「ほっ」と。キャンペーン

タグ:孤独のグルメ ( 25 ) タグの人気記事

孤独のグルメ Season2 第4話 群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理

私のチュロス食べたい度 ★★★★☆(90点)

e0059574_19231668.jpg
井之頭五郎は寡黙で孤高の人。でも場の空気は読めるし、適度な社交辞令も言う。心の中では親父ギャグを連発。そんな彼の血液型はA型?今回は群馬で先輩と会う。五郎は20年前と全然変わらない。両手に持ったポッキーを、交互にポリポリ食べる五郎も可愛い。何だかドラマチックな展開になってきた。いいぞ、いいぞ。Season2には、外国人の女性がよく登場する。


e0059574_1594561.jpg
先輩の娘に「ゴロー」なんて呼び捨てされちゃった(苦笑) 彼女が連れて行ってくれたキオスケ・シブラジルで、熱々のチュロスを食べる。あれはスペインの揚げ菓子だろ?という突っ込みはなし。キャラメル・クリームがうまそー。


e0059574_201616.jpg
ブラジル食品、買い過ぎじゃないか?大きな買い物袋を両手にさげて歩き出したところで、お腹がきゅるきゅる~。今回は群馬県邑楽郡大泉町のレストラン・ブラジルのブラジル料理。レストランの目印はブラジル国旗の黄色&緑色で、分かりやすい。初めてのお店に入ったときの、あの慣じめない空気や違和感が痛いほど伝わって来た。食べている人の視線も、身体中に突き刺さる。私まで居心地悪くなってきた。ちょっと萎えるな。でも五郎は初心貫徹、まっすぐ突き進む。 


e0059574_202999.jpg
サラダバーの野菜は群馬産。私がサラダバーで必ず狙うのは、赤ビーツやトマトやポテトサラダやオリーブや豆類。コーンは食べにくいからパス。


e0059574_205165.jpg
豚肉や牛肉やソーセージが入ってるリッチな豆料理、ライスがついてくるのも嬉しい。これで即席の豆丼ができるぞ。


e0059574_211733.jpg
付け合せのちりめんキャベツが、豆や肉料理の箸休めにいい。キャベツは生も火を通したものも好き。人生と同じく、脇役がいないと主役は引き立たないノダ。


e0059574_213015.jpg
シュラスコが出てきたとき、思わず「うわっ!」と五郎が唸ったのを聞き逃さなかったぞ。肉の大きさに驚いたんだな^^ 豆料理のセットに300gのシュラスコまで食べるか?五郎は本当に肉が好きだ。


e0059574_221176.jpg
一人ブラジルフェスタ(⌒▽⌒) 群馬サンバカーニバル(←早口で10回言える?途中で群馬がグンバになった人、正直に手ぇあげて^^)! 地球の裏側の味(^^) 五郎の親父ギャグもノリノリ。トングで肉を直接口に入れるのか?と驚いていたら、最後は串ごと食いちぎった。肉を与えると、クールな五郎も野生児だ。ワイルドな五郎(^レ^) 「グンマから日本に帰らなきゃ」って、群馬は日本じゃないのか?


e0059574_222688.jpg
【ふらっとQUSUMI】で久住氏がセレクトした、ブラジル・ソーセージと玉ねぎ炒め。シンプルで超美味しそう。私はイタリアの肉肉したソーセージより、日本のお弁当に入っている真っ赤なウィンナーや、ちょっと貧乏くさい日本の酒の肴のサラミや、ドイツのハーブ入り白ソーセージのほうが、何倍も好きです。


e0059574_223947.jpg
ほえぇぇ、でけえええぇぇ。肉がでか過ぎる。見ただけで胸焼け!!! イタリアの肉も赤身のうまさを堪能するタイプだけど、アゴやこめかみが疲れる。神戸牛や松坂牛や飛騨牛の柔らかい霜降りを、ゆっくりじっくり味わって食べたい。タレはもちろん、醤油+おろしたてのワサビ^^

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年10月31日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 相島一之, スズキジル, 鎌田楓子, 久住昌之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-11-03 02:09 | - Japanese film | Comments(2)

