タグ:内野聖陽 ( 5 ) タグの人気記事

草刈正雄・船長率いる真田丸 第1~20話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2244970.jpg
【あらすじ】 天正10年(1582年)、甲斐の名門・武田家は宿敵・織田信長(吉田鋼太郎)の軍勢の前に滅亡の危機に瀕していた。その頃、駿河と甲斐の国境で徳川家の兵に追われるひとりの若者がいた。彼はこれより33年後、大坂夏の陣で徳川家康(内野聖陽)を自害寸前まで追い込み、後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。彼の名は真田源次郎信繁(堺雅人)。(作品の詳細はこちら


e0059574_22441985.jpg
脚本が三谷幸喜と来れば、お約束の超豪華キャスト。中でも光っているのが、真田昌幸に扮する草刈正雄。かつて『新選組始末記』で見た、イケメン沖田総司が忘れられない。もしかして、彼はハーフのイケメン第1号?


e0059574_22443468.jpg
父ちゃんの存在感がありすぎて、主役の真田信繁(堺雅人)の影が何とも薄い。半沢の勢いはどこへ行っちゃった?兄貴・信幸(大泉洋)もまじめ路線で、何だかなぁ。真田家の家臣・高梨内記の娘・きりは、場の空気が読めないお嬢ちゃまという設定なので、長澤まさみが適役。


e0059574_2245387.jpg
真田昌幸とその重臣・出浦昌相(寺島進)の関係が愉快で面白い。脇役とは言え、重要なポジションに寺島さんが抜擢されて、とても嬉しい。


e0059574_2251391.jpg
戦国の世をたくましく生きる、真田家の長女・松(木村佳乃)。


e0059574_22511413.jpg
織田信長(吉田鋼太郎)があっけなく退場。もっと弾けたコータローを見たかった。


e0059574_22523812.jpg
徳川家康と言えば、肖像画や『鳴かぬなら 鳴くまでまとう ホトトギス』や狸おやじの呼び名などから、忍耐強く飄々として戦乱の世を潜り抜けた、喰えないオヤジを想像する。が、内野聖陽バージョンは、臆病で気が小さく、狼狽したり取り乱したり…見ていて飽きない家康だ。内野さん、ますます素敵(*^^*) 側室の阿茶局(斉藤由貴)がどっしり落ち着いているお陰で、家康は業務に専念できる。


e0059574_2304524.jpg
家康の重臣&名参謀の本多正信(近藤正臣)。かつてはイケメン№1だった近藤さんも、74歳ですかぁ(驚)


e0059574_2361627.jpg
喰えないオヤジと言ったら、やはり、この人、豊臣秀吉(小日向文世)でしょう。秀吉のキャラは、小日向さんそのまんま。表と裏の顔にギャップがありすぎる上、彼の頭の中が読めず、ただ短気なだけの織田信長と違って、なかなかコワい。側室・茶々(竹内結子)と一緒のときは、こんなにデレデレなのに。


e0059574_239316.jpg
山南敬助と土方歳三・・・ではなく、真田信繁と石田三成(山本耕史)。山本耕史もNHK御用達役者?


e0059574_2312107.jpg
汁かけご飯ばかり食っている北条氏政(高嶋政伸)が、不気味すぎる。


e0059574_2312192.jpg
義父・謙信のように「義」を貫き通す実力がなく、高い理想と現実の狭間で悶々とする上杉景勝(遠藤憲一)。遠藤憲一もNHKの常連さんですね。

真田昌幸の正室・薫(高畑淳子)や昌幸の母・とり(草笛光子)や秀吉の妹・旭(清水ミチコ)など、ユニークな脇役陣も忘れてはなりませぬ。徳川家重臣の本多忠勝に扮する藤岡弘、。年をとっても顔は濃いし、もみ上げが暑苦しい。で、名前の最後に「、」って?武田勝頼を演じた平岳大は、平幹二朗の息子なんですね。言われてみれば、目元がパパそっくり。クールで素敵☆ そんな彼も退場して、寂しくなった。



[PR]
by amore_spacey | 2016-05-29 23:17 | - Japanese film | Comments(0)

