<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハドソン川の奇跡 (Sully)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_392346.jpg
【あらすじ】 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。マンハッタン上空850メートルで、突如全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始めた。Sullenberger機長(Tom Hanks)の必至の操縦により、70トンの機体は目の前を流れるハドソン川に着水。乗客乗員155名全員無事という奇跡の生還を果たした。着水後も、浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は、国民的英雄として称賛を浴びる。だがその裏で、彼の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_393579.jpg
知らなかった、あの事故のあと、こんなことがあったなんて。あの悲劇を最小限に食い止めることが出来たのは、勇気ある機長の迅速な判断や責任感のお陰ではなかったのか。安全委員会にしてみれば、機長は自分勝手なことをした、組織を乱す迷惑な人。管制塔の指示を無視し、勝手に航路を変えた。マンハッタンのビルの谷間を飛ぶとは、テロ機と間違われるような行為、ましてやハドソン川に不時着させるなんて、無謀で言語道断。釈明の余地なし、という訳だ。

再現された当時の状況をみると、事故機はさまざまな偶然や幸運に恵まれていたのも確かだ。機長の英断、熟練した機長の操縦技術そして着水成功、民間船による素早い救出、乗客乗員の一致団結など、1つでも欠けていたら、状況がさらに悪化していたであろうことは、容易に想像できる。安全委員会が主張した「引き返す」という選択は、あり得なかった。

その安全委員会は、「どうしてマニュアル通りにやらなかったのだ?」「なぜ管制塔の指示に従わなかったのだ?」と感情的になる。また作品を観ている私たちは、機長の口から出てくる35秒の猶予とか、208秒の持ち時間というのが、一体どんな意味を持つ数字なのか、具体的によく分からない。しかしその後、畳み掛けるように迫る幾つものシミュレーションによって、あの非常事態の中で機長が何を成し遂げたのか、安全委員会や私たちは知ることになるのだ。いやはや、あの緊迫感といったらなかった。


e0059574_3105834.jpg
Sullenberger機長(↑本人)は、危機的な状況下においても公聴会の席でも、努めて平常心で、なすべきことを淡々とやっていく。国民から英雄扱いされても、当たり前のことをしたまでと言う、それどころか家族や同僚や乗客への配慮を忘れない。パイロットという仕事に誇りを持つ姿は、清々しく高潔だった。

こういった役どころをTom Hanksにやらせると、実に上手い。説得力がある。軽いコメディ映画にも出て欲しいが、ダヴィンチシリーズの安っぽい学者などではなく、こういった社会派ドラマでビシッと決めて欲しい。演出も演技も過不足なし、その上これだけ濃い内容をビシッと90分におさめたClint Eastwood監督の、卓越した手腕にも唸る。そうは言っても、1年に1度は飛行機に乗る身にとって、この手の作品はちょっとねェ。フライト前に観ちゃいけません。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-25 03:12 | - Other film | Comments(2)

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン3 第1話 (Mozart in the Jungle season 3 episode 1)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_152478.jpg
【あらすじ】 ヴェネツィアに到着したRodrigo(Gael García Bernal)は、伝説のオペラ歌手Alessandra(Monica Bellucci)と初めて対面した。スポットライトを離れてから数年が経つ彼女は、復帰公演の指揮をして欲しいとRodrigoに協力を求める。一方Hailey(Lola Kirke)は、NY交響楽団の客演チェリストAndrew Walsh(Dermot Mulroney )率いるアンサンブルに参加し、コンサートのためヴェネチアに来ていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1525767.jpg
e0059574_1531075.jpg
Monica姐とChristian De Sicaの出演で話題を呼んだシーズン3。第1話から姐とGaelの絡みが満載です。伝説の歌姫Alessandraの家を訪れたRodorigoは、手料理を振舞うという彼女に、「エプロンの後ろをお願いできますか」と囁かれる。いやぁ、グラマラスなMonica姐の後ろにGaelが立つと、彼女が貫禄ありすぎて、マンマの後ろで息子がエプロンのひもを結んでますの図(爆) レモンイエローのダイニングキッチンで、いそいそとテーブル・セッティングしながら、歌姫はパスタを茹でる。こんな所帯じみた?風景に、Monica姐が居ていいんでしょうか?


