タクシー・ドライバー (Taxi Driver)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_0134140.jpg
【あらすじ】 ベトナム帰りの元海兵隊員Travis Bickle(Robert De Niro)は夜のニューヨークをタクシーで流しながら、腐敗しきった世の中に苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるBetsy(Cybill Shepherd)と親しくなるが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。Travisの不眠症はますますひどくなり、心は荒んでいく一方であった。そんな中、彼のタクシーに突如13歳の少女Iris(Jodie Foster)が逃げ込んできた。ヒモらしい男Sport(Harvey Keitel)が彼女を連れ戻す。やがて闇ルートから銃を手に入れ 、自己鍛錬を始めたTravisに、ひとつの計画が沸き上がった。第29回カンヌ国際映画祭で、Palme d'Orを受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_0135759.jpg
e0059574_0141048.jpg
e0059574_0142620.jpg
機内上映第2弾。ベトナム戦争によるトラウマから、重度の不眠症に陥り、社会に順応出来ずに、孤独や絶望に苦しんでいるTravisに、カチッとスイッチが入った。彼の中に芽生えた独りよがりで狂気に満ちた正義感は、もはや誰にも止めることができない。


e0059574_0143849.jpg
e0059574_0144876.jpg
自分の正義を貫き浄化作戦を完了したあと、Travisは何事もなかったかのように再びタクシーのハンドルを握る。そのシーンは冒頭に繋がり、負のスパイラルの中で回り続ける。出口が見えない、やりきれなさ。ひとときだけ英雄扱いされてチヤホヤされようが、彼の暮らしは変わらない。虚しさが残るだけ。


e0059574_0151987.jpg
e0059574_0153018.jpg
実はこの作品を初めて観た。そして暴力への厭世感や矛盾に満ちた現実への、やり切れなさや絶望。殺伐とした街や人間の心情を、ここまでクールに淡々と演じたDe NiroやMartin Scorsese監督の優れた演出に、大きく揺さぶられた。暴走するTravisを批判しながらも、ある部分で共感している自分にハッとした。13歳のJodei Fosterの妖艶な美しさが印象的。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-14 00:15 | - Other film | Comments(2)

サルバドールの朝 (Salvador)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (81点)

e0059574_22521844.jpg
【あらすじ】 1970年代初頭、フランコ政権末期のスペインで、自由解放運動のグループに所属する25歳のSalvador(Daniel Brühl)は、不慮の発砲により若い警部を死なせてしまう。彼は正当な裁判を受けられないまま死刑を宣告され、彼の家族や仲間、担当の弁護士Arau(Tristán Ulloa)や彼の同僚たちは何とか処刑を防ごうと手を尽くすが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_22531216.jpg
e0059574_2253051.jpg
近代~現代スペインにあんな過酷な歴史があったなんて、この映画で初めて知りました。30年以上も軍事独裁政権が牛耳っていた?軍隊や秘密警察が、ついこの間まで普通に市民生活を脅かしていた?うわぁ、想像がつきません。

激動する歴史に翻弄される役を演じると、Daniel Brühlはじわじわと、しかし圧倒的な説得力で迫ってきます。チャラい役は似合わない。と言っても、主人公のSalvadorは革命の闘士になって、この国を変えてやる!ほどの意気込みはなく、当時の若者の間ではカッコイイことだった政治を熱く語ることで、少しだけ目立ち、人から一目を置かれたかった。


e0059574_22524685.jpg
Jesús刑務官(Leonardo Sbaraglia)が言うように、独裁打倒!を掲げつつも、お坊ちゃんの遊びでしかなかったのかもしれない。だからJesúsはSalvadorに、嫌悪感を抱いたのだ。そのJesúsは、父に宛てて書いたSalvadorの手紙の中に、肉親への愛や慈しみを感じ、共感を寄せ次第に友情を抱いていく。Salvadorの処刑を目の当たりにして、自分こそ権力の犬であったことを恥じ、「Francoは人殺しだ!」と思わず叫ぶ。


e0059574_2253219.jpg
e0059574_22533346.jpg
絶望的な状況を熟知しつつも、Arau弁護士は最後まで信念を曲げず突き進み、Salvadorの隣で支え続ける。Salvadorと家族(特に姉妹とのやりとり)の愛情や友人たちとの友情…など、人間の良心に心を動かされ、この国にも救いや希望があるのを見ました。Daniel Brühlの1人祭りはとりあえず、これで終わります。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-13 00:05 | - Other film | Comments(0)

