タグ:中谷美紀 ( 8 ) タグの人気記事

清須会議

私のお 気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_023543.jpg
【あらすじ】 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。また秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。そんな中、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に清須会議が開かれる。


e0059574_0243256.jpg
三谷作品には主役級の個性豊かな役者たちが、大盤振る舞いで出てくるのが嬉しい。ほんの数分しか登場しない人もいるので、「どこにどんな役で出るんだろう?」というゲーム的な楽しみもあるノダ。

大泉洋の秀吉はお見事!てきとー加減と勝負どころでの根回し術が絶妙で、あっぱれ。小心者で計算高い丹羽長秀の小狡いキャラは、小日向文世にピッタリ。強い方につこうと画策するコウモリのような池田恒興(佐藤浩市)も、文句なくいい。佐藤浩市さんって、真ん中に剃りの入ったちょんまげズラが似合わない(苦笑) 残念だったのは、柴田勝家を演じた役所広司。3枚目キャラを一生懸命やるのに、空振り三振。それが少々イタかった。大泉洋に弟子入り決定か?(爆) 参謀たちが画策する根回しや懐柔やおとぼけぶり、そして最後のどんでん返しが見物だった。


e0059574_0244872.jpg
女性陣も適材適所でよかった。能面のようなお姫様メイクで迫られると、肝心のモノが萎えそうだけど(当時はあれが美人だったんだっけ?)、ここぞという時に女の武器で迫る鈴木京香は、貫禄があり妖艶だ。彼女の顔のむくみが若干心配。とぼけキャラの中谷美紀ちゃん、とってもキュートで可愛い。

製作国:Japan
初公開年:2013年
監督:三谷幸喜
原作:三谷幸喜
キャスト:役所広司, 大泉洋, 小日向文世, 佐藤浩一, 妻夫木聡, 浅野忠信, 寺島進, でんでん, 松山ケンイチ, 伊勢谷友介, 鈴木京香, 中谷美紀, 剛力彩芽, 浅野和之, 天海祐希, 西田敏行 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-07 00:27 | - Japanese film | Comments(2)

ひまわりと子犬の7日間

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_111581.jpg
【あらすじ】  寒い冬のある日、生まれて間もない子犬たちとその母犬が保健所に連れてこられる。近づこうとすると母犬は歯をむき出して激しく吠え、子犬たちを命がけで守ろうとしていた。殺処分される犬を一匹でも減らそうと、里親探しに奔走する職員の神崎彰司(堺雅人)は、この様子を見てこの犬たちの命を守ろうと決心する。殺処分までは7日間。このわずかな期間に、新たな飼い主を見つけて、人のもとで暮らせる犬として譲渡できるようにするのは至難の業である。しかし神崎は規則を破って収容期間を延長。母犬に「ひまわり」と名前をつけ、母犬の心をなんとか開かせようとする。2007年に宮崎県で起きた実話を映画化。


e0059574_112853.jpg
映画用にトレーニングされた犬だと分かっていても、登場した犬たち、特に子犬たちの可愛らしい表情やしぐさに悩殺されてしまった。動物たちにも生きてきた歴史や思い出や記憶がある。そこ思いが至れば、単に可愛いから、ブームだから、という安易な考えで飼ったり、身勝手に捨てたり放置したりできないのでは?と考えるのは甘いかな。

ハムスターを飼うようになってから、伊ハムスター協会の活動に関心を持つようになった。ごみ箱に捨てられた生まれたばかりのハムちゃんたちの救済や里親探し、ハムちゃんシッターやハムちゃん霊園設立など、内容は年々広く深くなってきている。協会のメンバー間の温度差があって、思うようには進行しないが、みんなの思いは1つ。少しでも多くのハムちゃんの命を救っていこうよ。


e0059574_115278.jpg
残念だったのは、「はい、ここで泣いて下さい!」と言わんばかりのワザとらしいBGM。あれは邪魔で逆効果だった。役者の語りや映像に委ねたほうが、遥かに心に訴えるものがあっただろうに。

製作 国:Japan
初公開日:2013年
監督:平松恵美子
キャスト:堺雅人, 中谷美紀, でんでん, 若林正恭, 吉行和子, 夏八木勲, 草村礼子, 左時枝, 檀れい, 小林稔侍 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-19 01:04 | - Japanese film | Comments(2)