e0059574_1533290.jpg
e0059574_1534595.jpg
これ、私の大好きなイカ墨のスパゲティです。「うまい!実にうまい。しかし残念だが、これは茹ですぎだ」と、Monica姐の手料理にケチをつけるRodorigoは、一口食べただけで全部残した。この瞬間、世界中の何人の男性が、Rodorigoに殺意を抱いたかしら?


e0059574_1535615.jpg
e0059574_154824.jpg
Alessandraのマネージャー役で出演のChristian De Sicaが、いつもの弾けたペースでわが道をずんずん行く。身体も口も軽快にコミカルに動き、まるで踊っているようで、楽しい雰囲気なんだわぁ(笑)


e0059574_1541816.jpg
しかしここで事件発生。ランチで食べた魚介類が中って、Haileyのお腹はゴロゴロピー。演奏どころの話ではなく。コンサートの真っ最中に、トイレにダッシュという大醜態!コンサートは散々、もちろん解雇されてしまう。


e0059574_154571.jpg
e0059574_1551160.jpg
小柄なのにインパクトのある白髪ばあちゃんに連れられて、Rodrigoは真夜中のフェニーチェ劇場にやってきた。そこでMonica姐が、SchubertのAve Mariaを歌う。こんな声でも復帰できるかしら?とRodrigoに確認を求めた、真夜中の1人オーディションって訳です。52歳になったMonicaですが、ゴージャスな美貌は衰えず、世界中の男性を惹きつけてやみません。「歳をとるのは怖くない」と言い切る彼女を見習って、私も素敵に歳を重ねていきたい今日この頃です。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-20 01:55 | - TV series | Comments(2)

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン2 全10話 (Mozart in the Jungle season 2 10 episodes)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0305815.jpg
【あらすじ】 NY交響楽団は財政難の危機に直面し、Cynthia(Saffron Burrows)たち団員組合は弁護士Nina(Gretchen Mol)を雇って、理事会との交渉に臨み、場合によってはストライキも辞さない姿勢。さらに色恋沙汰で大混乱の楽団を抱え、天才指揮者Rodrigo(Gael García Bernal)は南米コンサートツアーに不安を募らせる。
Hailey(Lola Kirke)はひょんなことから首席オーボエ奏者を任されるが、自分のキャリアやうまくいかない恋愛に悩んでいた。果たしてRodrigoは南米ツアーを成功させることができるのか?楽団は財政危機を乗り越えることができるのか?(作品の詳細はこちら


e0059574_0311247.jpg
軽快に始まったシーズン1に比べ、シーズン2はNY交響楽団の財政危機が焦点となり、なんとなく停滞気味でちょっぴり退屈だった。毎回起きる事件も先が読めてしまい、面白味は半減。著名な演奏家がカメオ出演した第4話や、Rodrigoのばあちゃんが登場する第5話は、新鮮でインパクトがあり楽しかったですね。

ヒロインのHaileyはどこにでも居そうな女の子で、天才的なオーボ奏者でもない。脇目も振らずがむしゃらに突き進んでいくタイプじゃないのに、いつの間にか棚ぼた的に幸運を手にしている。彼女の恋愛事情も、あっちへこっちへふらふら。初演の日にRodrigoとキスしたかと思えば、素敵なダンサーAlexの心を射止め、それがダメになったあとは、客演チェロ奏者Andrew Walshと一夜のアヴァンチュール、挙句の果てには若手理事Erikとデートしたり、スキー旅行の計画があったり。積極的に動かなくても、まわりの状況が彼女を放っておかないのだ。でもRodrigoのばあちゃんの占いどおり、HaileyとRodrigoは紆余曲折を経てゴールインするに違いない。繊細なRodrigoには、一見ふわふわしているが芯の強いHaileyのような女性が必要なんだと思う。そんなRodrigoは、愛するオーケストラを救うため、指揮者辞任の契約にサインするんですよね、うるうる。


e0059574_0312988.jpg
第4話は、Rodrigoが演じる天才指揮者のモデルになったベネズエラの実在の指揮者Gustavo Dudamel やLang Lang(ピアニスト)、Emanuel Ax(ピアニスト)、Joshua Bell(ヴァイオリニスト)、Alan Gilbert(指揮者)など、著名な演奏家が登場して、嬉しいサプライズだった。リストのハンガリー狂詩曲第2番をさらっと聴かせてくれたLang Lang(若い頃の豊原功補にみえるんですが)なんて、このドラマの常連役者のように馴染んじゃっているから凄い。人懐こく底抜けに明るくて、芸達者なピアニスト♪ 指の長さにビックリです。


