストイックなDerek Cecil、彼は何気にいいかも。

シーズン3に入って、一気にスローテンポになってしまった。それはまぁ、仕方がない。破竹の勢いで頂点(大統領就任)を極めたFrankが、今度は保身と維持の立場にまわったのだから。でも本音を言えば、全くモラルがなく、宗教も道徳もイデオロギーもない。そんな彼の傍若無人っぷりを、もっと見たい。無敵な男Frankにも弱みがあるってことね。Underwood夫妻や大統領選など、シーズン4でどんな展開を見せるのでしょうか?薄ーく期待しています。


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-16 21:08 | Kevin Spacey | Comments(0)

The 100-Year-Old Man Who Climbed Out the Window and Disappeared (100歳の華麗なる冒険)

私のお気 に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_251728.jpg
【あらすじ】 老人ホームに入所しているAllan(Robert Gustafsson)は100歳の誕生パーティ当日、お祝いなんて勘弁とばかりにホームから抜け出してしまう。ひょんなことから大金の入ったスーツケースを取ったため、ギャングや警察から追われる身となる。道中に出会った変な仲間たちとともに珍道中を繰り広げながらも、何とかなる!と悠然としていた。彼はかつてStalinやGorbachev、Reaganら各国要人と渡り合い、数々の歴史的事件を経てきた爆弾の専門家だったのだ。Jonas Jonassonの世界的大ベストセラー『窓から逃げた100歳老人』を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_214306.jpg
「意表を突く、奇想天外な展開が面白い」というレビューに引き込まれて、随分前に原作を読んだ。奇想天外というより、ありえない展開にびっくりしつつも、楽しくさらっと読み終えた。そしてこの映画を観たが、原作を読みながら私が想像していた情景(老人ホームの雰囲気やバスターミナルやAllanが立ち寄る家々など)が、随所に出てきたのには驚いた。デジャヴな体験!私が演出を担当してもよかったな(^^) それにしても、英語のタイトルの長いこと(U.U)


e0059574_2144994.jpg
主人公は100歳のおじいちゃん。高齢化社会のこの時代、100歳というのは珍しくもない。けれど小さい頃から爆弾が好きで、色んなものを爆発させて遊んでいたとか(おいおい)、若い頃世界の要人と渡り合ったとか、ありえないことがふつうに出てくる。「えっ、このおじいちゃんが???」という意外性に、軽いブラックジョークや漫画のような映像が加わった、大人向き?の辛口童話である。

でも『In order of disappearance』『フレッシュ・デリ』に比べると、ブラックの質や濃度が全く違う。『In order...』や『フレッシュ・デリ』には、「そ、それって犯罪でしょ?」なレベルの事件が頻発する。しかも事件に関わる人々は超大真面目。第3者の私たちは、そんな彼らが真面目になればなるほど、その姿が滑稽でおかしくて仕方がない。ところが本作品はブラックと言うより奇抜さだけが突出して、私のツボにはまらず、途中で寝てしまいました。あれだけ色んなエピソードが盛り込まれている原作を、ほぼ忠実に再現するところに、ムリがあったのかも。


e0059574_215113.jpg
おじいちゃんを見ていると、数奇な人生を歩んできた割には、行き当たりばったりなところが多い。成り行きまかせなんだけど、ラッキーなことに(楽天的だから?)何をやってもそこそこうまく行く。本人はよくても、こんな人がいたらまわりは大迷惑です。苦笑


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-13 02:20 | - Other film | Comments(0)

Hannibal season 3 episode 2-5 (ハンニバル シーズン3 第2~5話)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_17474457.jpg
【あらすじ】 昏睡状態から目覚めたWill Graham(Hugh Dancy)は、Hannibal(Mads Mikkelsen)の家で起きた惨劇の後の一連の出来事を1つずつ繋ぎ合わせて、空白の時間を克明に思い出そうとする。パレルモに行ったWillは、町の大聖堂でAbigail(Kacey Rohl)やフィレンツェ警察のRinaldo Pazzi刑事(Fortunato Cerlino)に会った。またリトアニアにあるHannibalの生家を訪ね、Hannibalの叔母の家政婦をしていたというChiyo(岡本多緒)に出会い、Hannibalの生い立ちや妹Mischaとの関係などを知る。
  一方Jack Crawford刑事(Laurence Fishburne)は独自のやり方でHannibalを捕まえようと、イタリアにやってきた。Pazzi刑事はひょんなことからフィレンツェでHannibalを発見し、懸賞金に加え手柄を立てようとするが、逆に博士に見破られて非業の死を遂げる。(作品の詳細はこちら