ケイゾク (全11話+特別編1話)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_04429100.jpg
【あらすじ】 ケイゾクと呼ばれる、迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課弐係(架空の部署)に配属された、東大卒のキャリア警察官僚・柴田純(中谷美紀)と、元公安の叩き上げ刑事・真山徹(渡部篤郎)が、難事件を解決していくミステリードラマ。シリーズ前半は持ち込まれる事件を解決する刑事物として、小ネタを散りばめたコメディー要素の強い一話完結のスタイルを採りつつ、シリーズ後半に向けての伏線を少しずつ描いてゆく。シリーズ後半では真山と快楽殺人犯朝倉の因縁を巡る物語をシリアスに展開させるという構成となっている。タイトルの『ケイゾク』は「現在も鋭意"継続"捜査中である」という事に由来している。


e0059574_0444248.jpg
『ケイゾク』は21世紀の日本の刑事サスペンスの草分け的な存在で、オダギリジョー&麻生久美子の『時効警察』や、阿部ちゃん&仲間由紀恵の『TRICK』や、佐藤浩市&戸田恵梨香の『鍵のかかった部屋』など、コメディタッチの刑事ドラマは、本作品の子どもや孫みたいなものでしょう。今回は頭が宇宙遊泳しちゃってる中谷美紀ちゃんとどこか危なっかしい渡部篤郎の2人がコンビで、本当に大丈夫なのか?と思ったけど(2人とも若くてみずみずしい)、後半から意外な展開が待っていて目が離せなかった。最終回の2人のキスは、あんな状況だったからこそ、劇的で美しかったわぁぁぁ。「な~んちゃって、えへへっ」って、あそこで美紀ちゃんが生き返ると思ったんだけどな。このドラマは最終話と特別編で、シュール&ホラーなシーンが炸裂☆


e0059574_045315.jpg
高ピーでエリートヅラした野口五郎が、「ウジ虫っ!」「土に帰れっ!」「生ゴミっ!!」ってキレまくるシーンは、圧巻だった。でも、そこまで言うかなァ?ちょっと軽すぎるドラマかと思ったが、女子高生と不倫する柿ピー命な竜雷太や、日本版刑事コロンボ的な泉谷しげるが脇を固めたお陰で、何とか様(さま)になっていたんじゃないかな。後半の意外な展開にはややムリがあったものの、まぁいい。無機質な感じのフラッシュバック映像を使ったオープニングは、刺激が強すぎて、頭くらくら&目がチラチラしました。

製作国:Japan(TBS)
放映日:1999年1月8日~3月19日      
演出:堤幸彦, 金子文紀, 今井夏木
主題歌:中谷美紀「クロニック・ラヴ」
キャスト:中谷美紀, 渡部篤郎, 竜雷太, 徳井優 , 長江英和, 鈴木紗理奈, 泉谷しげる, 矢島健一, 野口五郎 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-10 00:45 | - Japanese film | Comments(0)

ゼロの焦点

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_418192.jpg
【あらすじ】 見合い結婚で夫・憲一(西島秀俊)と結婚した禎子(広末涼子)。しかし結婚式から七日後に、夫は仕事の引継で勤務地だった金沢に出かけ、そのまま行方不明となる。夫の過去をほとんど知らない禎子は、憲一の足跡をたどって金沢へ。憲一のかつての得意先の社長夫人・室田佐知子(中谷美紀)や社長のコネで入社し受付嬢をしている田沼久子(木村多江)との出会いが、事件のさらなる謎を呼ぶ。夫には自分の知らない別の顔があったのだ。やがて新たな殺人事件が起きる。


e0059574_4181713.jpg
昭和30年代を出来るだけ忠実に再現してはみたものの、現代人にとって当時のメンタリティーはちんぷんかんぷんな部分も多いに違いない。見知らぬ者同士がろくに付き合いもせず見合いで結婚するなんて今じゃほぼ絶滅状態だし、この作品の鍵となる汚れた過去(食べていくために若い頃米兵相手の娼婦していたこと)を消して生まれ変わりたいと切望する女たちの存在も、21世紀を生きる若者たちには理解し難いものがあるのでは?な~んて、おばあちゃんの愚痴みたいなことはさておいて…


