「ほっ」と。キャンペーン

タグ:夏川結衣 ( 6 ) タグの人気記事

点と線 (2007年ドラマ版) 

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_355378.jpg
【あらすじ】 昭和32年。福岡市香椎の海岸で、男女の情死体が発見される。その数日前に東京駅のプラットホームで、2人が夜行列車に乗る姿を、政財界に顔が広い実業家・安田辰郎(柳葉敏郎)や小料理屋の女中たちが目撃していた。一見ありふれた情死に見えたが、死んだ男・佐山憲一(大浦龍宇一)が、現在社会をにぎわしている産業建設省の汚職事件の関係者であったことから、博多のベテラン刑事・鳥飼重太郎(ビートたけし)と本庁の三原紀一刑事(高橋克典)が中心となり、他殺の線で事件の捜査に乗り出す。その結果、東京駅で13番線プラットフォームから15番線プラットフォームが見えるのは、1日の中でわずか4分間しかないことを突き止め、安田を容疑者として追及しようとする。だが安田には、完璧なアリバイがあった。


e0059574_356349.jpg
いつの頃からか?ヴェネチア映画祭の常連となり、日本マニアのイタリア人に大人気のビートたけし(伊人には北野たけしのほうが馴染みがある)。彼が主演と聞いて、う~む?と躊躇したが(あまり好きなキャラじゃないから)、つい最近『珈琲屋の人々』で再会した高橋克典も出ているので、克典一人祭りの一環で観ることにした。

まず主役級の超豪華キャストに圧倒。すごいよ。謎解きも面白かったが、本庁の刑事たちが鳥飼の人間性に次第に尊敬の念を抱いて行く過程は、なかなか見応えがあった。博多に帰る鳥飼に向かって、刑事たちが深々と頭を下げるシーンに、胸がジーンと熱くなり、夏川結衣が演じる安田の妻・亮子の女の情念には、ぞくぞくして鳥肌が立った。ギバちゃんが苦手な私としては、一見クールだけど熱いものを秘めている内野聖陽や長谷川博己のような人にやって欲しかったな。


e0059574_3561596.jpg
安田のアリバイを崩すのに刑事たちは四苦八苦していたが、移動手段は電車のほかに飛行機があるじゃないか!とすぐに気づく。21世紀の私たちにとって、飛行機は日常生活に密着しているからだ。でも昭和32年当時、庶民の生活には無縁だったから、こんなストーリーが成り立つわけね。なるほど、うんうん。電車フェチや時刻表フェチにはたまらないシーンやトリックが満載で面白い。


e0059574_358236.jpg
高橋克典には軟派なイメージがあるんだけど、こういう硬派もメッチャ似合う。スーツが似合うんだよね。謎解きとともに、彼の喜怒哀楽の表情に一喜一憂したワタクシ(*^^*) 『砂の器』と同じくこの作品にも、海の景色がよく登場する。海水浴客でにぎわう、あるいは波が静かに寄せては引く砂浜ではなく、荒波の日本海やごつごつした海岸が多い。象徴的だ。

製作国:Japan(テレビ朝日)
放映日:2007年11月24 日~25日
監督:石橋冠
原作:松本清張
キャスト:ビートたけし, 高橋克典, 小林稔侍, 橋爪功, 柳葉敏郎, 夏川結衣, 名高達男, 江守徹, 竹中直人, 大鶴義丹, 内山理名, 市原悦子, 池内淳子, 宇津井健, 石坂浩二(ナレーション) ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-08 04:00 | - Japanese film | Comments(0)

東京家族

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_37365.jpg
【あらすじ】 2012年5月、瀬戸内海の小島に暮らす平山周吉(橋爪功)と妻とみこ(吉行和子)は、子供たちに会うために東京へやって来る。だが品川駅に迎えに来るはずの次男の昌次(妻夫木聡)は、間違って東京駅へ行ってしまう。周吉はタクシーを拾い、郊外で開業医を営む長男の幸一(西村雅彦)の家へと向かった。長女の滋子(中嶋朋子)は不注意な弟に呆れ、幸一の妻、文子(夏川結衣)は歓迎の支度に忙しい。やがて周吉ととみこが到着、大きくなった二人の孫・実(柴田龍一郎)と勇(丸山歩夢)に驚く。そんな中、ようやく昌次も現れ、家族全員が久しぶりに夕食を囲むのだった。山田洋次監督が自身の監督生活50周年を機に、敬愛する小津安二郎監督の名作『東京物語』(1953)をモチーフに製作された。


