<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Matt DamonとJimmy Kimmelの長い闘い

ひょんなことからJimmy Kimmel Live!の動画にたどり着き、そこでMatt DamonとJimmy Kimmelの間に、長い確執があることを知った。彼ら2人はもちろんこと、何の脈絡もない役者たちまで、面白がってわらわら動画に参加しているのが、ナンセンスでバカバカしいのに、可笑しくて仕方がない(爆) と、今さらな話題ですが、動画を見て久しぶりに大笑いしたので、記事にしておきます。

事の発端は、Jimmyが司会を務めるABCのトークライブ番組Jimmy Kimmel Live!で、あるとき番組終了時に、“Apologies to Matt Damon, we ran out of time.” 「Matt Damon、大変申し訳ないんだけど、時間がなくなってしまいました。」と、出演予定のないMattをネタにして言ってみた・・・ことらしい。最初は観客に全くウケなかったこのギャグが、やがて番組終了時の決まり文句として定着し、この番組も人気が出てきた。

e0059574_23543477.jpg
そして2006年、ついにMatt本人がゲスト出演となったのだが、Jimmyは長々とMattの略歴を紹介したため、ギャグ通りスタジオに登場しただけで、時間切れ。この仕打ちにMattは烈火のごとく怒り、Fワードを連発しながら退場した。もちろんこれはヤラセで、打ち合わせ済みの演技だったと言うが、血管ブチ切れそうな勢いで、実はマジ切れだったかも?


e0059574_23544772.jpg
これが引き金となって、MattとJimmyの長い闘いが始まった。激怒したMattは、Jimmyの実際の元カノSarah Silvermanを巻き込み、ビデオでJimmyに報復する。


e0059574_23545939.jpg
Mattに彼女を寝取られたJimmyは、Mattの幼馴染みで大親友のBen Affleckを利用し、これまたビデオで仕返しをした。ふざけたこの動画に、Brad PittやCameron DiazやHarrison FordやRobin Williams(彼も参加してたのね、うるうる)など、大勢の大物スターたちも便乗している。ったく、彼らのこのノリの良さって・・・(爆)


e0059574_23562950.jpg
2人の関係は更に悪化し、しまいにはMattがJimmyを拉致して、彼の番組を乗っ取るという事態に発展した。このビデオにも豪華なスターが多数出演し、Mattと一緒にJimmyにダメ出しをしている。


e0059574_2356413.jpg
2016年9月18日の第68回エミー賞授賞式には、Mattがりんごをかじりながら乱入し、当然のごとくダメ出し。 宿敵の突然の登場に、司会のJimmyもたじたじ。

それにしてもこの確執というか?ふざけたゲームは、いつまで続くんだろう?エンドレス?(≧∇≦) 飽きない人たちだ(笑) それを観て笑ってる私もだけど、ププッ。


e0059574_23565396.jpg
若い頃のMattは、ゴリラ顔のジミー大西とかぶって、1ミリも好きではなかった。それどころか生理的嫌悪感すら抱いていたのに、いつの間にか大好きな役者の1人に昇格していました。

あの純朴な雰囲気がイイ。黙々と仕事に打ち込む姿は、寡黙で口下手な職人のようだが、素顔はフランクで親しみやすく、そばにいて安心できる。弄られキャラに徹し、ユーモアとサービス精神旺盛で、チャーミングに応酬できるあの余裕が素晴らしいじゃないか。素朴でイモっぽいキャラを逆手にとって、人気をさらっていく才能、彼は本当に頭がいいのだ。茶目っ気たっぷりで、子どものように喜んだり楽しんだりできる。歳とともに人柄の良さが滲み出てきて、役者としても1人の人間としても魅力満載の彼から、目が離せなくなってきた。


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-28 00:00 | My talk | Comments(8)

