歓びのトスカーナ (La pazza gioia)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_1173310.jpg
【あらすじ】 虚言癖でおしゃべりな自称・伯爵夫人Beatrice(Valeria Bruni Tedeschi)と、自分の殻に閉じこもった全身タトゥーの女Donatella(Micaela Ramazzotti)。社会復帰を助けるトスカーナの診療施設から脱走を図った2人は、破天荒な逃避行を繰り広げるなか、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく。2017年David Donatello賞で、作品賞や監督賞や主演女優賞(Valeria Bruni Tedeschi)など5部門受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_117476.jpg
e0059574_118213.jpg
タイトルの語感から、弾けるような喜びに満ちた、軽いコメディタッチのドラマを想像していた。確かにBeatriceとDonatellaの逃避行は、Thelma & Louise (1991) を彷彿させるような珍道中だが、2人はどこでどう間違ったのか?人生に躓(つまづ)いて傷つき、心の奥に深い怒りや悲しみや後悔を抱えて生きている。

彼女たちの性格はコインの裏と表のように正反対で、事件が起きるたびに、それぞれのリアクションが面白いほど異なる。Beatriceが光なら、Donatellaは闇。自称・伯爵夫人のBeatriceは、出鱈目な話を間断なくすることで現実から目をそむけ、自分を保っている。Donatellaは付き合った男に捨てられたばかりか、2人の間にできた子どもを認知してもらえず、その子も養子にとられてしまう。心の中は生々しい傷だらけで、その痛みに1人でじっと耐える。殻に閉じこもることで、崖っぷちから転落しないように、なんとか踏みとどまっている。


e0059574_118172.jpg
e0059574_1195272.jpg
この2人を演じたValeriaとMicaelaが、まぁ、実に素晴らしかった。舞台劇のような幾分大袈裟な演技も、Valeriaにかかると、俄然、真実味を帯びてきて、「ああ、こんな人いる」と思わせ、説得力があった。テンションが高く、口を開けば嘘がよどみなく出てくる。あそこまで流暢に次から次へと嘘が出てくると、もうあっぱれ!一緒にいたら非常に疲れるタイプだが、どこか愛嬌があって憎みきれない。一方Micaelaはげっそり痩せて頬がおちくぼみ、全身のタトゥーが嫌でも人目をひく。絶望に沈んだまなざしが痛々しくやるせない。すっかり笑いを忘れた彼女に、施設の先輩であるBeatriceが、あれこれ世話を焼こうとする。Donatellaが気になる存在なのだ。

けれどまるでピエロのように面白おかしく、時には狂ったように陽気な振る舞いで、刹那的に生きるBeatriceに、Donatellaは戸惑いを隠せない。嘘の話でどんなに誤魔化しても、現実は変わらないことを知っているから。厳しい現実を味わったDonatellaは、幸せな時間のあとに襲って来る、あの何とも言いようのない寂しさや重苦しさが、もはや恐怖でしかない。対照的な2人の性格や生き方に、「それはそうだけど…」と言いつつも、そのどこかに自分の姿が重なるような、何かしら共感できる部分があり、知らないうちに引き込まれる。


e0059574_1184214.jpg
背負っている人生は違うが、束の間の逃避行で、何かが少し変わった。現状は、依然、変わらない。しかし2人の間に相手を気遣う愛情が芽生え、傷ついた心を癒してくれる。心を通わせる相手がそばにいて、気持ちがふわっと軽くなる支えがあるというのは、愛に飢えた2人にとって最高の癒しに違いない。養子に出された子どもに再会し、辛い過去など忘れて海で戯れる、こんな束の間の幸せも、私たちの日常に思いがけなく訪れる。人生、悪いこともあれば、いいこともあるよ。


 
[PR]
# by amore_spacey | 2017-04-26 01:21 | - Italian film | Comments(0)

ラッシュ/プライドと友情 (Rush)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_02248.jpg
【あらすじ】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、Niki Lauda(Daniel Brühl)とJames Hunt(Chris Hemsworth)が、激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったLaudaは、ドイツ大会の大事故で、大火傷を負いながらも、事故後6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでシリーズ最後のレースに臨む。(作品の詳細はこちら


e0059574_0222059.jpg
Ayrton SennaやAlain Prost以降のF1しか知らないけれど、それでも十分に楽しめた。後半はアドレナリン上昇マックスで、コックピットやレーサーが座る低い位置からとらえた、スピード感があり、臨場感あふれる映像は圧巻だった。まるで自分がハンドルを握って、マシンを走らせているかのようだ。鳥肌が立つようなF1マシンのエンジン音や、Hans ZimmerのBGMが、更に雰囲気を盛り上げ、めちゃくちゃかっこいい。レース終了後は、緊張が解けて私もぐったりでした。


