「ほっ」と。キャンペーン

タグ:池脇千鶴 ( 8 ) タグの人気記事

凶悪

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_242441.jpg
【あらすじ】 ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく。死刑囚の告発が未解決事件の真犯人逮捕につながった、衝撃のベストセラー・ノンフィクションを映画化。


e0059574_243440.jpg
リリー・フランキーの演技が半端なく素晴らしいと聞いて観たんだけど、う~ん??それぞれの持ち場にいる役者の演技は高く評価できる。でも死体をどう始末するか、どう始末したか、の部分ばかりが強調されていたため、視覚的なグロさはあったが、サイコ・サスペンスの要素が弱く、詰めの甘さが気になった。

闇は、凶悪事件を起こした彼らの中だけにあるのではない。己の家族の現実から逃げるように須藤の復讐心に加速的に同調していく藤井の中に、そしてそこに映し出される自分自身の中に。社会のそこらじゅうに浮遊している闇。そんないくつもの闇が、人間の営みの中に織り込まれて描かれていく。


e0059574_245285.jpg
山田孝之が苦手。未だに『電車男』のキモい印象を引きずっている。彼の負のオーラに心をかき乱されるのがたまらなく嫌だ。要介護の母が居るのに家庭を顧みない雑誌記者という役を丁寧に演じていたが、平凡な善良さと下卑た好奇心を持ち合わせた不条理な人間の多面性を、もう少し深く突っ込んで表現して欲しかった。彼ならできる。池脇千鶴ちゃんは、いつもながら山椒の実のようなピリッとした切れ味がある。あれは自然体なの?演技なの?

製作国:Japan
放映日:2013年
監督:白石和彌
キャスト:山田孝之, ピエール瀧, リリー・フランキー, 池脇千鶴, 白川和子, 吉村実子, 米村亮太朗, 松岡依都美 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-28 02:07 | - Japanese film | Comments(0)

贖罪(しょくざい) 全5回

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_1425981.jpg
【あらすじ】 15年前、ある田舎町で小学生の少女エミリ(木村葉月)が男に連れ去られ、殺される事件が発生した。直前までいっしょに遊んでいた仲良しの小学生4人(小俣絵里佳、木村真那月、菊池和澄、柴田杏花)は第一発見者になる。犯人は見つからず、事件は迷宮入り。エミリの母・麻子(小泉今日子)は、目撃した犯人の顔をよく思い出せない4人を責め、「犯人を見つけなさい。でなければ、私が納得できるような償いをしなさい。」と激情の言葉を投げつける。事件への恐怖や、麻子の言葉へのショックを抱えながら、それぞれの道を歩み大人になった4人(蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴)。「償いとは何か?」という呪縛にとらわれてきた彼女たちは、やがて連鎖する悲劇を引き寄せていく。


e0059574_1431572.jpg
無気味だけど、やめられない。ずるずる蟻地獄に引きずりこまれていくようにして、一気に全5回を観た。ずしーんと重い。象やカバがおなかの上に乗ってるような重さ。きちんとしたオチのない後味の悪さ。こんな作品を梅雨どきに観たりしたら、全身カビだらけになりそう。結局麻子の自業自得ってことなの?彼女を演じたキョンキョンのエロさが際立っていたなぁ。猟奇的・変質者的な香川照之のキャラも、どす黒くて底なし沼のように無気味だった。彼って芸達者のか?ただのキモぃ男なのか?よく分からなくなってきた。ところで作品に登場した、安っぽいガラスケースに入ったフランス人形。あれが祖父母宅の居間にもあった。昔は田舎の家に、必ずと言っていいほどあったっけ。

製作国:Japan(WOWOW)
放映日:2012年1月8日~2月6日      
監督:黒沢清
原作:湊かなえ 『贖罪』
キャスト:小泉今日子, 蒼井優, 小池栄子, 安藤サクラ, 池脇千鶴, 森山未來, 加瀬亮, 高橋ひとみ, 嶋田久作, 香川照之, 新井浩文, 田中哲司 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-29 01:43 | - Japanese film | Comments(4)

パーマネント野ばら

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_19465.jpg
【あらすじ】 なおこ(菅野美穂)は夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ子(夏木マリ)が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオ(宇崎竜童)とは別居中。カズオは別の女性と同居しており、なおこに取り成しを頼んできた。そんななおこは、高校教師のカシマ(江口洋介)と、誰にも秘密でひっそりとした交際を続けていた…。


e0059574_192249.jpg
主人公を除く女性陣の、強烈な個性に惹かれた。こんな夏木マリがすごく好き。


e0059574_19408.jpg
そして喧嘩っぱやい小池栄子や、


e0059574_110456.jpg
漫画チックなくらい男運のない池脇千鶴や、美容院に集う近所のおばちゃんたち。子供たちだって負けてない。一人娘のももちゃんや友だち、みんなそれぞれに年齢相応の女の子らしさや意地があるのだ。


e0059574_1102441.jpg
菅野美穂が演じるなおこだけが、現実離れしてふわふわ浮いている。カシマが突然消えてしまう展開は、『今度は愛妻家』のパクリ?と思ったりしたけど、ま、いいノダ。