キアヌ・リーブス、Moto GP観戦 (Keanu Reeves a Misano)

e0059574_23405310.jpg
e0059574_2341732.jpg
e0059574_23412294.jpg
Misanoで開催されたMoto GPで、Keanu Reevesが目撃された。やはりちょくちょくイタリアに来ているんですね。


e0059574_23413513.jpg
しかし・・・この髭、何とかなりませんかねぇ。髭を剃るのも面倒くせェ?服や帽子も、どこかで見たことがある。帽子は全く洗った形跡なし。2~3枚目に写っている他の人と同じ帽子なのに、醤油で煮たような色。


e0059574_23431362.jpg
ファンと2人でセルフィーしたのはいいんだけど、疲れていたのか?目が死んでます(汗) 髪もブラッシングした形跡なし。


e0059574_23444825.jpg
アドリア海はCesenaticoの某レストランで撮影されたKeanuは、夕ご飯を食べたあとだから?微笑んでます。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-12 00:02 | My talk | Comments(0)

第74回ヴェネチア国際映画祭のアレッサンドロ・ボルギ (Alessandro Borghi)

e0059574_16572689.jpg
e0059574_17105196.jpg
第74回ヴェネチア国際映画祭が、昨夜閉幕しました。コンペ部門の主な受賞は以下の通りです。日本勢は残念ながら、受賞を逃しました。

金獅子賞 The Shape of Water (by Guillermo Del Toro) メキシコ
審査員大賞 Foxtrot (by Samuel Maoz)
男優賞 Khamel El Basha (The Insult)
女優賞 Charlotte Rampling (Hannnah by Andrea Pallaoro) 
監督賞 Xavier Legrand (Jusqu’à la garde)
脚本賞 Martin McDonagh (Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)
審査員特別賞 Sweet Country (by Warwick Thornton)
マルチェロ・マストロヤンニ賞 Charlie Plummer (Lean on Pete)
*
さて個人的には、映画祭史上初めてパドリーノに抜擢されたAlessandro Borghiの衣装が気になったので、開催中の彼を追ってみました。いやぁ、目の保養になります、うふふっ。

e0059574_1702198.jpg
シンプルなTシャツでヴェネチアに登場。


e0059574_171024.jpg
記者会見後
ジャーナリストを撮る。


e0059574_1714343.jpg
e0059574_1715797.jpg
Roberta Pitroneと一緒に。


e0059574_1725299.jpg
エクステでルックを変えてみる。


e0059574_1742383.jpg
キラッキラなジャケット☆


e0059574_173444.jpg
閉幕式はGucciで決めたるわ。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-10 17:13 | My talk | Comments(2)

ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~ (The Zookeeper's Wife)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_23351080.jpg
【あらすじ】 1939年、第二次大戦下のポーランド。夫婦でワルシャワ動物園を営み、愛する動物に囲まれて生活していたJan(Johan Heldenbergh)とAntonina(Jessica Chastain)は、ナチスドイツの侵攻に大きな不安を抱いていた。Janはナチスドイツがユダヤ人を弾圧するのを見て、Antoninaに動物園を彼らのための隠れ家にすると言う。強制居住区域に暮らすユダヤ人たちを救い出しては動物園にかくまう彼らだったが、次第にナチスドイツの警戒は厳しさを増し彼らにも危険が迫る。300人ものユダヤ人を匿い逃亡させたDiane Ackermanのベストセラーを映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_23353938.jpg
e0059574_2336688.jpg
e0059574_23355263.jpg
e0059574_23362639.jpg
Daniel Brühlの1人祭り&機内上映第1弾。ホロコーストに動物ものを抱き合わせて、いかにも興行成績を狙った作品だ。その下心が、邦題に透けて見える。良いテーマを扱っているだけに、脚本や演出が散漫だったのが残念でした。だったら観なくてもいいのにって話になりますが、キャストにDanielの名を見つけてしまったから、その勢いで何となく観てしまったのでした。という言い訳はともかく、ナチスドイツへの不安や恐怖はそれなりに、ユダヤ人たちを救い出す夫婦の善意も、人間として当然のことをしたまでといったスタンスで、事実を淡々と描き出している。


e0059574_2337840.jpg
e0059574_2336398.jpg
e0059574_23365533.jpg
さてドイツ軍将校で動物学者Lutz Heckを演じたDaniel。彼はユダヤ人を弾圧する側に立つ人間だが、とても色っぽく綺麗な、そして人情味のあるAntoninaにすっかり入れ込んでしまう。彼も人間だから、特別な感情を持った相手がユダヤ人であろうが、何とか手を貸してやりたいと思うのは、ごく当然の成り行きだろう。しかし時は第二次大戦下のポーランド、Lutzにはドイツ軍将校としての任務がある。私情と任務の狭間で苦しんだ末、彼が選んだのは…。

基本的にDanielは性善説の世界の人だから、悪人にはなり切れない。どんなにワルぶっても、無理して演じているのが痛々しくて、観ていられないのだ。今回は脇役だったこともあるが、演技に隙がありすぎたのと、やっつけ仕事的に演じていたようにしか見えず、だったらこんな役を引き受けなければ良かったのに、と八つ当たりさえしたくなる。感動の実話かもしれないが、観る前からお涙頂戴的なキャッチフレーズを並べ立てられると、興冷め。


[PR]
# by amore_spacey | 2017-09-09 00:01 | - Other film | Comments(0)