e0059574_0223222.jpg
e0059574_0224554.jpg
しかし何と言っても、キャスティングの素晴らしさに唸った。主役の2人を演じるDanielとChrisが、本人たちに良く似ているだけでなく、キャラの演じ分けがお見事というほかはない。Chirs演じるHuntのチャラ男っぷりには、笑いました。「おれが首位をとってやる」という単純なライバル意識が、レースを重ねるうちに、互いを高めあう最高のパートナーとなり、成熟した大人の友情が生まれる。その過程をクールな視点で描き、主役の2人が絶妙の呼吸で演じた。


e0059574_0232720.jpg
e0059574_023397.jpg
『グッバイ、レーニン!』で初めてDanielを観て以来、時おりふっと気になる役者だ。見るからに生真面目ではにかみ屋、思慮深くて真っ直ぐで一途なんだけど、不器用な性格が時に災いすることもある。そんな彼を見ていると、思わず母性本能が刺激される。薄い唇をきっと結んだ表情が、特に好き。安定した演技は、実力派として今後も大いに期待できそうです。そんな彼がLauda役に抜擢されたのは、宿命でしょう。残念なのは、邦題のサブタイトル。プライドと友情って...?あまりにも雑な処理に、泣けてきます。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-04-19 00:23 | - Other film | Comments(6)

シン・ゴジラ (Shin Godzilla)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (62点)

e0059574_1222915.jpg
【あらすじ】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していった。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_1224291.jpg
この手の映画は観ないのですが、楽しみにしている映画ブログでほぼ満点がついていたのと、ハセヒロが出ているのを知って、それじゃまぁという感じで観たのですが・・・、全くダメでした。映画ブログのレビューがとても面白く、それに釣られてしまった。苦笑

噂どおり、ホントに会議ばかりしてましたね。緊迫した現場と、バカみたいに冷静な会議の、見事な対比。悲しいかな、これってかなり現実に近い状況ですよね。想定外の事態が発生したとき、地獄と化した現地のことなど、官僚たちにとってはテレビの向こう側の出来事でしかない。一刻一秒を争う状況なのに、尤もらしい顔して、結論の出ない無駄な会議ばかり。役者たちの早口も、癇に障る。非常事態なのにお行儀がよろしく、緊迫感が全く伝わってこない。避難訓練だって、もう少し差し迫った雰囲気がある。石原さとみ演じるカヨコに至っては、客寄せパンダ以外の何ものでもなく、思い切り笑わせて頂きました。


e0059574_123212.jpg
東京を炎の海にした最強の破壊力をもつゴジラが、意外に可愛い顔立ちで、これには拍子抜でした。凍結作戦は成功したものの、あれだけ巨大だと、処理が大変です。不思議の国のアリスのように、食べると身体が小さくなるお菓子を、ゴジラに食べさせたら、後始末だけでも楽だったのに。という冗談はさておき、自衛隊の活躍や日本も武器を!なニュアンス、そしてアメリカ様様な台詞や描き方に、きな臭いプロパガンダが作品に織り込まれているような気が、しないでもありませんでした。いや、考えすぎね。


e0059574_1232258.jpg
e0059574_1384881.jpg
何日もシャワーを浴びず同じYシャツで、「服も部屋も少々臭います。」と言われて、脇をクンクンするハセヒロの仕草が、ゴジラのまんまるなお目目と同じくらい可愛らしい。でも他には取り立ててこれといったものがなかったな。彼は善人よりやや悪人っぽい役柄のほうが、見応えあります。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-04-14 01:28 | - Japanese film | Comments(4)

人生はビギナーズ (Beginners)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1171347.jpg
【あらすじ】 息子のOliver(Ewan McGregor)に、ゲイであることをカミングアウトしたHal(Christopher Plummer)は、44年連れ添った妻に先立たれ、自身もガンを宣告されるが、75歳にして新たな人生をスタートさせた。一方イラストレーターのOliverは38歳になっても、内気な性格からなかなか恋をすることができない。しかし父が亡くなった後、仲間から誘われたパーティーで、運命の女性Anna(Mélanie Laurent)と出会った。2012年のアカデミー賞&Golden Globeなど30以上の映画賞で、Christopher Plummerが助演男優賞を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_1172592.jpg
Oliverは始終むっつりとして殆ど笑わないし、ミュージシャンに依頼されたCDのジャケットのイラストが、孤独に満ちた寂しいものばかり。はっきりしない曇り空のようなトーンに覆われ、少々気が滅入った。が、この鬱屈した重苦しさこそ、Oliverが子どもの頃から抱えてきたもので、そこから脱出できず悶々としている。喜怒哀楽のないだるい雰囲気が、Ewan McGregorからじわっと滲み出ていた。


e0059574_1173871.jpg
e0059574_1175311.jpg
こんなOliverを中心に、ゲイをカミングアウトした父、その父を丸ごと包み込んでくれる男友だちAndy、Oliverに似てなかなか他人に心を開くことができないAnna、そして愛する人には絶大な信頼を寄せる父の愛犬Arthurと、なかなか個性的な人々が、微妙な距離を保ちながら関わりあっていく。

