「ほっ」と。キャンペーン

マダム・フローレンス!夢見るふたり (Florence Foster Jenkins) 

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0273749.jpg
【あらすじ】 Florence Foster Jenkins(Meryl Streep)はニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているが、その歌唱力は音痴というしかない絶望的なレベルだった。夫St Clair Bayfield(Hugh Grant)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中Florenceが、カーネギーホールで歌いたいと言い始める。実話をもとに映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_027488.jpg
e0059574_02833.jpg
e0059574_0281584.jpg
予告編を観た時には、「音痴を自覚していない金持ちマダムの道楽?」で、スルーするつもりだったのに、Hugh Grantが気になって観てしまった。いやぁ、観てよかった。正解でした。冒頭からFlorenceが超音痴な声で歌うシーンに、なぁんだ、やっぱりドタバタコメディだったのかと脱力するやら、夫のSt ClairがFlorenceの邸宅から出て、タクシーで別の家に行くとKathleen(Rebecca Ferguson)という若い愛人がいるという展開に、「ぇえーーーっ、二股かけてる?(◎∇◎)」 状況が良く飲み込めず、これってHughお得意のパターン?彼って未だに90年代のラブコメ路線を引きずっているのかしらと、目眩がするやら…。

それは私の早合点で、事実婚の関係にあった2人は、音楽を通した人間愛によって固く結ばれていたのでした。最初の結婚で夫から移された梅毒は、当時不治の病とされ、Florenceは死に怯えなら生きてきた。治療の副作用で体力を失い、左手も不自由になってピアニストの夢を断念せざるを得なかった。そんな彼女を支えていたのは、幼い頃から愛してやまなかった音楽だった。音楽は彼女に生きる力を与えてくれたのだ。

さて夫のSt Clairはというと、妻が梅毒に罹っているため肉体関係が持てない。だから?妻に内緒で外に愛人をもつのだが、そういった事情であれば仕方がないのかも。ただどうして妻にあそこまで献身的だったのか、初めは不思議で仕方がなかった。遺産目当て?なんて邪推してしまうが、もう見た通りSt Clairは妻のことを心の底から愛していたのだ。

歌っている時の幸せに満ちた彼女の表情を見るのが大好きで、それがそのまま自分の幸せになった。世間知らずなところもあるが、無邪気で純真無垢な妻が、可愛くて愛しくて仕方がなかった。カーネギーホールで歌いたいという妻の夢も叶えてやりたい。Florenceには人をひきつける不思議な魅力があり、守ってやらねばという気持ちになる。だから彼女の歌声をバカにする奴らを見たとき、思わず頭に血が上り、詰め寄って食ってかかる。あのシーンはグッときました。夫を演じたHugh様ですが、56歳という年齢相応にしわが増え、笑うと顔中しわくちゃになっちゃうんだけど、いい感じに歳を取ったなぁと思います。相変わらず軽薄な雰囲気も残っていて、若い頃より断然好感度が高い。


e0059574_0295793.jpg
脇役たちも、芸達者が揃っていた。特にピアノ伴奏者Cosméを演じたSimon Helbergったら、もうお茶目で愛嬌たっぷりで、いちいち目が離せなかった。彼のボケや突っ込みが、そのまま私たち観客の目線で、「へっ?」とか「それ、マジっすか?」な表情や、その場の空気が読めず目が泳いでしまったりする、世間擦れしていないぎこちなさが、もうバカ受けでした。


e0059574_0443459.jpg
初めてFlorenceの声を聴き、あまりの酷さに堪(こら)え切れず爆笑するNina(Agnes Stark)。外に連れ出されたあとも床で笑い転げていたが(そこまで笑う?)、カーネギーホールでは嘲笑する兵士たちを叱責してFlorenceを励ますという、心温まるエピソードを残している。誰もが認める音痴だが、人の心をつかむ魅力的なFlorenceの歌声が、戦時下の人々にひとときの夢をもたらしてくれたに違いない。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-02-03 00:36 | - Other film | Comments(2)

Arme riddere (Jackpot) 

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_3315530.jpg
【あらすじ】 クリスマスを控えたある日、Oscar Svendsen(Kyrre Hellum)がストリップ・バーで目覚めると、8つの遺体に囲まれていた。自分は血まみれで、手にはショットガンを握っている、しかもSolør刑事(Henrik Mestad)に銃を向けられていた。記憶を辿っていくと、Oscarがサッカー賭博で一攫千金(=Jackpot)を得たことから、賞金を巡ってThor(Mads Ousdal)・Billy(Arthur Berning)・Tresko(Andreas Cappelen)たちと、どうやら仲間割れがあったらしい。実話をもとにしたJo Nesbøの小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_3321646.jpg
初めてノルウェイ映画を観た。こりゃ、すんげェや。これだけ突き抜けていると、道徳観念や倫理観なんて軽~く吹っ飛ぶ。しかも凄惨&グロテスクで猟奇的なシーンが続くのに、バックに流れる音楽が場違いに陽気、その描写も漫画チック・シュールすぎて、決して笑う場面ではないのに、おかしい。とにかくシュールでブラックな作品だ。

