タグ:稲垣吾郎 ( 7 ) タグの人気記事

福家警部補の挨拶

私のお気に入り度 ★★★☆☆(62点)

e0059574_29516.jpg
【あらすじ】 捜査一課の女性刑事・福家警部補は、身長152cmと小柄で、髪はショート、縁なしの眼鏡をかけ、四角いバッグをたすきがけにしているため、「刑事に見えない」と良く言われる。刑事に見えない風体から、容疑者は油断してしまうが、知らないうちに彼女のペースに巻き込まれていく。女性刑事・福家警部補を主人公とする本格ミステリーシリーズ。
 

e0059574_21035.jpg
吾郎ちゃんが出ているっていうから、『TAKE FIVE』の岩月のキャラだったらなぁと期待しつつ観てみたら、こりゃヒドイ。脚本が手抜きのワンパターンでテキトー、役者たちの顔ぶれも何だかなぁ。吾郎ちゃんも眠そう&だるそう。彼の顔がアップになると、鼻の形が妙に気になるのはどーしてかなァ?って、関係ないトコで突っ込み入れてるくらい、つまんないエピソードばっか。期待した私が悪かった。

麗しい檀れいが2枚目半な警部補をやっても、痛いだけなのね。中途半端でぜんぜんしっくりこないし、可笑しくもなんともない。謎解きのシーンに至っては、そのまんまで捻りもなにもないし。第1話は「まぁ、始まったばかりだから、こんなもんか」、第2話は「富田靖子、やっぱりラストで爆発したな(≧∇≦)」、でも第3話で「もう我慢の限界ョっ」 ゴメンなさい、このシリーズは棄権します。

製作国:Japan(フジTV)
放映日:2014年1月14日~
演出:佐藤祐市, 岩田和行
原作:大倉崇裕
キャスト:檀れい, 稲垣吾郎, 柄本時生, 中本賢, 反町隆史, 富田靖子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-02-08 02:11 | - Japanese film | Comments(2)

愛ラブ吾郎ちゃん

e0059574_3574343.jpg
お久しぶりです。長い夏休みが終わりました。機上で観た映画や日本で観たTVドラマやCMなど、書きたいことは一杯ありますが、何はともあれ、まずはこれ。ソフトバンク・ヘルスケア前向きリストバンド篇(←音が出ます!)がツボにはまり過ぎて、You tubeで探してしまいました。これで何度も観れる、嬉しいなぁ。慎吾くん&吾郎くんの女装、これって似合いすぎじゃね?それに、中居くんのこの開き直り具合って・・・(≧∇≦)ギャハハ~ッ!


e0059574_3575414.jpg
若くてスリムで美しい吾郎ママ。えっ、小学生の男の子2人がいるの?「おっ掃除、おっ掃除~」って軽やかにステップ踏みながら、お掃除する吾郎ママがカワイすぎて、ついつい私も、「おっ料理、おっ料理~」とか、「おっ散歩」「おっ散歩」なんて言っちゃうのね。 


e0059574_358747.jpg
吾郎ママはウエストも脚も細くて、羨ましいくらいスタイルいい。彼の女装歴を観ていてふっと思ったんだけど、吾郎ちゃんって本当は女でしょ?


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-02 03:59 | My talk | Comments(4)

ガリレオ XX - 内海薫最後の事件

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)
私のゴロレオ(パロディ版)お気に入り度 ★★★★★(100点)

e0059574_0431546.jpg
【あらすじ】 貝塚北署に勤務する内海薫(柴咲コウ)は30歳を過ぎ、警察署という男社会の中で居場所を見つけられず、しまいには上司からは米・オクラホマで一年間研修を勧められるなど、人生の岐路に立たされていた。そんな時、薫は長野県警から指名手配中の男・上念研一(ユースケ・サンタマリア)の身柄を拘束する。上念はすでに亡くなっている老婆(池田道枝)と一緒にいたのだ。その老婆の介護をしていた上念は、口論となった介護先の娘(大路恵美)を殺害し、老婆と東京に出てきたという。 しかし上念は長野県警に移送された途端、今度は内海が取った調書とは全く異なる供述をはじめ、容疑を完全否定。 誤認逮捕ではないかと疑われた内海は、長野で県警の当摩健斗(柳楽優弥)とともに再捜査を開始するが、今度は甲本(滝藤賢一)という記者から長野県警に、「無実の記者を自殺に追い込んだ不正警察官がいる」との怪文書が出回っていることを知らされる。しかもその自殺した記者は、上念が殺害したとされる老婆の娘の父親だった。2つの事件に何か関係はあるのか?内海の最後の戦いが始まる。