e0059574_0314714.jpg
主役の2人はもちろんだが、団員(いつも人形を抱っこしている男性とか)やルームメイト(&その彼)など、個性的な脇役たちがこのドラマを引き立てている。Gloriaは成熟した大人の女性で安心できる存在、しかもオーケストラのことを誰よりも考えている。ときおり見せる哀愁や憂いのある表情や彼女の歌声に、男たちはつい情をほだされてしまうだろう。


e0059574_0323679.jpg
このGloriaと大御所Thomas(Malcolm McDowell)がいてくれれば、どんな大変なことが起きても、何とかなるような気にさせてくれる。Thomasが作曲した曲を聴きながら逝った妻は、ある意味とても幸せだけど、Thomasにとってこの曲は、妻を殺した忌々しい存在になってしまう。こんな形で作曲家業を諦めることになるなんて…(涙)


e0059574_0394974.jpg
Rodrigoの妻でヴァイオリニストのAnna Mariaは、ごく偶にしか登場しないが、情緒不安定でエキセントリックな上、数々の奇行を重ねて異彩を放っている。こんな地雷だらけの人と暮らしていくのは、ほとんどの男性がムリでしょう。穏便に離婚話がすすんでよかった。

さてシーズン3はヴェネチア・ロケ。イタリア女優代表のMonica Bellucci姐がオペラ歌手として登場、彼女のマネージャー役にChristian De Sica(Vittorio De Sicaの息子)が抜擢されました。 オーボエ奏者としてのHaileyの成長やRodrigoの恋のゆくえとともに、Monica姐の歌姫としての活躍ぶりも気になるところです。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-16 00:40 | - TV series | Comments(0)

幸せへのキセキ (We Bought a Zoo)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_1304899.jpg
【あらすじ】 半年前に愛する妻を失ったBenjamin Mee(Matt Damon)はコラムニストの仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子Dylan(Colin Ford)と7歳の娘Rosie(Maggie Elizabeth Jones)と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物が暮らしていた。Benjaminは動物園の再建を決意するも、資金難が発生するなど悪戦苦闘の日々が続く。しかし飼育員のKelly Foster(Scarlett Johansson)や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいく。(作品の詳細はこちら


e0059574_131271.jpg
これもMatt1人祭りの一環です。実話がベースになっているとは言え、動物園を買っちゃうなんて(原題がそのまんま)、現実離れした話で、私には関係のない遠い世界だった。けれど観終わったあと、何かしら心に響いてくるものがあり、少し笑えて、穏かな気持ちに包まれた。20秒の勇気があれば、人生が180度変わるような奇跡が起きるかもしれない。そう、私にもそんな瞬間がありましたね。

いやぁ、こんなMattを待ってました。どこにでもいそうな普通のお父さん(でも動物園を買っちゃう人って、そうそういませんけれどね)を演じるMattが見たかった。思ったとおり、人間味にあふれる父親役が見事にハマっていて、どうして今までこんな役が来なかったのか不思議なくらい。彼の表情を観てるだけで泣けた。タフだけど不器用な父親が、息子に正面からぶつかっていく。いいオヤジじゃないか。私もあんなふうにMattに怒られたい(*^^*)


e0059574_1311842.jpg
地味な役どころのScarlett Johanssonも、魅力的でした。母親と2人暮らしで、女子会にも出ず動物の世話に夢中で、婚期を逃しているようなごく普通のお姉さんを、セクシーなイメージのScarlettが好演し、ただいま好感度上昇中です。


e0059574_1322711.jpg
娘のRosieを演じたMaggieちゃんが、愛くるしくてめちゃくちゃ可愛いかった。ちょっぴりおませで、大人びた口をきく。この子がいるだけで、雰囲気が和らいだ。難しい年頃に差し掛かった息子役のDylanはRiver Jude Phoenixを彷彿させ、なんか胸にぐっと来ました。シャイで傷つきやすく、コミュ障気味な彼を見ていると、気になって放っておけなくなります。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-09 01:33 | - Other film | Comments(0)