e0059574_17475613.jpg
ふぅ、やっと5話まで終わった。どのエピソードもWillの妄想シーンで時間稼ぎして、辟易。もうおなかがいっぱい。映像は綺麗なんだけどBGMが神経にさわり、「それで何なの?」 テンポが遅いとかノロノロ展開のレベルじゃない。話が全く進まないんだから。監督はこーいうのが趣味なの?勘弁して下さい。イライラがマックスに達して脱落しそうになったんだけど、第5話の後半からやっと動きが出てきたので、我慢してもう少し観てみようかという気になった。ところで頻繁に登場する鹿くん、あれはHannibalシリーズのマスコット?苦笑


e0059574_1748777.jpg
いや、しかし、ビックリ。あの状態なら絶対に死んでいるはずのAbigailやCrawford刑事やAlana Bloom女医(Caroline Dhavernas)やChilton博士(Raúl Esparza)たちが、みごとに生還!!(驚) 腹を割かれても顔を撃たれても、頚動脈をグッサリ切られても脊髄損傷しても死なない。このTVドラマは、色々な意味で凄い。人間関係やストーリーが今ひとつ分からないが、打算や駆け引きや怒りや復讐など、大勢の人がそれぞれの思惑を胸に秘めてHannibalを追っているのは確か。


e0059574_17482939.jpg
シーズン1の頃はHannibalとWillのBLっぽい関係が、何だか面白いなと思った。が、今シーズンに入ってからグダグダに拍車がかかり、BLやこの先の展開なんてどーでもよくなった。今シーズンで打ち切りらしいが、まぁ当然の成り行きだろう。Chilton博士の活躍に淡い期待を抱いているんだけど・・・。 

それにしてもWillはいつも無抵抗でやられっぱなしで、可哀想な役回りだ。第5話でも全力疾走している列車から、いきなりChiyoに突き落とされるし。実生活でも、奥さんには頭が上がらない?


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-05 17:57 | - TV series | Comments(4)

The Great Gatsby (華麗なるギャツビー/1974年版)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_2232347.jpg
【あらすじ】 1922年。中西部から大都会ニューヨークにやってきた作家志望の青年Nick Carraway(Sam Waterston)は、毎晩のように豪華絢爛たる饗宴を開いては大騒ぎを繰り返す若き大富豪Jay Gatsby(Robert Redford)の隣家で暮らすことになる。 様々な噂のあるGatsbyだが、彼の素性は謎に包まれてい た。やがてNickのもとにもパーティの招待状が届き、華やかな世界に足を踏み入れる。そして夜な夜な開かれるパーティ は、Gatsbyのかつての恋人だったDaisy(Mia Farrow)に再会し、彼女と過ごした日々を取り戻そうとするためだと知った。(作品の詳細はこちら
     

e0059574_22323557.jpg
この作品をはじめて観たのは、中学生か高校生の頃。野山を駆け回る野生児だった私は、アメリカの上流階級ってこんなにきらびやかでゴージャズなんだぁと、ハート型の目をしてため息ばかりついていた。成熟した大人たちの華麗なる世界、それは別の宇宙の話だった。お子ちゃまな私は映像美に気をとられて、男女の恋の機微が今ひとつ分からなかったが、こうして繰り返し観ればみるほど、Daisyの狡さが浮き彫りにされ、「ああGatsby!なんであんな女に惚れるかねェ?」


e0059574_22324636.jpg
そんなGatsbyに、役者として全盛期のRobert Redfordがタイムリーな抜擢。『追憶』や『スティング』のあと、ナイーブなGatsbyを演じて、イケメンの地位を不動のものにした。どんなキザな台詞やシーンも、彼なら許せた。でもRobert Redfordはやや品があり過ぎて(おとなしすぎて)、Gatsbyのギラギラした野心や執着心を表しきれていなかったか?成り上がり者のGatsbyはもっと胡散臭く、DiCaprioや(例えばAlain Delon)のようにアクの強い垢抜けない役者のほうが、より現実味がある。


e0059574_22325725.jpg
2013年版を観ながら、「1974年版のほうが良かったなぁ」なんて思ったが、前言撤回。1974年版はソツなくまとめてある代わりに、どの登場人物もおとなしくて目立たず、山場らしいものもなく、とても退屈だった。そんな中でDaisyの夫の愛人Myrtle Wilson(Karen Black)の顔の大袈裟な怪演は、場違いな感あり。それからどの役者も終始汗をかいて、顔がテカテカ光っているのが、気になって仕方がなかった。真夏の撮影だったのだろうか?メイクさん、何やってたんだろう?


e0059574_2233759.jpg
Daisyのクズっぷりは論外。夫にもGatsbyにもいい顔しながら、結局は夫(安定した暮らし)を選び、Gatsbyには事故の濡れ衣を着せて、さっさとトンズラ。Gatsbyの人生って、何だったんだ?いや、真実を知らないまま、あんなに純粋にロマンチックに愛し続けてこの世を去ることができたのは、幸せだったというべきか。あの頃の男性の水着↑↑って、ほんとにキュート!


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-02 22:37 | - Other film | Comments(0)