「ほっ」と。キャンペーン

タグ:小日向文世 ( 13 ) タグの人気記事

孤独のグルメ Season4 全12話

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_4411320.jpg
今シーズンもいつもの癖で、「それも下さい」と山盛り注文した揚げ句、最後に參鶏湯ラーメンや分厚いカツサンドを追加オーダーする。すげぇや、ゴローは胃袋の容量が鉄人なんだ。軽く2~3人前はある量を、サクサク食べる。口に運ぶ量や速度が、軽快で気持ちよい。そしていつも完食。ゴローの1食分のカロリーって、どんだけあるんだろう?


e0059574_4415862.jpg
そんなゴローちゃんも、今シーズンはメニューを決めるのに、めっちゃ迷った。店のメニューがカオス状態だから、あれは困るよね。


e0059574_442852.jpg
童心に戻ってブランコに乗ったり


e0059574_4422313.jpg
ムキになって知恵の輪と格闘したり


e0059574_4423730.jpg
思わず『アウトレイジ』なリアクションが、キモ可愛いかった^^


e0059574_4425972.jpg
スタンドの応援席でYシャツを脱ぎはじめたときは、「えーっ、まさか?まさか、全部脱がないよね?(滝汗)」と思ったら、上半身裸でオヤジ応援団に加わっちゃったよぉ。やっぱりゴローはスーツ姿がいいな。


e0059574_4434069.jpg
ゲストが超豪華!オモニを演じた柴田理恵や


e0059574_4435293.jpg
小日向文世&西田尚美の夫婦がよかった。ゴローがうまそうにカツサンドを頬張ってるところへ、ビートたけしと椎名桔平が乱入してきて、 店主(小日向)をバキューン!なんて、思わずアウトレイジな展開を想像しちゃった。


e0059574_44488.jpg
村田雄浩もインパクトありすぎ。パートのおばちゃん(伊佐山ひろ子)の、あの上から目線は何なんだよ?最終回の石橋蓮司。昔は胡散臭い悪役が多かったけど、飄々とした最近の雰囲気は好きだな。


e0059574_4442317.jpg
シーズン4ともなると久住さんも遠慮なく、麦スカッシュや麦ソーダや葉っぱサイダーや井戸水や杏ジュースを飲むし、 お店の人も心得たもので、久住さんに調子を合わせてくれる。あの雰囲気がいいね。 


e0059574_4443495.jpg
e0059574_4444924.jpg
夏らしく元気の出る肉料理やスパイシーなものがよく登場したが、私は作りたての熱々カツサンドと雑魚入り焼きおにぎりを食べたい。

ロケ地になった店の一覧はこちら。作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-03 04:50 | - Japanese film | Comments(4)

犬飼いさんちの犬

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_2451276.jpg
【あらすじ】 離島にある「スーパー バスコダガマ鳥か崎店」に勤務する48歳の平社員・犬飼保(小日向文世)は、妻の潤子(ちはる)や子どもたちと離れて寂しく単身赴任中。ある日、本社へ出張することになり、犬飼は家族のもとに戻るが、久々に帰ったわが家には、犬嫌いの保に内緒で家族が飼い始めたサモエド犬のサモンがいた。


e0059574_2452569.jpg
長いクリスマス休暇が終わったあとの、軽い疲労感や倦怠感。けっして悪くはないんだけど、ちょっと寂しくて心のどこかですきま風が吹いているときに、動物モノが観たくなる。動物ものというと、動物を擬人化して喋らせたり、お涙頂戴ストーリーに仕立てようとする傾向がある中で、これは特に凝った撮影もなければ、ワザもひねりもない。激的な展開もない。一緒に少しだけ怒ったり悲しんだり笑ったりできる作品だった。

あの笑顔で周りを丸く収める犬飼さん、その笑顔の下でいろんなこと呑み込んできたんだろうなと思わせる。これは小日向文世のハマリ役!ペットショップの店員(佐藤二朗)は地味だけど、オタクキャラが七味唐辛子のようにピリッと効いてよかった^^