ボブという名のストリート・キャット (A Street Cat Named Bob)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)
猫を飼いたくなってきた度 ★★★★☆ (95点)

e0059574_125879.jpg
【あらすじ】 James Bowen(Luke Treadaway)は、ロンドンでミュージシャンを目指していたが、早い時期からシンナーやマリファナなどの薬物におぼれ、気がつけばホームレス生活をしていた。そんな彼の前に現れた一匹の野良猫。この茶トラ猫Bobとの出会いが、彼と一匹の猫の人生を変えていく。世界28カ国以上で翻訳出版されたベストセラー(実話)を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_1251982.jpg
いやぁ~、もう、Bobが可愛いのなんの。愛嬌があるだけでなく、人間の喜怒哀楽に敏感で、人情の機微に触れることができる。人間のようなBobの魅力に、ハマってしまった。私が暮らすこのマンション階下の一家の猫も茶トラで、Pepe(ぺーぺ=イタリア語でコショウ)という名前。Bobをちょっぴりスリムにした感じで、マンションの住人にとても可愛がられている。だからBobの存在がPepeと被ってとても身近に思えた。因みに映画に登場するBob、これはBob本人が演じている。タダモノじゃない。


e0059574_1253186.jpg
e0059574_1254578.jpg
e0059574_1255865.jpg
e0059574_1262031.jpg
ペット全盛期時代を迎え、とりわけ猫ブームを狙ったかのようだが(まぁ、実際そうだと思うけど)、この作品は青年と猫の単なる友情物語ではなく、世界的な問題となっている薬物依存症やアルコール依存症、若者の失業問題なども絡ませている。麻薬の更生プログラムに参加しても、離脱症状がキツくて辛いため、また薬に手を出してしまったり、或いはオーバードーズで命を落とす人もいる。Jamesは幸運だった。彼に救いの手をのべる人々に囲まれ、彼と一心同体のBobがいてくれた。依存症の人々は、1人では更生できないのだ。


e0059574_1263670.jpg
e0059574_1275770.jpg
e0059574_1274453.jpg
映画の終わりのほうで、James Bowen本人がカメオ出演している。Catherine妃もロンドンプレミアを訪れ、猫のBobと対面したが、当のBobは...知らんぷりだったらしい。作品がとても面白かったので、原作を読み始めている。こちらもなかなかいいよ。


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-24 01:28 | - Other film | Comments(2)

メディチ家 全8話 (Medici: Masters of Florence 8 episodes)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (74点)

e0059574_23362595.jpg
【あらすじ】 15世紀初頭のフィレンツェ。Cosimo de' Medici(Richard Madden)は、父Giovanni(Dustin Hoffman)が突然死亡したことにより、銀行業を引き継ぐことになったが、Cosimoは父が殺害されたのではないか?その疑惑を明らかにするため、また一家の富と権力を守るため、是が非でも犯人を探し出さねばならなかった。中世フィレンツェの実質的な支配者として君臨し、栄華を極めたMedici家の興亡を8話構成で描くミニシリーズ。(作品の詳細はこちら


e0059574_23363662.jpg
英伊合作によるミニTVシリーズが、イタリア国営放送Rai 1で放映された。経費が限られたためか?『テューダー朝』『ボルジア家』のような大掛かりな撮影はなく、Medici家の歴史が人々の心を揺さぶるほど劇的でもなく、また世界的にそれほど知れ渡っているわけでもなく、そんなこんなで全く期待はせず、ただRichard MaddenがCosimoを演じるというので、もう嬉しくって観た。ショートヘアのCosimoを観ていると、どうしても血塗られたあのシーンを思い出して、涙が出てしまう、うるうる。

ほどよく史実を盛り込みながら(Medici家に対立するAlbizzi家のRinaldoとか、Pazzi家のAndreaとか)、一体誰が父Cosimoを殺したのか?犯人探しのサスペンスが繰り広げられる。必ずしも史実に沿っている訳ではなく、視聴率を上げるために、あちこち脚色してドラマチックに仕立てた模様ですが、う~ん、残念ながら何か物足りなかった。


e0059574_23365379.jpg
そんな時フツフツとわき上がってくるのが、イケメン発掘の欲求。目の保養になる役者の一人祭りは、退屈しのぎに最適なのです(*^^*) さてイケメン第1位は、やはりCosimo@Richard Maddenでしょう。特に若い頃のCosimoを演じた、ウェーブのかかったセミロングのRichardが素敵すぎ~♪ しかも吹き替えの声がLino Guancialeと、最強の組み合わせでした。


