タグ:竹中直人 ( 11 ) タグの人気記事

GONIN

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0163924.jpg
【あらすじ】 借金まみれのディスコ・バーズのオーナー・万代(佐藤浩市)、男性相手のコールボーイ・三屋(本木雅弘)、元刑事・氷頭(根津甚八)、リストラされたサラリーマン・荻原(竹中直人)、パンチドランカーの元ボクサー・ジミー(椎名桔平)。社会から弾き出された5人は大胆にも暴力団事務所の大金を強奪する計画を企て、辛くも成功する。しかし万代たちの仕業と突き止めた暴力団は、2人組のヒットマン・京谷(ビートたけし)と柴田(木村一八)を雇って報復に出る。GONIN vs 暴力団、最後に生き残るのはどちらか。(作品の詳細はこちら


e0059574_0165288.jpg
キャストが豪華過ぎて、舞い上がってしまいました。しかも20年前だから、みなさん、若くて元気。栗山千明ちゃんなんて、小学生だもん。何と言っても久しぶりにみた根津甚八に、目がくぎづけでした。子どもの頃NHK大河ドラマ『黄金の日日』で石川五右衛門を演じた彼に、心が妙にざわついたのを思い出す。彼が放つ男のエロスを感じたのね。ニヒルで義理堅く野生的な男っぷりが買われて、その後は任侠モノによく出ていたっけ。コワモテの下に隠れた悲しみや孤独、飢えた視線やざらついた声からにじみ出る、曰く言い難い男の色気が、たまらんです。歳とともに角が取れて人間味のある役者になり、本当にうれしい再会だった。妻の前で照れくさそうに笑う彼に、全身とろけました。寡黙な雰囲気が似合い、男の色気に溢れて、いっときも目が離せなかった。ところが彼の近況を知り、ビックリ仰天です。えっ、人身事故?俳優業を引退?車椅子?何それ、エーーッ!!!の連発。『GONIN サーガ』もぜひ観たい。もちろん根津さん目当てデス。


e0059574_017516.jpg
と、久々に根津甚八を見た興奮で熱くなってしまったが、若い佐藤浩市の存在も忘れてはいませんよ。万代(佐藤浩市)のナルシストぶりが、この作品には場違いで何気におかしい。『ザ・マジックアワー』のように、時代遅れなキザぶりやいくぶん大袈裟な演技は、舞台劇そのまま。万代の家での佐藤と本木の絡みも、かなり粘っこいのに、茶目っ気のある品の良いエロさに包まれ、これがバイオレンス・アクション作品であることを一瞬忘れてしまう。


e0059574_0171671.jpg
このシーン↑↑は秀逸でした。硬派な役者で、女性とのキスシーンすらない佐藤浩市が?と、意表をつかれた。ものすごくエロい。ブチューッ!じゃないのね。横から遠慮がちに近づいて、触れるか触れないかの接吻…。身もだえしました。


e0059574_0172729.jpg
最後は大御所・ビートたけし。ピストルでバーン、バーン!役だったから、彼が登場すると嫌な気持ちになったもんだ。バイク事故直後のロケだったそうで、だから眼帯をしていたんですね。シナリオに眼帯はなかったはずだが、あの小さなアイテムによって、京谷の表情がますます読めなくなり、不気味なキャラクターがより鮮明になった気がする。

もしこの作品を20年前に観ていたら、あれこれ突っ込み入れながら酷評していたかもしれないが、当時は邦画に全く興味がなかったし、関心があったとしてもバイオレンス映画は苦手だったので、この作品はスルーしたと思う。中年になった今この作品を観ることができて、本当に良かった。雨・夜・闇・弾丸・ナイフ・血しぶきの中に、監督の人間への愛を感じる。生々しく生きている人間を、ありのままとらえようとする姿勢に、ちょっぴり胸が熱くなった。それにしても…だ、竹中直人や椎名桔平のクレイジーっぷりには、不気味さを通りこして笑えた。


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-12 00:23 | - Japanese film | Comments(0)

あずみ

ばかばかしー度 ★★★★☆(95点)