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:亀井亨
キャスト:小日向文世, ちはる, 木南晴夏, 池田鉄洋, 徳永えり, でんでん, 清水章吾, 小野花梨, 矢部光祐, 佐藤二朗 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-22 02:46 | - Japanese film | Comments(0)

素敵な隠し撮り ~完全無欠の素敵な仲間たち~

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0173823.jpg
【あらすじ】 スイートルーム内に設置された隠しカメラを通して、そこに宿泊する振付師(浅野忠信)・映画監督(三谷幸喜)・写真家(山本耕史)・料理研究家(竹内結子)・老人(浅野和之)・コールガール(戸田恵子)・サーカスの花形スター(草彅剛)・初老の会社員(西田敏行)とホテルの新人コンシェルジュ西条ミエ(深津絵里)が繰り広げる悲喜こもごものエピソードを描く。


e0059574_0175885.jpg
さらっと観るには楽しいコメディなんだけど、『THE 有頂天ホテル』にしても本作品にしても、役者たちが無理矢理テンションあげてるような気がして、かなり引いた。深津絵里の弾けっぷり。ありゃ、はしゃぎ過ぎなんでは?でもショート・エピソードに登場する中井貴一(割り切れない数字が嫌いな男)や阿部寛(黒メガネをかけた外務省の男)が、めちゃめちゃツボにはまりました(⌒▽⌒) 西条ミエの上司・菅原を演じる小林隆も、何気におかしい。エンドロールに市村正親の名を見つけて、「あれれっ?どのエピソードに出てたっけ?また見落としちゃったのか?」と唸っていたら、エンドロール終了後に、あんな形で登場するなんて☆ しかも役名が阿倍つくつくって…(爆)

製作国:JapanI(Fuji TV)
放映日:2011年11月5日
演出:三谷幸喜
キャスト:深津絵里, 浅野忠信, 三谷幸喜, 山本耕史, 竹内結子, 浅野和之, 戸田恵子, 草彅剛, 西田敏行, 中井貴一, 小日向文世, 阿部寛, 市村正親 ...  


[PR]
by amore_spacey | 2012-02-10 00:18 | - Japanese film | Comments(2)

虹の女神

私のお気に入り度 ★★★☆☆(77点)

e0059574_0444481.jpg
【あらすじ】 小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也(市原隼人)に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおい(上野樹里)がアメリカで事故死したと知らせが届く。大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智也を引きずり込み、監督作「THE END OF THE WORLD」に主演させたのだった。卒業後、定職に就けないでいた智也に今の仕事を世話したあおいはひとり渡米する。


e0059574_0445491.jpg
仲のいい親友として長く付き合ってきたために、照れくさくて今更好きだと言い出せず、恋愛に発展しなかったという思い出は、多くの人にあると思う。だからこんな作品を観ると、胸がきゅーんとなる。甘酸っぱくて切ないですね。1万円で作った指輪が、とてもいいアクセントだった。でも娘を亡くしたというのに、両親(特に父親)のあのリアクションって何なの?引きました。それから章立てにしたことで、作品の流れが途切れてしまったのが残念。映像がとても綺麗。蒼井優ちゃん、ますます綺麗。相田翔子に秘められた狂気を見たぞ!(笑)

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:熊澤尚人
キャスト:市原隼人, 上野樹里, 蒼井優, 酒井若菜, 鈴木亜美, 相田翔子, 小日向文世, 佐々木蔵之介 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-20 00:45 | - Japanese film | Comments(0)

ハッピー・フライト

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0491094.jpg
【あらすじ】 機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む鈴木副操縦士(田辺誠一)。その試験教官として同乗する威圧感バリバリの原田機長(時任三郎)。初の国際線フライトに戦々恐々の新人CA斉藤悦子(綾瀬はるか)。CA泣かせの鬼チーフパーサー・山崎麗子(寺島しのぶ)。乗客のクレーム対応に追われる日々に限界を感じるグランドスタッフ・木村菜摘(田畑智子)。離陸時刻が迫り必死にメンテナンス中の若手整備士(田中哲司)。窓際族のベテランオペレーション・ディレクター・高橋昌治(岸部一徳)。ディスパッチャー、管制官、バードパトロール…。1回のフライトに携わるまさに多種多様なスタッフ達。そんな彼ら使命はただ一つ!飛行機を安全に離着陸させること。その日のフライトも定刻に離陸、そのままホノルルまで安全運航のはずだったが…。


