<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オン・エッジ 19歳のカルテ (On The Edge)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_225724.jpg
【あらすじ】 反抗的な19歳の青年Jonathan(Cillian Murphy)は、飲んだくれの父の自死をきっかけに深刻な鬱状態に陥り、盗んだ車で崖から湖に飛び込んで、自殺を図った。助かった彼は精神病患者の収容施設に入り、そこで同世代のグループカウンセリングに参加させられる。親身になってくれるセラピーのFigure先生(Stephen Rea)と衝突ばかりしていた。が、同じグループのRachel(Tricia Vessey)やToby(Jonathan Jackson)との間に友情を築いていくのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_2253690.jpg
e0059574_2254733.jpg
e0059574_2252133.jpg
Cillian1人祭り。うひゃーーっ、Cillianがとても若い。少年みたい。中性的な美しさが、際立っていました。パジャマの上からセーターを羽織った無防備なCillianが、可愛い過ぎる(*^^*)

さて反抗的なJonathanはFigure先生と衝突を繰り返すが、同世代のグループのリーダー的な存在になっていくのは、ごく自然のなりゆきだったように思う。誰かに何かを命令したり仕切ったりする類(たぐい)のリーダーではなく、そばに居てちゃんと話を聞いてくれる存在で、彼には人をひきつける何かがあった。


e0059574_226646.jpg
e0059574_2261612.jpg
e0059574_2262667.jpg
成り行き上?話の聞き役&慰め役になるが、当のJonathanだって実は愛情に飢え、他の若者たちのように人のぬくもりが欲しかったに違いない。けれど彼らは頭が良く繊細すぎるが故に、色々なことを考えすぎ、苦しみ悩み惑って同じ所をグルグル。若いから感情のコントロールがうまくできない。無茶なことや馬鹿なことを仕出かしてしまう。死に憧れたりする。でもこういった時間や経験が、誰にも必要なのだ。人生の荒波に飛び込んでいく前の、大事な時期なのだと思う。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-11 02:30 | - Other film | Comments(0)

トラスト・ミー (Trust Me) 全4話

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

ネタばれあり!!!

e0059574_1561910.jpg
【あらすじ】 心臓外科病棟で働くCath Hardacre(Jodie Whittaker)は、勤勉な熟練看護師だったが、ある告発を受けて職を失った。そこでCathは親友Ally Sutton医師(Andrea Lowe)のアイデンティティを盗み出し、救急部の医師になりすまして、1人娘とエジンバラで新しい人生を始める。Allyとして生きるウソで固めたCathの新しい人生に、果たして未来はあるのか?(作品の詳細はこちら


e0059574_1563185.jpg
e0059574_1564558.jpg
えぇー、こんな話あり得ない!と思った。が、30年以上も無資格で医師として働いていた、しかも有能な名医として知られていたという事件が実際にあったというから、事実はTVドラマよりも奇なり。ハセヒロ主演の『雲の階段』は無資格の外科医が登場し、『太陽がいっぱい』では殺した友人になりすますが、どちらも最後にはバレてしまう。しかしこのドラマのCathは、危うい場面を何とかやりすごして、うまく逃げ切ってしまう。驚いたなぁ、絶対に逮捕されると思ったのに。こういう結末のドラマもありなのか。


e0059574_1565769.jpg
e0059574_157867.jpg
e0059574_1571919.jpg
何度も出てくる絶体絶命のシーンになると、「これ、絶対にヤバいよね。バレるよね」ドキドキハラハラする自分と、「いや、でも、バレたら、面白いことになりそう、フフッ」という意地悪な自分が、心の中でせめぎあい、ムダにエネルギーを消耗して疲れました(苦笑) 無資格医は論外、その事実を知りつつ隠蔽に手を貸すAndy(Emun Elliott)や、酔った状態で勤務するBrigitte(Sharon Small)のような人たちって、医師としてどうなの?と言いたい。ただでさえイタリアの病院は不祥事が多いのに、こんなドラマを観てしまうと、ますます病院から足が遠のいてしまいます。『トラスト・ミー』って・・・悪い冗談ですよね?(Ф_Ф;)  