ディパーテッド (The Departed)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_4514863.jpg
【あらすじ】 犯罪者の一族に生まれたBilly(Leonardo DiCaprio)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられた。一方マフィアのボスFrank Costello(Jack Nicholson)にかわいがられて育ったColin Sullivan(Matt Damon)は、内通者となるためCostelloの指示で警察官になる。香港の犯罪ドラマ『インファナル・アフェア』のリメイク。(作品の詳細はこちら


e0059574_4522787.jpg
e0059574_452435.jpg
ひっそりとMatt1人祭り。これは豪華キャストでしたねェ。かなり昔オリジナル版を観たので、結末はおぼろげながら記憶に残っていた。現実をそっくり映し出しているとは言え、あの結末は不条理でやりきれなかったなぁ。今回はLeoとMattの競演を楽しみにしていたが、Jack Nicholsonの有無を言わせない圧倒的な存在で、若造2人は彼の手のひらで踊らされていた感が否めない。改めてJackの凄さを見せ付けられた。


e0059574_45359.jpg
e0059574_453175.jpg
全力投球のLeoが決して悪い訳ではないが、気負いすぎ気張りすぎて、「もう少し肩の力を抜いてもいいんだよ」と声をかけたくなる。Mattは一見クールなんだけれど、じわじわと精神的に追い詰められていく様子がリアルだった。この2人を窮地に追い込んだJack。台詞を言わなくても、彼が登場するだけで緊迫するあの存在感が、LeoやMattの悲劇的な運命をさらに際立たせていた気がする。2人とも長い潜入生活の中で、友情が生まれたりしただろう。その友や自分の内側の正直な思いも、欺き裏切り続けなくてはならない。何と言う過酷な人生なんだろう。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-05 04:53 | - Other film | Comments(2)

ナイス・ガイズ (The Nice Guys)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2145151.jpg
【あらすじ】 1977年のロサンゼルス。人気ポルノ女優が死亡するが、彼女の生存を信じる叔母から、シングルファーザーの私立探偵Holland March(Ryan Gosling)に捜査を依頼された。間もなくこの事件にAmelia(Margaret Qualley)という20歳前後の女性が絡んでいることを突き止める。Ameliaに雇われた示談屋Jackson Healy(Russell Crowe)に行く手を阻まれるHollandだったが、ひょんなことから2人はコンビを組み、凄腕の殺し屋(Matt Bomer)に狙われながら、事件解決に奔走する。(作品の詳細はこちら


e0059574_215625.jpg
軽快なテンポで話が展開し、行き当たりばったりな部分もあったが、最後まで適度な緊張感に包まれて面白かった。特筆すべきは、見た目も年代もキャラも全く共通点のないRyan GoslingとRussell Croweの2人。ボケ&突っ込みの漫才コンビで売り出したら、大ヒット間違いありませんことよ。

Hollandは気が弱く、喧嘩には弱いわ、ティーンエイジャーの娘には尻に敷かれるわ、捜査をやらせればドジばかり踏むわ、究極のダメ男なんだけど、勘が鋭く探偵の才能に恵まれている。そんな2枚目半な彼を演じたRyanは、羽目を外し過ぎずクール過ぎず、匙加減が上手い。70年代らしいデザインの衣装も、お洒落に着こなしていた。Russellにコメディのイメージは殆どなかったが、コンビを組んだRyanとの相性が良かったのか?体力や体格に物を言わせて暴れ回る中に、一途で純真な子どもの姿が見え隠れして、無性に可愛いかったなぁ。彼って、母性本能を刺激するタイプね。


e0059574_2152066.jpg
多数の大人の中でキラリと光っていたのが、Hollandの娘Hollyを演じた正統派美少女のAngourie Rice。ダメなパパを上から目線で見ているんだけど、大好きだから守ってあげたい。健気でちょっぴり大人びたティーンを、巧みに演じていた。15歳でこの色気は、恐るべし!


e0059574_2155582.jpg
e0059574_2154258.jpg
そして期待のMatt Bomerは、初の悪役に挑戦。懸命に殺し屋を演じるんだけど、何か、こう、しっくり来なくて、彼が登場するたびに居心地の悪い思いをした。ワルに徹するには、Mattは優しすぎるからかな?それよりも、中途半端に長い前髪のせいで、Mattの魅力が台無し。メイクさん、もう少しなんとかなりませんでしたか? 今までいい人路線で突っ走って来たから、当人にしてみれば、キャラクターや芸域を広げる願ってもないチャンスだし、銃をぶっ放す役は誰でも1度はやってみたいもの。この役が彼の転機になるといいな。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-01 02:17 | - Other film | Comments(0)