製作国:Japan
公開年:2010年
監督:吉田大八
キャスト:菅野美穂, 小池栄子, 池脇千鶴, 宇崎竜童, 夏木マリ, 江口洋介, 堤真一, 山本圭 ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-01-03 01:11 | - Japanese film | Comments(0)

スイートリトルライズ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_1174051.jpg
【あらすじ】 人気テディベア作家の瑠璃子(中谷美紀)は、夫の聡(大森南朋)と結婚して3年目。周囲からは理想的な夫婦に見られるが、最近は体の関係がなくなり、聡は自室でTVゲームをする時間が多くなっていた。そんな時瑠璃子はベアの個展で春夫(小林十市)という青年と出会い、情熱的な春夫のアプローチによって2人は恋に落ちていく。一方聡は大学のサークルのOB会で、自分に好意を寄せる後輩・しほ(池脇千鶴)と再会する。そして彼女と情事を重ねるようになった。


e0059574_1175012.jpg
空気のような透明感のある江國作品。吟味して選んだお洒落なインテリア。刺激はないけれど、ナチュラルで穏やかな時間と空間。それが瑠璃子&聡の暮す家。だけど私には苦痛で退屈な家。自分の部屋にこもって、1人でTVゲームをする夫の聡って何なんだ?喜怒哀楽が全くない、枯れ木のような男。楽しいの?美味しいの?辛いの?怒ってるの?うちのハムスターでさえ、もっと感情のメリハリがあるのに。そんな男、早くやめちゃいなよ。結婚生活3年、夫婦喧嘩は全くなし?そりゃ変ではないけれど、仲がよいことにもならない。まだまだ若いはずの瑠璃子も、老けちゃってるし。です・ます調の他人行儀な会話には、もはや付いていけませんでした。

この夫婦には現実感やセクシュアリティというのが殆ど感じられなかった。人間の形をしたロボット。情事においても男女関係がもつ情熱や生々しさ、狂気や嫉妬がなく、いつもどこかで理性が働いている。折り目正しい。退屈。そんな中で衝撃を受けたのが、テディベアの目を縫い付けるシーン。あれは怖かった。

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:矢崎仁司
原作:江國香織
キャスト:中谷美紀, 大森南朋, 池脇千鶴 小林十市, 大島優子, 黒川芽以 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-09-14 01:20 | - Japanese film | Comments(0)

必死剣鳥刺し

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_414065.jpg
【あらすじ】 江戸時代。東北の海坂藩では、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)が藩政に口を出し、その暴走を誰も止めることが出来ずにいた。最愛の妻・睦江(戸田菜穂)を病で亡くしたばかりの物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、独断で連子の刺殺を敢行する。が、彼に下された処分は、閉門という寛大なものだった。しかも1年後には近習頭取として役職に復帰、藩主の傍に仕えることになった。腑に落ちない三左エ門だったが、彼の身の回りを世話する亡き妻の姪・里尾(池脇千鶴)の健気な存在が、心の拠り所となっていく。そんなある日、中老・津田宮部(岸部一徳)からある藩命が下る。


e0059574_415422.jpg
藤原周平の世界を映像化するとしたら、こんな感じかなぁ。なかなかよかった。血が吹き飛ぶ壮絶な殺陣シーンから、田舎の自然の四季の移り変わりなど、日常生活がとても丁寧に描かれ心が休まる。三左エ門に心を寄せる里尾の、清らかで切ない情感表現が細やか。静かな中に凛とした姿が爽やかだった。叔父と姪っ子がうふふ…は、ああいう流れなので仕方がないかな?昔はよくあったのか?(汗) 

豊悦は大河ドラマの信長の時とはまた違い、自分を抑えた寡黙な男を演じてもうまい。彼の所作や毅然とした立ち居振る舞いから、武士の美学が伝わる。岸部一徳扮する津田中老ってのが、限りなく黒に近い灰色な男で、油断ならないヤツなんだなー。粘着気質の小狡い人間が岸部氏の得意とする役どころだから、どんでん返しがあるなと思ってはいたが、あそこで鳥刺しが出るとは…(しかし鳥刺しって、、、焼き鳥みたいな^^;)。あれで胸のつかえがいくらか下りたのに、エンドロールの主題歌でぶち壊し☆