孤独のグルメ Season2 第3話 中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯

私の卵かけごはん今すぐ食べたい度 ★★★★★(100点)

e0059574_19261857.jpg
井之頭五郎は人の食べている物が気になる。他人が注文した料理がうまそうに見えて仕方がない。だから速攻で彼も注文しちゃう。真似っ子五郎^^ 深く考えないから、麺に麺とかご飯ものとか、炭水化物がダブっちゃったりする。でも絶対に残さない。強靭な胃袋の持ち主なのだ。


e0059574_1171470.jpg
商談ってそんなにお腹が空くもの?1つ目の商談終了後、沼袋駅前にあるアルコリック・カフェロジェにて、紅茶とチョコバナナクリームタルトで、小腹を落ち着かせる。五郎は洋菓子もOK。守備範囲が広いぞ。それにしても、すごいボリュームだな。「一人ヘンゼル&グレーテル」って。ププッ、松重さんの名言がどんどん増える。いいぞ、いいぞ。


e0059574_117264.jpg
2つ目の商談が終わったところで、お腹がきゅるきゅる~。今回は中野区沼袋の焼肉平和苑のわさびカルビと卵かけご飯。店の看板に【飢る噛む!】って、ウェルカムにかけてる(⌒▽⌒)アハハ!この親父ギャグが、ドラマにぴったり。 


e0059574_1173656.jpg
キャベツがうまそう。うちのハムスターもキャベツ大好き。パリパリ食べたあと、頬袋にぐいぐい詰めて、寝床に持ち込んでますぞ。


e0059574_1174760.jpg
うわぁ、生わさび付き!不味いわけがない。わが家でもタリアータに、オリーブオイル+しょうゆ+わさび(チューブわさびだけどね)をつけて食べる。これが、おいしいの。肉なのに魚?焼いてあるのに生の刺身?「なんじゃこりゃあああ」「あっと驚くタメゴロー」の世界なのだ。



e0059574_1175834.jpg
三角は肩肉。レモンの酸味が効いてうまそうだな。一緒についてきた玉ねぎの輪切りがあまりにも大きいから、パイナップルかと思った。んな訳ないよ。


e0059574_1181157.jpg
丸は腿肉。肉を焼きながら、後ろの席の客のモツが気になるなんて、五郎らしい(爆) よそ見したまんま固まってるし(^^) お~い、肉が焦げちゃうよ。焼きたてをそのまんま口に入れるけど、口のなか火傷しないのか?猫舌な私は、ハフハフしてからそーっと口に入れます。


e0059574_1182118.jpg
注文の追加って、あんだけ肉もごはんも食べて、まだ食べるか?腕まくりして、気合が入ってきたな。焼肉って1枚ずつ焼くもんだと思ってたけど、まとめ焼きなんてワザもあるんだ。いやぁ、すごい煙!五郎の顔が見えない。


e0059574_1183382.jpg
えーー、ごはんも追加?しかもオヤジの一言で、卵かけごはんセットにあっさりグレードアップ。五郎の胃袋はターミネーター。


e0059574_119741.jpg
焼肉の〆は、卵かけごはん&カルビ。そんなに急いで卵かけごはんをかっ込まなくても、誰も奪ったりしないのに(苦笑) 私が卵かけごはんやとろろごはんを食べる時には、スプーン必須。箸では、ごはんをうまくすくえません(Ф_Ф;)


e0059574_1191841.jpg
【ふらっとQUSUMI】で登場したミノは苦手だけど、見た目は柔らかくておいしそう。私は迷わず超四角カルビを食べたい。この際、コレステロールが…とか成人病が…という無粋な話はなし。

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年10月24日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 中山エミリ, 久住昌之, 幅允孝 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-10-29 01:19 | - Japanese film | Comments(6)

孤独のグルメ Season2 第2話 中央区日本橋人形町の黒天丼

私のお新香お気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_1929125.jpg
松重さんにどんどん惹かれていく(*^^*) 寡黙でコワモテな外見からは想像できない、可愛らしい仕草や台詞にほろり。真面目な顔して、「腹減った、ぺこちゃんだ」 遠慮がちに片手をあげてオーダーする姿。食べながら、「いいぞぉ~」と自分にも料理にも気合を入れる。食べる前に両手をきちんと合わせ、軽くお辞儀をしながら、「いただきます」というマナーのよさ。グッとくるじゃないか。いいぞ、いいぞ。


e0059574_138523.jpg
いきなりジョセフィーヌなんて女の子が登場するから、ビックリしたなぁ(・・? 今日の舞台は、阿部ちゃんも歩いた人形町。日本茶専門店森乃園2階にある喫茶室で、一人作戦会議と称して抹茶ぜんざいを食べながら、「何度でも恋ができる」って。松重さんの口からなんて言葉が出ると、アタシのほうが気恥ずかしくなっちゃう(身体くねくね)


e0059574_1392639.jpg
天ぷら屋がなかなか見つからず、「あきらめるな、あきらめるな」って言い聞かせる。苦悩に満ちた眉間の皺が、官能的~♪


e0059574_1394780.jpg
しかし狙った獲物は逃さない。天ぷら屋が見つかった!!! 


