<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

特捜部Q 檻の中の女 (Kvinden i buret / The Keeper of Lost Causes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (83点)

ネタバレあり!

e0059574_136598.jpg
【あらすじ】 捜査ミスにより部下を殉職させ、自身も重傷を負った経験を持つ殺人課の刑事Carl(Nikolaj Lie Kaas)は、特捜部Qへ転属されることになったが、そこは未解決事件の残務整理を主な業務とする閑職部署だった。仕事をしていく中で、Carlは5年前に起きた女性議員の失踪事件に興味を持つ。議員のMerete(Sonja Richter)が、船から投身自殺したとして処理されていたのだ。イラクから研修に来ている助手Assad(Fares Fares)の力を借りながら、Carlは再調査に挑むのだが…。Jussi Adler-Olsenのミステリー小説『特捜部Q』を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_1371213.jpg
Mads Mikkelsenと何度も共演していて、気になっていたNikolaj Lie Kaasが、何と!主役じゃないですか。嬉しくなって観てみたら、期待を裏切らない面白さで、見事にハマッてしまいました。派手なカーチェイスや銃撃戦なんてものは、1度も登場しない。むさくるしいおっさん刑事2人が、寒くて陰鬱な北欧の地で、未解決事件の捜査にあたる。残酷なシーンや血まみれシーンもほとんど登場しない。それどころか異様に美しいシーンが時々出てきたりして、面食らう。それが却って不気味で、猟奇的な雰囲気を煽るのだ。今回は粘着気質な人間特有の執拗さに、背筋が凍りつきました。

ぶっきらぼうで無愛想なCarlと、毛むくじゃらで人懐こい助手のAssad。という安定のキャラ設定だが、Carl役や相棒のAssad役がハマり過ぎで、これ以上のキャスティングはあり得ないかも。画面にこの2人が出てくるだけで、何かありそうで(何もなくても)面白い。


e0059574_137348.jpg
さて不条理な運命に憤る犯人の復讐は、どす黒くて凄まじく執拗なのに、交通事故の現場がとても静かで美しい。白い雪が舞う中に立つ、真っ赤なワンピースを着た天使?いや、あれは少女Mereteだ。そんな彼女を、横転した車の中から、当時少年だった犯人の目が追う。音もなくスローモーションで動いていくシーン。事故のショックで、一瞬、魂が身体から遊離するために起きる現象なのか?目の前の状況が、あまりにも現実離れしていて、キツネに抓まれたかのようだ。


e0059574_1382069.jpg
e0059574_1375440.jpg
e0059574_138815.jpg
自分がこんな悲惨な人生を送っているのに、全てを奪った元凶のMereteは、女性議員として成功している。はらわたが煮えくり返るような憎悪。そしてあの時、一瞬でも彼女に魅了されてしまった自分へのおぞましさや自己嫌悪。そこに粘着気質が加わって、復讐の鬼と化すのだ。それにしても酷い拷問だ。あんなひどい目に遭わされるくらいなら、さっさと殺して下さい。


e0059574_1464532.jpg
犯人に辿り着くまでの展開も興味深いが、ちぐはぐな2人の刑事の捜査活動や、ちらっと垣間見えるCarlの私生活が、地味な作品に小さな起伏をもたらしてくれる。この2人が徐々に距離を縮めていき、面白コンビになっていく過程もたまらない。刑事という肩書きを取り払った、1人の人間としてのCarlの生き様を見ていくうちに、じわじわ親近感がわいてくる。Assadの淹れた不味いコーヒーも、後半で認めたCarl。あの微妙な表情が可愛い過ぎる、このシリーズの原作を、読んでみたくなりました。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-31 01:51 | - Other film | Comments(0)

