タグ:井浦新 ( 5 ) タグの人気記事

さよなら渓谷

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1211139.jpg
【あらすじ】 都会の喧騒から離れた緑が覆う渓谷で、幼児が殺害され実母が犯人として逮捕されるショッキングな事件が起きた。母親の逮捕により事件は解決したかに見えたが、一件の通報により、この渓谷に住む尾崎俊介(大西信満)がこの母親と不倫関係にあったことがわかり、俊介に共犯の疑いがかけられる。通報したのは俊介の妻・かなこ(真木よう子)であった。取材に当たっていた週刊誌記者の渡辺(大森南朋)は、かなこが俊介を告発したこと、二人が必要最低限の物しか持たず、まるで何かから隠れているかのような生活をしていることにひっかかりを感じる。調べていくうちに、渡辺は二人を結びつけている15年前のある事件に行きついた。モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。


e0059574_1212232.jpg
真木よう子のエロさがたまらん、とオヤジ目線で画面に食いついていた(^◇^) 愛とも憎しみともつかない難しい感情を上手く表現していたのは、さすがよう子ちゃんだな。重苦しいストーリーが展開するその背景には、緑豊かな渓谷の風景が広がる。人間の暮らしに関係なく、そこに存在する自然は淡々と姿を変え、季節が移り変わっていく。どこにでもあるありふれた、けれどすぐに忘れられてしまう性犯罪。当事者の人生が根こそぎ変わってしまう事件。取り返しのつかない重大さを、これでもかと執拗に描く。


e0059574_1213677.jpg
事件の当事者同士が一緒になるなら、知られたくない過去がいつ暴かれるか?という怯えは、少なくとも軽減されると考えたのか。それとも尾崎は取れるはずの無い責任を、なんとか果たそうと思ったのか。かなこは彼と一緒に居る事が復讐だと思ったのか。いずれにしても、尋常な状況ではない。過去を引きずりつつ、ひたすら「生きる」しかない運命であることは確かだ。夫婦や男女の仲って、他人には計り知れないことが多い。もう謎だらけ。真木よう子がつぶやくように口ずさんでいる、エンドロールの歌が印象的だった。

製作国:Japan
放映日:2013年
監督:大森立嗣
原作:吉田修一
キャスト:真木よう子, 大西信満, 鈴木杏, 井浦新, 新井浩文, 鶴田真由, 大森南朋 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-07 01:25 | - Japanese film | Comments(0)

すーちゃん まいちゃん さわ子さん

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_2595054.jpg
【あらすじ】 料理好きで十数年カフェに勤務し、最近は職場の中田マネージャー(井浦新)に関心を寄せているすーちゃん(柴咲コウ)。OA機器メーカーに勤め、実りのない恋愛をしているまいちゃん(真木よう子)。母と二人で祖母を介護している、WEBデザイナーのさわ子さん(寺島しのぶ)。3人はかつて一緒にアルバイトをしていた仲間で、それから十数年経ち、それぞれの道を歩みながらも友情は続いている。自分の年齢や結婚やお金や先のことを考えると、不安がよぎる。これまでに歩んできた道を振り返って、これでよかったのか悩むこともある。それでも3人は小さな幸せに目を向けて、今を生きていく。


e0059574_30454.jpg
あったなぁ、こんな気持ちになったこと。遥か昔のことだけど、何気ない日常生活の中で、急にくるあの寂しいような不安なような、自分だけ世間から取り残されたような、心細~い気持ち。秋風に髪が揺らめく季節、仕事からの帰り道に、ふっと「私ってどうなるんだろう?」って思ったっけ。みんな何かしら不安を抱えながらも、ささやかな幸せを見つけて前に進んで行っている。おぃおぃ、新くん、そこで↑↑鼻血?


