「ほっ」と。キャンペーン

タグ:■Speed-the-Plow■ ( 6 ) タグの人気記事

Speed-the-Plow 6

【番外編】

e0059574_0475445.jpg
『The Bourne Ultimatum』
Jason Bourneの動きに興味を持った英ガーディアン紙の記者がJasonの記事を書く。
そのJasonは彼とコンタクトをとり、Waterloo駅で落ち合うことになるのだが…。



e0059574_0482044.jpg
Jasonが通ったかもしれない
赤レンガの路地裏。



e0059574_0484131.jpg
駅上階にある広告パネルが変わる瞬間に
縦パネルの隙間からスナイパーがガーディアンの記者を射殺?!



e0059574_0491098.jpg
『The Bourne Ultimatum』撮影風景はこちらをどうぞ。
ということで、Speed-the-Plowと全く関係のない記事でした。


《完》 お付き合い下さってありがとうございました(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2008-04-03 00:51 | Theatre | Comments(2)

Speed-the-Plow 5

【パンフレット】

e0059574_34649100.jpg
ビジネスを成立させることが、彼らの友情や交流の証でもある。
同性愛的な感情の交流がビジネスの底にあり
また人間を金儲けの奴隷におとしめてしまうものでもあるのだ。

しかしそれでもなお信頼や自己独立や協働を基礎にした
理想的社会を形成する一員でありたいとDavid Mametは願う。



e0059574_347684.jpg
アップで見ると気骨ある表情のLaura



e0059574_3472363.jpg
哲学的な?プロフィールのJeff



e0059574_3473883.jpg
Kevi様笑ってるぅ(^^)


《次回は番外編》
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-29 03:49 | Theatre | Comments(2)

Speed-the-Plow 4

【舞台と作者】

ごめんなさい。最初に謝っておきます。第2幕の途中までしか観ていないのに、舞台レポするなんていい根性してます。分かってます。「お前はそれでもKevi様ファンなのかっ?」な発言もきっとあるから(汗) いえ、あるんです。。。


e0059574_175162.jpg
ええ、今回は共演者に目が行ってしまったんですよ。Jeff Goldblum!いやぁ、実に存在感のある役者さんでした。『ザ・フライ』『ジュラシックパーク』で学者を演じたあの方は、すらりと長身細身でシックなスーツがよく似合う。しかも足がとても長い!中肉中背のKevi様がまるで子どものように(殴っ) Jeffが立ち上がったとたん、会場からは「をを~!」どよめきが起きたからね。声がこれまたいい。1度見たら忘れないあの爬虫類系の顔も、弱気になると守ってあげたくなるような無垢な表情になる。長身だからちょっとした仕草や動きが目立つ、これがまたとてもエレガント。否が応でも観客を惹きつけますね。



e0059574_1123810.jpg
今回の役柄は両者共にハリウッドのプロデューサー。プロデューサーと言えば辣腕プロデューサーで新入りを苛め抜いた『ザ・プロデューサー』や言葉巧みにNYの不動産セールスマンたちの凌ぎあいが展開する『摩天楼を夢みて』が思い浮かぶ。どちらも怒涛のような言葉の応酬で、あの頃のKevi様は髪もあったし(もう一発殴っっ!)、貪欲な目をしていた。鋭い切れ味がありました。今は年輪が増えた分、深みが滲み出てきて、これまたいい男。舞台の彼を見てほっこり幸せな気持ちになるのは、舞台に立つ彼が生き生きとしているから。舞台のために生まれてきたような人だ。観客の視線が自分に集まる。場内の空気がリアルに伝わる、こればかりは映画では味わえない。観客もまた役者の生の息遣いを感じ取ることが出来る最高の場所なのだ。だから舞台通いは止められませんね(^^)