アラン・ドロン、Diorのメンズ・フレグランス

e0059574_125636.jpg
Diorのメンズ・フレグランスEau Sauvageのテスティモニアルとして、Alain Delonが選ばれ、2009年から毎年新しいポスターが出ている。こちらは『冒険者たち』のワンシーン。野性味のある顔立ちです。


e0059574_13988.jpg
『太陽が知っている』の幾つかのシーンは、CMやポスターに使われました。


e0059574_133312.jpg
こちらは写真を撮るためにカメラの前でポーズしたのではなく、彼が休憩をしている時に撮ったもの。こんな渋い表情で休憩してたのかァ。素敵過ぎて、こっちが緊張しちゃう。


e0059574_13466.jpg
オリジナル写真はこれ。煙草を挟んでいるが、このままでは喫煙を推奨するような形になり、禁煙方向に流れる世の中に広告として出すのは良くないということで、指に挟んだ煙草は消されました。


e0059574_15419.jpg
この写真はカメラの前でポーズしてます。こんなに前髪が下がったAlainの写真が少ないので、とっても新鮮。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-25 01:05 | Alain Delon | Comments(2)

終わりの感覚 (The sense of an ending)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

ネタバレあり?

e0059574_2134733.jpg
【あらすじ】 妻Margaret(Harriet Walter)と離婚したが、それなりに穏やかな引退生活を送る60代のTony(Jim Broadbent)のもとに、弁護士から手紙が届き、日記と500ポンドをTonyに遺したという女性の存在を知らされる。それは学生時代に恋人だったVeronica(Charlotte Rampling)の母親Sarah(Emily Mortimer)で、託された日記は、学生時代に自殺をしたAdrian(Joe Alwyn)のものだった。Tonyは記憶を懸命に探りつつ、かつての恋人を探しあてるが…。Julian Barnes原作の小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_2141048.jpg
e0059574_214252.jpg
1通の手紙がTonyに届く。それを読んだ瞬間から、彼の穏やかな生活に遥か昔の学生時代の記憶が入り込んできて、何とも不思議な時間を過ごすことになる。すっかり忘れたはずの、しかし頭の片隅にこびりついていたあの事件。まさかこんな形で、過去を振り返ることになろうとは。本人が一番びっくりしたに違いない。

Tonyは何とかしてAdrianの日記を取り戻そうとするが、Veronicaがあれほどまで意固地になって拒否したり、当てつけのような冷たい態度をとったのは、納得がいかなかったが、観終わってから腑に落ちた。手紙を送った側は自分のやったことを憶えていないが、受け取った側は何年経っても憶えているものだから。


e0059574_2153073.jpg
e0059574_2152034.jpg
e0059574_215486.jpg
元カノVeronicaと秀才Adrianが付き合っていると知り、Tonyは鬱憤をぶちまけた手紙を2人に送った。そのことを彼はきれいに忘れているが、巡り巡ってこの手紙がTonyに衝撃の真実をもたらす。因果応報。Veronicaに気づかれないように後をつけたことで、Tonyは想像もしていなかった真相に突き当たる。

障害のある青年。過去の記憶を照らし合わせていくと、この青年はVeronicaとAdrianの子ではないか?Tonyも視聴者もそう思う。それがごく自然な流れだと思うのだが、この真相に迫る展開は二転三転して、とてもスリリングだ。しかしこの真相には、うーん、ちょっと飛躍のし過ぎ?とも思ったが、まぁいいでしょう。


e0059574_2145524.jpg
e0059574_216183.jpg
若かりし頃のTonyを演じたBilly Howleが、いかにも正当な英国青年という風貌でハマリ役ですね。過去と現在のTonyを見ながら思うのは、彼が離婚に至ったのも、愛する人々に無関心な部分があるから?友人Adrianや元カノVeronicaへの仕打ちは酷いものだし、元妻や娘に対しても似たようなことがいくつもあったからに違いない。

それは冒頭に登場する、郵便配達の兄ちゃんとのやりとりからも分かる。しかしあんなにつっけんどんだったTonyが、フィナーレでは兄ちゃんにカフェをご馳走しちゃうんだから。一連の事件から、Tonyは自分という人間や人生の見え方が変わり、ほんの少し人間味が出てきたという訳だ。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-22 02:17 | - Other film | Comments(0)

