メリーに首ったけ Tutti Pazzi per Mary

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1859308.jpg
キャメロン・ディアス主演のラブコメ。
キャメロンがとってもキュートでしたね。ショートヘアがとってもナイス。そんな素敵な彼女に、まわりの男たちはみんな首ったけ。彼女の気を引こうとみんないろんな嘘をついて奮起している姿が滑稽でした。そんな中でテッド(ベン・スティラー)だけがばか正直なヤツ、でもそのバカ正直ぶりがまたよかった。ベン・スティラー、ハマりすぎ!!下ネタ満載で下品と受け取る人も多いのだけれど、描き方がそんなに嫌らしくなく、多分男性なら共感できる、ちょっとブラックな下ネタなのですね。


e0059574_1934562.jpg
これでもか?とことん不幸を呼ぶ男テッド(ベン・スティラー)!!!
それは冒頭から始まった。ああ、トイレに行ってズボンのジッパーをしめようとする手が誤って、大事なアレ(+付属品)を挟んでしまう。痛いぞ~!!解剖学上実際にはあり得ない珍事なんだけど(とクマは言う)


e0059574_1942384.jpg
お次はヘアジェル!!(爆)



↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)

不運は続くよ…
[PR]
# by amore_spacey | 2005-12-30 19:15 | - Other film | Comments(4)

ナルニア国物語 Le Cronache di Narnia

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(42点)

e0059574_1451068.jpg
期待しすぎた(何を?子どもの時に読んで思い描いたイメージと違っていたからかな?)せいか、最後まで作品の中に入り込めませんでした。この作品はこれとして独立して観なくてはいけないのですが、大スペクタクルの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を観たあとでは、かなりキツイ。因みにイタリア語版のライオンの声は、オマー・シャリフでした。次男エドマンドが食べていた、赤いゼリーのようなイチゴ大福のようなお菓子が、とても美味しそうだった。実際にあるものなの?


e0059574_1932862.jpg
ググッてみたら、ターキッシュ・ディライト(ロクムというトルコのお菓子)という、ゼリーのようなグミのようなお菓子なんですね。



e0059574_1453025.jpge0059574_145519.jpg
4兄弟いると色々ですね、長男長女は年上の責任があり、次男次女は自由奔放で好奇心旺盛で道草をしたがる。ピーターが、英国皇太子の長男ウィリアム王子に心なしか似ていたような。そんな余計なことを考えながら観ているから、ちっとも作品に集中できなかったのかも。夫からクリスマスプレゼントに「ナルニア国物語」を貰ったので、これを真剣に読むことにします。



↑これをぽちっと、応援よろしく(*^^*)
[PR]
# by amore_spacey | 2005-12-27 01:56 | - Other film | Comments(18)

キング・コング King Kong

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_18363065.jpg
1933年のオリジナル版「キングコング」のリメーク。小学生のピーター・ジャクソン監督がこの映画を観て、「よ~し、大きくなったら絶対に映画監督になろう!」と心に誓った作品だとインタビューにも答えていますが、長年温めていた構想をここで一気に噴出させていましたね。間に「ロード・オブ・ザ・リング」3部作が入っているにも拘らず、ジャクソン・パワーは健在、3時間の超大作もあっという間でした。(イタリアでは2時間20分のところで休憩5分が入る)

ああ、しかし全編を通じて船酔いめまいが私に付きまとって困った。音響の効いた大画面で観る船のシーンはリアルで、途中何度も目を閉じてしまった。恐竜に追っかけられるシーンは、画面が大きすぎて何がそこで起きているのか、よく分からなんだ(^^ゞ そしてエンパイアー・ステート・ビルディングの尖塔のラストシーンは、高所恐怖症の私には超きつかったP。ぐるぐる目が回りそうになったジョ~(◎_◎;)


e0059574_17594241.jpg
ジャック・ブラック扮する狂気の(ぶち切れた?)映画監督。う~ん、毒っけのある彼独特の雰囲気が、この作品ではナリを潜めちゃったかな?