e0059574_051279.jpg
これってANAのプロモーションビデオ?な映画。とくに盛り上がりがある訳ではないけれど、そこそこ楽しめた。クレーマーに対して冷静に下手に、しかし言うべきことを手短に伝える、きりっとした寺島しのぶがかっこよかった。今更だけど、あんなにでかい物体が空を飛ぶなんてねぇ。機体の下から見上げると、ホント、飛行機ってデカいよ。時任三郎のパイロットのユニフォーム姿に、くらくら~♪(*^^*) エンド・クレジットに小日向文世や竹中直人の名前はあるけど、出番はほんの一瞬で見逃すとこだったョ( ̄~ ̄;) タイトルがあまりにも安易じゃね?(苦笑) ま、いいんだけど。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:矢口史靖
キャスト:田辺誠一, 時任三郎, 綾瀬はるか, 吹石一恵, 寺島しのぶ, 笹野高史, 田中哲司, 岸部一徳, 小日向文世, 竹中直人 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-26 00:52 | - Japanese film | Comments(2)

必死剣鳥刺し

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_414065.jpg
【あらすじ】 江戸時代。東北の海坂藩では、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)が藩政に口を出し、その暴走を誰も止めることが出来ずにいた。最愛の妻・睦江(戸田菜穂)を病で亡くしたばかりの物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、独断で連子の刺殺を敢行する。が、彼に下された処分は、閉門という寛大なものだった。しかも1年後には近習頭取として役職に復帰、藩主の傍に仕えることになった。腑に落ちない三左エ門だったが、彼の身の回りを世話する亡き妻の姪・里尾(池脇千鶴)の健気な存在が、心の拠り所となっていく。そんなある日、中老・津田宮部(岸部一徳)からある藩命が下る。


e0059574_415422.jpg
藤原周平の世界を映像化するとしたら、こんな感じかなぁ。なかなかよかった。血が吹き飛ぶ壮絶な殺陣シーンから、田舎の自然の四季の移り変わりなど、日常生活がとても丁寧に描かれ心が休まる。三左エ門に心を寄せる里尾の、清らかで切ない情感表現が細やか。静かな中に凛とした姿が爽やかだった。叔父と姪っ子がうふふ…は、ああいう流れなので仕方がないかな?昔はよくあったのか?(汗) 

豊悦は大河ドラマの信長の時とはまた違い、自分を抑えた寡黙な男を演じてもうまい。彼の所作や毅然とした立ち居振る舞いから、武士の美学が伝わる。岸部一徳扮する津田中老ってのが、限りなく黒に近い灰色な男で、油断ならないヤツなんだなー。粘着気質の小狡い人間が岸部氏の得意とする役どころだから、どんでん返しがあるなと思ってはいたが、あそこで鳥刺しが出るとは…(しかし鳥刺しって、、、焼き鳥みたいな^^;)。あれで胸のつかえがいくらか下りたのに、エンドロールの主題歌でぶち壊し☆

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:平山秀幸
原作:藤沢周平
キャスト:豊川悦司, 池脇千鶴, 吉川晃司, 戸田菜穂, 村上淳, 関めぐみ, 小日向文世, 岸部一徳 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-18 04:02 | - Japanese film | Comments(0)

おとうと

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_1675986.jpg
【あらすじ】 早くに夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。小春とエリート医師の結婚が決まり、一家は幸せの絶頂にあった。そして結婚式当日。和やかに始まった披露宴だったが、吟子の夫の13回忌で大暴れしたのを最後に、音信不通になっていた吟子の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)が、紋付き袴で突然現れたから、さあ、大変だ!