e0059574_301620.jpg
キャリア・ウーマンまいちゃんの心のつぶやきが面白かった。真木よう子の低い声が、あの独り言にハマりすぎ(≧∇≦) 彼女はクールでハードボイルド系かと思ったら、こんな役も合うのねぇ、と嬉しいサプライズ。失礼な上司や同僚に言ってやりたい台詞って、ある、ある。

失礼といえば、寺島しのぶが演じたさわ子さんの同級生も、超失礼でバカな男だ。「歳が歳だから、子どもが出来るかどうか、病院で証明書をもらって来て欲しい」なんて、はぁあああ?どのツラ下げてそんな台詞が言える?柴咲コウちゃんは、年齢の割に仕草や喋り方や声のトーンが老けてないか?と前々から気になっていたんだけど、この作品で確信。「ちゃんと朝ごはん食べてる?」って、ポンと肩を叩きたくなっちゃう。この3人の10年後がどうなっているのか、知りたいな。

製作国:Japan
初公開年:2013年
監督:御法川修
原作:益田ミリ
キャスト:柴咲コウ, 真木よう子, 寺島しのぶ, 木野花, 井浦新, 染谷将太 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-21 03:06 | - Japanese film | Comments(2)

島の先生 第1~2話

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_051410.jpg
【あらすじ】 東京や大阪などの都市部で問題を抱えた児童・生徒たちが、鹿児島県の離島・美宝島(ドラマ上の架空の島)の学校に留学し、里親の元で生活する様子と、それらの生徒の問題に当たる先生(仲間由紀恵)の心の成長を描く。


e0059574_052760.jpg
「島のみんなは仲間だ」「助け合っていかなきゃ、生きていけない」・・・そんなフレーズを聞くと、中学生の頃、教室の正面に貼られた、学級目標や週間目標を思い出す。6~7つに分かれた班の、それぞれの班目標もあった。下校前の帰りの会では、目標が守れたかどうか?一日を反省する。目標に向かって一丸となって邁進するこの教育は、終身雇用時代の日本の企業戦士を育てるスタイルそのものだったんだ、と今になって気づいた。


e0059574_054048.jpg
「仲良くしよう」「助け合おう」「みんなで頑張ろう」という台詞が、呪文のように繰り返し出てくる。いかにも文部科学省が推薦したくなるような?教育的なNHKのドラマだが、その魂胆が丸見えで鼻白む。幾つになっても年をとらない石坂浩二やトミー@国広富之を久しぶりに見て、「おぉぉ、頑張ってるなぁ」と嬉しくなった。井浦新もGood job!

製作国:Japan(NHK)
放映日:2013年5月25日・6月1日
演出:野田雄介
キャスト:仲間由紀恵, 石坂浩二, 井浦新, 大地康雄, 藤本隆宏, 国広富之, 左時枝 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-11 00:07 | - Japanese film | Comments(0)

かぞくのくに

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0582074.jpg
【あらすじ】 1970年代に帰国事業により北朝鮮へと渡った兄。日本との国交が樹立されていないため、ずっと別れ別れになっていた兄。そんな兄Sonho(井浦新)が病気治療のために、監視役(Ik-Joon Yang)を同行させての3ヶ月間だけの日本帰国が許された。25年ぶりに帰ってきた兄と生まれたときから自由に育ったリエ(安藤サクラ)、兄を送った両親(津嘉山正種&宮崎美子)との家族だんらんは、微妙な空気に包まれていた。兄のかつての級友たちは、奇跡的な再会を喜んでいた。その一方、検査結果はあまり芳しいものではなく、医者から3ヶ月という限られた期間では責任を持って治療することはできないと告げられる。


e0059574_0585312.jpg
監視役の北朝鮮の男の、「あなたの兄さんも私も、あなたが嫌いな北朝鮮で、一生、生きていくしかないんだ」という理不尽な言葉。日本人として日本に生まれ育っても、いったん北朝鮮と関われば、日本に永久帰国することができない。一時帰国中も監視される。


e0059574_0592662.jpg
全く理不尽で尋常ではないことが、北朝鮮国内では日常茶飯時なのだろう。私たちには及びもつかないような事件が、毎日起きているのだろう。民間の力では、太刀打ちできない。国際レベルの介入が必要だ。そして一刻も早くこんな事態が解決されることを祈るばかりである。BGMが全く使われていなかったのがよかった。井浦新、ますます頑張ってるな^^

