「ほっ」と。キャンペーン

タグ:寺島進 ( 10 ) タグの人気記事

草刈正雄・船長率いる真田丸 第1~20話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2244970.jpg
【あらすじ】 天正10年(1582年)、甲斐の名門・武田家は宿敵・織田信長(吉田鋼太郎)の軍勢の前に滅亡の危機に瀕していた。その頃、駿河と甲斐の国境で徳川家の兵に追われるひとりの若者がいた。彼はこれより33年後、大坂夏の陣で徳川家康(内野聖陽)を自害寸前まで追い込み、後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。彼の名は真田源次郎信繁(堺雅人)。(作品の詳細はこちら


e0059574_22441985.jpg
脚本が三谷幸喜と来れば、お約束の超豪華キャスト。中でも光っているのが、真田昌幸に扮する草刈正雄。かつて『新選組始末記』で見た、イケメン沖田総司が忘れられない。もしかして、彼はハーフのイケメン第1号?


e0059574_22443468.jpg
父ちゃんの存在感がありすぎて、主役の真田信繁(堺雅人)の影が何とも薄い。半沢の勢いはどこへ行っちゃった?兄貴・信幸(大泉洋)もまじめ路線で、何だかなぁ。真田家の家臣・高梨内記の娘・きりは、場の空気が読めないお嬢ちゃまという設定なので、長澤まさみが適役。


e0059574_2245387.jpg
真田昌幸とその重臣・出浦昌相(寺島進)の関係が愉快で面白い。脇役とは言え、重要なポジションに寺島さんが抜擢されて、とても嬉しい。


e0059574_2251391.jpg
戦国の世をたくましく生きる、真田家の長女・松(木村佳乃)。


e0059574_22511413.jpg
織田信長(吉田鋼太郎)があっけなく退場。もっと弾けたコータローを見たかった。


e0059574_22523812.jpg
徳川家康と言えば、肖像画や『鳴かぬなら 鳴くまでまとう ホトトギス』や狸おやじの呼び名などから、忍耐強く飄々として戦乱の世を潜り抜けた、喰えないオヤジを想像する。が、内野聖陽バージョンは、臆病で気が小さく、狼狽したり取り乱したり…見ていて飽きない家康だ。内野さん、ますます素敵(*^^*) 側室の阿茶局(斉藤由貴)がどっしり落ち着いているお陰で、家康は業務に専念できる。


e0059574_2304524.jpg
家康の重臣&名参謀の本多正信(近藤正臣)。かつてはイケメン№1だった近藤さんも、74歳ですかぁ(驚)


e0059574_2361627.jpg
喰えないオヤジと言ったら、やはり、この人、豊臣秀吉(小日向文世)でしょう。秀吉のキャラは、小日向さんそのまんま。表と裏の顔にギャップがありすぎる上、彼の頭の中が読めず、ただ短気なだけの織田信長と違って、なかなかコワい。側室・茶々(竹内結子)と一緒のときは、こんなにデレデレなのに。


e0059574_239316.jpg
山南敬助と土方歳三・・・ではなく、真田信繁と石田三成(山本耕史)。山本耕史もNHK御用達役者?


e0059574_2312107.jpg
汁かけご飯ばかり食っている北条氏政(高嶋政伸)が、不気味すぎる。


e0059574_2312192.jpg
義父・謙信のように「義」を貫き通す実力がなく、高い理想と現実の狭間で悶々とする上杉景勝(遠藤憲一)。遠藤憲一もNHKの常連さんですね。

真田昌幸の正室・薫(高畑淳子)や昌幸の母・とり(草笛光子)や秀吉の妹・旭(清水ミチコ)など、ユニークな脇役陣も忘れてはなりませぬ。徳川家重臣の本多忠勝に扮する藤岡弘、。年をとっても顔は濃いし、もみ上げが暑苦しい。で、名前の最後に「、」って?武田勝頼を演じた平岳大は、平幹二朗の息子なんですね。言われてみれば、目元がパパそっくり。クールで素敵☆ そんな彼も退場して、寂しくなった。



[PR]
by amore_spacey | 2016-05-29 23:17 | - Japanese film | Comments(0)