e0059574_1681396.jpg
心が揺さぶられるような感動や、じわっと沁み込んでくるものがなかったな。サユリストから袋叩きに遭うのを覚悟の上で、、、台詞を朗読するように話すのが気になる。丁寧と言うのか他人行儀と言うのか…棒読みと言うのか。彼女がときどき話す大阪弁もすごく不自然だし。綺麗で物腰が柔らかい優雅な人なんだけれど、この作品の雰囲気には微妙な違和感があったよなぁ。演技が特別優れている訳でもなく、かと言ってヘタクソでもなく、床の間に飾って眺める綺麗な日本人形な感じ。蒼井優ちゃんは相変わらず綺麗で可愛い(^^) 鶴瓶さん、濃い!小日向文世はホント不思議な人だ。存在感なさそうなのに、妙に心にひっかかる。かん高い声にとっつぁん坊やの顔がちぐはぐでおかしい。『悪人』ではあんなに嫌なヤツだったのにね。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:山田洋次
キャスト:吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優, 加瀬亮, 小林稔侍, 小日向文世, 森本レオ, 石田ゆり子, 笹野高史 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-10 16:10 | - Japanese film | Comments(0)

悪人

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0555973.jpg
【あらすじ】 長崎の外れの小さな漁村に暮す清水祐一(妻夫木聡)は、出会い系サイトを通じてメール交換していた佐賀の馬込光代(深津)と会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている博多の女性殺人事件の犯人だった。


e0059574_056122.jpg
法によって裁かれる者だけが悪人なのか?法にこそ触れないものの、相手の気持ちを踏みにじったり人生を狂わせるような言動を意識的&無意識にやってしまう、私たちの誰もがそうなり得る。軽薄で世の中を舐め切った金持ち大学生の増尾圭吾(岡田将生)や彼の取り巻き連中、出会い系サイトで知り合った男と売春まがいの行為をする石橋佳乃(満島ひかり)、そんな佳乃を殺した祐一、そして祐一を捨てた実の母(余貴美子)、人を愛する喜びを失いたくない一心で犯人と知りつつも祐一と逃避行を続ける光代、土足で人の生活や心の中に踏み込んでくるジャーナリストたち、病気がちな祖父(井川比佐志)の面倒を若い祐一に見させてる祖母(樹木希林)、その彼女の大切なへそくりに目をつけておかしな商品を法外な値段で売りつける商売の片棒担ぐ医師(小日向文世)など、けしからん人間ばかり。けれど「お前ら、みんな悪人だ!」と、非難し責めることは簡単。他人には言えない事情が人にはあるのだから。相手を悪人にして自分を守ろうとするのが、人間の本能なんだから。怒ったように励ますバスの運転手や、光代がふっと祐一のことを思い出すラストシーンにじーーん。

それにしても困ったな。冒頭に登場した餃子とラーメンのシーンが、頭から離れないんですうぅぅ。大好物が続けて出てきちゃうんだもん。それから妻夫木くんのくちびる。タラコのようにぷくっと膨らんだ下唇が可愛い~♪ と娘がきゃあきゃあ(*^^*) ぼそぼそとした声で話される九州の方言が、じわじわっと胸に沁みました。

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:李相日
原作:吉田修一
キャスト:妻夫木聡, 深津絵里, 岡田将生, 満島ひかり, 宮崎美子, 小日向文世, 余貴美子, 井川比佐志, 樹木希林, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-08 00:57 | - Japanese film | Comments(2)

HERO TVドラマ

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_16562314.jpg
久利生公平(木村拓哉)は元不良で中卒、大検を受け、司法試験に合格し検事になった。服装はダークスーツではないラフな格好。物語は彼が青森から東京地検の城西支部の刑事部に赴任するところから始まる。当然のことながら、古い習慣にとらわれ、出世や保身ばかり気にする他の検事や事務官たちと軋轢が生まれる。

雨宮舞子(松たか子)は事務官だが、ゆくゆくは副検事になることに希望を持っている。仕事に一途で、いわゆるカタイ女性の典型。上層思考の強い舞子は、優秀と噂されている久利生公平の事務官に立候補。しかし実際の久利生の破天荒な仕事ぶりに驚き、あきれるばかり…。