e0059574_1125843.jpgさて3人目の共演者Laura Michelle Kelly、新しいところでは『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』でJohnny Deppと共演している。若手役者でありながら舞台の場数を踏んでいるだけあって、特に視線や目の動きや流し方が遠目にもよく分かる。男の世界で女がステップ・アップしていく手段と言えば、あれしかない。女の武器をちらつかせながら罠にかかろうとする男を、うまく手玉にとってのし上がっていこうと目論む。ブロードウェイではこの役をMadonnaが演じたという。ご覧になった方はいますか?彼女の肉感的な誘惑とLauraの知的で都会的なセンスを合わせると、この女性像はほぼ完璧な姿になるだろう。Madonnaを観ていないから分からないが、少なくともLauraは脚本を書いたDavid Mametが描く女性像により近かったのではないかと思う。


Davidの代表的な作品と言えば、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『アンタッチャブル』『ハンニバル』。シカゴ駅の階段をゆっくり落ちていくベビーカーを、Andy Garciaが発砲しながらスライディング・キャッチしたあのシーンは、映画史上に残るシーンの1つであろう。人々の娯楽が芝居から映画やTVへ移行する時期に、脚本家として活躍しているDavid。その本音を書き綴ったのが『Speed-the-Plow』。脚本家の権力が落ちていくことへの憤りと悲しみと淋しさ、商業主義に走る映画配給会社への皮肉が暗に込められているのである。


e0059574_1131857.jpg過去に観たケヴィ様の3つの舞台のうち、一番分かりやすかったのが『Speed-the-Plow』だった。時代背景が現代に近いことと、訛りのない普通の英語だったことが幸いしたのかもしれない。それにしても今更ながら、自分史上最悪のアクシデントのせいで(もともとは3時間半のフライトの遅れが悪いんだけど)、Kevi様のマシンガン・トークが炸裂する、肝心要の第三幕を見逃し(聞き逃し)てしまったのは、残念無念でなりません。
写真はこちらから転写。


《 次回はパンフレットの紹介 》
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-26 01:24 | Theatre | Comments(4)

Speed-the-Plow 3

【悲劇】

e0059574_3483527.jpg
はぁはぁ肩で息をしながら、友人とともに着席する。ゆでだこのように真っ赤な顔の私を見て、付近の客は怪訝な顔をするが、私は開演に間に合った幸運をかみしめていた。間もなくステージが明るくなり、ケヴィ様が登場。あのヴェルヴェット・ボイスが劇場内に響き渡る。「今年も来たよ!」心の中で呟く。舞台に立つ彼は、水を得た魚のように生き生きと輝いている。ああ、惚れ直してしまう 年々デコの面積が広くなっているが、それもキューピーのように愛嬌があって可愛い。相棒のジェフ・ゴールドブラムと小気味のよい会話が展開していく。金持ちになったら何がしたい?2人の夢は膨らむ。あのマシンガントークはまだ出て来ないから、充分についていける(^^)v …と、背中の下がざわっとしたような気がした。手足の感覚もいつもと違う。自分のものではないような違和感がある。鉛のような重みがじわじわと胸を締め付けてくる。頭がじーんと痺れ、身体が重くてだるい。

舞台には第3の人物ローラ・ミッシェル・ケリーが登場。彼女はミュージカルの場数を踏み、去年は初ソロアルバムもリリースした役者だ。若いながら堂に入ったものである。すると、またしてもざわざわと胸騒ぎ、嫌な予感がする。冷や汗が背中を伝い始め、手足がやけに冷たい。舞台が徐々に遠のいていく。ケヴィ様や共演者の声がガラス越しのようにくぐもっている。嗚呼、苦しい、とても苦しい。だるくて座っていられない。隣に座る友人が私の気配に気づいて、「どうかした?」とささやく。手で大丈夫と合図するが、大丈夫どころではなかった。

この日は朝5時前に朝食をとってから、水以外は口にせず。運動不足の身体に鞭打って走った、走った。3時間半のフライトの遅れによる焦りと混乱で、緊張の糸が最高潮に達していたのだ。開演にスライディング・セーフで着席できたことで、一気に安堵の底に落ち着いて、疲れが吹き出てきたのだろう。