【あらすじ】 徳川の戦乱で孤児となった10人の子供たちが、山深い森で密かに刺客として育てられた。彼らの中で最も腕のたつ戦士が、あずみ(上戸彩)。ある日爺(原田芳雄)は最後の試練として、最も仲の良い仲間と殺しあうことを命じる。驚愕しながらも使命のために生き残った5人は、爺とともに山を降りた。最初の指令は、政権奪還をもくろむ豊臣大名たちを暗殺すること。難なく使命を果たすもつかの間、影武者を使って生き延びた加藤清正(竹中直人)が、あずみたちの討伐に動き出していた。




e0059574_034437.jpg
半端じゃないあの流血量は、『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』を越えていた(◎_◎;) 幼稚園のチャンバラ劇?上戸彩⇔酒井法子?オダリギリジョー⇔若い頃の玉三郎?物凄く好きな北村一輝くんなんだけど、声が薄っぺらいんだよな。時代劇に出るなら、年季の入った竹中直人の笑いを目指すんだ!『あずみ2』もあるって?勘弁してくれ~。

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:北村龍平
キャスト:上戸彩, 小栗旬, オダギリジョー, 佐藤慶, 北村一輝, 遠藤憲一, 原田芳雄, 瑛太, 伊武雅刀, 竹中直人 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-09-01 00:04 | - Japanese film | Comments(2)

Shinjuku incident (新宿インシデント)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0495326.jpg
新宿・歌舞伎町を舞台に、密航でやって来た中国人の男が裏社会で生きていく姿を描いた社会派ドラマ。恋人のXiu Xiu(Jinglei Xu)を追って日本に密航してきた鉄頭(Jackie Chan)は、なんとか新宿・歌舞伎町にたどりつき、友人の阿傑(Daniel Wu)の元に身を寄せる。その後同郷の友人たちと共に日雇いの仕事をしたり、警察に追われる中で刑事の北野(竹中直人)と知り合いになったりしたが、Xiu Xiuは見つけられずにいた。そんな折ナイトクラブでの仕事中に、ヤクザ「三和会」の幹部江口(加藤雅也)の側にいる美しい女性に目を奪われる。彼の妻だというその女は、なんと鉄頭の恋人のXiu Xiuだった…。



e0059574_0501236.jpg
キャストの中に加藤雅也の名前を見つけたので、観る気になったのです。これはJackie Chanが、カンフーアクション封印宣言した作品なんですね。「賞(ってアカデミー賞を意識してるのかな?)を狙っている」とずいぶん鼻息荒いんですが、それはどうかなぁ?裏社会の人間模様を描いただけあって、生々しいシーンが登場します。いやぁ、歌舞伎町に暴力団事務所が120ヶ所もあるなんて知らなかった。それだけでも炎上しっぱなしの縄張り争いなのに、そこへ油を注ぐかのように在日中国人ヤクザや台湾系マフィアが絡んでくるから、これは大変だ。イタリアだってMafia(Sicilia本拠地)に'Ndrangheta(Reggio Calabria)にCamorra(Campana)にLa Sacra Corona Unita(Puglia)…色々あるところへ、ロシア系&中国系&韓国系マフィアや日本のヤクザが進出してきているから、裏社会はものすごいことになっている。



e0059574_0502825.jpg
おぉ、加藤雅也!!!久々にお目にかかるから、ずっと彼ばっかり目で追っていました(^^) 結構タイプだったの(アタシの好みって脈絡&統一性ぜんぜんなし) 往年の瑞々しさには欠けるものの、今でもバタ臭くてヤクザなイイ男なのだわぁ。Eric Robertsに似てる?メンズノンノ創刊号のファッションモデルを務めていたなんて、これも知らなかった。イイ男だもん、納得できます。

うりりっ?浅野温子ってこんなに若かった?と思ったらば、Daniel Wuでした。男にしておくにはもったいないくらい綺麗な顔立ちです。いつも意表を突いた演技の竹中さん、今回はごく普通でしたが、へっぴり腰で発砲する姿にクスッ(^^) エンドロールで峰岸徹さんの名前に白枠がついておりました。『おくりびと』が遺作ではなかったのですね。合掌

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:Tung-Shing Yee
キャスト:Jackie Chan, 竹中直人, Daniel Wu, Jinglei Xu, 加藤雅也, Bingbing Fan, 峰岸徹 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-11-27 00:53 | - Other film | Comments(2)

