タグ:山崎努 ( 9 ) タグの人気記事

天国と地獄

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0341347.jpg
【あらすじ】 ナショナル・シューズの権藤専務(三船敏郎)は、自分の息子と間違えられて運転手・青木(佐田豊)の息子が誘拐され、身代金3千万円を要求された。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して3千万円を用意する。無事子どもは取り戻したが、犯人は巧みに金を奪い逃走してしまい、権藤自身は会社を追われてしまう。Ed McBainの小説『キングの身代金』(1959年、「87分署シリーズ」の1つ)に触発された黒澤監督が、映画化した作品。


e0059574_0343092.jpg
e0059574_0344441.jpg
仲代達矢の1人祭りは、これで終わり。志村喬・三船・仲代・三橋達也・香川京子などの主役級はさておき、クレジットに名前こそ出ているものの、その他大勢にまとめられた役者の中には、その後素晴らしい主役や脇役になった者がたくさんいる。木村功・加藤武・江木俊夫(子役!)・名古屋章・千秋実・北村和夫・浜村純・西村晃・東野英治郎・菅井きん・大滝秀治。小さい頃、両親が観ていたドラマの中に出ていた役者たちだ。

私の中ではずっとおじいさんだった大滝秀治が、めっちゃイケメンでビックリ。おばあさん役しか知らない菅井きんも、当時37歳で女盛りですよ。権藤の子どもは、何とフォーリーブスの江木だった。特急こだまなんてのがあったんだぁ。公衆電話ボックスやダイヤル電話。ごちゃごちゃした街並みや油で汚れた町工場などなど、昭和の風景やアイテムにも目が釘付け。ストーリーとは関係ないところに気をとられて、肝心の話のほうが手薄になってしまった。


e0059574_035028.jpg
e0059574_0351025.jpg
権藤家の応接間の息が詰まるような緊迫した状況から、特急こだまでの身代金の受け渡しのシーンを境に、話は躍動感を帯びはじめ、誘拐された子どもは?身代金は取り戻せるのか?犯人は?その動機は?と、前のめりになって観た。


e0059574_0352532.jpg
e0059574_0353661.jpg
叩き上げで築いた製靴会社から追われるが、再び小さな製靴会社を始めることになる権藤。捜査担当主任のエリートで、確実に死刑にするため敢えて犯人を泳がせて逮捕する戸倉(仲代達矢)。死刑など怖くないと強がりを見せるが、結局は頭を抱えて叫ぶ竹内(山崎努)。彼らをみていると、私たち人間が抱く複雑で割り切れない感情や本当の強さについて考えてしまう。それにしても、あの尾行はまずい。すぐにバレちゃうでしょう(苦笑)


[PR]
by amore_spacey | 2017-09-06 00:35 | - Japanese film | Comments(0)

奇跡のリンゴ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_382196.jpg
【あらすじ】 11年にわたる苦悩の末、無農薬によるリンゴ栽培に成功した青森県弘前在住のリンゴ農家、木村秋則の実話を、阿部サダヲ&菅野美穂主演で映画化した人間ドラマ。


e0059574_3831100.jpg
11年かけてやっとできた無農薬のりんごをかじるシーン。りんごがとてもおいしそうで、翌日FUJIを買いに走った。イタリアのりんごの中で一番シャキシャキして甘味もあって好きなんだけど、日本のものに比べると格段に質が落ちる。イタリアに木村秋則さんのような人が必要だ。全く的外れだけど、もっとおいしいりんごを食べたい!と強く思った作品でした。


e0059574_384496.jpg
山崎努や原田美枝子が素晴らしい。『舞妓 Haaaan!!!』のような濃くてウザいキャラだったら嫌だなぁと思っていたが、今回の阿部サダヲはあれほど灰汁(アク)が強くなく、菅野美穂ちゃんと感じのよい夫婦を演じて、好感度がじわっと上昇。リンゴ畑と岩木山(津軽富士)の映像が、象徴的で美しかった。