アンフェア the answer

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_3362718.jpg
【あらすじ】 かつて警視庁検挙率ナンバーワンだった刑事・雪平夏見(篠原涼子)は、北海道の紋別警察署に異動となる。平和な紋別で上司の一条(佐藤浩市)との密会を楽しみつつ、のどかな日々を送っていた。その頃東京ではネイルガンで体中に釘を打ち込むという殺人事件が発生し、雪平の元夫でジャーナリストの佐藤(香川照之)が指名手配される。佐藤が雪平の前に姿を現し、かつて雪平が佐藤に解析を依頼したUSBメモリを彼女に手渡した。やがて雪平にも殺人容疑がかかり、彼女も逮捕されてしまう…。


e0059574_3365152.jpg
《一言感想》 役者陣が超豪華すぎて自爆しちゃったかな?篠原涼子ちゃん、ひどすぎっ!今まで暗黒街のプリンス的な存在だった加藤雅也の、意外な一面(≧∇≦)を見ることができたのはラッキーだったな。阿部サダヲ、存在自体が濃い男だ。

製作国:Japan
放映年:2011年
監督:佐藤嗣麻子
キャスト:篠原涼子, 佐藤浩市, 山田孝之, 阿部サダヲ, 加藤雅也, 吹越満, 大森南朋, 寺島進, 香川照之 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-04 03:38 | - Japanese film | Comments(0)

南極大陸 (第1~3回)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(68点)

e0059574_351910.jpg
【あらすじ】 昭和30年代、敗戦からの復興を進める日本は、戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国からは敗戦国であることを理由に罵倒される。そして、日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンス・ハラルド海岸であり、日本は全く期待されていなかった。そんな厳しい状況の中で、倉持(木村拓哉)・白崎(柴田恭兵)・星野(香川照之)・内海(緒形直人)たちは、日本が世界と肩を並べる時が来たとして、南極観測のために尽力する。私の好きな役者3人が共演するというので、楽しみにしていたんだけど、第3回まで観て、キムタクのヘタな演技に辟易。もう勘弁して~!


e0059574_382244.jpg
キムタクの意味のない笑いが、すごく気になる。やめれっ!暫く見ないうちに老けたけど、柴田恭兵の声がいい!痺れた。今回の香川照之氏は、縁の下の力持ち的存在。こんなに2歩も3歩も引いた彼って珍しい?出たっ!三白眼の堺雅人っ。目つきの悪い嫌味な官僚だけど、根はイイ奴なんだろうな。緒形直人、お父さんに似てきたなぁ。緒形拳かと思っちゃった。無鉄砲で喧嘩っ早いが、人情厚い典型的な下町男の代表・寺島進(*^^*) 芦田愛菜ちゃん、ぬいぐるみみたい。日本一多忙な小学生?赤ん坊を背負った晴夫くんて、戦後の男の子度100パーセント。リキは先導犬の風格があって男前。アナタの横顔に哀愁を感じるわ~♪

製作国:Japan(TBS)
公開年:2011年10月16日~
プロデューサー:石丸彰彦, 伊與田英徳, 山田康裕
キャスト:木村拓哉, 柴田恭兵, 香川照之, 堺雅人, 緒形直人, 寺島進, 綾瀬はるか, 仲間由紀恵, 渡瀬恒彦, 木村多江, 芦田愛菜, 奈良岡朋子(ナレーション) ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-11-19 03:10 | - Japanese film | Comments(2)

ザ・マジックアワー

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_3265986.jpg
【あらすじ】 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後(妻夫木聡)は、ギャングのボス・手塩(西田敏行)の情婦・マリ(深津絵里)に手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は、替え玉を仕立てる苦肉の策に出る。そこで白羽の矢が立ったのが、売れない俳優・村田大樹(佐藤浩市)だった。主演映画を撮るからと村田を騙して守加護へ連れて来たが…。


e0059574_3271369.jpg
佐藤浩市さん、最高~♪ 今まで悶々とした役柄の彼ばかりを見てきただけに、あのはじけっぷりに笑ったァ。数々の寒い台詞といいダサすぎる仕草といい、基本的には生真面目?な彼が言ったりやったりするから面白味が出るんだろう。地の佐藤さんってひょっとしたら、相当天然入ってるかも?!(^^?)


e0059574_3273843.jpg
ストーリーは平凡でやや中弛みがあるし、オチも何だかなぁ?とすっきりしないけれど、この昭和初期的な雰囲気や、見るからにハリボテの安っぽい舞台装置や、各役者の幾分大袈裟な演技は、舞台演劇の基本に返ったような新鮮味があって、結構楽しめた。いつも脇役で頑張ってる寺島進って、真面目なんだか不真面目なんだか分かんないトコがいいね。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:三谷幸喜
キャスト:佐藤浩市, 妻夫木聡, 奥貫薫, 深津絵里, 綾瀬はるか, 戸田恵子, 寺島進, 谷原章介, 小日向文世, 伊吹吾郎, 香川照之, 西田敏行 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-08-04 03:27 | - Japanese film | Comments(0)