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:平山秀幸
原作:藤沢周平
キャスト:豊川悦司, 池脇千鶴, 吉川晃司, 戸田菜穂, 村上淳, 関めぐみ, 小日向文世, 岸部一徳 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-18 04:02 | - Japanese film | Comments(0)

ホームレス中学生

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_315764.jpg
中学2年生の田村裕は、クラスの人気者。1学期最終日には、気になっていた女子から映画に誘われ、上機嫌で帰宅すると、家の周りの様子がおかしい。団地の前には田村家の家具が山のように積まれ、カギが変えられて中にも入れない。兄、姉と玄関の前で途方に暮れていると、父親がやって来て「今日で我が家は解散!」とだけ言って、去って行った。事態を把握し、立ち往生する3人。しかし、それは人生最高の夏休みの幕開けだった。お笑いコンビ麒麟・田村裕の同名ベストセラーを映画化。



e0059574_322128.jpg
《一言感想》 インパクトありますね、イッセー尾形。田中裕子&宇崎竜童夫婦の食卓に並ぶ手料理のおいしそうなこと!お相伴したいですね。あの骨と皮は誰?いしだあゆみですかぁ(O_o)

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:古厩智之
キャスト:小池徹平, 西野亮廣(キングコング), 池脇千鶴, イッセー尾形, 黒谷友香, 宇崎竜童, 古手川祐子, いしだあゆみ, 田中裕子 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-09-09 03:02 | - Japanese film | Comments(0)

20世紀少年〈第1章〉終わりの始まり

私のお気に入り度 ★★★★☆(72点)

e0059574_2343216.jpg
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ(唐沢寿明)。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その後仲間の1人だったドンキー(生瀬勝久)が殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。しかし「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。

ダメ。全く作品にのめりこむことができませんでした。香川照之氏が出演しているというので観たのに、う~ん、彼の持ち味が…なぁ。小日向文世氏ってどこか危うい雰囲気が漂ってますなぁ。シリアスな石塚くんが意外にこの手の作品にハマってます?豊川悦司の野性ぶりもスゴイ。放置しておいたら確実に野獣化しますね、彼。豪華キャストなのにどの人も文化祭の劇レベルでとても残念です。いや、しかし、秘密基地とは、こりゃ懐かしいね(^^) 小学校の放課後、堤防際の空き地に葦で作った小屋(と呼ぶにはあまりにもお粗末)に集まってよく遊んだものでした。「ケーンジくん、あそびましょ~」が、娘の口癖。気に入っちゃったみたいです、この台詞(笑) これって3部作なんですか?参ったな^^;

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:堤幸彦
原作: 浦沢直樹
キャスト:唐沢寿明, 豊川悦司, 常盤貴子, 黒木瞳, 香川照之, 石塚英彦, 宇梶剛士, 宮迫博之, 生瀬勝久, 小日向文世, 佐々木蔵之介, 佐野史郎, 石橋蓮司, 池脇千鶴, 中村嘉葎雄 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-03-10 23:04 | - Japanese film | Comments(4)

ジョゼと虎と魚たち ALWAYS三丁目の夕日 青の炎

『ジョゼと虎と魚たち』

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2241047.jpg

《一言感想》 背負ってくれる男がいなくなり、電動車いすでひた走るジョゼの姿が印象的だった。一人分の魚の切り身を焼く。女一人元気でなくちゃ生きていけない。そしてその元気さがどこか物悲しいんだなぁ。のだめの横ビンタ、ををを!!!すげーっ。

製作国:Japan
製作年:2002年
監督:犬童一心
キャスト:妻夫木聡, 池脇千鶴, 新井浩文, 上野樹里...

………………………………………………………………………………………………………
『ALWAYS三丁目の夕日』

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_226937.jpg
《一言感想》 昭和30年代の東京下町ってあんなだったんだぁ。薬師丸ひろ子が、いい味を出していました。模範的な小雪は、あの役柄を無理して演じているように見えたのだけれど。「脱皮しよう、しよう」という健気な姿がかえって痛々しい。

製作国:Japan
初公開年:2005年
監督:山崎貴
キャスト:吉岡秀隆, 堤真一, 小雪, 三浦友和, もたいまさこ, 麻木久仁子, 松尾貴史, 小日向文世, 薬師丸ひろ子...

………………………………………………………………………………………………………
『青の炎』

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_2265584.jpg
《一言感想》 主人公があまりにも淡々としていたせいなのか?、苦悩が伝わってこなかった。二宮くんではどーも力不足で物足りない。彼、役者としてどーなの?

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:蜷川幸雄
キャスト:二宮和也, 松浦亜弥, 鈴木杏, 秋吉久美子, 中村梅雀, 山本寛斎, 竹中直人 ..
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-03 22:11 | - Japanese film | Comments(0)