e0059574_375239.jpg
家族と言っても、子どもたちが独立して家庭を持つと、親子の関係は次第に変わっていく。いつまでも、「あたしたちは一緒!」「何かあったら一致団結」という訳にはいかない。それぞれの事情が出来てくるからだ。せっかく上京してきてくれる老親のために、できるだけ楽しんでもらいたい気持ちがある。その一方で日常生活のペースが崩される不満もある。だから親の滞在時間が長くなるにつれ、お互いわがままになってしまう。この状況は、一時帰国で日本の実家に帰ったときによく似ているから、どっちの気持ちも分かる。お互いに、やまあらし状態なんだよね。家族といっても、ほどよい距離がとれないと傷つけてしまうし、いい関係が長続きしない。それを淡々と描いているところがよかった。笠智衆主演のオリジナルも観てみたい。彼は昭和の日本のおじいちゃんだもんね。

製作国:Japan(NHK BSプレミアム)
初公開年:2013年
監督:山田洋次
キャスト:橋爪功, 吉行和子, 西村雅彦, 夏川結衣, 中嶋朋子, 九代目林家正蔵, 妻夫木聡, 蒼井優, 小林稔侍, 風吹ジュン ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-23 03:07 | - Japanese film | Comments(4)

結婚できない男

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_0301764.jpg
【あらすじ】 建築家・桑野信介(阿部寛)は、仕事の評価が高くルックスも悪くない。しかし皮肉屋で偏屈な性格から、女性や結婚に対して嫌悪感を示し、40歳になるまで独身の「結婚できない男」であった。高級マンションに一人暮らし、一人きりで食事をして買い物をするという、気ままな独身生活を楽しんではいるが、どこか空しさも感じ始めていた。 ある日激しい腹痛を起こした桑野は、隣に住むOL・みちる(国仲涼子)に助けられ、義弟で友人(尾美としのり)の副院長を務める病院に搬送される。が、桑野は大腸の検査を嫌い、腹痛が治まると女医の早坂夏美(夏川結衣)が止めるのも聞かず帰宅してしまった。一方自分に素直になれず、仕事が忙しい夏美も、独身で恋人はいない。互いに辛らつな言葉を交わしあう二人だが、次第にお互いに気になる存在になっていく。


e0059574_0302860.jpg
6年前の一時帰国の折に、リアルタイムでずっと観ていたけれど、懐かしくなってまた観直した。そして見落としている部分が結構あることを発見。例えば第1話で、いきなりなんと!彼の生お尻が…きゃうきゃう(*^^*) くるんと小さく締まった形のよいお尻なのです(^^) ますます阿部ちゃんが好きになった。 

このドラマは「阿部ちゃん物語」と言われ、「半分は地で演じている」と彼自身も公言しているように、阿部ちゃんだったらそういうリアクションをするだろうなぁ、と思えるシーンが幾つもあり、まったく違和感がなかった。でもあそこまで毒舌で天邪鬼でひねくれてると、自分自身に疲れないかな?いちいち人の言葉尻をとらえて、くちゃくちゃと面倒くさい男だし。一人焼肉、おいしいのかなぁ?

独身の内科医・早坂夏美を演じた夏川結衣が、これまたよかった。等身大で自然体な彼女は、女性から見てもいい感じ。阿部ちゃんを相手にした時の、まるでアドリブのような言葉の応酬は、『最後から2番目の恋』の小泉&中井コンビに負けないくらい楽しかった。阿部ちゃんと夏川結衣の、あうんの呼吸が素晴らしい。脇を固めた役者さんたちも個性的で面白い。ロケ現場の雰囲気は、さぞかしよかったんだろうな。

      
e0059574_0304649.jpg
しかし、なんと言っても愛嬌あるケンちゃん!この子に敵うヒトはいない。ベランダの仕切りの下から、阿部ちゃんを見上げる視線に、萌え~~~♪ これ見て以来、娘が飼いたい、飼いたいって…。困ったな。

製作国:Japan(フジテレビ)
放映日:2006年7月4日~9月19日
演出:三宅喜重
キャスト:阿部寛, 夏川結衣, 国仲涼子, SHEILA, 塚本高史, 西丸優子, 尾美としのり, 三浦理恵子, 高知東生, 草笛光子, 高島礼子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-09-07 00:30 | - Japanese film | Comments(0)