e0059574_418297.jpg
美しくエキセントリックな中谷美紀が、今回も派手に決めてくれました。舞台劇のようにかなり大袈裟な演技だが、涼しげな顔立ちの彼女がやると、却って凄みが増してヒッチコック映画のような緊張感を生み出す。圧倒的な存在感で、いいんだか悪いんだか?主役の座を奪ったかんじ。ムムッ?岸田今日子に似てる瞬間を何度か発見。相変わらず広末の演技はトホホだァ。彼女の語りもひどかった。『平清盛』の語りを務める岡田将生もそうだけど、声の質は不問にするとしても、あの棒読みを何とかして欲しい。エンドロールに流れる中島みゆきの歌は、演歌調のこぶしがききすぎて耳障り(Ф_Ф;) あなたのワンマンショーではないんですから。落ち着きのある歌声、たとえば加藤登紀子(音が出ます)のような声で、あくまでも脇役に徹して〆て欲しかった。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:犬童一心
原作:松本清張
キャスト:広末涼子, 中谷美紀, 木村多江, 杉本哲太, 崎本大海, 野間口徹, 黒田福美, 本田博太郎, 西島秀俊, 鹿賀丈史 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-28 04:19 | - Japanese film | Comments(2)

阪急電車 片道15分の奇跡 

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_1223747.jpg
【あらすじ】 宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。その電車には、さまざまな“愛”に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。後輩に婚約者(鈴木亮平)を寝取られたOL(中谷美紀)。彼氏(小柳友)のDVに悩む女子大生(戸田恵梨香)。息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人(宮本信子)。セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する平凡な主婦(南果歩)。おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男女(勝地涼&谷村美月)。年上の会社員と付き合いながら、憧れの大学を諦めきれない女子高生(有村架純)。電車内という限られた空間で、それぞれの人生がほんのちょっと重なり合い、影響し合い、そして離れていく。


e0059574_1225583.jpg
1つ1つのエピソードを聞けば、「ある、ある」と頷きつつも、自分の身の上に起きない限りは他人事で、そんなに深い話ではないなとさらっと流してしまう。それでも乗り合わせた乗客の心の内を丁寧に描いたエピソードや、少しずつ重なりあっていくエピソードを観ていたら、「情けは人のためならず」や、幸せな気持ちはネズミ算式に増えるという仮説を立てた、Keviさま主演の『ペイ・フォアード 可能の王国』が頭に浮かんだ。他人の何気ない一言や助けによって、気持ちが浮上したり立ち直ったりする。そんな人が同じような境遇の人を見かけると、手を差し伸べたくなる。幸せな気持ちの連鎖反応果、かな。


e0059574_123138.jpg
中谷美紀は、姿勢やお肌から仕草までトータルでとても綺麗(羨) 軍事オタクを演じた勝地涼くん↑↑↑の、涼しげな瞳に惹かれた(*^^*) 素敵な役者になりそうな予感がする。そんな彼と野草オタクの彼女↑↑↑との、不器用だけどピュアな恋に、胸キュンでした。若いっていいな。芦田愛菜ちゃんは可愛いし演技もうまいけれど、正直言ってちょっぴり食傷気味。他に子役はいないのか?宮本信子は上から目線なところが、何だか苦手。あの役を加賀まりこや樹木希林にやってもらいたいな。2人とも好きな女優さんなの(^^)

製作国:Japan
公開年:2011年
監督:三宅喜重
原作:有川浩
キャスト:中谷美紀, 戸田恵梨香, 南果歩, 谷村美月, 有村架純, 芦田愛菜, 玉山鉄二, 宮本信子, 相武紗季, 鈴木亮平 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-11-11 01:35 | - Japanese film | Comments(0)

自虐の詩

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_22334599.jpg
幼い頃から不幸ばかりに見舞われてきた女性の半生を描いたヒューマン・コメディ。「日本一泣ける4コマ漫画」として伝説化されてきた業田良家の原作コミックを映画化。



e0059574_223412100.jpg
普通にしていても阿部寛ってインパクト強いのに、ロンゲやパンチパーマで、卓袱台ひっくり返して4000円の寿司は吹っ飛ぶわ、頭突きするわ、小指を詰めるわ、あらまぁ、すごい。口数が少ないだけに(彼の吹替えがあるとしたら超楽ね)、ぎょろりとした目玉を剥くとビビりますぅ。阿部ちゃんっていつも地で行ってるんですかねぇ?