e0059574_140680.jpg
今回は中央区日本橋人形町の天ぷらなかやまの黒天丼。家族経営のこじんまりとした天ぷら屋。


e0059574_1402085.jpg
柔らかそうなお新香。


e0059574_1404254.jpg
お願いだから、天ぷら揚げてるトコを映すのは、やめてくれぇ~!って、見なきゃいいのか。うちで揚げ物をするのは年に1~2回。だから飢えてんだー。天ぷらやフライ定食が出てくると、もうダメ。我慢できねー。


e0059574_141637.jpg
おぉっ、見事に真っ黒。「てんぷらにされて、なおブラックタイガーだ」って。ププッ、そんな親父ギャグも許せる。


e0059574_1412794.jpg
私の中で【ふらっとQUSUMI】は、おまけ的な存在だったのに、今や本編に負けないくらい楽しみになってきた。これだけ有名になったのに、庶民的な感覚を忘れない久住氏への好感度も、じわじわ上昇中。


e0059574_1421364.jpg
日によってかき揚げの材料が変わる。ああ、人形町は昼も夜も奥が深い町だ。機会があったら、阿部ちゃんと松重さんを誘って、黒天丼やかき揚げを食べに行こっと。うんうん、これに決まり(*^^*)

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年10月17日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 根岸季衣, 久住昌之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-10-25 01:42 | - Japanese film | Comments(8)

孤独のグルメ Season2 第1話 神奈川県川崎市新丸子のネギ肉イタメ

私のみょうがの天ぷらお気に入り度 ★★★★★(100点)

e0059574_19323226.jpg
待望のSeason2がスタート!オープニングのBGMは、Season1のほうが好きなんだけど、Season2のウェスタン調も聞き慣れてくればそれなりにいいのかも。Season1のサントラはこちら(音!) 音楽もいいんだなぁ、しみじみ♪ 自分の覚書きも兼ねて、Season2は一話ずつレビューを書いていく予定です。


e0059574_13174.jpg
井之頭五郎はいつも小腹が空いている。まずは和菓子店昭和堂のクリームあんみつで、腹ごしらえ。あっ、うさぎりんご~^^


e0059574_133658.jpg
今回は神奈川県川崎市新丸子の三ちゃん食堂のネギ肉イタメ。外から見るとラーメン屋だが、中に入ってビックリ。殆ど誰もラーメンをすすっていない。平日の昼間なのに熱気ムンムンで、みんな飲んでるよ。それにしても、こんなに何品も頼んで大丈夫なのか?


e0059574_134815.jpg
みょうがの天ぷらなんて、もう何年も食べてないよぉ(T^T) そんなにおいしそうに食べるんじゃなーい(怒)


e0059574_13578.jpg
パリパリッとか、サクッとか、音が刺激的すぎて、悶絶死~(T^T)


e0059574_14739.jpg
チーズウィンナーの串刺しがお弁当に入っていたら、お昼の時間が待ち遠しいなぁ。


e0059574_141649.jpg
薄切り玉ねぎやにんにくの芽やにらと炒めてもおいしいぞ。


e0059574_143093.jpg
おまけ的な【ふらっとQUSUMI】も楽しみにしている。原作者の久住昌之氏が、井之頭五郎の行った店を紹介するコーナーなんだけど、いつも彼は飲んでるなぁ。そんな彼のくしゃくしゃになった笑顔が好きだなァ^^


e0059574_144042.jpg
焼肉ライスは、キャベツを焼肉ではさんで食べるとおいしい、と常連たち。


e0059574_144920.jpg
コロッケもカレーも大好物だから、この組み合わせは悩殺!空腹感がピークに達する深夜に、こんな目の毒になるようなドラマを流すなんて…酷だ。また夜食族が増えるに違いない。

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年10月10日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 斉藤暁, おぼんこぼん, 久住昌之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-10-20 01:05 | - Japanese film | Comments(2)