製作国:Japan
初公開年:2014年
監督:中村義洋
キャスト:阿部サダヲ, 菅野美穂, 池内博之, 笹野高史, 伊武雅刀, 原田美枝子, 山崎努 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-18 03:10 | - Japanese film | Comments(2)

“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_4423622.jpg
【あらすじ】 警視庁捜査一課の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は、ひょんなことからバレエ「白鳥の湖」を観にいく羽目になった。公演中に居眠りをしてしまうが、浅岡未緒(石原さとみ)が演じる黒鳥に目を奪われ、その才能にすっかり魅了される。 そんなある日、その公演を主催する名門・高柳バレエ団の事務所で、一人の男が殺された。居合わせたバレリーナ・斎藤葉瑠子(木南晴夏)が被疑者とされ事情聴取を受けるが、不審者から身を守る上での正当防衛だと主張する。被害者の男・風間利之(内田朝陽)と葉瑠子は面識がなく、プリマである高柳亜希子(音月桂)を中心に、バレエ団側も葉瑠子の証言を疑わなかった。 しかし捜査が進む中で幾つかの不審な点が浮かび上がり、事件が混迷を極める中、今度はバレエ団の敏腕演出家・梶田康成(平岳大)が毒殺された。果たして、最初の事件と関係があるのか?


e0059574_4424830.jpg
話の展開にメリハリがなく、謎解きも何だかなぁ?な感じで、無駄に長い2時間半だった。手っ取り早く言えば、交通事故の後遺症で耳が聞こえなくなりつつあるバレリーナ・浅岡未緒(石原さとみ)が、最後の公演を成功させるために、青木という男を撲殺したという話なんだけど、脚本がひどすぎて全く盛り上がりがなかったな。阿部ちゃんと太田刑事を演じる柄本明の絡みも、脚本や演出次第でもっと味のある面白い場面になったはずなのに、これもイマイチ。


e0059574_4425942.jpg
若くて綺麗なバレリーナたちのあーだこーだは、面白くもなんともなかったけれど(艶やかで芯のある音月桂の声は魅力的で華がある)、ストーリーには直接関係のない枝葉的な部分に、私のツボをくすぐる旨味が隠されていた。TRICK繫がりで?仲間由紀恵が阿部ちゃんのお見合い相手として登場するシーンにクスっと笑ったり、「おぉ、阿部ちゃんが英語しゃべってるよ!」と驚いたり。そして父親(山﨑努)とのぎくしゃくした関係に、居心地の悪さを感じつつ苦笑したり。彼らは会うどころか、めったに電話すらかけ合わない。その電話も、用件のみ。「・・・。以上」なんて、木で鼻をくくったような無愛想な留守電メッセージ。お互いに分かったような分からないような、イライラするのに、いつも心のどこかにひっかかっている存在。意地っ張りで不器用なこの2人、何とかなりませんかねぇ。苦笑 相変わらずいいタイミングで流れる達郎の♪街物語♪が、ラストを盛り上げてくれて、墜落は免れた模様。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2014年1月2日
演出:土井裕泰
原作:東野圭吾
キャスト:阿部寛, 松尾貴史, 名高達男, 石原さとみ, 音月桂, 大谷英子, 柄本明, 竹財輝之助, 山﨑努, 仲間由紀恵, Kバレエカンパニー ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-02-21 04:43 | - Japanese film | Comments(2)