来る気はさらさらなかったのだ。今年の舞台には最初から気乗りがしなかった。しかし2月に始まったこの舞台の、各方面での反響があまりにもよいではないか。一足先に観た友だちも太鼓判を押す。「今までで一番いいよ。」 それじゃあ、観に行ってみるか。慌ててチケットとフライトを予約する。その無計画さがアダになり裏目に出たのだ、きっとそうに違いない。

「ごめん、何だか気持ちが悪くて…」 とうとう我慢できず、胸を押さえながら友人にささやく。「ねぇ、本当に大丈夫?」彼女の口が動く。ああ、意識が朦朧として手足が痺れ、脂汗まで出てきてうまく答えられない。「ねぇ、出たほうがいいんじゃないの?すごい顔してるよ。」 暗転した劇場内でも蒼白になっているのが分かるらしい。もう観劇どころの話ではなくなった。友人に支えられるようにして席を立つ。端っこに近い席だったのが幸いだった。数人の観客の前を「ごめんなさい。」と横切って客席通路に出る。場内係員が静かに近づいて出口まで付き添ってくれた。



e0059574_349083.jpg
正面入り口脇の階段に座り込むと、女性係員が駆け寄ってきて「何かあったのですか?」友人は事情がよく飲み込めないまま、「彼女の気分が悪くなって出てきたのです」手短に説明する。私は「寒い。気持ちが悪い。手足が痺れている。」を繰り返し、「とりあえずトイレに…」と言って、友人の付き添いでトイレに行く。しかし何の解決にもならなかった。とにかくどこかで横になりたい。楽になりたい。「あの、救急車を呼んだほうが…いいのではないかしら?」 女性係員がおずおずと提案する。「救急車?」 非常事態の中でこの言葉を聞いた途端、身体が一瞬しゃんとしたような気がした。救急車はゴメンだ。ロンドンで入院?それだけは避けたい。「いえ、もう少しこうしていれば、落ち着くはずですから。」蚊の泣くような声で答える。そこへ別の係員が水の入ったコップを差し出してくれた。「ゆっくり飲んだほうがいいですよ。」言われるまま、口の中を湿らす程度に飲む。ほんの少し落ち着いてきたが、手足はまだ冷たく、締め付けられたような胸の重みは、相変わらずそこに居座っている。

これはデヴィッド・マメット(舞台の原作者)の呪いではないか?今回は原作さえ読んでこなかった。そしてケヴィ様がアルパチーノやジャック・レモンなどの大物役者と共演したデヴィッド原作&脚本の『Glengarry Glen Ross / 摩天楼を夢みて』(1992)、言葉の嵐のような作品。やっと届いたあのDVDをそのまま棚に仕舞い込み、取り出したのはその半年後。しかも後半で寝てしまい、未だに作品の全容がつかめていない。ああ、絶対にデヴィッドの呪いだ。それともケヴィ様の怒りを買ったのか?うちにある額入り出演映画ポスター8枚の埃を、随分長いこと払っていない。最近キム様アレッシオ様に浮気していることも、ケヴィ様のご機嫌を損ねたのだろう。それとも日本映画に浸かり過ぎた時期があった、あれが原因?(これらは帰宅してから自問自答した部分。あの時にはそんな余裕などなかったから。)



e0059574_3502110.jpg
「ねぇ、よかったら私の知り合いのところに行かない?ピカデリー広場の近くなんだけど。」トイレに入っている間に、彼女が誰かに連絡をつけてくれたらしい。いつもだったら丁重に断るところだが、とにかくどこかで少し横になりたかったから、「迷惑じゃないの?」と言いつつ、私の目は承諾していた。そうなると友人の行動は素早い。通りに出てタクシーを呼び止め路肩に待たせてから、係員に状況を説明して戻ってきた。劇場側としてはやっかいな重荷を降ろせるという?安堵を内に秘めながら、「本当に大丈夫ですか?気をつけてお帰り下さい。」の言葉とともに、劇場の玄関から見送ってくれた。