奇跡

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_015388.jpg
【あらすじ】 小学生の兄弟、航一(前田航基)と龍之介(前田旺志郎)は、両親の離婚で鹿児島と福岡で暮していた。新しい環境にすぐに溶け込んだ弟・龍之介と違い、鹿児島に移り住んだ兄・航一は、現実を受け入れられず、憤る気持ちを持て余していた。ある日航一は、新しく開通する九州新幹線、「つばめ」と「さくら」の一番列車がすれ違う瞬間を見ると奇跡が起こるという噂を聞く。もう一度家族で暮したい航一は、弟と友達を誘い“奇跡”を起こす計画を立てる。『歩いても歩いても』の監督とキャストが再集合した作品。


e0059574_0155182.jpg
『誰も知らない』のように本作品でも、子どもたちのありのままの表情や、のびのびと楽しそうにしている様子を、是枝監督は実にうまくとらえている。あんなタイプの子が同級生にいたよなぁ、って子どもの頃を懐かしく思い出した。航一&龍之介を演じた、小学生漫才コンビ「まえだまえだ」兄弟の演技力が凄い。しかし子どもたちは無邪気なようで、大人の事情や自分たちが置かれている状況を、ちゃんと把握している。それどころか彼らは、大人を叱咤激励してくれる。なのに大人ときたら子どもたちに、悲しみや心の不協和音を与え続けるだけ。ダメだよなぁ。ちょっぴり気恥ずかしいタイトルだけど、誰にも小さな小さな奇跡が起きて、ささやかな幸せを運んできてくれるといいね。

阿部ちゃんのあの大きな手で、がっしり肩を包まれてみたいわぁ(*^^*) 樹木希林のフラガールも可愛いな。ぐうたらオダジョーのステージを、かぶりつきで観た~い♪

製作国:Japan
公開年:2011年
監督:是枝裕和
キャスト:前田航基, 前田旺志郎, 大塚寧々, オダギリジョー, 夏川結衣, 阿部寛, 長澤まさみ, 原田芳雄, 樹木希林, 橋爪功 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-12-14 00:16 | - Japanese film | Comments(0)

孤高のメス

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_229675.jpg
【あらすじ】 大学病院に依存しきった市民病院・さざなみ病院に、外科医の当麻が赴任してきた。患者のことを第一に考え、オペも鮮やかな手際で対応する当麻(堤真一)。そんな彼に第一外科医長の野本(生瀬勝久)らは反発するが、その一方で看護師の浪子(夏川結衣)たちは仕事へのやる気を取り戻していく。そんな中、市民病院の強化に努める市長(柄本明)が末期の肝硬変で倒れてしまう。彼を救う手段は法で認められていない脳死肝移植のみ。そこで当麻が下した決断は……。


e0059574_2293477.jpg
堤真一、かっこよぎ&孤高すぎ(^^)v いや、これはこれでいいんだけど。今まで観た作品は冴えない役が多かっただけに、今回も最悪などんでん返しがあるかも?とドキドキしながら見守っていたら、最後の最後までかっこよかった&孤高だった!こんな医師が現実に1人でもいたなら、日本の医療もまだまだ捨てたもんじゃないな。

夏川結衣が演じた看護婦もよかった。堤真一扮する当麻医師は現実離れしていたけれど、この看護婦は医療現場の裏方に徹して、日々黙々と仕事をする。日記を通して彼女の私生活も描かれる。小さな子どもを抱えたシングルマザー。地に足のついた1人の女性の姿が見えてくる。当麻医師の登場で外科手術に積極的に取り組むようになり、彼への尊敬とも淡い恋愛感情ともつかぬ気持ちの間で揺れる浪子。そして問題の脳死肝移植の是非。医療のタブーに切り込む作品でありながら、温かく優しい空気を感じるのは、浪子が残した日記が語るという形でストーリーが展開するからだろう。最後はちょっと端折りすぎだけどね。

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:成島出
原作:大鐘稔彦
キャスト:堤真一, 夏川結衣, 吉沢悠, 生瀬勝久, 中越典子, 平田満, 松重豊, 余貴美子, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-02 02:30 | - Japanese film | Comments(2)

