私は彼女をよく知っていた (Io la conoscevo bene)

ネタバレあり!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

e0059574_0375171.jpg
【あらすじ】 女優になることを夢見て、トスカーナの農家からローマに出てきたAdriana(Stefania Sandrelli)は、美容サロンのマニキュア師や映画館内の案内嬢や安っぽいファッションショーのモデルなどを経て、やっとエキストラの役を手にした。花形役者の受賞パーティーに出席した彼女は、大物役者らと顔見知りになり、そこでCM撮影まですることになる。しかし加工されて流されたCMは、Adrianaにとって屈辱的なものだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_038839.jpg
e0059574_038404.jpg
Adrianaはトスカーナの農家で育った、どこにでもいる素朴な女の子で、負傷したボクサーや自動車修理工との淡く優しい関係を見ていると、打算のない純粋な心をもっている。彼らのような人々に囲まれていたなら、穏やかな日々を送ることもできたはず。しかし彼女はそこからするりと抜け、成り行きにまかせて、華やかなものや楽しいものについて行った。「楽しく過ごせるなら、それでいいの。」 女優志願なのに、そのための努力というものは全くしない。

若者の間で「しらけ」という言葉が、日本でも流行していた。しらけ世代(1950年~1960年代前半生まれの世代)や、「無気力・無関心・無責任」という三無主義の風潮もあった。世界的な現象だったのかもね。その一方で、権力や富を手にするためなら、どんなに汚いこともやる集団がいる。政財界や芸能界は、その最たるもので、虚栄と空虚の巣窟だ。胡散臭く、醜悪で物悲しい。


e0059574_0385972.jpg
e0059574_0391718.jpg
この作品は、何の説明も脈絡もないまま、淡々と新しいエピソードに移っていく。さっきまでビーチに寝そべっていたAdrianaが、美容院に駆け込んでマダムの爪を磨いている。しかし次の瞬間には映画館の案内嬢をやり、画面が変わったお次は、チャラ男(Jean-Claude Brialy)と遊びまくっている。かと思えば、ボクシングの合間のファッションショーでモデルをつとめたり、年上の作家(Joachim Fuchsberger)と仲良くなったり、警察(Turi Ferro)で事情聴取されたり…。こうして成り行き任せに、ふわふわと流されていくAdrianaだったが…


e0059574_0393542.jpg
e0059574_0394927.jpg
ショッキングなラストシーンに、凍り付いた。Adrianaはちょっと散歩にでも行くようなかんじで、高いマンションの窓からふわっと身を投げる。しかし次の瞬間には、冒頭にも使われた楽しいテーマ曲が流れ、「ちょっと、待って。大変なことが起きたのよ!」という観客の気持ちに、少しも寄り添ってはくれない。この突き放した無関心が、人の心をじわじわと蝕んでいくのだ。

自動車修理工を演じたFranco Neroが、めちゃくちゃ若くてイケメン!少年の面影すら残っていて、可愛い。Nino Manfredi、Enrico Maria Salerno、Ugo Tognazzi(タップダンスは見ごたえあり)、Franco Fabriziなど、脇を固める名優も、超豪華な顔ぶれだ。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-07-22 00:44 | - Italian film | Comments(0)

人間の條件 全6部

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0255299.jpg
【あらすじ】 1943年、満州に送られることになったエンジニアの梶(仲代達矢)に、妻の美千子(新珠三千代)はついて行く決心をした。梶の任務は、鉱山労働者として働く中国人の囚人たちを監督することだが、そこは高圧電流の流れる鉄条網に囲まれ、まるで収容所のようだった。悪条件の下で働く囚人たちをみて、梶は少しでも人間的な環境に改善できないか、上司に掛け合うが…。
 第1部・第2部では梶と親友の影山(佐田啓二)や同僚の沖島(山村聡)、第3部・第4部では梶と新城一等兵(佐藤慶)や丹下一等兵(内藤武敏)、そして第5部・第6部では梶と寺田二等兵(川津祐介)らとの係わりを中心に、戦争における人間性を描く。(作品の詳細はこちら


e0059574_026568.jpg
e0059574_0262032.jpg
北大生だった叔父が、映画のエキストラ出演したことがある。と聞いていたが、この作品だったとは。小遣いを稼ぐため、北大生がこぞって応募したらしい。9時間31分という長編大作にもかかわらず(私は3回に分けて)、最後まで食い入るように観た。