暗黒街 シーズン1 全10話 (Suburra stagione 1 episode1-10)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (88点)

e0059574_1171628.jpg
【あらすじ】 マフィア・バチカン・政治家・地域の犯罪組織・ジプシーの犯罪グループが蠢(うごめ)くローマ。この街で、金や権力に飢えたAureliano(Alessandro Borghi)・Spadino(Giacomo Ferrara)・Gabriele(Eduardo Valdarnini)の三人の男たちが、ローマ再開発法案の利権にありつき、それぞれの縄張りを拡大すべく戦う。Netflixで配信された初めてのイタリアTVドラマ。(作品の詳細はこちら


e0059574_1172936.jpg
映画『暗黒街』をTVドラマ化、しかも映画版のキャストが何人か続投と聞けば、面白くない訳がない。最初の1~2分でその日のエピソードの終わりを見せ、一呼吸おいてエピソードを遡っていく構成なので、「どうしたんだ?何があった?」と、のめる込むように全話を観た。Michele Placido監督の作戦に、まんまと嵌められたのです。


e0059574_1253153.jpg
e0059574_127114.jpg
e0059574_1181327.jpg
e0059574_1182916.jpg
きっかけは、ほんの些細なこと(いや、大部分の人にとっては大事件なんだけど)。ジプシーの縄張りで、誤って麻薬の密売をしてしまった。この落とし前をつけてくれようじゃないか。速攻で大金を支払わねばならないが、大学生のGabrieleにそんな大金はない。どう調達する?ここから話が始まり、ドミノ倒しのように地元の犯罪組織やジプシーや政財界やヴァチカンを巻き込みながら、負の連鎖がどこまでも続いていく。この世界に1歩足を踏み入れたら、二度と抜け出せない。終わりがないのだ。

昨日の敵は今日の友、今日の友は明日の敵。戦況は刻々と変わり、誰と誰が裏側で繋がっているのか分からない。使う人間と使われる人間の立場も、うかうかしていると簡単に入れ替わってしまう。自分の身がやばくなったら、容赦なく裏切る。仕掛けられた罠をうまくよけつつ、金や権力を手に入れ、縄張を広げていく。それらに否応なく巻き込まれる人々の人間模様が、危うくて虚しく、儚くて哀しい。


e0059574_1174489.jpg
e0059574_1184640.jpg
映画版のAlessandro Borghiは、容貌もさることながら、言動がキレッキレで尖り過ぎていて、ちょっと触っただけで血が滲みそうだった。が、ドラマ版では人間味のあるAurelianoを演じている。可愛いSpadinoとの絡みが、とても微笑ましい。今回Samurai役のFrancesco Acquaroliが、腹立たしいくらい上手い。こういった輩が、暗黒街を牛耳っているのか。あんな終わり方なんだもん、続きが気になって仕方がない。一日も早くシーズン2を配信して下さい。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-19 01:27 | - Italian film | Comments(2)

23年の沈黙 (Das letzte Schweigen/The Silence)

ネタバレあり。
 
私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_172364.jpg
【あらすじ】 13歳の少女Ginaが失踪し、麦畑で自転車が発見された。23年前の同じ日・同じ場所で、自転車に乗った11歳の少女Piaが暴行され殺された。この事件は未解決のままだったが、元警官Krischan(Burghart Klaußner)は、同一犯の仕業と確信して捜査に乗り出す。一方、23年前にPiaが殺害されるのを傍観していたTimo(Wotan Wilke Möhring)は、町を逃れ名前を変えすべてを封印して幸せな家庭を築いていたが、今回の事件で忌まわしい過去に引き戻される。そして町に戻ったTimoは、Piaの母親Elena(Katrin Saß)の元を訪ねた。(作品の詳細はこちら


e0059574_173472.jpg
e0059574_174732.jpg
e0059574_18625.jpg
ったく、なんとまぁ、後味の悪い終り方なんだろう。最近この手の作品を観ていなかったので、免疫力が低下。どっと疲れた。犯人は絶対にPeer(Ulrich Thomsen)と思ったが、時間が経って考えてみると、そうとは言い切れない部分がある。というより、この作品は犯人探しが目的ではなく、23年前と現在の事件の関係者や遺族、警察や犯人(と思われる)が抱える、それぞれの孤独や後悔、喪失感や悲しみや罪悪感を描いたものなんだろうと思う。娘Piaを失った母親Elenaの心情や、どんどん追い詰められていくTimoの内面が、痛いほど分かる。2人とも、素晴らしい役者だが、23年前のTimoが老け過ぎで、学生というには無理があった。そこだけ残念でした。