2013年いい男に囲まれた暮らし 日本男優編

e0059574_0471218.jpg
内野聖陽さん(1968年生まれ) この自然な感じがたまらんぜよ。一緒に茶ァしばきてぇ。


e0059574_0481643.jpg
黒の革ジャンを着ると革ジャンだけが目立っちゃう人が多い中、内野さんは普段着な感覚でめっちゃカッコいい。おらおら、ワンコも恋に落ちちゃってるじゃないかぁ。


e0059574_0484227.jpg
甲子園仕様の頭が可愛い。延長戦に入っても、クールに投げ続けるピッチャーって感じの、爽やかな高校生風。坊主頭も絶対にイケるよ。


e0059574_04999.jpg
昭和のお父ちゃん!魚屋のおっちゃん!!角刈りと鉢巻と腹巻は必須アイテム。彼なら亭主関白でも許す。卓袱台ひっくり返したって許す。だから結婚して下さい。


e0059574_0495139.jpg
稲垣吾郎ちゃん(1973年生まれ) 屈託がなくていいね。つぶらな瞳に胸きゅん(*^^*)


e0059574_050236.jpg
身体の一部のように馴染んだ黒縁メガネ~♪ ポーカーフェイスな吾郎ちゃんが、好っきぃ~~~^^ ちょっぴり寂しげな顔立ちが、好っきぃ~~~^^


e0059574_0511195.jpg
蝶ネクタイがキュート。


e0059574_0512592.jpg
『十三人の刺客』の憎々しいバカ殿...
あれは素晴らしく凄まじかった(拍手喝采)


e0059574_052153.jpg
このバカ殿もぴったり(⌒▽⌒)アハハ!
志村けんさん、負けちゃうよ。 


e0059574_0522043.jpg
キムタクとのBL風ツーショット。
水も滴るエロい美少年に、じゅるっ。


e0059574_052346.jpg
松坂桃李くん(1988年生まれ) 彼のさくらんぼみたいな唇にぶちゅっとキスしたり、カプッと噛みつきたくなる衝動に駆られてしまう。今度の誕生日には、おしゃぶりを買ってあげるからね。


e0059574_0531636.jpg
プキュゥ~、一緒に鯛焼き食べたい。餡の入ったトコだけちょうだいね。2まわりくらい歳の離れた堤真一氏の弟とか、堤氏の息子とか言っても、全然違和感なしの瓜二つ。


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-15 21:21 | My talk | Comments(4)

とんび 第7話~最終話

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_0364783.jpg
【あらすじ】 旭(佐藤健)は高校卒業後、父(内野聖陽)を地元に残して早稲田大学法学部に進学した。アルバイト時代からの縁で、卒業後は徳田出版に入社し、編集者として忙しい日々を過ごす。そこで7歳年上の坂本由美(吹石一恵)と出会った。彼女はシングルマザーで、1人息子を育てている。徳田出版「Noble」のデスクとして仕切る反面もろい部分もある由美に、旭は淡い恋心を抱くのだった。


e0059574_0372639.jpg
第7~最終話まで観た。内野聖陽演じるヤスは、息子夫婦と東京で同居、なんて柄じゃないね。やっぱり地元に帰って仲間たちとわいわい騒ぐヤスが似合ってる、うんうん。無鉄砲で子供の頃から損ばかりしていた夏目漱石の坊ちゃんみたいに、血気盛んで頑固なオヤジ。かなり大袈裟な演技だったけれど、ああいう男性って好きだなぁ。アサイ精肉店のねーちゃんと交わすヤンキーな会話は、クスッと笑えた。キャストの中で吹石一恵と野村宏伸の2人があの空気にぴったり来なくて、最後まで違和感を抱いていたのは、私だけ?

製作国:Japan(TBS)
放映日:2012年2月24日~3月17日      
演出:平川雄一朗, 山室大輔, 中前勇児
原作:重松清
主題歌:福山雅治 「誕生日には真白な百合を」
キャスト:内野聖陽, 佐藤健, 吹石一恵, 野村宏伸, 加藤貴子, 音尾琢真, ベンガル, 麻生祐未, 常盤貴子, 遠藤憲一, 米倉斉加年 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-22 00:37 | - Japanese film | Comments(6)

とんび 第1~6話

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1405294.jpg
【あらすじ】 舞台は瀬戸内海に面した広島県備後市。高度経済成長時代の1962年(昭和37年)、運送会社に勤務する28歳のヤス(内野聖陽)は愛妻・美佐子(常盤貴子)との間に息子・アキラ(佐藤健)が誕生し、生涯最高の喜びに浸っていた。美佐子とともにアキラの成長を見守り、幸せな日々を過ごしていたが、ある日ヤスが連れて行った仕事場でアキラを庇った美佐子が事故死してしまう。ヤスはその日から幼くして父親に捨てられた悲しみと美佐子を亡くした後悔を乗り越えながら、アキラを不器用ながら育てていく。