キツツキと雨

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_127483.jpg
【あらすじ】 人里離れた山村に住む岸克彦(役所広司)は、森林で木々を伐採する、いわゆる木こり。妻に先立たれ、定職に就かない息子(高良健吾)と二人暮らしをしていた。ある日仕事の途中、映画の撮影で山に来た気の弱い若手映画監督の田辺幸一(小栗旬)と出会う。車が溝に嵌って身動きが取れない幸一らを撮影現場まで送ると、ゾンビのメイクをされエキストラ出演するハメに。嫌がりながらも内心はまんざらでもない克彦は、やがて幸一の姿に息子と自分自身を重ねるようになる。


e0059574_1272355.jpg
役所広司が出ている、これだけの理由で観始めたのだが、作品に漂う不思議な魅力にどんどん引き込まれていった。ゾンビ映画の撮影という非日常な出来事を除けば、私たちと同じような日常が流れている。それでもこの作品を観終わったあと、平凡な日常が少しだけ違うものに見えてきた。変化のない毎日が続く。ときには何をやってもうまくいかない時期がある。けれどちょっとしたこと(特に人との出会い)がきっかけとなって、具体策が見つかった訳ではないが、まぁ何とかなるさ!と前向きな気持ちになれるノダ。


e0059574_1273511.jpg
目元やアゴに年齢相応のシワやたるみが出てきた役所広司、だけどどうしてこんなに魅力的なんだろう。彼が居るだけで、ざわざわした空気が落ち着いてくる。緊迫した空気が和らぐ。そこに居てくれるだけで安心できる人だ。これは持って生まれた役所の人柄や人徳なんだと思う。彼が醸し出す、少々遠慮がちではあるけれど彼独特のオーラが、全体をいい感じに包み込んでいた。

そんな役所が演ずる中年の木こりを、幸一は「うざいヤツ」「変なおっさん」と煙たがっていた。なのに彼のことが気になる。年齢や環境や職種をこえて、2人の距離が縮まっていく様子が、小さなエピソードを丁寧に積み重ねながら描かれている。2人が食堂で向き合って食べてるとき、役所があんみつのあんを、いきなり小栗の口の中に押し込んだのにはビックリ(☆o☆) ゾンビのメイクや、エキストラ出演のことを弁当食べながら木こり仲間に語ったり、大浴場で一人ゾンビの練習をする役所の姿、劇中劇の平田満の演技や痔持ちのベテラン俳優山崎努の表情・仕草など、クスッと笑えるシーンが盛り沢山。温泉に入って身体の芯までじわ~っと温まる、そんな作品だ。

製作国:Japan
公開年:2011年
監督:沖田修一
キャスト:役所広司, 小栗旬, 高良健吾, 臼田あさ美, 古舘寛治, 嶋田久作, 平田満, 伊武雅刀, 山崎努 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-12-15 01:28 | - Japanese film | Comments(0)

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~

私のお気に入り度 ★★★☆☆(66点)

e0059574_1451542.jpg
【あらすじ】 日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明(中井貴一)という男性が息絶えた。彼はナイフで刺された状態で8分間も歩き、わざわざその像の下までやって来て倒れたのだ。日本橋署の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は、青柳のそんな行動に疑問を持つ。容疑者の八島冬樹(三浦貴大)は、青柳の鞄を持って逃走している最中に車に轢かれて意識不明になっていた。加賀は警視庁捜査一課の刑事で従兄の松宮(溝端淳平)とタッグを組み、八島の恋人・香織(新垣結衣)や青柳の家族たちに話を聞いて回る。


e0059574_14512658.jpg
《一言感想》 全く感情移入できませんでした、スミマセン。たぶん他のことを考えながら観ていたからなんだと思います。強いて言えば、あれだけアクの強い男・加賀恭一郎に、ガツンとモノ申す田中麗奈の存在が、キッパリとしてよかったな。長距離トラックの運転手でちらっと田中要次の姿を見ることができたのも、嬉しかった。と、重箱の隅っこ的な部分に反応しっぱなしでした。阿部ちゃん、相変わらずいいな(*^^*)

製作国:Japan
公開年:2012年
監督:土井裕泰
原作:東野圭吾
キャスト:阿部寛, 新垣結衣, 黒木メイサ, 溝端淳平, 田中麗奈, 松坂桃李, 三浦貴大, 劇団ひとり, 松重豊, 田中要次, 山崎努, 中井貴一 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-08-03 07:51 | - Japanese film | Comments(0)

赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_148432.jpg
【あらすじ】 公園のトイレで女児の絞首死体が発見され、近所の住宅地に住む前原家に捜査のメスが入った。事件の解明とともに、元刑事である加賀恭一郎(阿部寛)の父親(山崎努)との関係、加賀と青山亜美(黒木メイサ)との出会い、加賀の従弟・松宮脩平(溝端淳平)が刑事になった理由、そして加賀と松宮のすれ違いの謎などが、徐々に明らかになっていく。


e0059574_1485497.jpg
『新参者』シリーズは一貫して家族をテーマにしてきたが、今回はいじめや認知症者を抱える家族の崩壊と、どの家庭に起こり得る現代社会の問題を取り上げている。その家庭にある根本的な問題は、当事者にはなかなか見えない。たとえ見えたとしても心に蓋をして、崩壊した家庭で寝食をともにする。この事件を担当するのが加賀刑事。母の愛を知らないまま大人になった彼は、事件が起きるたび自分に言い聞かせてきたことがある。「刑事とは事件を解決するのではなく、人を助けることである。」という父の言葉を。それを体言して見せてくれたのが、この作品だった。「そんなの理想じゃん?」と言ってしまえばそれまでだけどね。

刑事というのは因果な仕事だ。乃南アサの音道貴子シリーズに登場する音道刑事のように、不規則でハードな仕事を家族に理解してもらえず(仕事と結婚したのか?と言われてしまう)離婚に至ったり、複雑な人間模様を知り過ぎて人が嫌になり結婚に踏み切れなかったりする刑事がいるのも現実である。「人は嘘をつく」に始まるこのシリーズはどれも好きだが、唯一心にひっかかっているのは阿部ちゃんが終始クールだったことか。あれだけストイックだから、泥酔したらタガが緩んで大暴れするタイプかも(Ф_Ф;)

製作国:Japan(TBS)
公開年:2011年1月3日
プロデューサー:伊與田英徳
原作:東野圭吾
キャスト:阿部寛, 黒田メイサ, 溝端淳平, 松重豊, 杉本哲太, 西田尚美, 富田靖子, 佐々木すみ江, 山崎努 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-02-07 01:49 | - Japanese film | Comments(0)

クライマーズ・ハイ

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_1223840.jpg
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長(山崎努)の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山(堺雅人)らを事故現場へ向かわせる。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西(高嶋政宏)がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…。



e0059574_1225715.jpg
《一言感想》 堤真一氏、やるじゃないですか。
スーツもバシッと決まってるしぃ。



e0059574_1232198.jpg
んでもやっぱり疲労感と厭世観が漂っているのはなぜ?
生きるのに疲れてるのかしら?

初めて堤氏にお会いしたのは
シェークスピア劇の舞台にて。
若く凛々しく涼しげだったなぁ。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:原田眞人
キャスト:堤真一, 堺雅人, 山崎努, 尾野真千子, 高嶋政宏, 遠藤憲一, 田口トモロヲ, 堀部圭亮, マギー ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-08-03 01:25 | - Japanese film | Comments(0)

おくりびと

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_1472100.jpg
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟(本木雅弘)は演奏家を続けることを諦め、妻の美香(広末涼子)を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木(山崎努)に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを、第81回米アカデミー賞外国語映画賞をそれぞれ受賞する。



e0059574_1472917.jpg
薄化粧を施し、新しい着物を着せ愛用の品々を納めて、故人をあの世に送り出す。そこに納棺師という仕事があるとは知らなかった。自分の感情を押し殺し、茶道にも似た形の納棺師の淡々とした所作は、無駄な動きが無く実に美しいものだった。静謐(せいひつ)なる世界。20年以上も前に祖母を看取ったはずなのに、通夜から告別式までのことを断片的にしか覚えていないのはなぜだろう?