そのほか、検事には中村美鈴(大塚寧々)・江上達夫(勝村政信)・主任検事の芝山貢(阿部寛)・事務官の末次隆之(小日向文世)・遠藤賢司(八嶋智人)・刑事部部長の牛丸豊(角野卓造)がいる。彼らも久利生が事件の大小関係なく熱心に捜査したり、ラフな服装で仕事をしたりする姿に違和感を覚え、彼のことが理解できない。次席検事の鍋島利光(児玉清)だけは、久利生公平に期待を寄せているのだが…。彼ら行きつけのバー「St.George's Tavern」のバーテンダー(田中要次)は、どんな注文でも「あるよ」とぶっきらぼうに一言。納豆でも広島焼きでも玉子酒でも寿司でも作ってくれる。



e0059574_16564312.jpge0059574_16571126.jpg
一気に11話観ちゃった~。どのキャラも全部好きでそれぞれに思い入れがあるんだけど、2人挙げろと言われたら阿部寛と田中要次かなぁ。阿部ちゃんの「パパでちゅよ~」はバカ受け~(≧∇≦) 何度も言うけれど背ぇ高ぇよ。ベッドや着物や浴衣は特注なんだろーなぁ。「おぉっ?Valerio Mastandreaか?」と夫が指さすその先には阿部ちゃん(笑) 似てるんだよね。それから「あるよ」の田中要次(*^^*) 私、このバーに通い詰めます。だらだらとりとめのない私の愚痴に付き合ってくれそう。突然鯛めしや餃子や豚骨らーめんが食べたくなっても、彼がいるから安心なのだわぁ。でも「ないよ」って言われちゃったらどーしよ?

たままた先に映画ヴァージョンを観たのだけれど、TVドラマのほうがずっと面白い。キムタク、なかなかよいです。あのぷくぷくしたタラコ唇に、ぶちゅーっとキスしてみたくなってきました(^u^)

製作国:Japan
初公開年:2001年
プロデューサー:石原隆, 和田行
キャスト:木村拓哉, 松たか子, 大塚寧々, 阿部寛, 勝村政信, 小日向文世, 八嶋智人, 児玉清, 田中要次, 角野卓造 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-11-15 16:58 | - Japanese film | Comments(2)

あの空をおぼえている

ネタばれあり。

私の辟易度 ★★★★★(99点)

e0059574_22252769.jpg
明るい笑い声が絶えない4人とワンコのいる深沢家は、絵に描いたように幸せな家族だった。10歳の英治と6歳の絵里奈の幼い兄妹が、交通事故に遭うまでは。生死の境を彷徨った英治は一命を取りとめるが、絵里奈の短い生涯は残酷にも終わりを告げる。英治は事故直後に空を飛んだ不思議な体験を誰にも打ち明けられないでいる。悲しみのあまり抜け殻のようになってしまった両親の笑顔を取り戻そうと、絵里奈に代わって健気に振る舞うのだが…。

      「みんな泣いて、強くなる」…?けっっ、舐めるんじゃない。


e0059574_22181390.jpg
『ゴッドファーザー』を観たあとだから尚更、竹野内豊の薄っぺらさや陳腐さ、水野美紀のぎこちなさに辟易しました。あんな表情や台詞ってないよ。蝿のようにあちこち飛び回る吉田理琴、ったく、鬱陶しいったらありゃしない。彼女の五月蝿い演技は、鬱々とした空気が漂うストーリーに清々しさと一層の悲しみを、表裏一体で刻印する効果を狙ったつもりなのだろうが、大人たちの演技がなっちゃいないから、まるっきり浮いていた。子どもたちだけで描いたほうがまだマシだったかもしれない。そしてこの期に及んで、オルフェウスを授業に取り上げるって、、、喧嘩売ってんですかァ?強いて言うなら、小日向文世のヅラとワンコに救われた…かしら?!

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:冨樫森
キャスト:竹野内豊, 水野美紀, 吉田理琴, 広田亮平, 中嶋朋子, 小池栄子, 小日向文世 ...
[PR]
by amore_spacey | 2009-01-09 22:22 | - Japanese film | Comments(0)