梶の妻を演じた新珠三千代(実に美しい)や佐田啓二(中井貴一の父)をはじめ、小沢栄太郎・小松方正・山村聡・佐藤慶・田中邦衛・川津祐介・笠智衆・金子信雄・中村玉緒・岸田今日子・高峰秀子など、その後名優になった役者が勢揃いした、超豪華キャストである。


e0059574_0264179.jpg
e0059574_0265371.jpg
e0059574_0271655.jpg
という長い前置きはさておき、27歳の超イケメン・仲代達矢(若い頃のAlain Delonの横顔に似ている瞬間が何度か)の、ヒューマニズム溢れる青年ぶりに、萌えまくりました。あの頃からすでに、圧倒的な存在感がありましたね。日本を代表するシェークスピア俳優というのも、納得できる。因みに彼は主演作『春との旅』で、2010年イタリアのAsian Film Festival Reggio Emiliaの最優秀主演男優賞を受賞した。


e0059574_0275121.jpg
e0059574_028469.jpg
梶はどこに行っても超スーパーヒーローだったから、それを妬むヤツや敵は多かった。ごく稀に良い出会いもあったが、ほとんどは気が滅入り反吐が出そうな輩ばかり。しかしどれだけ制裁を加えられようが、そんなことに屈する梶ではなかった。

戦争という極限状態の中で、最後まで人間であり続けようとした、梶の精神力たるや。命を懸けてユダヤ人を救ったOskar Schindlerや杉原千畝の話などと重なり、人間の善に心から救われる。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-07-20 22:39 | - Japanese film | Comments(0)

ローマのアメリカ人 (Un americano a Roma)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (73点)

e0059574_117257.jpg
【あらすじ】 1950年代のローマ。Nando Moriconi(Alberto Sordi)はアメリカに憧れる若者で、変なアメリカ英語を話しながら、コーンフレークにケチャップをかけて食べたり、John Wayneの歩き方を真似たりする。彼の夢は、アメリカに行くこと。しかし渡米するにはビザが必要だ。そこで彼はコロッセオのてっぺんにのぼり、アメリカ大使館がビザを出してくれなければ、ここから飛び降りる!と駄々をこねるのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_11755100.jpg
ローマを歩いていると、この写真が必ず目に飛び込んでくる。とても有名なシーンだ。イケメンとはかけ離れ、いかにも労働者といった雰囲気のあるAlbertoが、ローマ訛りのおかしなアメリカ英語を気取って話す姿は、ルー大柴や長嶋茂雄のように、滑稽で愉快・痛快。


e0059574_118733.jpg
e0059574_1181833.jpg
e0059574_1183297.jpg
アメリカにぞっこんのNandoは、衣食住すべてをアメリカっぽくしたいが、それには限界がある。その中途半端さや思い込みが、バカバカしいやら可笑しいやら。しかし本人は大真面目なのだ。変な英語で相手を煙に巻きながら、あちこちで事件を起こし、界隈でもお騒がせ男として有名だ。

彼のアメリカかぶれっぷりは、ドイツ兵やアメリカ兵が相手でも変わらず、挙げ句の果て逮捕されてしまう。ローマの下町を舞台に、あり得ないシチュエーションで話は展開していくが、人懐こいAlbertoを見ているだけで笑いがこみあげ、気持ちが和む。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-07-19 01:19 | - Italian film | Comments(2)

追い越し野郎 (Il Sorpasso)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

ネタばれあり!