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-10 05:10 | - TV series | Comments(0)

チャンオクからの手紙 (Chang-ok's Letter) 全4話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

ネタばれあり!

e0059574_23213991.jpg
【あらすじ】 専業主婦のEun-ha(Bae Doona)は、家のことにも介護にも全く協力してくれない夫Bum-su(Kim Joo-Hyuk)や、自分勝手な娘と息子の世話に加え、ほぼ寝たきりの口うるさい姑Chang-ok(Lee Joo-sil)の介護までしなければならず、毎日とても忙しい。が、家族の前では大変そうな顔を見せず、淡々と家事をこなすのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_23215573.jpg
観終わったあと、じわっと温かい空気に包まれた。どこにでもあるような身近な日常が、淡々と映し出されるだけなのに、私たちの想像力を否応なくかき立たせる、不思議な力がある。1話たった15分で、あれだけの情報を伝えることができる映像って、凄くないか?

第3話までが序章で、第4話になってやっとタイトルに結びついてくる。そういうオチだったのかと。姑ときたら、コトあるごとに難癖をつけてはEun-haをアゴで使い、1度たりとも感謝したり自分の非を詫びたりしたことがない。うわぁ、こんな人の介護なんて、絶対にムリ。あの呼び出し音が流れると、「いい加減にせんかい!」と、イラついてしまいました。


e0059574_23221572.jpg
e0059574_23225250.jpg
e0059574_23232390.jpg
もともとEun-haは楽天的で、不満を溜め込まない性格なのかもしれない。さらっと大人対応が出来るし、そこに居てくれるだけで癒される。夫や姑を相手に一触即発しそうな場面でも、彼女は言いたいことをキッチリ言って、その場を上手に丸くおさめてしまう。才能の一つですね。私だったら、良い嫁を演じながらも不満を溜め込む。それが何かの拍子にプツッと切れた時、「冗談じゃない。もうやってられません」と啖呵切って、後先考えず家を飛び出すパターンだ。

家族のみんなはそんな彼女のことを、心の底ではちゃんと認めている。Eun-haのことを一番頼りにしていたのは、他でもない姑だったから。なのに面と向かって、「ありがとう」「ごめんなさい」の一言が言えない。一番大切な人の前で、捻(ひね)くれたり駄々こねたりする。甘えの裏返し。人間ってホントに面倒くさい。自分で自分の人生を複雑にしちゃってるんだから。


e0059574_23232126.jpg
e0059574_23394196.jpg
ネスレのコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて、ほっと一息つくシーンも、さりげなく織り込まれている。現実はそう甘くないし、一筋縄でいかないことぐらい、誰もが分かっている。でもこういった作品を観ると、何とかなりそう、大丈夫だよなと希望が湧いて来る。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-07 00:18 | - Asian film | Comments(0)

プルートで朝食を (Breakfast On Pluto)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

ネタばれあり!

e0059574_2354961.jpg
【あらすじ】 親から捨てられた乳飲み子のPatrick(Cillian Murphy)は、Liam Neeson神父(Liam Neeson)に助けられBraden家の養子になる。美しく中性的な青年Kittenへと成長したPatrickは、アイルランドの田舎町では浮いた存在だった。ひょんなことから自分は孤児だと知り、実の母(Eva Birthistle)を探す旅に出る。Patrick McCabeの同名の小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_236038.jpg
e0059574_2362134.jpg
e0059574_2364239.jpg
e0059574_2391464.jpg
Cillian Murphy1人祭り。これ、いいわぁ。すごく良かった。各エピソードにタイトルがついて、夢のようなおとぎ話のような、ふんわりした雰囲気に包まれている。けれどそこかしこにKittenの悲しみや孤独が垣間見えて、笑いながら心のどこかがきゅんと痛む。風に揺れる柳のように、どんな事件に巻き込まれても抗わず、あるがままを受け止めて乗り越えていく。自分の気持ちにウソがつけないから、傷ついたり面倒なことに巻き込まれると分かっていながら、困難な道を選んでしまう。ええ、そういう人っていますね。