ぐるりのこと。

私のお気に入り度 ★★★★☆(81点)

e0059574_19538.jpg
【あらすじ】 1993年、小さな出版社に勤める妻・翔子(木村多江)と生活力に乏しい夫・カナオ(リリー・フランキー)は、第一子の誕生を控え幸せな日々を送っていた。カナオは日本画家を目指す傍ら法廷画家の職を得る。しかしそんな2人を突如として襲う悲劇。初めての子どもの死という悲劇に見舞われ、翔子は次第に精神の均衡を少しずつ崩しうつに陥っていく。そんな翔子を静かに見守るカナオは、法廷画家という職について法廷に通ううちに、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件や地下鉄サリン事件といったさまざまな事件の公判を傍聴する。時代の変化の中で二人の夫婦は夫婦の絆を深めていく。


e0059574_191772.jpg
ありがちで地味な話ではあるけれど、気持ちがささくれていた時だったので、じわっと感動した。ひょうひょとしたリリー・フランキー。アドリブじゃないの?と思うくらい自然な会話。「頼りないなぁ」と最初は思ったのだけれど、間延びしたようなゆっくり加減が、あの夫婦にはいいのかもしれない。先を、結果を、急がない。優柔不断で自分の半径10センチくらいのことしか目に入らないような夫が、徐々に変わっていく様子は、見ていて嬉しかったな。色んな事件の公判を傍聴し、生身の人間の傷口に触れたことで、彼の中の何かが目覚め動き始めたのだろう。

ベランダで育てたトマトを、2人が一緒に食べるシーンで、「生きものの味がする」と夫がつぶやく。そんな些細なことに喜びを見出し共感できるようになった2人は、山あり谷ありでもこの先きっとうまく行きそうな気がする。あのトマト、おいしそーだったなぁ。2人が広い座敷に寝転んで翔子の描いた天井画を見るシーンは、『日々と雲行き』のラストにもあったっけ。横に並んで海などを見つめるのもいいけれど、寝転んで手を繋ぐのも悪くないよね。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:橋口亮輔
キャスト:木村多江, リリー・フランキー, 倍賞美津子, 木村祐一, 加瀬亮, 田中要次, 寺島進, 八嶋智人, 寺田農, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-13 01:10 | - Japanese film | Comments(0)

茶の味

ネタばれあり。 

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_20421180.jpg
山間いの小さな町に住む春野家の人々は、それぞれモヤモヤとした小さな何かを心に抱えている。長男の一(佐藤貴広)は、片思いの女の子が転校してしまったショックに打ちひしがれていた。小学校に入学したばかりの妹春野幸子(坂野真弥)の悩みは、ときどき巨大な自分の分身が勝手に出現し、家の庭先や学校の校庭で、自分のことをじっと見下ろしていることだった。「一体いつになったら、あの大きな自分が目の前から消えてくれるのだろう。」 子育てが一段落した母の美子(手塚理美)は、再開したアニメータの仕事に没頭し、他のことは上の空。引退したアニメーターであり春野家の祖父アキラおじい(我修院達也)の指導のもと、日夜アニメ『スーパーBIG』のキャラクターポーズ研究に余念がない。催眠治療士である父のノブオ(三浦友和)は、アキラおじいと美子が自分に分からない世界で仲良くしているのが面白くなく、夫婦間に微妙なミゾを感じている。それぞれの小さな葛藤が穏やかに収束していく中で、家族をやさしく見守っていたのは、アキラおじいであった。葬式が終わり、おじいの居た離れの間で家族が発見したものは…。



e0059574_20424962.jpg
ちょっぴり現実を離れながらも、ほのぼのとした雰囲気が最後まで漂い、気持ちが潤う作品でした。キャラクターポーズ研究に没頭する、美子とアキラおじいもいいし、突然にゅぅっと出現する巨大な幸子もいいわぁ(^^) おじいが家族4人の夫々に残してくれた画集に込められた眼差しがとても温かくほっこりするのです。

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:和泉聖治
キャスト:坂野真弥, 佐藤貴広, 浅野忠信, 中嶋朋子, 手塚里美, 三浦友和, 田中要次, 寺島進 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-29 20:44 | - Japanese film | Comments(0)

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2425583.jpg
1960年代、オトンに愛想を尽かしたオカンは幼いボクを連れて、小倉から筑豊の実家に戻ると、妹の小料理屋を手伝いながら女手一つでボクを育てた。1970年代、15歳となったボクは大分の美術高校に入学、オカンを小さな町に残し下宿生活を始めた。1980年代、ボクは美大生となり憧れの東京にやって来るが、仕送りしてくれるオカンに申し訳ないと思いながらも学校へもろくに行かず自堕落な日々を送ってしまう。留年の末どうにか卒業したものの、その後も相変わらずフラフラした生活を送るボクだったが…。