タクシーはピカデリーの路地裏に停車すると、友人は出迎えた知人に二言三言交わし、タクシーの中で斜めになっている私を2人して抱え出してくれた。知人の事務所がここにあるらしい。事務所の奥にある仮眠室になだれ込むように身体をうずめる。ここで再度ほっとしたのか、しばらくうとうとしていたようだ。時間にして10分ばかり。気がつくと手足の冷えはあるものの、胸の重苦しさは引いたようである。脂汗も冷や汗もない。身体の震えも止まった。「これ飲まない?」と言って友人は紅茶のような飲み物を差し出す。「知人がよく行くお茶のお店で買ったハーブティーなんだって。」 こんな香りは初めてだった。ハーブというよりスパイスティーに近い。一口飲んでみる。ああ、おいしい、とてもおいしい。身体中に元気の素が穏やかに広がるようだ。

「ねぇ、やっぱり無茶したんだよ。あんな勢いでずっと走ってきたの?」友人が軽くたしなめる。そうだ、そうなのだ。普段は殆ど身体を動かさないのに、今日は半日で10年分くらいの体力を使った。心臓があえぐのも無理はない。それでなくても心臓に悪いことがあったばかりなのだから。舞台を観たいばかりにチケット代惜しさに、まったく無茶をしたものだ。だからこのザマ。泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目…。しかも多くの人を巻き込み、心配までかけた。自己嫌悪。猛反省 "○┓ペコリ  

時刻は午後4時すぎ。今から劇場へ戻ってステージドアで待機しても、ケヴィ様や共演者の出待ちにはもう間に合わない。サインはおろか、握手もツーショット写真も無理だ。でもそんなことはこの際もうどうでもよくなった。そしてあの胸の苦しさから解放された幸運を神に祈った。「せっかくだからこの近所を少し散歩したいな。」この期に及んで?という友人や知人の眼差しを制して、事務所を出ようとすると、「じゃあ、私も少し時間があるから付き合う」と友人。本当は心配だったのだろう。仮眠室を提供し、おいしいお茶をご馳走してくれた知人には丁重にお礼を述べて、友人と共にピカデリーの街へ出ていく。外は小雨が降っていた。  *1&2枚目の写真は、プログラムから転写。

《 次回は舞台レポです 》
*     *     *

ブログの表示不具合の調整をしていたら、うっかり前回の記事を消してしまいました、うわーーん(号泣)!呪われてるようですぅ。コメントを下さったぽんさん・赤メガネ☆さん・お松さん・Kchanさん・Marmiteさん・しばこさん・琵琶湖kayoさん・Miyakun・かっこさん、コメント返しはこの記事のコメント欄にてさせて頂きました。本当にゴメンなさい。
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-22 04:01 | Theatre | Comments(18)

Speed-the-Plow 2

【プロローグ】

e0059574_255477.jpg
何となく嫌な予感はあったんですよ。
前日ジーンズの浅い前ポケットに入れていた携帯。クリスマスにクマくんがプレゼントしてくれた、色んな機能付きの携帯が、ポケットからぽろりとこぼれ落ちて、硬い床にカーーンと激突☆ 衝撃で本体からバッテリーとカバーが外れて、バラバラに散乱してしまった。幸い元通りにしてみると、問題なく使用できる。しかし、カッチリはまっていたカバーは微妙に浮いて、手荒く使えばまた外れる可能性は大きい(泣) 「浅い前ポケットには入れないほうがいいなぁ」と思いつつ、うっかりやってしまった失態。それはとんでもないことになった今回のロンドン旅行の序章なのであった。



e0059574_261995.jpg
2008年3月15日朝7時のフライトでロンドンへ。11時にピカデリー広場で友人と落ち合い、ソーホーでランチ&お散歩。そしてウォータールー駅に近いOld Vic劇場で午後2時30分に開演のSpeed-the-Plowをもう一人の友人と観る、終わったらウォータールー駅界隈~テムズ河畔をぷらぷらして、夜7時30分の便で帰宅。これが1分をも無駄にしない今回の完璧なるロンドンでのスケジュールでありました。