e0059574_2365336.jpg
e0059574_237678.jpg
e0059574_2372593.jpg
e0059574_2373648.jpg
飄々と生きているように見えるが、抱えきれないほどの悲しい思いがあり、他人には優しくできても、自分のことになるとどうしていいのか分からない。一大決心をして実の母に会いに行ったのに、自分の正体を告げることなく立ち去るなんて、何やってんの?ここ、一番大事なトコでしょ?ずっとずっと会いたかったんじゃなかったの?ったく、切なすぎるじゃありませんか。あのシーンは、画面に飛び込んで行って、ぎゅっとハグしてあげたかった(T^T)


e0059574_2381287.jpg
e0059574_2375955.jpg
e0059574_2384297.jpg
e0059574_2385720.jpg
70年代のサイケな衣装や音楽が懐かしくて、動画で音楽(←音が出ます)をさがしてしまいました。あの頃のファッションやヘアスタイルも満載で、色んなCillianが堪能できます。無邪気で可愛いだけでなく、しなやかで妖艶な姿を惜しみなく見せてくれる。当時29歳ですかァ?女よりずっと女らしくて、悩まし過ぎ。もう、何なんですか、あの色気は! IRAにもさらっと触れつつ、それは本作品のテーマではないので掘下げることなく、はいっ、次!ってな具合に、話は淡々と進んでいく。ポップでクールな中に、誰にも言えない深い悲しみが紛れ込んでいるのでした。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-05 02:41 | - Other film | Comments(6)

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 (Anthropoid)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

ネタばれあり!

e0059574_014671.jpg
【あらすじ】 第2次世界大戦下、ナチス第三位の高官であったReinhard Heydrich(Detlef Bothe)は、非情かつ残忍で「プラハの虐殺者」と恐れられていた。イギリス政府とロンドンのチェコスロヴァキア亡命政府から、彼を暗殺する指令を受けて、ロンドンから送り込まれたJosef Gabcík(Cillian Murphy)やJan Kubis(Jamie Dornan)ら7人の暗殺部隊は、落下傘でチェコに潜入する。現地ではHajský(Toby Jones)などのレジスタンスの協力を得て、Heydrich襲撃は実行されたが、予想通りナチスの容赦ない報復が始まる。第2次世界大戦下の史実をもとに、ナチス高官Reinhard Heydrich暗殺作戦の顛末を描く。(作品の詳細はこちら


e0059574_0141995.jpg
e0059574_0143065.jpg
e0059574_017388.jpg
ピーキー・ブラインダーズのシーズン1234を観て、Cillian Murphyにハマッてしまい、さっそく1人祭りを始めたのですが、その最初の作品として観るには、余りにも重かった。当時の世界情勢も知らなさ過ぎました。とてつもないエネルギーで迫る、Heydrich襲撃や大聖堂での血の報復戦を思い出すと、その緊迫感や臨場感に今でも心拍数が上がってしまう。


e0059574_014488.jpg
e0059574_0145846.jpg
e0059574_0155180.jpg
何が重いって、Josefたちが下した苦渋の決断である。Heydrichを暗殺したところで、代わりはいくらでもいるし、暗殺後、報復措置として大勢のチェコ市民が殺されることは安易に予測できる。「そこまで分かっていながら、なんで暗殺計画を決行したんだ?」ということになるが、当時のチェコの状況を調べると、その理由が浮かび上がってくる。Adolf Hitler率いるドイツは、前代未聞の快進撃で着実に領土を拡大し、チェコも無理矢理ドイツに併合する一方で、労働者を優遇する政策を打ち出す。飴とムチでチェコを懐柔しようという訳だ。でもこのままドイツに丸め込まれてしまったら、チェコはドイツの味方とみなされ、欧州の中で孤立してしまう。さあ、どうする?