e0059574_181715.jpg
e0059574_183048.jpg
地味で陰鬱で物悲しいのに、何度も映し出される麦畑がなんと美しく、町が整然としていて、事件とは無関係の顔で存在している。その無関心で突き放したような映像が、人々の重苦しい内面を際立たせる。美しい映像と残虐な事件と迷宮入り的なフィナーレと言えば、『殺人の追憶』がまさにそうだった。もやもやが残る。やるせない思いが募ってくる。奥の深い秀作だが後味がとても悪く、気持ちが落ち込んでいる時には、あまりお薦めできない。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-16 01:08 | - Other film | Comments(0)

甘い生活 (La dolce vita)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (73点)

e0059574_093743.jpg
【あらすじ】 作家志望の夢破れて、今はしがないゴシップ記者のMarcello(Marcello Mastroianni)は、豪華なナイトクラブで富豪の娘Maddalena(Anouk Aimée)と出会い、安ホテルで一夜を明かす。ハリウッドのグラマー女優Sylvia(Anita Ekberg)を取材すれば、野外で狂騒し、トレビの泉で戯れる。乱痴気と頽廃に支配された街ローマ。口うるさく鬱陶しい腐れ縁の恋人Emma(Yvonne Furneaux)は、彼の言動を嘆く。二人で訪れた友人Steiner(Alain Cuny)一家の、知的で落ち着いた暮らしぶりをMarcelloは羨むが、彼らも子連れの無理心中で突如死んでしまい、絶望感のみが残った。1962年Academy賞で衣装部門を、カンヌ映画祭でグランプリを受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_095071.jpg
e0059574_0101417.jpg
e0059574_0103062.jpg
無理矢理あらすじを書いたが、Fellini監督の作品には一環したストーリーがない。人の意識の流れに任せて、あっちへ飛んだりこっちへ戻ってきたり、全く脈絡のないシーンが突然割り込んできたりする。どっちに向かっているのか分からず、様々なエピソードが、ひたすらダラダラ続く。グラマラスな女性たち・喧騒・祭り・乱痴気騒ぎ・享楽・冷めた視線・ある種の無関心や虚無感…。Fellini監督の独壇場だが、この手の作品は苦手でダメだ。観終わったあと、強烈な何かが残るのは確かだが、掴みどころがないのです。


e0059574_0104321.jpg
e0059574_010571.jpg
宙吊りになったキリスト像がヘリコプターで運ばれる冒頭のシーンは、『グッバイ、レーニン!』のレーニン像を彷彿させたり、浜辺に打ち上げられた巨大なエイの顔が、『太陽がいっぱい』でAlain Delonが歩く海辺のメルカートの魚売り場にも登場するように、様々なシーンが後世の作品のヒントになっているではないか?


e0059574_0111074.jpg
e0059574_0112160.jpg
De Sica監督の作品のMarcelloは、のびのびと自然体で楽しんでいるが、Fellini監督の時には、ちょっぴりかしこまっているようにみえる。これは私の勝手な推測に過ぎない。どちらにしても、ダメ男を演じている確率はとても高い。ダンディな外見なのに、付き合ってみるとほーんとにダメなんだから、この人って。でも放っておけないのよ。母性愛をくすぐる、そんなタイプの男性をMarcelloが演じると、最高だ。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-13 00:12 | - Italian film | Comments(0)