『嫌われ松子の一生』にしてもコレにしても、筋金入りの不幸を背負った中谷美紀ちゃんなのに、いつも健気でささやかな幸せを諦めない!自力でつかみ取る芯の強さがきらきら光っていました。『電車男』のエルメスの印象が強すぎて、気取り屋の澄ました女優なのかと思い込んでおりました。ゴメンなさい。下町の女や薄幸な女を演じたら最高ョ!

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:堤幸彦
原作:業田良家
キャスト:中谷美紀, 阿部寛, 遠藤憲一, カルーセル麻紀, 蛭子能収, 島田洋八, Mr.オクレ, 斉木しげる, 竜雷太, 名取裕子, 西田敏行 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-10-16 22:35 | - Japanese film | Comments(0)

嫌われ松子の一生

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_17373530.jpg
不器用ゆえに転落の一途を辿る壮絶な人生の中にあっても、どこもまでもまっすぐで一生懸命に生きようとするヒロインの姿を、CGでカラフルかつポップに描き出している。


e0059574_1738047.jpg
TVヴァージョンの『電車男』で見た中谷美紀は、無表情で演技力もたいしたことないなぁと思ったけれど、歌って踊る嫌われ松子の熱演にぐいーんと引きこまれました。この作品では彼女の無頓着な無表情ぶりが、かえって引き立っていたかな?

何気にちらっと出ている香川照之氏、いいなぁ。存在感絶大です。うんうん、絶対にいいですよね~、彼♡


e0059574_17382276.jpg
とことん救いのない堕ちっぷりにもかかわらず、ティム・バートン風にデフォルメしたポップ・ミュージカル調演出のお陰で、不思議と暗くはなかった。ま、あそこまで不幸が続くと、「私、まっとうな人間やめます」って切れちゃって、腹が据わるってもんなのかも。

コレ、実話ですか?

製作国:Japan
製作年:2006年
監督:中島哲也
キャスト:中谷美紀, 瑛太, 香川照之, 柄本明, 片平なぎさ, 黒沢あすか, 伊勢谷友介 ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-08-19 17:40 | - Japanese film | Comments(0)

電車男 映画版

私のお気に入り度 ★★★★☆(58点)

e0059574_16593451.jpg
2ちゃんねるの掲示板を舞台に展開し、その後書籍化されて大ヒットとなり大きな話題を集めた純情オタク青年の感動初恋物語を映画化。主人公の電車男役に「ドラゴンヘッド」の山田孝之、電車男の憧れの美女エルメス役には「ホテル ビーナス」の中谷美紀。監督はテレビドラマを中心に活躍する村上正典。

残念ながら最後の最後まで作品の中に入ることができなかった。共感できませんでした。先に読んだコミック版から私の中に生まれた車男やエルメスのイメージを、映画版で無残に崩されたのが最大の理由ではあるけれど、他に…



e0059574_18195648.jpg電車男のヲタぶりや内気な性格や、大袈裟で取ってつけた雑な演技にイライラ☆ コミック版の電車男は現実世界にいるヲタのイメージに比べると、かなり美化されているかもしれない。映画版の電車男のほうが現実味があるかもしれない。でも、観ていてとても辛いものが… orz 山田孝之、苦手だァーーッ。



e0059574_18241532.jpgそしてエルメスの中谷美紀。老けてるじょ~。あれじゃ、痩せたマダム岸田今日子と見間違っちゃう(汗) 髪をアップにしないでさらりと自然に流していた方が、この映画の雰囲気に合っているのに、と私は思うのです。それから声が冷たい・冷たすぎる。あの声を聞いたら、アタクシはもう北極まで一直線ですわ ============>バビューン☆


製作国:日本
製作年:2005年
監督:村上正典
キャスト:山田孝之, 中谷美紀, 国仲涼子, 西田尚美, 大杉漣 ...
[PR]
by amore_spacey | 2006-12-27 18:31 | - Japanese film | Comments(0)