事の発端は、Oscarがサッカー賭博で、巨額の賞金を得たことにある。彼が強気でガツンと言える人間だったら、他の3人につけ込まれることはなく、賞金を山分けしようなんて流れにはならなかったはず。ところが哀れなOscarは、ここぞ!というところで、生来の気の弱さが災いして、自ら不幸を引き寄せてしまう。そんな場面が何度もあって、イライラが募る。


e0059574_3323686.jpg
Oscarの不安をよそに、3人の暴力はどんどんエスカレート。死体を何とか消そうと必死になっているのに、状況は好転するどころかますますこじれ、負のスパイラルに陥っていく。ってか、殺しをやっちまった時点で、既に終わってませんか?『メン&チキン』の野生児たちのように、みんな病んでる!狂っているぜ!極悪非道のBillyは切れやすく、多額の負債を抱えるThorにとって、殺しはゲーム感覚。Oscarのアパートの大家(元警官)も、Oscarの賞金を狙って、事件に巻き込まれる。


e0059574_3324744.jpg
クールなんだけどどこか可笑しいSolør刑事は、Oscarを容疑者として逮捕し、この事件は余裕で一件落着するはずだった。ところが取り調べてみると、複雑な事実が明るみに出てくる。そこで本腰を入れて捜査に乗り出すことにしたのだが、捜査や取調べが進むにつれ、容疑者として連れてきたはずのOscarが、いつの間にか事件の目撃者として証言する側になっていた。彼はシロだ。結局Oscarを釈放したが…


e0059574_3325964.jpg
果たしてOscarは、本当にシロだったのか?アパートの大家が言うように、Oscarは予め筋書きを用意してコトを進めたのではないのか?莫大な賞金を守るため、バールで働くTrine(Lena Kristin Ellingsen)に預けたところからして、用意周到じゃないか。実は気が弱くて優柔不断なOscarに、みんなが一杯食わされたってことか。Trineと2人で行方をくらませた先で、彼は高笑いしてるかもしれない。で、原題のArme riddereはフレンチ・トーストという意味らしいのですが、何でまたこんなタイトルに?もしかして、一攫千金を意味する俗語??


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-29 03:33 | - Other film | Comments(0)

マット・ボマーとサイモン・ホールズ (Matt & Simon)

e0059574_354346.jpg
今さらですが、MattとSimonのことをおさらい。Matt Bomer(1977年10月11日)の夫Simon Halls(1964年12月1日生まれ)は、Stephen Huvaneと共に設立した広報会社を経営し、ハリウッドでは有力な実業家として知られている。年の差13歳のMattとSimonは、いつどこで出会ったのか?謎に包まれている部分が多い。このサイトによると、2人は2004年ごろから付き合っていたらしい。(↑↑2008年撮影の画像)


e0059574_3541561.jpg
e0059574_354282.jpg
e0059574_3544221.jpg
彼らは2011年に結婚、だからあの時、指輪をしていたのね。2012年2月にMattがカミングアウト、そして結婚を正式に公表したのが2014年。この頃から公式の場に、2人揃って現れるようになる。全てを公にしたMattだからこそ、『ノーマル・ハート』では凄みのある迫真の演技で、私たちの心を揺さぶることができたのでしょう。


e0059574_3545553.jpg
e0059574_355477.jpg
Mattは俳優業と並行して、HIVエイズ撲滅や同性婚のなどのボランティア活動にも参加している。今後も公私ともに、Mattから目が離せません。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-26 04:14 | My talk | Comments(0)

2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その2

e0059574_18433550.jpg
わがやの家庭菜園では、夫(Matt)が栽培した大根や白菜やブロッコリーが、収穫真っ盛り。季節の野菜を育てるのが、とても上手い。農家の次男坊だから、当然なんだけどね。自分で育てたじゃがいもを食べる夫に、「うわぁ、共食いしてる!」なんて言っても、ニコニコ。


e0059574_18434678.jpg
役者になりたかった彼は、学生時代、俳優養成所に通っていた。けっきょく豆腐屋のオヤジになってしまったが、役者の夢が捨てきれず、この商店街の夏祭りや新年会の出し物には、嬉々として参加、脚本からキャスティングまで、彼が仕切っている。この間の新年会は、オネエ役だった。


e0059574_1844565.jpg
こういうノリが好きで、子どもたちが小さかった頃は、それぞれの友だちを呼んだ誕生日会に、自分で作った着ぐるみを着て、盛り上げてくれたものだった。


e0059574_18442172.jpg
次男が小学生の時、PTAの役員だった彼は、打ち上げの飲み会でヅラを被って、コントをやった。それが馬鹿ウケで、今でも飲み会の席に呼ばれる。