e0059574_141426.jpg
第6話まで観た。うわぁぁぁ、内野聖陽ってこんなに熱い男だったのか!夕陽を背負った森田健作みたい。ど根性男なのに、どこか抜けていて空回り。無駄にテンションが高い男だけど、最終話までついて行きたいな。彼ってとっても魅力的なんだもん。昭和のとーちゃんらしく庶民的な男臭さがいい。顔で笑って、心で泣く。長谷川初範の口元+菅原文太のトラック野郎な雰囲気+風間杜夫+ビョン吉(イ・ビョンホン)+三浦知良…、色んな役者の表情が垣間見えて、それだけでも楽しい。なーんて彼の前で言ったりしたら、「オレは、内野だ!」って、ごはんの入ったおひつを投げつけられそうだ、ヒーッ。


e0059574_1411747.jpg
特に目新しいストーリーではないのに、どうしてこんなにのめり込んでしまったかというと、ドラマの隅々まで昭和ワールドが満載だから。卓袱台の上からこぼれ落ちんばかりに並んだお惣菜、それを囲む家族、カーキー色の電化製品、とぼけた顔の車、不器用なとーちゃんが作るカレーライス、アキラがとーちゃんのために作ったポテトサラダ、沈み込んだヤスを励ますためのカニ鍋会、小料理屋の店内やたえ子(麻生祐未)が作る料理の数々。こういうのを見ているとしみじみするんです。ところで堤真一氏を起用したNHKヴァージョンもあるんですね。彼は筋金入りの昭和のとーちゃんだからなぁ。こっちも見なくちゃ。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2012年1月13日~
演出:平川雄一朗, 山室大輔, 中前勇児
原作:重松清
主題歌:福山雅治 「誕生日には真白な百合を」
キャスト:内野聖陽, 佐藤健, 吹石一恵, 常盤貴子, 野村宏伸, 加藤貴子, 音尾琢真, ベンガル, 麻生祐未, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-02-21 01:43 | - Japanese film | Comments(4)

臨場 劇場版

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_21171.jpg
【あらすじ】 2010年、波多野進(柄本佑)という男が、4名の死者を出す通り魔事件を起こす。しかし波多野は心神喪失と判断され無罪。その2年後、弁護士の高村則夫(菅原大吉)、精神科医の加古川有三(デビット伊東)が殺された。警視庁刑事部鑑識課検死官の倉石義男(内野聖陽)は、この二つの事件は同一犯の犯行ではないかと推察する。実はこの二人は、2010年の通り魔事件で波多野の弁護と精神鑑定を担当していたのだ。捜査本部は通り魔事件の遺族の犯行を疑うが、倉石はその説に異を唱える。


e0059574_2111811.jpg
バスジャックされた暴走バスが、人々でにぎわう広場に突っ込む。暴走バスから血まみれの乗客たちのあとを追って、狂ったようにナイフを振り回す青年が飛び出てくる。逃げ惑う人々の叫び声や、吹き出る血しぶき。無差別通り魔事件が、今まさに目の前で起きている、この臨場感に身体が震えた。ショッキングなシーンには賛否両論あるらしいが、これなくしてこの作品は成立しないだろう。

そして被害者家族の前には、精神鑑定により心神喪失とされた犯人は無罪(更生施設送り)という、不可解な刑法39条が立ちはだかる。「物言わぬ死者の声を聞くのが、われわれの使命」と検視官の倉石が全身全霊をかけて奔走するも、法廷まで死者の声は届かない。それどころか更生させるという奇妙な刑法39条によって、加害者の人権だけが守られるようなおかしなことが起きる。死んでしまった者は、もうどうでもいいのか?


e0059574_2112939.jpg
色々と考えさせられる作品だったが、ちょっとお粗末なオチ(真犯人)に、えっ?そんな動機で?と、突っ込みどころも満載。火曜サスペンス的な大袈裟なBGMは邪魔だったなぁ。鬼気迫る内野聖陽の熱演は評価できるが、あのオレ様ぶりや一匹狼ぶりがあまりにも弾けすぎて、「殿(との)、ここは舞台じゃないんですよ」と余計なコトを言っちゃいそう。ところで車の後ろに3つ横に並んだリンゴの意味は何だったんだろう?TV版では説明されてるのかな?

製作国:Japan
公開年:2012年
監督:橋本一
キャスト:内野聖陽, 松下由樹, 渡辺大, 平山浩行, 益岡徹, 高嶋政伸, 段田安則, 若村麻由美, 市毛良枝, 柄本佑, 平田満, 長塚京三 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-02-07 02:13 | - Japanese film | Comments(4)