まぼろしの邪馬台国

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_1145110.jpg
昭和32年。島原鉄道で働く宮崎康平(竹中直人)は、水害による鉄道復旧の際に土器の破片を見つけたのを機に、邪馬台国の探求を始める。目の不自由な夫に妻の和子(吉永小百合)は、魏志倭人伝・日本書紀・古事記などを繰り返し読み聞かせ、立体地図を作って九州各地を二人で旅するのだった。康平の口述を和子が書き留める共同作業で、康平だけでなく夫婦の夢となった「まぼろしの邪馬台国」を著してゆく。


e0059574_115832.jpg
九州の佐賀~長崎あたりの風景が素晴らしく、おお、これぞ邪馬台国が誕生した地でありますね。それ以上に綺麗だったのが吉永小百合姫でございます。容姿も声も立ち居振る舞いも…全てが素ん晴らしい!今いくつなんでしょ?30代後半から全然変わってないような気がしますけど。色んな所作が日本女性らしくたおやかでありながら芯があり、ワタクシとても勉強になりました。が、かなり変わり者の康平相手に、おっとりしてばかりもいられませんね、生活がかかってんですから。貴重な卵を幾つも康平に向って投げつける夫婦喧嘩シーンを見ながら、実生活でも小百合姫はあんなことをするのかすら?なんてふっと思いました。

竹中直人の上手さは、私がわざわざここで書く必要などありません。が、一言だけいい?ヅラがメッチャ似合ってたぜ~い(⌒▽⌒) 脇役陣が蒼々たる役者でしたな。康平の前妻を演じた余貴美子、ちょっぴりクセがあって好きなんです。何気に草野仁氏も出てましたね。ありっ?風間トオルってどこにいましたっけ?

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:堤幸彦
原作:宮崎康平
キャスト:吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風間トオル, 平田満, 柳原可奈子, 黒谷友香, 麻生祐未, 石橋蓮司, ベンガル, 江守徹, 大杉漣 , 余貴美子, 由紀さおり ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-10-08 01:16 | - Japanese film | Comments(0)

のだめカンタービレ in ヨーロッパ

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

時間が長かったせいか間延びしていたけれど、相変わらずのだめや千秋やシュトレーゼマンの強烈なキャラにやられました。今回のシュトレーゼマンは大人しかったなぁ。コンクールの予選&本選を通して、色んなタイプの音楽を楽しむことができました♪

オレ様な千秋先輩、どうしちゃったんですかぁ?やせすぎですよぉ。でもコンクール初優勝、おめでとうございま~す056.gif 「あれはキスだったのかなぁ。よく覚えてないからもう一度キス」 のだめが目を閉じて唇を千秋に差し出すシーン、いいな、いいなぁ。キスのおねだりの仕方がすごく可愛いかった♡

e0059574_2594624.jpg
今夜はひょっとすると053.gif…というシチュエーションで、「千秋先輩、でも今日の下着は上と下がバラバラなんですが、それでもいいですか?」って、のだめちゃんたら、うふふっ♡ 男性ってアノ時に女性のランジェリーがちゃんと目に入っているんでしょうか?

いや、しかし、フランスのアニメヲタクもイタリアに負けてませんね。コスプレ凄すぎっ☆ それから何気に登場したイタリア産のなんちゃって日本米「日の出」、のだめもあれでおにぎり作ったんだね(^^)

製作国:Japan (TV映画)
初公開年:2008年
演出:武内英樹
プロデュース:若松央樹, 清水一幸
原作 :二ノ宮知子『のだめカンタービレ』(講談社刊)
キャスト:上野樹里, 玉木宏, 竹中直人, 瑛太, ベッキー, 片桐はいり, パンツェッタ・ジローラモ, 伊武雅刀 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-29 03:02 | - Japanese film | Comments(0)

Shall we ダンス?

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_23162217.jpg
40代前半のサラリーマン杉山は会社の経理課長。昇進は順調、マイホームを購入し、優しい妻と中学生の娘がいるのに、なぜか満たされない。ある日の帰宅途中、彼は乗換駅のプラットフォームから、ビルの窓際に佇む神秘的な女性の姿を目にする。彼女のいた場所は杉山にはまったく縁のない社交ダンス教室だった。勇気を出して教室に足を踏み入れると、そこには妻に認められたいチビメガネ男、糖尿病対策を期待する太った男、会社の同期で窓際的なダメ男の青木、そして朝から晩まで働きづめの身体に鞭打って通う女など、個性豊かな生徒たちがいた。2004年には、ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア主演によるリメイク『Shall We Dance?』が制作される。


e0059574_23174757.jpg
知らなかった、あちらが先でこちらがリメイクなのだと思っていました。いや~、楽しい作品です。朴訥としたサラリーマンをやらせると、役所広司はこれが本職か?と思うくらい自然で違和感がない。人生ってちょっとしたきっかけと勇気があれば、変える事ができるのかもしれないと思わせてくれる(^^) アメリカ版は出演俳優が好きになれないので観ていません。