「孤立?ドイツの傘下におさまれば、全く問題なーし」という者がいれば、「ドイツと味方?それはないわ」と考える者もいた。後者が憂慮しているのは、チェコという国の存続。「チェコは連合国側であり、反ナチスの国なんです」と、欧州各国に対して明確な意思表示をし、何らかの形でナチスに抵抗しなければ、祖国が消滅する危機に瀕していたのだ。

…といった史実や苦悩は、鑑賞後に調べて分かったもので、作品の中でもう少し突っ込んで描いてくれたら、脳ミソ空っぽな私もそれなりに状況が理解できたなァ。それはさておき、ダイナミックで鮮烈な映像から迸(ほとばし)り出てくる、群集心理に駆られた人間の狂気に満ちた残虐性や、世の中の不条理や、理不尽な歴史に翻弄された人々の慟哭が、あまりにもドス黒く大きく渦巻いて、盃のような私の許容量では受け止めきれず、打ちのめされてうな垂れているばかりです。あの霊柩車が10分早く大聖堂に着いていたら、Curda(Jirí Simek)の裏切りがなかったら、歴史は変わっていたかも?なんて言ってるレベルじゃありませんわ。


e0059574_0153778.jpg
e0059574_0164014.jpg
e0059574_0165277.jpg

で、Josefを演じたCillian Murphy。不謹慎な言い方ですが、危機に瀕した時の彼には、何とも言えないエロさがあって、クラクラ目眩がしました。ガラス玉のような瞳の奥に火が灯り、掴みどころのない表情がゆっくり動き始める。自分のこめかみに銃口を当て、引き金を引く瞬間のCillian!My love!シリアスなのに、私ってヤツは…。抑制の効いた控えめな演技だからこそ、より真実味があり、心に訴えかけてくる有無を言わせない力がある。相棒のJanを演じたJamie Dornanは、正統派イケメンですかね。彼のほうがクールで決断力もありそうなのに、Marieと恋仲になったりパニック発作を起こしたり、自分の気持ちにとても正直な人だったな。


 
[PR]
by amore_spacey | 2018-01-04 00:17 | - Other film | Comments(2)

ピーキー・ブラインダーズ シーズン4 全6話 (Peaky Blinders Season 4 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

ネタばれあり!!!

e0059574_2034355.jpg
【あらすじ】 逮捕されたShelby家の面々は、辛くも絞首刑を免れて自宅に帰って来た。その年のクリスマス、彼らのもとに不気味なクリスマス・カードが届く。Arthur(Paul Anderson)によって一員を殺害されたシチリア・マフィアのLuca Changretta(Adrian Brody)が、復讐のためニューヨークからやって来たのだった。最初の襲撃でJohn(Joe Cole)が殺され、Michael(Finn Cole)も瀕死の重傷を負う。何が何でもThomas(Cillian Murphy)の命が欲しいLucaは、Polly(Helen McCrory)に裏取引を持ちかけた。(作品の詳細はこちら


e0059574_2035628.jpg
シーズン4も波乱含みで、1話1話がドラマチックな展開でした。Thomasの作戦でShelby家のメンバーは逮捕されたが、絞首刑が執行される直前に、中止の指示が出て取りやめになり、死刑台から奇跡的に生還した。それは分かった。でもこれがShelby家にどんな効果(得)をもたらしたのか、その辺りのカラクリが未だによく分からなくて、もやもや~。


e0059574_204923.jpg
e0059574_2042451.jpg
さて今シーズンのThomasの宿敵は、冷酷なマフィアのボスLuca。イギリス上陸後の入国審査で、「オレたちゃ、アメリカ人なんだぜっ」のドヤ顔や、マッチ棒をくわえながら喋る相手を舐めた態度に、ああ、また嫌なヤツが登場したなぁと、暗い気持ちになった。神経質&粘着気質で、狙った敵は必ず仕留める凄腕の持ち主だ。因にどうでもいい細かいことだけど、Lucaたちの話すシチリア訛りのイタリア語が、まぁ、かなり微妙な発音で、緊迫した場面なのにふっと笑いが出ちゃったりしました。