ところが、ボローニャ空港に着くや否や、「BA1時間の遅れ」の文字が飛び込んでくる。予定通りに行ったとしても、ロンドンでの持ち時間は正味7時間だから、1時間の遅れは大きいんだぞぉ、がるるるるぅー。しかし機材整備とあれば、仕方がありませぬ。待ちます。そして1時間遅れで搭乗する。いよいよ、ロンドンへGOooo!飛行機のウォーミングアップ・エンジンの唸りに合わせて、気分は最高潮に達する(^^)



e0059574_271980.jpg
と、その時突然、エンジン音がピタリと止まる。えっ?小窓から下を見ると、整備士たちが大道具を載せて、私たちが乗っている英国航空機に近づく、近づく、どんどん近づく。あっさり搭乗口が開かれ、2人の整備士がわらわらとコックピットに入り込む。何?何なの?何事が起きたんですの?英国人乗客が乗務員に聞くが、何とも要領を得ない回答で(この時点では乗務員たちに詳細が知らされていなかった)、機内にはざわざわと灰色の空気が流れ始める。

時計を見ると8時出発の予定が既に30分も経過している。何人もの乗客から矢継ぎ早に状況説明を求められた乗務員のチーフが、この場を何とかして欲しいと整備士の一人にマイクを渡す。「一刻も早く出発ができるよう、最善の努力を尽くしておりますので、15分ほどお待ち下さい。」 すっきりしない説明。15分って1時間はかかるってことだよなァ。沈んだ空気を切り換えるかのように、乗務員は飲み物と軽食を配り始めた。それを頬張る人、テーブルにおいて携帯電話に張り付いている人、諦めてシートに深く沈んで眠る人…。「あと30分で何とかなりますように!神様、どうかお願いします。」私は心の中で手を合わせて祈った。こうしている間にもロンドンでの時間がどんどん削られていく(焦燥)

一旦落ち着いた機内の空気を逆撫でするように、乗務員の機内アナウンスが流れる。
「機材の整備にもう少しお時間を頂戴することになりそうです。お手数ですがお手回り品を持って、4番ゲートまでお戻り下さい。4番ゲートでは地上職員が対応にあたっておりますので詳細をお聞き下るようお願い申し上げます」
ガビビーーーーーーーン!降りろってか?時刻は9時10分であった。

《 続く 》
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-17 03:42 | Theatre | Comments(10)

Speed-the-Plow 1

【上演決定】

6月初めにOld Vic劇場のニュースレターが届きました。いつもなら斜め読みでゴミ箱ぽいの私が、この日はなぜか最初から最後までじっくり目を通していました。    ん?途中で目が止まる。

~ デヴィッド・マメット(David Mamet)脚本のSpeed-the-Plow(1988年作)が、2008年1月~4月8日までケヴィ主演にて上演決定!
(チケット販売開始は今年の秋から) ~


e0059574_23254595.jpg
わ~い、嬉しいなぁ(^^)(^^)(^^)(^^)

毎年秋には彼の舞台があるのに、今年は何の予定も発表されなくてがっかりしていたところへ、このビッグ・ニュース(^^)
しかし… デヴィッドの脚本は、いつも台詞がてんこ盛り。ケヴィも出演したデヴィッド脚本の『摩天楼を夢見て』、実はDVDを2回観て2回とも後半でうたた寝。だからストーリーが今だに把握できていません(-.-;)

そしてSpeed-the-Plowでは、またケヴィのあの機関銃の喋りを観ることが(聞くことが)できるそうな(汗) 嬉しいのやら悲しいのやら。ってか、舞台のケヴィっていつも喋り詰めなんですけど。舞台の会話について行けるかなぁ?不安。

[PR]
by amore_spacey | 2007-06-18 23:27 | Theatre | Comments(4)