ボクがオカンの手を握りオカンを気遣いつつ、横断歩道をゆっくりと歩くこの映像が焼き付いている。



e0059574_2432025.jpg
内田也哉子が樹木希林にとても似ていて、「まぁまぁ、どこでこんなそっくりさんを見つけて来たんだろう?」と思ったら、実の娘だったのかー(滝汗) 2人とも好感の持てる仕草や表情やゆったりとしたテンポが似てますね。



e0059574_2433591.jpg
誰にでもあるような日常的なエピソードの数々。母との思い出や幼い頃からの出来事は異なっていても、その中に溢れるオカンの温かくて優しい眼差しに大差はないだろう。オカンの何気ない動作のひとつひとつを作り上げた樹木希林の演技力(素顔?)には脱帽である。時折オトンに対して見せる恥じらいは、生身の女性のキュートな部分が垣間見えていとおしかった。



e0059574_2435167.jpg
女好きで酒好き、自由奔放のオトンを演じた小林薫は、弱くてもろくて、それを見栄で一生懸命隠している男の弱さを体現する。そんなオトンが未完成のままボクにくれた木の電車は生涯の宝物なのだ。


製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:松岡錠司
フードスタイリスト:飯島奈美
キャスト:オダギリジョー, 樹木希林, 内田也哉子, 松たか子, 小林薫, 渡辺美佐子, 仲村トオル, 小泉今日子, 松田美由紀, 寺島進, 柄本明, 宮﨑あおい ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-08 02:45 | - Japanese film | Comments(4)

フラガール

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0184960.jpg
炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設「磐ハワイアンセンター」(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化した作品。施設の目玉となるフラダンスを教えるため、東京から呼び寄せられたダンス教師と地元の炭坑娘たちとの葛藤と心の成長を描く。

相変わらず蒼井優ちゃんは綺麗ですね。すらりと背が高くてどこにいても映える。3ヵ月の猛特訓を積んだだけあって、レジャーセンターでの初舞台のシーンは心に力強く響いた。松雪さん、スリム~!!エキセントリックな部分がこの作品では殆ど出てこなかったけれど、存在感があります。

製作国:Japan
初公開年:2006年
監督:李相日
キャスト:松雪泰子, 豊川悦司, 蒼井優, 高橋克実, 岸部一徳, 寺島進, 富司純子 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-01 00:19 | - Japanese film | Comments(0)

Postman Blues 『ポストマン・ブルース』

私のお気に入り度 ★★★☆(80点)

e0059574_2216329.jpg
突然運び屋で殺し屋と勘違いされ、警察とヤクザの両方から追われるはめになる平凡な郵便局員の姿を追う。郵便配達人の沢木は、退屈な日常を送っていた。そんなある日、勤務中に偶然旧友の野口に再会。その日から沢木の日常は思わぬ方向へ展開していく。沢木の赤い自転車は野口と謎の殺し屋ジョーへの友情のため、小夜子との約束のため、そして自分自身の日常からの解放のためにひたすら突っ走るのだが…。
 
製作国:Japan
初公開年:1997年
監督:サブ
キャスト:堤真一, 遠山景織子, 大杉漣, 清水宏, サブ, 寺島進 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-04-18 22:18 | - Japanese film | Comments(0)

MONDAY UDON

『MONDAY』 

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_19253432.jpg

《一言感想》 ラストシーンは日本ヴァージョンの『レオン』?堤真一さん、かなりタイプだったのです。劇場でたった1度だけ観ました。クールで知的な中に潜んだ魔の情熱が滲み出る方。この作品でも正常から異常の世界に踏み込む人間の心の移り変わりを堤さんは好演していました。

製作国:Japan
製作年:1999年
監督:サブ
キャスト:堤真一, 松雪泰子, 安藤政信, 西田尚美, 大杉漣, 野田秀樹, 寺島進, 根岸季衣, 松重豊 ...

.........................................................................................
『UDON』

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_1926032.jpg

《一言感想》 こ、こいつら、いい気になって、こんなにうどん喰いやがってー。
あたいにもお裾分けすろ~!!!ダメだっっ、今夜は誰が何と言ってもうどんだぁ。
カメオのキャストがなかなかよかったですね。

製作国:Japan
製作年:2006年
監督:本広克行
キャスト:ユースケ・サンタマリア, 小西真奈美, 小日向文世, 鈴木京香, 江守徹, 田中要次, 寺島進, 真木よう子 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-01-05 19:29 | - Japanese film | Comments(0)