ゲイをカミングアウトし、残された自分の人生を謳歌するHalを演じたChristopher Plummerが、想像以上に素晴らしかった。さすがベテラン役者で、こなれている。魅力的で清潔な色気があり、幾つになっても現役俳優で、様々な役柄に挑んでいる。そんな生き方をする彼を、1人の人間として尊敬する。


e0059574_1181369.jpg
e0059574_1183682.jpg
Halは息子の心を、むりやりこじ開けようとはしない。自分の生き様をみせることで、息子が初めの1歩を踏み出せるように導くのだ。そんな姿に戸惑いつつも、父の愛情に触れて、Oliverの中で何かがカタンと音を立てる。

Annaと出会ったことも良かった。子どもの頃、家族(とくに母親)に思い切り甘えられなかった寂しさが癒され、Annaも自分に似たOliverを愛しく思い、2人の距離が徐々に縮まっていく。人生ってなかなか思うようにはいかない。でも自分はこのままでいい。ここで1歩を踏み出せば、何かが変わるかもしれない。それにしても、愛犬Arthurの可愛らしいこと!こんな愛くるしい子を前にしたら、誰でも無防備になります。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-04-10 01:22 | - Other film | Comments(0)

後妻業の女

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_1281297.jpg
【あらすじ】 小夜子(大竹しのぶ)と結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)は、「老い先短い資産家の老人と結婚し、殺害して資産をそっくり頂戴する」後妻業ビジネスをやっている。小夜子は8番目のターゲットとして、元女子短大教授の中瀬耕造(津川雅彦)を狙い、上手く資産を手にした。が、父の死に疑念を抱く次女・朋美(尾野真千子)は、探偵・本多(永瀬正敏)を雇い、調査に乗り出す。(作品の詳細はこちら


e0059574_1282543.jpg
思っていたのと全く違ってがっかり。小夜子と柏木が手を組んで、犯罪スレスレのところを巧みに切り抜けながら、うまく騙して資産を手に入れていくが、調子にのりすぎて、2人は騙される側になり窮地に追い込まれた。さあ、どうする?豊悦と大竹の軽妙なやりとりが展開される、のような軽いブラックコメディを期待していたから、思い切り肩透かしを食らった。

毒のあるコメディ調の軽快な滑り出しだったのに、中盤以降は歯切れが悪く、どこに向かっているのかよく分からない。「お父さんを放っておいた私たちにも非があるわね」などと、妙にしんみりした台詞を次女の朋美に言わせてみたり(朋美もすっかりイイ人になってるし)、殺人を犯した小夜子と柏木の罪は全くスルーで(コメディ路線で突っ走るならスルーでも構わないけど)、ラストシーンがハッピーエンドの少女漫画よろしく、殺人を犯した小夜子と柏木が仲良く登場して爽やかに終了って・・・ 。何が言いたかったの、この映画?小夜子と柏木の醸し出す黒い空気が、フィナーレでいきなり浄化されているチグハグな部分にも、ついていけない。加えて作品に漂うじっとりとした生々しさに、吐き気を伴う気持ちの悪さが残った。大竹しのぶや豊悦の演技は、凄まじくリアルで説得力があり、今回は彼らのパワーに気圧され、後味も気分も悪くなりました。


e0059574_1285737.jpg
e0059574_1292848.jpg
せめて探偵が白黒はっきりつけてくれるかと、心の端っこで期待していたのに、これが金目当てのクズ人間。死んだと思った小夜子が、なぜかあの状況で生き返ったりするし(このあたりからエンディングまで、グダグダ一直線)。若い女と柏木の濡れ場や、鶴瓶のアレのサイズ云々(鶴瓶が超苦手!)の件(くだり)は、見たくなかった。伏線と思われた話も、とっちらかったまま放置で無理矢理終わらせた感が強い。唯一、画面を食い入るようにして観たのは、大竹 vs 尾野の取っ組み合いの喧嘩シーンでした。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-04-06 01:30 | - Japanese film | Comments(2)