昨日のトランプ氏の大統領就任のパーティーでも、余興をやるはずだったが、時間切れで出られず、温厚なMattが珍しく切れて、まわりを凍りつかせてしまった。出たかったのよね、本業そちのけで、張り切って余興の練習をしてたから。2020年の東京オリンピックの開会式には、出られるといいね。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-21 18:47 | My talk | Comments(0)

シャーロック シーズン4 第3話 (Sherlock season4 episode3)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (83点)

e0059574_124419.jpg
【あらすじ】 Sherlock(Benedict Cumberbatch)は飛行中の飛行機に搭乗する少女から、「機長も乗員乗客も、みんなぐっすり眠って様子がおかしい。助けて欲しい」という電話を受け取った。一方Eurus(Sian Brooke)はドローンを使って、Baker StreetのSherlockのアパートを爆破。Eurusの仕業と気づいたSherlockやJohn(Martin Freeman)やMycroft(Mark Gatiss)は、Eurusを収容する厳重な警備が布かれた精神医学施設Sherrinfordに向かった。
  しかしそこで捕まった3人は、人間性を問われる恐ろしいゲームを、Eurusに突きつけられる。ゲームを続ける中で、Sherlockは封印していた過去の辛い記憶が蘇り、さらにその真実を知るのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_124359.jpg
うははーっ、80年代のアクション映画を思わせる、かなり派手な演出がウケました。Sherlockら3人が緊迫した空気に包まれているっていうのに、階下のHudson夫人(Una Stubbs)ったら、暢気に掃除機かけちゃってるし。


e0059574_1245770.jpg
あら、MycroftとEurusが繋がっていたなんて…。Mycroftに協力したEurusが、その見返りにJim Moriarty(Andrew Scott)と会わせて欲しいって、Mycroftは危険を百も承知で会わせたのかしら?いやいや、Eurusに操られたに違いありません。彼女は人の心を操る天才だもん。飛行機から電話をかけてきたのも、結局彼女だった。


e0059574_1251274.jpg
e0059574_126448.jpg
収容されていた彼女の部屋が、Hannibalの独房に似ていたんだけど、この手の施設ってこんなにスタイリッシュなの?プライバシー無視の構造ではあるけど(苦笑)

さて蓋を開けてみれば、Sherlockが可愛がっていた犬の赤ひげなどこの世には存在せず、実は彼の友だちのVictorだった。そのVictorの心をEurusが操作して、自分から?井戸に飛び込ませたらしい。だってVictorが邪魔だったんだもん。彼のせいでSherlockは、アタシと遊んでくれなかったのよ。アタシには友だちが1人もいなくて、とても寂しかったのに。嗚呼、人の心を操る能力を、ポジティブな方向に使えたらよかったのに。

ここでSherlockは、Eurusの寂しさにようやく気づく。壁の向こうとこっちで姉弟のヴァイオリン二重奏なんて、ちょっぴりジーンと来ました。シーズン1の頃に比べると人間的に成長したSherlockが、眩しくすら見えます。


e0059574_1262224.jpg
そんなSherlockがまたしても大暴れ。Molly(Louise Brealey)が入るはずの棺桶を、全力でバッキバキに叩き壊した。淡い友情を抱いていたとはいえ、Mollyを救うために嘘をつかざるをえなかったから。Mollyが真相を知ったら…。兎にも角にも、一途で健気な彼女が生きててくれてよかった。


e0059574_126496.jpg
e0059574_1265970.jpg
はい、そして毎度お騒がせのJim。緊迫した状況の中で、突然Queenのメロディー(←音が出ます!)にのって、ヘリコプターから登場(爆) 紅白歌合戦のノリ?彼ってば、カッコつけの目立ちたがり屋なんだから。Moriartyの大ファンだったので、もっと登場させて欲しかった。もう少しSherlockと絡ませたエピソードを観たかったなぁ。時計のチクタクや扇動する表情は、コメディレベルで笑えました。


e0059574_1271974.jpg
今のところこのシリーズは、これで終わりともシーズン5があるとも発表されていない。また2014年にBenedict Cumberbatchは、シーズン5までの出演契約にサインしている。(詳細はこちら) だからこれで終わりってことはないでしょう。単発でもいいので、面白いエピソードをぜひ作って下さい。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-01-18 01:38 | - TV series | Comments(0)