昨日、今日、明日(Ieri oggi domani)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1162755.jpg
【あらすじ】 Sophia LorenとMarcello MastroianniがW主演で共演する、3話からなるオムニバス。第1話Adelinaはナポリを舞台に、妊娠中の女性は法を犯しても罪を免れられるため、夫Carmineに頑張らせて妊娠し続ける主人公を、第2話Annaはミラノを舞台に、富豪の有閑マダムと若い小説家の卵Renzoとの浮気の代償を、そして第3話Maraはローマを舞台に、美しい高級コールガールに思いを寄せる隣家の神学生Umbertoの顛末を描く。第37回アカデミー賞で外国語映画部門を受賞した。(作品の詳細はこちら


e0059574_1164595.jpg
e0059574_11706.jpg
Sophia LorenとMarcello MastroianniとVittorio De Sica監督の、ゴールデントリオが織り成す、コミカルな人生劇場。そこにどっしり根を張った、下町の女の逞(たくま)しさや強(したた)かさや厚い人情に、大笑いしたりほろりと涙したり、わがままな金持ちマダムの鼻持ちならない態度に辟易したり。一番面白かったのは、第1話のAdelinaでした。刑務所に入りたくないがため妊娠し続ける妻と、それに答える夫の大奮闘ぶり。7人の子どもと失業中の夫を支える貫禄あるSophiaと、ヨレヨレにくたびれた影の薄いMarcelloの夫婦が、コントのように対照的で可笑しい。

界隈の住人の野次馬根性っぷりや大らかさも、2人の暮らしの一端を支えている。夫婦の身辺に事件が起きるたびに、彼らは夫婦の家にどっと押し寄せて、大騒ぎ。コントのような夫婦だから、お祭り騒ぎのネタには事欠かない。傍から見ればすこぶるいい加減な夫婦だが、この2人は互いに心底惚れ合っている。強い夫婦愛によって、がっちりと結ばれているのだ。


e0059574_11714100.jpg
e0059574_1173080.jpg
第2話は、あまり楽しくないエピソードだった。当時のイタリア映画音楽を一手に引き受けていた作曲家Armando Trovajoli)が、Sophiaたちの乗っている車が故障するシーンで、ちらっと登場する。


e0059574_1174681.jpg
e0059574_118228.jpg
e0059574_1181414.jpg
e0059574_1184398.jpg
第3話のMaraも愉快痛快。神に捧げる身でありながら、コールガールなんぞに思いを寄せる孫を見て、Maraに逆切れするUmbertoのばあちゃん(Tina Pica)。けれど孫を思うばあちゃんの涙にMaraは心を動かされ、「それじゃ、ここは、私が何とかしてみせますわ」と一肌脱いでみせる。そのとばっちりを受けるのが、常連客のAugusto(Marcello Mastroianni)だ。Maraの部屋にいそいそと訪れるが、いつも隣家の神学生絡みの騒動で、お預けを食ってしまう。


e0059574_1191382.jpg
e0059574_119195.jpg
さぁ、そのお楽しみが始まりますよ。軽い曲にあわせて、黒のストッキングをくるくると脱ぎ捨てるMara、それを子供ような仕草で嬉しそうに見つめるMarcelloのラストシーンは、まるで休憩時間にセットの片隅でふざけあっている様子を、隠しカメラで撮ったかのように自然で、2人の演技はもちろんのこと、彼らの魅力を最大限に引き出したDe Sica監督の手腕ならでは、の愛情に満ちたフィナーレだ。大柄なSophiaが、軽やかな身のこなしで踊ったり、愛する人をぎゅっと抱きしめたり、ここぞと言うときには一家の大黒柱になって踏ん張る。まことにゴージャスで可憐な女優でございます。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-09 01:26 | Comments(2)

この世界の片隅に

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1245490.jpg
【あらすじ】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。(作品の詳細はこちら


e0059574_125999.jpg
広島に原爆が投下される前後の市民の日常生活を、カウントダウン式に追っていく。画面の一角に出る年月日があの日に近づくにつれ、「ああ、やめてェ」と思わずにはいられなかった。地獄の悲劇が待ち受けているのを知っているから、「広島から一刻も早く離れて!少しでも遠くへ逃げて!」 と、心の中で何度叫びたくなったことやら。