製作国:Japan
初公開年:2012年
監督:Yong-hi Yang
キャスト:安藤サクラ, 井浦新, Ik-Joon Yang, 京野ことみ, 宮崎美子, 津嘉山正種 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-26 00:59 | - Japanese film | Comments(0)

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1234570.jpg
【あらすじ】 数々の名作を著し三島由紀夫(井浦新)はノーベル賞候補と目される文豪になっていた。その一方で、学生運動全盛期の1968年(昭和43年)、三島は民族派の学生らとともに民兵組織「楯の会」を結成。有事の際には自衛隊とともに治安出動し、自衛隊国軍化に命を賭す覚悟であった。しかし暴動が起きても警視庁機動隊がこれを治め、自衛隊の出る幕はなく、三島と楯の会の面々は歯噛みする。三島の見つめてきた2.26事件、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件、安田講堂事件をはじめとする学生運動、戦後の日本とは。そして、1970年(昭和45年)11月25日、三島は楯の会の4人と共に、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かう。三島を演じるのは、本作のため芸名をARATAから本名に戻した井浦新。


e0059574_124163.jpg
1960~70年に起きた主な事件。1960~75年ベトナム戦争、1959~60年安保闘争、1968年10月東大紛争、1968年10月21日国際反戦デーに新宿で起きた三派全学連や東大全共闘を中心とした左翼暴動事件、1969年1月全学共闘会議(全共闘)および新左翼の学生が、暴力的手段を伴って東京大学本郷キャンパス安田講堂を違法に占拠していた安田講堂事件、1969年10月21日の左翼暴動事件、1969年11月佐藤首相訪米阻止闘争、1970年安保闘争、1970年3月赤軍派によるよど号ハイジャック事件、1970年3~9月大阪万博、1970年11月25日三島由紀夫割腹自殺事件、1972年2月連合赤軍による浅間山荘事件。

ベトナム戦争反対や安保改訂反対の安保闘争など、当時の世相を知らないまま観ると、「この若者たちは、何でこんなに力んでいるのだ?」「どこかズレてやしないか?」などと思うかもしれない。市ヶ谷駐屯地で三島が割腹自殺を遂げた事件をリアルで知っているが、彼や彼の作品には特別関心を持ったことがないので、あの事件の背景や詳細を本作品で初めて知った次第である。

これを観たのは、井浦くんが三島を演じると聞いたから。大河ドラマ『平清盛』で薄幸な崇徳上皇を演じた彼に、ガツンとやられた。晩年の崇徳上皇は「日本国の大魔王とならん」と称し異形の姿となって、自分をあんな境遇に貶めた者たちを呪い続けるが力尽き、穏やかな心に還りながら何一つ自由にならなかった生涯を終える。あの時の井浦くんには、上皇の魂が乗り移ったような、鬼気迫るものがあった。怖かったじょ~。モデル出身のひ弱な男の子という認識しかなかったから、もうビックリ。彼が演じた三島もそれなりによかったが、大人しい顔立ちに華奢な身体つきが…なぁ。野性味に欠けていたのも残念。顔立ちが三島なみに濃く、鍛えぬいたナイスバディな阿部ちゃんだったら、も少し違ったかも。でも背が高すぎてダメなのか?

製作国:Japan
初公開年:2012年      
監督:若松孝二
キャスト:井浦新, 満島真之介, 岩間天嗣, 小倉一郎, 篠原勝之, 寺島しのぶ ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-02 01:27 | - Japanese film | Comments(0)