孤独のグルメ Season1 全12話

私の空腹度 ★★★★★(100点)

e0059574_283117.jpg
【あらすじ】 個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう=松重豊)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また出先での食事がメインのため、大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすら主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。


e0059574_284565.jpg
私たちに馴染みのある普段着の定食や惣菜が、次々に登場する。それらが実においしそうで、たまらない、じゅるっ。しかも井之頭五郎を演じる松重豊が、構えることなく、長々とした前置きやウンチクもなく、淡々としているのがいい。ただ食べることに専念している姿が、いとおしくすら思える。食べているときの無心な表情や、食べ終わったときの任務から解放されたような幸せなオーラ、あれだけでも1つのドラマになる。彼はなんでもおいしそうに食べるが、とりわけごはんを食べる時は魅力的だ。一口分の量や箸を口に運ぶテンポや口の中で噛み噛みする様子が、小気味よくて、思わずごはんを炊きたくなっちゃう。そこをぐっと我慢。ちゃんと踏み止まったケロ。

ったく、こんな素晴らしいショートドラマを、深夜1時に放送していたなんて、罪作りなテレビ局であります。小腹どころか、すっかりお腹が空いている、とても危険な時間帯と知りながら、目の毒になるような惣菜が次々に出てくるんだから。もう我慢できずに深夜ごはんを食べて、罪悪感に苦しんだ人が、絶対にいたよね?^^


e0059574_29103.jpg
第一話 【江東区門前仲町の焼き鳥屋庄助
つくねを半分に切った生のピーマンに押し込んで、ピーマンの肉詰め風にして食べる、というのは目からウロコ。さっそくやってみよう。


e0059574_292554.jpg
第ニ話 【豊島区駒込の和食亭


e0059574_294739.jpg
第三話 【豊島区池袋の中華家庭料理楊2号店


e0059574_2102288.jpg
第四話 【千葉県浦安市のLoco Dish
おでんの具の中では、たまご・大根・はんぺんが好き。
この店のお勧めは、じっくり煮込んだ牛すじ。


e0059574_21042100.jpg
第五話 【杉並区永福のつり堀武蔵野園


e0059574_2112094.jpg
第六話 【中野区鷺ノ宮のとんかつ屋みやこや


e0059574_2113265.jpg
栗大福~♪


e0059574_2114680.jpg
田中要次、こういうのが意外に似合うのね。


e0059574_212951.jpg
第七話 【武蔵野市吉祥寺のお食事処/居酒屋カヤシマ
イタリアにナポリはあるが、ナポリタンはない。


e0059574_2123091.jpg
第八話 【神奈川県川崎市八丁畷の焼肉屋つるや


e0059574_2124993.jpg
第九話 【世田谷区下北沢の広島のお好み焼&鉄板焼HIROKI


e0059574_21371.jpg
第十話 【豊島区東長崎のせきざわ食堂


e0059574_2132394.jpg
第十一話 【文京区根津 の居酒屋すみれ


e0059574_2133792.jpg
かりんとう饅頭~♪ お饅頭が大好きデス。


e0059574_213555.jpg
第十二話 【目黒区中目黒の沖縄料理の店草花木果(そうかぼっか)】


e0059574_2141229.jpg
原作者の久住昌之が、その日の舞台になった店を訪れて、井之頭五郎が食べたものを注文する【ふらっとQUSUMI】のコーナーも面白かった。若いのか年取ってるのか?年齢不詳な彼は、1958年生まれ。


e0059574_2142422.jpg
第2話の【ふらっとQUSUMI】に登場したあん肝。この量で400円は、採算度外視の太っ腹!来夏の一時帰国は、この店要チェックですぞ。


e0059574_14452489.jpg
えっ?Season2が10月10日から始まるんだって?とても楽しみなんだけど、また悶絶の時間がやって来るのかぁ。食欲の秋だし、困ったな(^◇^;) 私は伊語ヴァージョンの漫画を読んで、久住昌之の名前を知った。昭和の雰囲気が満ち溢れている谷口ジローの絵柄が、心にじわっと優しく響いてくる。彼の描く漫画には、静かな時間が流れていて好きだ。イタリアでも大人気。

製作国:Japan(テレビ東京)
放映日:2012年1月4日~4月11日
原作:久住昌之
監督:溝口憲司
キャスト:松重豊, 宮内順子, 有賀さつき, 田中要次, 松居直美, 美保純, モト冬樹, 久本雅美, 久住昌之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-10-01 02:14 | - Japanese film | Comments(9)