草刈民代。彼女は蝋人形?アンニュイな表情を出したかったのか?不機嫌でだるそうにしか見えなかった。台詞の棒読みも浮いていたなぁ。しかし彼女の立ち姿や舞う姿の美しさには目を見張りました。


e0059574_23181228.jpg
そこへ来ると竹中直人はいつも以上に濃かった!彼の破壊的なダンス(くねくね踊り?)や怪演に頭がくらくら★ あまりの凄さに目が離せなかった。高校時代竹中のような直角歩きをしていたヤツがいたっけ(爆)


e0059574_23182872.jpg
噂話が好きでちょっと嫌味なおばちゃんってどこにもいますよね。渡辺えり子はまさにはまり役。おばちゃんの貫禄が目に身体に言葉に出ていて凄い。そこまで言うか?手加減しないあの直情型パワーがとても好きだァ。


e0059574_23185371.jpg
どこか胡散臭く不気味さの漂う柄本明だけれど、今回は何気に社交ダンスを勉強していて、最後にはたま子先生と一緒に踊っちゃったりなんかして、何だかよかったよなぁ(^^)


e0059574_2319879.jpg
社交ダンスって女性はあんなひらひらしたものがいっぱいついたドレスを着るの?くしゃみが出そう。ああ、私も踊りたくなってきました。

製作国:Japan
初公開年:1996年
監督:周防正行
キャスト:役所広司, 草刈民代, 竹中直人 渡辺えり子, 柄本明, 草村礼子, 原日出子, 本木雅弘 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-16 00:10 | - Japanese film | Comments(4)

それでもボクはやってない

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(96点)

e0059574_23393693.jpg
「十人の真犯人を逃すとも一人の無辜(むこ)を罰するなかれ」という冒頭の言葉から、イタリアのどの裁判所にも大きく掲げられている「法は万人に平等」を思い出す。何か白々しく空虚なものが漂う。現実はどうなのか?

周防監督が、ある痴漢冤罪事件を報じる記事に関心を持ち取材を進める過程で、現在の刑事裁判のあり方そのものに疑問を抱き、その問題点に真正面から向き合った異色の社会派ドラマ。フリーターの金子徹平は、朝の通勤通学ラッシュに大混雑する電車で就職面接に向かう際、女子中学生に痴漢と間違えられてしまう。無実の罪を認めて示談に持ち込むという妥協をあえて拒み、あくまで濡れ衣を晴らそうとした徹平は、逮捕されたあげく起訴される。そして徹平と彼の支援者たちの長くて先の見えない戦いが始まる。



e0059574_2340585.jpg
感動や憤りとは違う、非情に強い衝撃を受けた。これが偽らざる感想である。多発する痴漢事件に飽き飽きしている刑事、罪を認めて罰金を払ったほうがラクだと勧める弁護士、痴漢の被害に何度も遭ったため頑なになっている女の子、何百件もの事件を抱えている裁判官…、彼らはけっして「明確な悪意」を抱いているわけではない普通の人々なのである。それらが目には見えないわずかな歪みを描き始め、その先に待ち受けるのは…。



e0059574_2340271.jpg
映画の持つその性格上、多少の脚色は否めないであろうが、これを作るのに2年間に及ぶ徹底取材を行ったという監督は、これでもか?これでもか?と我々に衝撃を与え続けるのだ。明日はわが身かもしれないリアリティ。家族や隣人や友人やわが子…が同じような運命を辿るかもしれない。漠然とした恐れではなく、このやるせなさや絶望をどこへぶつけたらいいのか?社会の中でこれだけは確固たる正義であるはずの司法の非情さゆえに、観終ったあとの脱力感は言葉では言い尽くせない。金子徹平にできることは、裁判で闘うことの空しさを実感しながらも、裁判で訴え続けていくことだけなのだ。「ばかやろう!何が真実だ、何が人間の尊厳だ!ウソと金で塗り固められた世の中じゃないか!」あの法廷で大声で叫ぶことができたら、どんなにか胸のつかえが下りたことだろう。しかし…、「控訴します」としか言えないのだ。



e0059574_23411749.jpg
小日向文世、やってくれましたわね。『うどん』で気弱な養子婿を演じたかと思えば、この作品ではのらりくらり、飄々としたたぬきのようなキャラクター。冷酷非情なこのメリハリが、彼の一体どこに潜んでいたのだろう。うーむ、侮れない!秀逸でした。公判検事の尾美としのりもうってつけ。「おい、大丈夫なのか?ちゃんとメシ食ってるか?」近くにいたら思わず声をかけたくなるような加瀬亮くんも適役&好演だった。