e0059574_2338433.png
イケメン第2位は、Cosimoの忠実な家来Marcoを演じたGuido Caprino。野生的で男のフェロモン垂れ流し状態なのに、好きな女の気をひきたくて、オーバーアクションに走ったり、下心丸見えの台詞を吐いたり。分かりやすくて、子どものような面もある人です。


e0059574_23381871.jpg
そしてイケメン第3位は、Cosimoの弟Lorenzo役のStuart Martin。あれっ、Hugh Jackmanってこんなに若かったっけ?と思ってしまうほど、似ている。撮影角度によっては、全く別人なんだけど、あの波打ったセミロングにちょっと拗ねた表情に、悩殺されました。セミロング男に弱い私。


e0059574_23383036.jpg
イタリア人役者も多数出ているが、中でもBrunelleschiに扮するAlessandro Preziosiが、なかなか渋くてよかった。「視線で女を孕ませる男」なんて騒がれた頃は、それほど関心がなかったけれど、『あしたのパスタはアルデンテ』で、いきなり好感度上昇。人間臭い役をやらせると、燻し銀のような輝きを放つ、いい役者になってきた。


e0059574_23384019.jpg
女性陣も魅力的な役者が揃っていたが、Cosimoの妻Contessinaを演じたAnnabel Scholeyが、容姿&演技ともに良かった。Medeici家のややこしい状況の中にあって、努めて冷静な判断を下し、何だかんだ言いながら夫に尽くす。ああいった芯のある女性がいなければ、たかだか銀行家のMedici家があんなに繁栄しなかったかもしれない。


e0059574_234046.jpg
最後にこの人。いつも画面のどこかに、ひっそり登場しているMedici銀行の会計士Ugo Bencini(Ken Bones)。彼はとても忠実で頼りになる男なんだが・・・。


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-18 00:00 | - TV series | Comments(0)

メン・イン・キャット (Nine Lives)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (70点)

e0059574_1511743.jpg
【あらすじ】 大企業の社長Tom Brand(Kevin Spacey)は、仕事人間で家庭をかえりみない傲慢な男。ある日一人娘Rebecca(Malina Weissman)の誕生日プレゼントに、苦手なネコを渋々買うが、その帰りにビルから転落!そしてなんと・・・Tomの意識はネコの体に移ってしまった。ペットとして家族に迎えられたTomの運命は?!(作品の詳細はこちら


e0059574_1513248.jpg
e0059574_1521352.jpg
e0059574_1531421.jpg
今年の初めに予告を観て、何となーく楽しそうだなと薄~く期待していた。猫とKevin SpaceyとChristopher Walken好きとしては、見逃せない作品でありますね。


e0059574_1533644.jpg
e0059574_1535146.jpg
それにしても猫が主役だったり、脇役で登場する作品の多いこと!ペットとして可愛がられている猫が、いかに多いかということなんでしょう。KevinやChristopherが出てるから観たという程度で、感想と言えば、猫の仕草にCGを使いすぎていて、何だかバカにされた感じが否めない。


e0059574_1523444.jpg
e0059574_1525260.jpg
でもRebeccaを演じたMalina Weissmanちゃんが、超キュートで可愛いから、まぁいい。こんな娘がいたら、何でも買ってあげちゃう。彼女の望みどおりにさせてあげたくなる。泣き顔なんてみたくない。


e0059574_15432.jpg
e0059574_1542339.png
Christopher Walkenも相変わらず3枚目っぷりの本領を発揮して、可笑しすぎる。胡散臭そうなペットショップの店長ってのが、ぴったりだ。こんなペットショップがあったら、入り浸りかも。店長を弄って遊んでいたい。


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-13 02:05 | - Other film | Comments(0)