この作品の軸になっているのは、今でもややタブー視されている「死」。それを無闇に恐れたり美化するのではなく、日々の暮らしの中で誰もがいずれは迎えるものとして描いていた。人生の終わりではなく通過地点ととらえる。私もあなたも彼も彼女も何れは「死」を跨いで行くのである。恐れることはない。1人の死によって家族1人1人の捻じれた感情や滑稽さやその家庭の内情などが一気にあぶり出され、故人を含めた全てが非常に人間臭くさく、時にはユーモアに溢れたものになる。これこそが1人の人間が生きた証だろう。餓鬼の如く肉にむしゃぶりつく、あの姿は私たちなのである。命あるものを食べて、そしてそれをうまいと感じる、それが生きているということ。だから食事の前には両手を合わせ心を込めて「頂きます」と言っております。



e0059574_14885.jpg
言葉で語り過ぎないのが何よりもよかった。台詞が心に沁み入る。喋りすぎるイタリア人よ、こういった日本人の美徳を見習いたまへ。大雑把に見える山崎努の振る舞いの中に、深い情愛を感じさせる演技力はさすがである。口や眉毛の動きで心情を語る本木雅弘には、かつての少年隊のモック~ン!なんて軽々しく呼べない貫禄があった。少年隊の頃からすっきいだったのよぉ、モックン(*^^*) ちょいとひねて擦れた余貴美子の雰囲気もよかねぇ。

あああぁぁ、しかし、しかし、広末涼子!あれ何とかなりませんか?彼女が女優なら私は天才女優よってなくらい演技がへたっ★ Jean Renoと共演した『WASABI』は、見ていて不快になるくらい下手くそだったし(あれは作品自体ひどかった。Jean Renoは猿芝居だった)、この作品のラストで石を互いに渡しながら納得顔で微笑むシーンに至っては、お手軽なTVドラマよりひどい、ひどすぎるっっ。あの石は広末の顔に投げつけるべきでありました。脚本まちがってますよ。だから私のお気に入り度が85点ぽっきりなのです。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:滝田洋二郎
キャスト:本木雅弘, 広末涼子, 余貴美子, 杉本哲太, 吉行和子, 笹野高史, 山田辰夫, 峰岸徹, 山崎努 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-03-25 01:49 | - Japanese film | Comments(2)

かもめ食堂 バトル・ロワイアル インストール タンポポ

『かもめ食堂』

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_5113632.jpg

《一言感想》 やっぱり炊き立てのご飯で作った真っ白なおむすびに熱いお茶!だよね。

製作国:Japan
製作年:2005年
監督:荻上直子
フードスタイリスト:飯島奈美
キャスト:小林聡美, 片桐はいり, もたいまさこ ...

............................................................................................................
『バトル・ロワイアル』 (Battle Royale)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_5122522.jpg

《一言感想》 日本の教師はここまで追い詰められているのか?

製作国:Japan
製作年:2001年
監督:深作欣二
キャスト:藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史, 北野武 ...

............................................................................................................
『インストール』 (Install)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_5131514.jpg

《一言感想》 上戸彩ちゃんのたらこ唇がぷち淫靡で愛らしいわ~♡

製作国:Japan
製作年:2004年
監督:片岡K
キャスト:上戸彩, 神木隆之介, 中村七之助, 菊川怜, 小島聖, 田中好子 ...

............................................................................................................
『タンポポ』

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_514123.jpg

《一言感想》 もおーーーーーーっ、らーめん食べたいっ!

製作国:Japan
製作年:1985年
監督:伊丹十三
キャスト:山崎努, 宮本信子, 役所広司, 渡辺謙, 安岡力也, 加藤嘉, 大滝秀治, 津川雅彦, 井川比佐志, 三田和代, 岡田茉莉子...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2007-12-01 05:19 | - Japanese film | Comments(0)