最後にひとこと。
もたいまさこってそんなにすごいですかァ?『ALWAYS 三丁目の夕日』『かもめ食堂』などの話題作に立て続けに出演して、去年は日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝いている方ですが、生理的に受け付けません。『やっぱり猫が好き』の頃からあちこちで見聞きする彼女ですが、ダメなんです。ファンのみなさま、ゴメンなさい。

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:周防正行
キャスト:加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史, もたいまさこ, 尾美としのり, 竹中直人, 小日向文世, 高橋長英, 役所広司 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-10 00:05 | - Japanese film | Comments(4)

Educazione perfetta (完全なる飼育)

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_22511088.jpg
実在の事件を取材した松田美智子の『女子高生誘拐飼育事件』を映画化。女子高生クニコ(小島聖)を誘拐し、古ぼけたアパートの自室に監禁する中年男性・岩園(竹中直人)。自分を好きだと言う岩園を拒み続けるクニコだったが、彼の優しさと肉欲的な日々に溺れていった彼女は、ついに飼育される事を受け入れる。

『のだめ』のシュトレーゼマンが誘拐犯…ですかァ。竹中直人は百面相役者ですな。彼の怪演技に脱帽。そして贅肉のない引き締まった竹中くんのボディ、クニコを優しく撫でる長い指に、男の色気を感じてしまった。小島聖どの、あなたの胸の半分を私に下さい(爆) 岩園が暮すアパートの大屋さんやちょっと風変わりな住人たちがよいですね。不気味な北村一輝や塚本晋也にも拍手喝采です!

製作国:Japan
初公開年:1999年
監督:和田勉
キャスト:竹中直人, 小島聖, 北村一輝, 塚本晋也, 石井苗子, 泉谷しげる, ガッツ石松, 佐藤慶, 渡辺えり子 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-04-29 22:52 | - Japanese film | Comments(0)

涙そうそう ロミオとジュリエット

『涙そうそう』

私のお気に入り度 ★★★☆(70点)

e0059574_242246.jpg
《一言感想》 妻夫木くんのひたむきさに好感が持てたけれど、血のつながらない妹→偽不動産屋にだまされる→病気と死…、この展開的はちょっと、いやかなり強引ではないかい?彼女役の麻生久美子が、結構好きかも。『帰ってきた時効警察』でオダジョーに絡む彼女って、可愛いのよねぇ。

製作国:Japan
初公開年:2006年
監督:土井裕泰
キャスト:妻夫木聡, 長澤まさみ, 麻生久美子, 塚本高史, 森下愛子, 船越英一郎, 橋爪功, 小泉今日子 ...

………………………………………………………………………………………………………
『ロミオとジュリエット ~すれちがい~』

私のお気に入り度 ★★★★☆(58点)

e0059574_2425751.jpg
《一言感想》 タッキーが見たかっただけなの。タッキー&長澤の演技は突っ込みどころが満載でそれなりには楽しめたけれど、今どきの中学や高校の演劇部のほうがよっぽど泣かせてくれるよね、ぷぷっ。


e0059574_2424020.jpg
最近ユニークな先生や教授を演じることが多い竹中氏、もう少しボケと突っ込みがあるかと思ったけれど今回は意外に控えめだった。新たなる発見は階段教室に響き渡る彼の澄んだ声、虜です。田中美佐子は薄幸な女性が適役ですか?

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:大谷太郎
キャスト:滝沢秀明, 長澤まさみ, 竹中直人, 山下真司, 田中美佐子, 三浦友和 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-09 02:44 | - Japanese film | Comments(2)

カタクリ家の幸福 スウィングガールズ

『カタクリ家の幸福』

私のお気に入り度 ★★★★☆(68点)

e0059574_27018.jpg

《一言感想》 沢田研二が往年の名調子を聞かせてくれました。艶やかな声♪^^

製作国:Japan
製作年:2002年
監督:三池崇史
キャスト:沢田研二, 松坂慶子, 忌野清志郎, 丹波哲郎 ...

.........................................................................................
『スウィングガールズ』 (Swinging Girls)

私のお気に入り度 ★★★★☆(78点)

e0059574_284119.jpg

《一言感想》 日本の高校生版 『スクール・オブ・ロック』ってヤツですかね♪

製作国:Japan
製作年:2004年
監督:矢口史靖
キャスト:上野樹里, 貫地谷しほり, 平岡祐太, 福士誠治, 白石美帆, 竹中直人, 小日向文世, 田中要次 ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-12-17 02:09 | - Japanese film | Comments(0)