タグ:草刈正雄 ( 1 ) タグの人気記事

草刈正雄・船長率いる真田丸 第1~20話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2244970.jpg
【あらすじ】 天正10年(1582年)、甲斐の名門・武田家は宿敵・織田信長(吉田鋼太郎)の軍勢の前に滅亡の危機に瀕していた。その頃、駿河と甲斐の国境で徳川家の兵に追われるひとりの若者がいた。彼はこれより33年後、大坂夏の陣で徳川家康(内野聖陽)を自害寸前まで追い込み、後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。彼の名は真田源次郎信繁(堺雅人)。(作品の詳細はこちら


e0059574_22441985.jpg
脚本が三谷幸喜と来れば、お約束の超豪華キャスト。中でも光っているのが、真田昌幸に扮する草刈正雄。かつて『新選組始末記』で見た、イケメン沖田総司が忘れられない。もしかして、彼はハーフのイケメン第1号?


e0059574_22443468.jpg
父ちゃんの存在感がありすぎて、主役の真田信繁(堺雅人)の影が何とも薄い。半沢の勢いはどこへ行っちゃった?兄貴・信幸(大泉洋)もまじめ路線で、何だかなぁ。真田家の家臣・高梨内記の娘・きりは、場の空気が読めないお嬢ちゃまという設定なので、長澤まさみが適役。


e0059574_2245387.jpg
真田昌幸とその重臣・出浦昌相(寺島進)の関係が愉快で面白い。脇役とは言え、重要なポジションに寺島さんが抜擢されて、とても嬉しい。


e0059574_2251391.jpg
戦国の世をたくましく生きる、真田家の長女・松(木村佳乃)。


e0059574_22511413.jpg
織田信長(吉田鋼太郎)があっけなく退場。もっと弾けたコータローを見たかった。


e0059574_22523812.jpg
徳川家康と言えば、肖像画や『鳴かぬなら 鳴くまでまとう ホトトギス』や狸おやじの呼び名などから、忍耐強く飄々として戦乱の世を潜り抜けた、喰えないオヤジを想像する。が、内野聖陽バージョンは、臆病で気が小さく、狼狽したり取り乱したり…見ていて飽きない家康だ。内野さん、ますます素敵(*^^*) 側室の阿茶局(斉藤由貴)がどっしり落ち着いているお陰で、家康は業務に専念できる。


e0059574_2304524.jpg
家康の重臣&名参謀の本多正信(近藤正臣)。かつてはイケメン№1だった近藤さんも、74歳ですかぁ(驚)


e0059574_2361627.jpg
喰えないオヤジと言ったら、やはり、この人、豊臣秀吉(小日向文世)でしょう。秀吉のキャラは、小日向さんそのまんま。表と裏の顔にギャップがありすぎる上、彼の頭の中が読めず、ただ短気なだけの織田信長と違って、なかなかコワい。側室・茶々(竹内結子)と一緒のときは、こんなにデレデレなのに。


e0059574_239316.jpg
山南敬助と土方歳三・・・ではなく、真田信繁と石田三成(山本耕史)。山本耕史もNHK御用達役者?


e0059574_2312107.jpg
汁かけご飯ばかり食っている北条氏政(高嶋政伸)が、不気味すぎる。


e0059574_2312192.jpg
義父・謙信のように「義」を貫き通す実力がなく、高い理想と現実の狭間で悶々とする上杉景勝(遠藤憲一)。遠藤憲一もNHKの常連さんですね。

真田昌幸の正室・薫(高畑淳子)や昌幸の母・とり(草笛光子)や秀吉の妹・旭(清水ミチコ)など、ユニークな脇役陣も忘れてはなりませぬ。徳川家重臣の本多忠勝に扮する藤岡弘、。年をとっても顔は濃いし、もみ上げが暑苦しい。で、名前の最後に「、」って?武田勝頼を演じた平岳大は、平幹二朗の息子なんですね。言われてみれば、目元がパパそっくり。クールで素敵☆ そんな彼も退場して、寂しくなった。



[PR]
by amore_spacey | 2016-05-29 23:17 | - Japanese film | Comments(0)