地上の星たち (Every child is special/Taare Zameen Par)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_222232.jpg
【あらすじ】 小学生のIshaan少年 (Darsheel Safary)は、優秀な兄とは正反対。成績は最悪、文字の読み書きもままならない落ちこぼれで、いつも先生に叱られてばかりいた。が、好奇心と想像力は人一倍たくましく、絵を描くことが大好き。そのマイペースっぷりに学校もさじをなげ、絶望した父親は親元を離れた寄宿学校に入れてしまう。そんなある日、Ram先生(Aamir Khan)というユニークな新任美術教師と出会い、なぜIshaanが勉強が不得意なのか明らかになる。(作品の詳細はこちら


e0059574_222344.jpg
久々のアジア映画。歌って踊ってぎらぎらした、よくあるインド映画とは違った。インドの町は汚くて混沌としている、という先入観がある。ところがこの作品は冒頭から、苔生(む)した側溝の水中のシーンが実に美しく、Ishaanが学校をさぼって1人で小さな冒険をした町の風景も、インドとは到底思えないような街並みが広がって、カメラマンの腕に唸った。景色の切り取り方や撮影法にもよるが、確かに美しい風景やシーンが、インドにもある。十把ひとからげに「インドは汚い」など、言語道断だと自分を叱った。


e0059574_2233090.jpg
e0059574_2234411.jpg
こういう作品を見ると、育つ環境や人との出会いによって、人生は良く悪くも大きく変わるなぁと実感する。私はごく平凡な子どもで、卓越した能力はない代わりに、何でもそこそこ無難に普通程度にこなしてきた。そんなどこにでもいるような子にも、特別目をかけてくれた先生が何人かいて、思い出すと嬉しさがこみ上げてくる。Ram先生のようなインパクトはなかったし、当時先生たちが話してくれたことの意味は良く理解できなかったこともあったけれど、分かってくれる大人が親の他にもいるというのは、何かちょっと誇らしくて嬉しかった。


e0059574_2235995.jpg
e0059574_2241184.jpg
IshaanとRam先生の出会いは奇跡である。失読症であることを突き止めたばかりか、Ishaanの得意分野を引き出してくれたんだから。こんな先生に数学や物理を教えてもらったら、ひょっとしたらもてもての理系女になっていたかもしれないなぁ(妄想)


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-08 02:24 | - Asian film | Comments(0)

『アメリ』のロケ地めぐり

e0059574_285357.jpg
久しぶりのパリ旅行で、『アメリ』のロケ地めぐりをしてきた。まずはシテ島にあるノートルダム大聖堂。この上から落ちてきた観光客の下敷きになって、アメリの母親は即死☆


e0059574_291085.jpg
ここから一気にパリ北駅へ移動。近くにあるサン・マルタン運河は、ぼっちなアメリの憩いの場。運河の水面に小石を投げて、水切り遊びして和んでいたカワイイ子。

再びパリ北駅に戻り、そのままモンマルトルの丘へ向かった。坂道+長い石の階段が続いて、息は途切れるし膝はガクガク。ケーブルカーで一気に上がる手もあるが、頑張って歩いた。サクレクール寺院からパリの街を見下ろすが、小雨で遠くまで見えない。アメリがニノに電話をかけるシーンに登場する公衆電話は映画のセットで、実際にはありませんでした。


e0059574_210283.jpg
e0059574_2102891.jpg
サクレクール寺院内をささっと見てからモンマルトルの丘をおりて、トロワ・フレール通りに入る。テクテク歩いていくと、八百屋「コリニョンの店」が見えてきた。今にも彼らが出てきそうな雰囲気^^


e0059574_2104227.jpg
この映画で有名になり、たくさんの観光客が立ち寄るようになった。「アメリ、ありがとう!」といったアメリ関連の記事の切り抜きが、窓一面にびっしり。


e0059574_211231.jpg
最後はアメリが働いていたカフェ・デ・ドゥー・ムーラン。ここで様々な人間模様が繰り広げられたっけ。中には入らなかったが、アメリ・グッズが飾ってあるらしい。

パリ滞在中私の頭には、Romain Durisのような素敵なフランス男と、出会いがしらに衝突して、それが縁で恋が芽生えて、そのままカフェで話し込んで、その夜はうふふ...なストーリが用意されていた。が、現実といえば歩きすぎて(一日平均10km)足の裏に水ぶくれが出来、帰宅したら胃腸炎性のインフルエンザで2日寝込んでしまったという体たらく。ま、こんなものね。でも懲りずにまたパリにお出かけしたいです。


 
[PR]
by amore_spacey | 2016-11-03 02:12 | My talk | Comments(2)