背ェ高ノッポのやせっぽちで「ハ」の字の眉毛、見るからに儚(はかな)げなAdrian Brodyは、ずっとピアノを弾いているのかと思ったら、今度はマフィアのボスですかァ。頼りなさそう&体温が低そう&低血圧に悩まされているように見えるが、こういうのに限って、切れたらめちゃくちゃ残虐で怖い。彼は着痩せするタイプですかね。筋肉質の締まったナイスバディに、びっくりぽんや。


e0059574_2043523.jpg
今シリーズ2人目のニューエントリーは、ジプシーのAberama Gold(Aidan Gillen) Shelby家の助っ人になるはずなんだけど、どう見ても胡散臭いヤツ、100パーセント信頼できる人物とは思えない。いずれは消される運命でしょうか?


e0059574_2044528.jpg
e0059574_205282.jpg
蓋を開いてみれば、Thomasが一枚も二枚も上手だった。LucaとAlfie Solomons(Tom Hardy)をさっさと始末して、暗黒街の頂点にまた一歩近づいた。合法的&組織的に競馬や武器売買を行い、昔のようなストリート・ギャング団とは、もはや格が違います(まぁ、やってることは同じなんだが)。

しかし勢力をさらに拡大するためには、民衆からの好感度を上げるような、社会的なタイトルが必要だ。Thomasはイギリス労働党の議員にも選出され、念願の社会的ステータスをも手に入れた。このあとShelby家はどうなるのだろう? 個々の私利私欲が噴出して、SMAPのように突然解散…なんてことになるかもしれません。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-02 20:15 | - TV series | Comments(0)

2018 年いい男に囲まれた暮らし

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年早速やってしまう、超下らない恒例のシリーズ、今年のニューエントリーは下記の4名様です。

e0059574_2141079.jpg
e0059574_2142459.jpg
Keanu Reeves
夕方近所の公園のベンチに、たった1人で寒そうに座っていたので、「一緒にラーメンでも食べに行きませんか?」って声をかけたら、ついて来た。アタシの馴染みの店で、大盛りを3杯お代わりしたあと、ぼそっと、「俺、ラーメン、大好き」 店の前にいたくまモンと一緒に撮った写真を、別れ際にくれた。これで精一杯に笑った顔だと、照れていた。なんか色々と変わったヤツだった。


e0059574_2143734.jpg
Nikolaj Lie Kaas
同じマンションの1階に、猫と暮らしている。さっきマンションの回覧板を持っていったら、玄関の扉が開いていて、こんな光景(↑↑)が…((((;゜Д゜))) 目を開いたまま、何にも言わない(滝汗) アタシ、腰が抜けちゃって動けないんだけど、これって速攻で警察に通報するレベルよねェ((((;゜Д゜)))


e0059574_2144811.jpg
e0059574_215263.jpg
e0059574_2151238.jpg
Cillian Murphy
アタシの行きつけのバールに、最近よく来るようになったエレガントなマダム。引っ越してきたばかりで、この界隈のことをよく聞かれる。今朝はねこあつめの話をした。彼女はおさむらいさんの、アタシはまんぞくさんのファン。そういえば、「彼女、実は男かも?」なんて噂を聞いたんだけど、えェー、まさかァ!んな訳ない、絶対にない。


e0059574_215345.jpg
e0059574_2154743.jpg
Alessandro Borghi
馴染みのラーメン屋の1人息子。昼間は短髪ヅラで予備校の教師やってるけど、夜は自前のロンゲで店を手伝っている。この間Keanuを連れて食べに行ったら、全員ラーメンが好き過ぎて、ラーメン談義で盛り上がった。「Keanuっていいヤツだよなぁ」って、ラーメン代タダにしてくれた。あんただって、凄くいいヤツだ。アタシが嫁さんの世話をしてやっからね。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-01 02:18 | My talk | Comments(0)