e0059574_1252777.jpg
私の祖父母や小学生だった両親は田舎に暮らしていたので、空襲の直接の被害は受けなかった。が、市街地の大空襲で家や家族や身体の一部を失った人々が、軒先に寝かせてくれないか?何か食べるものを…と、夜な夜なやってきた。家の電灯を布で覆ったり、白い壁を黒く塗ったりした。空襲警報が鳴るたびに、大事な家財を積んだ大八車を引いていき、人間は頭巾をかぶって防空壕に飛び込む、これの繰り返しだったという。小学校の校庭はさつまいも畑になり、家の中にある金銀鉄などは、武器生産のため供出した。赤紙(召集令状)が来れば、役場の兵事係や在郷軍人や村の人々に続き、婦人部は割烹着+もんぺにたすき掛けで、日の丸の旗を持って戦地に送り出した。祖父は満州やジャワ島へ、大叔父はサイパン島へ、それぞれ出兵。祖父は帰って来たが、大叔父は26歳の若さで散華した。


e0059574_1254193.jpg
物資がなくなり空襲の頻度が高まる中でも、人々はずっと防空壕に篭っていた訳ではなく、ご飯を食べ会社に行ったり畑へ農作業に行ったり、買い物をしたり洗濯したり、絵を描いたり歌ったり喧嘩したり、憲兵にスパイと間違われたことを家族で大笑いしたりして、ごく普通に暮らしていた。明日どんな悲劇が待ち受けているのか?なんて、誰も知らない。誰にも分からない。


e0059574_1264853.jpg
e0059574_1255397.jpg
爆弾で晴美が一瞬にして消え、すずも右手を失う。そんな残酷で絶望的な状況になっても、それでも生きていかなくてはならない。何としてでも生き延びねば。戦争が終わったあとも、豊富な生活の知恵と持ち前の楽天的な性格で、すずは淡々と生きていく。一瞬で消えた晴美を思いつつ。命の重みや尊さは、計り知れない。この尊い命を、そうそう簡単に奪われてたまるものですか。

もう少し高い評価点をつけたかったのですが、絵柄(風景は素晴らしいけれど、人物の顔)が今一つ好きになれなくて…。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-05 01:34 | Comments(0)

鞄を持った女 (La ragazza con la valigia)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_23153314.jpg
【あらすじ】 リミニのキャバレーで歌手として働く未亡人Aida(Claudia Cardinale)は、そこで知り合ったMarcello(Corrado Pani)を好きになるが、Marcelloは単なる遊びだった。彼の跡を追ったAidaは、パルマにある宮殿のような大邸宅にたどり着く。居留守を使ったMarcelloの代わりに、Aidaを出迎えた16歳の弟Lorenzo(Jacques Perrin)は、話をするうちに彼女の魅力に引き込まれ、愛するようになる。Lorenzoの気持ちを知ったAidaは、彼の将来のために身を引くことを決意するが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_23154532.jpg
e0059574_2316849.jpg
e0059574_23161993.jpg
e0059574_23162997.jpg
キャバレーの歌手と、資産家の生まれの青年。キャバレーの歌手は未亡人で、青年は16歳。普通に暮らしていたら、たぶん出会わなかった2人。LorenzoがAidaに抱いたのは、母親を慕うような気持ちで、決して大人の愛ではなかったと思う。兄に遊ばれて可哀相な人。Aidaと一緒に過ごすにつれ、情が移って思慕に変わり、「ボクが守ってやらなくちゃ」と背伸びを始める。誠実で真っ直ぐな愛情を注ぎ、何とかAidaを助けたいと思う。そこが可愛いというか、幼いというか、16歳の青年は、直情的で短絡的だ。だけど彼女のために良かれと思って、彼が最後にやったこと、あれはないわぁ。あんなことされちゃ、百年の恋もさめちゃう。Aidaを思う余りのこととは言え、結局やることは他の男達と変わらないじゃないか。でもこの苦い経験が、Lorenzoを成長させてくれるといいな。


e0059574_23164783.jpg
e0059574_2317022.jpg
e0059574_23171197.jpg
当時23歳のClaudia Cardinaleが、健康的な美しさに満ち溢れて、とてもまばゆい。無邪気で無防備で、野生的な美しさに溢れているさまは、まるで野原に咲いた大輪のひまわりのよう。困惑したときの幾分媚びたような目の動きなどは、当時の若者たちを悩殺したことでしょう。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-01 00:26 | - Italian film | Comments(2)