e0059574_0434148.jpg
内容はともかく、これを観ると、やっぱり柴咲コウちゃんだよな。思いつめたような表情や、彼女のくりくりした瞳に胸きゅん。「あなた、何様?」な吉高由里子の態度が、どーも好きになれないんだなぁ。ガリレオチームの中でも、何となく浮いた感じがするんだけど。ベテラン余貴美子の、あの髪型は何とかならなかったのか?(≧∇≦) いつになくユースケが真剣勝負していたのは意外だったが、キミもやればできるじゃないか!私の北村一輝は、今回も一瞬の登場だった、シクシク(;_;) 永島敏行が三浦友和のように、貫禄と重みのある役者になってきた^^


e0059574_0435779.jpg
本作品のパロディ版『ゴロレオ』の吾郎ちゃんが、弾けてるのだ。【第零章】【最終章】、 【吾呂れる】の吾郎ちゃん、可笑しすぎる(⌒▽⌒)アハハ! えっ?彼って左利きなのね。

製作国:Japan(フジTV)
放映日:2013年6月22日
演出:西谷弘
原作:東野圭吾
キャスト:福山雅治, 柴咲コウ, 渡辺いっけい, ユースケ・サンタマリア, 柳楽優弥, 伊武雅刀, 余貴美子, 吉高由里子, 北村一輝, 永島敏行 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-07-03 00:45 | - Japanese film | Comments(2)

2013年いい男に囲まれた暮らし 日本男優編

e0059574_0471218.jpg
内野聖陽さん(1968年生まれ) この自然な感じがたまらんぜよ。一緒に茶ァしばきてぇ。


e0059574_0481643.jpg
黒の革ジャンを着ると革ジャンだけが目立っちゃう人が多い中、内野さんは普段着な感覚でめっちゃカッコいい。おらおら、ワンコも恋に落ちちゃってるじゃないかぁ。


e0059574_0484227.jpg
甲子園仕様の頭が可愛い。延長戦に入っても、クールに投げ続けるピッチャーって感じの、爽やかな高校生風。坊主頭も絶対にイケるよ。


e0059574_04999.jpg
昭和のお父ちゃん!魚屋のおっちゃん!!角刈りと鉢巻と腹巻は必須アイテム。彼なら亭主関白でも許す。卓袱台ひっくり返したって許す。だから結婚して下さい。


e0059574_0495139.jpg
稲垣吾郎ちゃん(1973年生まれ) 屈託がなくていいね。つぶらな瞳に胸きゅん(*^^*)


e0059574_050236.jpg
身体の一部のように馴染んだ黒縁メガネ~♪ ポーカーフェイスな吾郎ちゃんが、好っきぃ~~~^^ ちょっぴり寂しげな顔立ちが、好っきぃ~~~^^


e0059574_0511195.jpg
蝶ネクタイがキュート。


e0059574_0512592.jpg
『十三人の刺客』の憎々しいバカ殿...
あれは素晴らしく凄まじかった(拍手喝采)


e0059574_052153.jpg
このバカ殿もぴったり(⌒▽⌒)アハハ!
志村けんさん、負けちゃうよ。 


e0059574_0522043.jpg
キムタクとのBL風ツーショット。
水も滴るエロい美少年に、じゅるっ。


e0059574_052346.jpg
松坂桃李くん(1988年生まれ) 彼のさくらんぼみたいな唇にぶちゅっとキスしたり、カプッと噛みつきたくなる衝動に駆られてしまう。今度の誕生日には、おしゃぶりを買ってあげるからね。


e0059574_0531636.jpg
プキュゥ~、一緒に鯛焼き食べたい。餡の入ったトコだけちょうだいね。2まわりくらい歳の離れた堤真一氏の弟とか、堤氏の息子とか言っても、全然違和感なしの瓜二つ。


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-15 21:21 | My talk | Comments(4)

TAKE FIVE ~俺たちは愛を盗めるか~ 第3話

私の吾郎ちゃんお気に入り度 ★★★★☆(95点)

e0059574_0254244.jpg
【あらすじ】 瑠衣(松雪泰子)と昇太郎(千葉雄大)が先導していた輸送車が襲撃され、国宝級の仏像4体のうち3体が奪われた。残った1体は証拠品として署内で管理し、5日後に住職・木ノ崎(志賀廣太郎)に返すことになり、瑠衣は捜査から外される。一方、昇太郎は、自身が何とか守りきった仏像の耳が取れているのを確認し、青ざめる。岩月(稲垣吾郎)がその件を正義(唐沢寿明)に伝えると、晴登(松坂桃李)が仏像を盗んで補修しようと言い出す。


e0059574_026237.jpg
潔癖症で几帳面な岩月を演じるゴローちゃん、黒ぶちメガネがめっちゃ似合う。あの顔で、「何でもキチンとしたいタチなんで・・・」って、面と向かって言われたい。ゴローちゃん、いい役者になってきました。叔母のような気持ちで、この先も見守っていますからね(*^^*)