歩いても歩いても

私のお気に入り度 ★★★★☆(92点)

e0059574_18205055.jpg
ある夏の終わり。失業中の良多(阿部寛)は妻(夏川結衣)と息子を連れて兄の命日に実家を訪れた。開業医だった父(原田芳雄)と昔から反りの合わない良多は現在失業中ということもあり、気が重い帰郷である。姉・ちなみ(YOU)の家族と共に楽しく語らいながら、母(樹木希林)は料理の準備に余念がない。その一方で相変わらず家長として医師としての威厳にこだわる父。台所、食卓、墓参り、海への散歩。どこにでもある日常の風景。息子を亡くした傷の深さ、兄へのコンプレックス、受け入れ難い親の老いなど、何気ない会話からそれぞれの複雑な感情があぶり出されていく。誰もが自分自身と重ね合わせずにはいられない作品であろう。


e0059574_18211014.jpg
真っ暗なスクリーンに、ゴシゴシ音だけがきこえてくる。人参と大根を調理する手のアップに続いて、母娘らしき2人の会話が始まる。冒頭のこのシーンに目が釘付けになった。昔ながらの台所に並んで、母は包丁で人参を娘は皮剥き器で大根を剥いている。小気味のよい手さばきでミョウガを薄く切っていく。茹でた枝豆に塩を振り、ざるを上下させながら塩を満遍なく全体に行き渡らせる。鞘から出した大量の枝豆とミョウガを寿司飯に入れてさっくり混ぜ合わせれば、枝豆とみょうがの混ぜ寿司が出来上がる。母の十八番料理は、大粒のとうもろこしを使ったコーンの掻き揚げ。「早くおあがり。揚げ立てがおいしいんだからね。」 そして冷やしたスイカやお持たせのシュークリームや店屋物の鰻重。食卓の風景は何度見てもいい。

大事件が起こるわけではない。激しいアクションや感極まる幸せや悲しみなどもない。海の見える坂の町のごく平凡な住宅街に暮す、平凡な人々のある夏の一日を淡々と描く。是枝監督は役者の一瞬の心の動きをも取り逃がさないかのように、役者の動きをかなり長いスタンスで撮影している。使い込まれた昭和の家の中の何気ないショットや、役者たちのセリフや表情や仕草が心の奥深くにじわっと沁みて、懐かしく面映くぎこちない感情が目覚め、家族や人のことをとてもいとおしく思えるのである。



e0059574_18213691.jpg
反りが合わないから父と2人だけになると、良多はいっそう間が悪く居心地が悪い。いったい何を話してよいのやら。気を揉んだ挙句の果てに出て来た言葉にうろたえ、さらに気まずくなって自己嫌悪する。同じような光景が私の子どもの頃にもあった。原田芳雄が演ずる父は、わが父そのもの。亭主関白で家長としての威厳に拘る父の存在は疎ましかった。可愛がってくれているのが分かるから、尚更その狭間にいた私は鬱陶しかったのだ。彼が上機嫌な時には楽しいが、一旦雲行きが怪しくなると、彼の一喝で盛り上がったその場の雰囲気が一気にしぼんでしまう。嵐が来る前にそれぞれの部屋に逃げ込む。

そんな気持ちを今でも引きずっているから、父と電話で話すのは苦手で苦痛だ。こちらから電話をかける時には、「母が出ますように」と真剣に心の中で祈ってしまう私は、まだまだ大人になりきれない。しかし父の声を聞くと母が電話口に出た時より妙にほっとするのだから、人の気持ちは一筋縄ではいかない厄介なものだ。良多がつぶやく「いつもちょっとだけ間に合わない」、それは自分の人生や年老いた両親への親孝行や子育てにおいてもいえること。きっちり帳尻のあう人生は少なく、概ね人々はそうした小さな後悔を背負いながら生きているのだと思う。



e0059574_18215470.jpg
樹木希林が巧い、巧すぎます!家に迷い込んだ蝶を追うシーンは鳥肌モノでした。『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』での母親役を超える巧さでありました。ルックスだけで?勝負していた若い頃に比べると、阿部寛は独特のオーラをまとい確実に味のある&存在感のある役者になってきて、すごくいいのだわぁ(^^) いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、リアルタイムで覚えてますョ。

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:是枝裕和
キャスト:阿部寛, 夏川結衣, YOU, 高橋和也, 田中祥平, 加藤治子, 寺島進, 樹木希林, 原田芳雄 ...
[PR]
by amore_spacey | 2009-02-08 18:25 | - Japanese film | Comments(2)