e0059574_19253680.jpg
【あらすじ】 聖母被昇天の日(8月15日)のローマ。生真面目で内気な法学部の学生Roberto(Jean-Louis Trintignant)は、通りがかりの見知らぬ中年の男(Bruno= Vittorio Gassman)に電話を貸したことから、2人のドライブ珍道中が始まった。Robertoの叔父を訪ね、ナイトクラブに立ち寄り、Brunoの別居中の妻と娘に会いに出かける。強引でお調子者のBrunoに嫌気がさしつつも、どこかで惹かれる正反対のRoberto。そんな矢先、思いもかけない出来事がふたりを待ち受ける。(作品の詳細はこちら


e0059574_19254836.jpg
e0059574_1926066.jpg
Brunoに振り回されっぱなしのRobertoが、『地獄でなぜ悪い』の星野源のようで、Noと言えないためにBrunoのペースから逃れられなくなり、ずるずると巻き込まれていく。『激しい季節』 のJean-Louisもそうだったが、生真面目で世間擦れしていない役どころがピッタリ。当時32歳だが、法学部の学生の設定に違和感がない。年齢不詳だ。


e0059574_19261214.jpg
e0059574_19262529.png
e0059574_19263581.jpg
チャラいBrunoだが、別れた妻の家へ転がり込めば、年頃の娘Lilli(Catherine Spaak)に軽く扱われ、彼なりの葛藤があったりする。「人生色々あるけれど、楽しんだもん勝ちじゃないか?」というBrunoのような生き方は、自分の力ではどうしようもない人生に、あえて逆らおうとしない。良い意味で諦めていると言ったらいいのか。しかしラストの悲劇で、全てが一転する。絶望に打ちひしがれたBrunoの姿が、目に焼き付いて忘れられない。Robertoが初めて自分を解放できたというのに、それが人生最後の日だったなんて…。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-07-17 19:26 | - Italian film | Comments(0)

小さな巨人 第2部・豊洲署編 第6話~第10話

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0344219.jpg
【あらすじ】 捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己)は、「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の横沢裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(中村アン)に相談される。その学園の専務・富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。また、小野田(香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。
  香坂は山田(岡田将生)や祐里(芳根京子)と早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介される。しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する。(作品の詳細はこちら


e0059574_0372873.jpg
第2部も期待通り、顔芸を楽しませてもらいました。最大の見所だった、香川氏 vs ハセヒロの演技戦は、香川氏の圧勝。大袈裟な演出はともかく、2人の競演が素晴らしかった。最後に見せた香川氏の、鼻水まじりの涙が美しかった。所轄に左遷されたときの笑顔が爽やかだった。心なしか、小顔になっていた気がする。


e0059574_0345686.jpg
「小野田一課長、ひょっとしてクサヤ食べました?それ以上近づかないで下さい!」 香川の口臭に怯えるハセヒロ。


e0059574_0363470.jpg
刑務所の中でさえ、クールで美しいハセヒロ。寡黙でミステリアスな色気を感じさせる。前髪を少し下ろしたハセヒロが好きだ。イケメンというより、得も言われぬ色気がある。クールだけど、童顔?姿勢がよく、立ち姿が美しい。指も長い。笑うと、NHKアナのたけたんに似ている?


e0059574_0365425.jpg
和田アキ子がもっと暴れ回るかと不安に思っていたが、意外におとなしくて拍子抜け。これでいいいのです。


e0059574_038347.jpg
さすがは高橋英樹、登場時間ほんのわずかなのに、圧倒的な存在感です。


e0059574_039648.jpg
胡散臭い役が多い手塚とおるは、今回も限りなく黒いなと思っていたが、蓋を開けてみれば、日和見主義のコウモリというか、外野から煽って高みの見物ってヤツで、こういうのに限って小心者。


e0059574_0392166.jpg
「99%黒でも、100%の確証がなければ意味がない。」「200%の覚悟と言うのは100%の2倍だぞっ!」に続く、300%黒、400%の勇気、500%の勘…は、『半沢直樹』の倍返しを思い出すが、警視庁も数字が好きだな。香坂の志には心打たれた。勇気ある行動をとれる人間が、実際どれだけいるか…ですね。それにしても、皆さん、キャップ無くし過ぎです。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-07-16 00:40 | - Japanese film | Comments(0)