製作国:Japan(TBS)
放映日:2013年5月3日(金)      
演出:岡本伸吾, 渡瀬暁彦, 川嶋龍太郎
キャスト:唐沢寿明, 松坂桃李, 六角精児, 入江甚儀, 稲垣吾郎, 松雪泰子, 志賀廣太郎, 倍賞美津子, でんでん ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-09 00:25 | - Japanese film | Comments(0)

TAKE FIVE ~俺たちは愛を盗めるか~ 第1話

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0253870.jpg
【あらすじ】 「TAKE FIVE」という泥棒団は、悪い奴らから大金を奪う義賊の集団である。20年前まで「TAKE FIVE」で父と行動を共にしていた帆村正義(唐沢寿明)は、ある出来事が切っ掛けで「TAKE FIVE」を引退した。その後は都内の大学で、犯罪に手を染めることもなく教授として教鞭を振るっていた。ある日ホームレスの女(倍賞美津子)にレオナルド・ダ・ヴィンチの名画の写真を渡され、その出来事を機に、「TAKE FIVE」として新しいメンバーが帆村の元に集まる。


e0059574_025505.jpg
これって『Leverage』パクリリメイク?すごく面白いという訳ではないけれど、唐沢くんと稲垣吾郎ちゃんが好きなので、もう少し見てみようっと。唐沢くんは超真面目男に見えるが、『THE 有頂天ホテル』でバーコードのようなヅラを被った彼を観て以来、2枚目半的なところがツボにハマッている。今回も脈絡なくいきなり踊りだして、目が点に…。『十三人の刺客』のバカ殿を演じた稲垣くんがとても良かったから、密かにファンだったりします(*^^*) これからはSMAPの稲垣じゃなくて、役者@稲垣でも十分食べていけそう?! 松坂くんも気になるな。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2013年4月19日(金)      
演出:岡本伸吾, 渡瀬暁彦, 川嶋龍太郎
キャスト:唐沢寿明, 松坂桃李, 六角精児, 入江甚儀, 稲垣吾郎, 松雪泰子, 峰竜太, 倍賞美津子, でんでん ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-23 00:25 | - Japanese film | Comments(0)

十三人の刺客

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_228123.jpg
【あらすじ】 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府筆頭老中の土井大炊頭利位(平幹二郎)はこの暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門(役所広司)に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすことを決意。信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことにした。わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つため、新左衛門たちは落合宿を買収。大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…。1963年に封切られた工藤栄一監督の同名作品のリメイク。


e0059574_245732.jpg
突っ込みどころ満載だけれど、細かいところに拘らなければ、そこそこ楽しめる勧善懲悪物のチャンバラ劇。三池映画につきものの、ド派手なアクションや効果音もちゃんと健在。伊勢谷友介が演じた木賀小弥太は、ふざけすぎか?死んだものと思っていたのに、完全復活してひょいひょい飛びながら退場なんて…ありえない ┐( ̄∇ ̄;)┌


e0059574_2452597.jpg
何と言ってもすごかったのは、稲垣吾郎!トーク番組やバラエティ番組の彼の、歳の割に落ち着いた(老けた?)覇気のない表情といい、シレッと斜に構えたところが可愛くないな、と思っていたんだけど、あのキャラはそのまんま斉韶だったんだね。涼しい顔して残虐非道の限りをつくし、舌足らずな声で癇に障ることを言う憎々しいヤツ。無表情なだけに、逆切れするとコレが怖いんだな。が、あんなに綺麗な顔のバカ殿も、最期は泥だらけ。吾郎ちゃん、見直したョ。こんな嫌な役を引き受けちゃうんだもん。いっそのことSMAP抜けて、役者一筋で行ったらどうかな?

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:三池崇史
キャスト:役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 吹石一恵, 神楽坂恵, 沢村一樹, 古田新太, 稲垣吾郎, 内野聖陽, 市村正親, 松方弘樹, 松本幸四郎, 平幹二郎 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-16 02:45 | - Japanese film | Comments(2)