e0059574_1802294.jpg
大部分の女性が、キングコングとの交流シーンからラストシーンにかけてのアン(ナオミ)に感情移入しますよね?! ちょいとすねてあっちを向いちゃったり、嬉しくて大笑いしたり、自然界の王者の威力を見せつけるコングが可愛かったね。謎の島で捕獲されるシーンや空軍の爆撃を受けながらも、命を賭けてアンを守りきるコングには涙・涙・涙(;_;)
e0059574_18473237.gif



e0059574_180475.jpg
脚本家に扮するエイドリアン、何事にも動じない冷ややかにすら見える彼の中に、アンへの溶岩のように熱い思いが秘められていたのですね。「ピアニスト」の彼もよかったけれど、脚本家エイドリアンもハマり役でなかなかようございました。彼の鼻って鋭く尖ってます?キスする時、うっかり間違って刺されるかも(爆)



↑これをぽちっと、応援よろしく(*^^*)

これ誰?
[PR]
# by amore_spacey | 2005-12-24 18:22 | - Other film | Comments(14)

☆Xmas懸賞クイズ正解者発表☆

12月20日午後11時(日本時間)をもって締め切らせて頂きました。応募総数16名様、ありがとうございました。それではさっそく正解並びに得点長者番付(コメント書き込み順)を発表いたしましょう。

【正解】
①カーク・ダグラス ②スティーブ・ブシェミ ③メリル・ストリープ
④「ポセイドン・アドヴェンチャー」

【得点長者番付】
40点…ミミヅクさん、jesterさん、小夏さん
3名様、おめでとうございま~す。今回は大奮発でみなさまに粗品をお送りさせて頂きます。お手数ですが連絡先をお知らせ下さいませ。 emilia2005@excite.co.jp(@を半角にしてね) 尚クリスマス~年末の郵便事情がひじょーに悪く、ほぼ停止状態のイタリアなので、賞品発送は七草粥の頃になります。ご了承下さいね。
e0059574_2247177.gif
35点…ことみさん、カゴメさん
30点…nouilles-sauteesさん、s_fiorenzoさん、ちまきさん
20点…kinoさん
15点…Fleurさん
10点…じゃんぼさん、謎さん
残念ながら無得点…HANAKOさん、赤いイチゴさん、奈良漬けさん、あられちゃん



↑これをぽちっと、応援よろしく(*^^*)

こちらでご確認を…
[PR]
# by amore_spacey | 2005-12-20 23:17 | My talk | Comments(10)

白銀に燃えて (Iron Will)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(65点)

e0059574_243537.jpg
17歳の少年ウィルが父親亡き後、家族の経済危機を救うべく、一万ドルの賞金の出る犬ゾリ・サバイバルレース出場を決める。ウィルの出場権バックアップからレース最後まで見届けるのが、新聞記者ハリー(ケヴィ)なのですね。

作品自体は、う~ん、期待ハズレだった。最初から結末が見え見えの作品で、あんな安易なゴールシーンはないだろうよ、監督(殴) ディズニー映画だったからなのか?私ならレースシーンを大胆にカットして、レース終了後の新聞記者と少年及びその家族の関係を、も少しクローズアップした…かなぁ。でもウィル少年がケヴィを殴ったシーンには目が点。一瞬の早業であった。ウィル少年が可愛がっていた真っ白のワンコも可愛かったね。なかなか演技達者なワンコだ(^^)



e0059574_282827.jpg
ウィル少年とハリーの出会い。参加するための登録料すら払えないウィルのために、ハリーが出してあげようと名乗り出るシーン。この時のハリーには、「貧乏な家庭の少年の賞金稼ぎレースを記事にしたら、うまくすれば大当たりかもしれない」というもくろみ大あり。少年を利用していい記事を書こうと企んでいたハリーです。何てヤツだよぉ。



e0059574_285064.jpg円筒形ハットにフロックコートのケヴィ。こういう黒づくめの衣装が似合ってしまうなんて、色白のクールな顔立ちにタイトなボディのケヴィならでは、うふふっ(*^^*) 帽子がどうしてこんなに粋に似合うのでしょう、ケヴィ。それに比べて私はどーしてどの帽子も似合わんのだっっ???




e0059574_29852.jpg思ったとおりウィル少年が大活躍で、新聞一面を賑わせる記事を書く。大喜びのハリー。この葉巻もぴったりハマってます。「真夜中のサバナ」の品のよいあのおじさまを思い出します。新聞記者役のケヴィって結構ありますよね?それがまたハマり役☆



↑これをぽちっと、応援よろしく(*^^*)
[PR]
# by amore_spacey | 2005-12-20 02:20 | Kevin Spacey | Comments(5)