皇帝ペンギン La Marcia dei Pinguini

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_2153157.jpg
撮影条件といいそれに費やした時間といい、途方もないものだったのでしょう。ふつうに生活していたらこんな映像にはおめにかかれないなぁという貴重なドキュメンタリー映画でした。皇帝ペンギンは育児のために3ヶ月も絶食して伴侶の帰りを待ち、今度は餌を求めて約1ヶ月も歩くのですね。親の深い毛の中にうずくまった雛ぺんぎんの可愛いこと(^^) 映画製作のために、BGMや効果音やナレーション(伊語版はフィオレッロ)をつけたり画像を切り貼りしたりと、人工的になってしまう大自然の営みが、遠い地球のどこかで静かに繰り返されているという事実に感動を覚えました。この作品自体は…う~ん(^^;)


南極に行ってみたいなぁと思う方は
↑これをぽちっと(*^^*)

し、しかし…
[PR]
# by amore_spacey | 2005-11-28 02:24 | - Other film | Comments(6)

BEYOND the SEA(サントラ)

私のお気に入り度 ★★★★★(94点)

e0059574_19335321.jpg
もう本当にラッキーとしか言いようがない。
ただでさえサントラの品揃えが少ないこのレコード店で、クマが偶然見つけたケヴィの「BEYOND the SEA」サントラ。一枚しかなかったんだって。全18曲。アップテンポからスローテンポまで、ケヴィは実にのびのびと歌っています♪^^
ああ、映画が観たい、観たい、観た~い!!


e0059574_1935726.jpg
「両親が持っていたレコードコレクションには、70年代初期に活躍していたデューク・エリントンやボビー・ダーリンやビング・クロスビーがあった。僕はそれを聞きながら口ずさみながら育ったんだよ」とケヴィ。


e0059574_193631100.jpg
e0059574_19442735.jpg


ケヴィとデュエットしたい方は
↑これをぽちっと(^^)

は、鼻が…┌( ̄. ̄)┘
[PR]
# by amore_spacey | 2005-11-27 19:41 | Kevin Spacey | Comments(10)

ユージュアル・サスペクツ I Soliti Sospetti

私のお気に入り度 ★★★★★(100点)

e0059574_23474217.jpg
この作品をご覧になっていない方は、何も言わずにとにかく見て下さい。思い入れのある作品なので、コメントは控えていくつか画像を添えるだけにします。あ、これだけは言っておかなくちゃ。ラストシーンはぞくぞく鳥肌モノです。


e0059574_072189.jpge0059574_074074.jpge0059574_075774.jpg
e0059574_081875.jpg
ヴァーバル・キントの様々な表情。うわっ、ジュード・ロウなんか問題外のM字デコ。




ヴァーバル・キントの足になりたい方は
↑これをぽちっと1万回(*^^*)

Mr.コバヤシ…
[PR]
# by amore_spacey | 2005-11-25 00:02 | Kevin Spacey | Comments(12)

ハッとするまなざし(男優編)

【日本代表】

e0059574_5344996.jpge0059574_535922.jpge0059574_5352948.jpg
e0059574_5354793.jpge0059574_5361257.jpge0059574_5362922.jpg

滝沢秀明
「義経」の視聴率ガタ落ちでもいい、稽古の時に台本の漢字が読めなくてマツケンに怒鳴られても仕方がない。口を開けばパーちくりんなことばかり喋って大ベテランを仰け反らせても聞かなかったことにしよう。私は彼が好き・好き・大好き~(*^^*)
唐沢寿明「白い巨塔」とネスカフェのCMでは別人ですなー。
村上弘明…時代劇ドラマがぴったり。ちょんまげが似あう男っていいね。
渡辺謙…眼力もあるけれど、あの優しい目で見つめられたら、うふふっ(*^^*)
草刈正雄…大昔の「新選組」の沖田総司は超よかった。イケ面のはしり?
松平健…まつけんサンバ~♪ 彼もちょんまげが似合うええ男やのぉ。


こんなにたくさんの瞳に見つめられて
ちょいと酔ってしまいましたわという方は
↑これをふふっと1万回(*^^*)

【海外代表】
[PR]
# by amore_spacey | 2005-11-23 05:41 | My talk | Comments(16)

アメリ Amelie

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_22524569.jpg
ものすごく薄幸な少女で、人生のどん底を歩んできたわけではないけれど、家族の愛情をたっぷり受けて育ったわけでもないアメリ。空想と現実の世界を行き来する彼女は、全てにおいてとてもエキセントリック。服もヘアスタイルも靴も、彼女の視線も趣味もこだわりも。そして同じマンションの住人に対する洞察力や観察力然り。彼女ならではの伏線が至るところに用意され、ある程度のオチは分かってしまうが、その描き方(画像の早送りは面白かった^^)がシュールで、「ああ、結末が知りたい!」という期待に胸が高鳴る。

音楽担当がYann Tiersen♪ って誰だっけ?どこかでこんなメロディー(←音が出ます!)を聞いたことがあるなぁ、と思ったら、『グッバイ、レーニン!』の音楽も担当していた。孤独な中にもオシャレ心とちょっとした悪戯心が混ざり合った、そんな雰囲気が伝わってくる。


e0059574_22531244.jpg
原色がやたら多かったのも、エキセントリックな雰囲気を増幅していた。それにしてもこんな真っ赤な寝室では、何だか落ち着かない。壁の色はもう少し穏やかな色が好きだなぁ。
 

e0059574_22534168.jpg
この小人のように、世界各国行きたいときに気軽にふっと出かけられたらいいな。どの役者さんも個性的でよかったけれど、この小人には、特別親近感賞を進呈したい。


e0059574_2254360.jpg
この作品の舞台となったアメリが働くモンマルトルのバールや、意地悪なおっちゃんあの八百屋さんに行ってみたい。噂によると、すでにパリの名所の1つになっているらしい。

製作国:France, Germany
初公開年:2002年
監督:Jean-Pierre Jeunet
音楽:Yann Tiersen
キャスト:Audrey Tautou, Mathieu Kassovitz, Rufus, Lorella Cravotta, Serge Merlin, Jamel Debbouze ...
[PR]
# by amore_spacey | 2005-11-21 22:58 | - Other film | Comments(16)