タグ:萩原聖人 ( 5 ) タグの人気記事

Box 袴田事件 命とは

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_037662.jpg
【あらすじ】 昭和41年6月30日未明、静岡県清水市で味噌製造会社専務の自宅が放火され、一家4人が殺害された。警察は従業員で元ボクサーの袴田巌(新井浩文)を容疑者として逮捕、連日、過酷な取り調べを行った。そして拘留期限の3日前、自白にこぎつけるが、裁判では犯行を全面的に否認。裁判官の熊本(萩原聖人)は警察の捜査に疑問を抱き始める。乏しい物証の中での、強制の疑いのある自白…。しかし熊本は無罪を確信しながらも、他2名の裁判官の合議に負けてしまう。


e0059574_0371684.jpg
映画の出来具合云々より袴田事件そのものに関心が集中し、心にずっしり来た。とても重かった。自白に重きを置く裁判制度、組織による不正、組織の面子のために白を黒と言わせる圧力や暴力。そんな中でたった一人の人間が、己の使命に目覚め立ち上がった。人間が人間を裁くことの苦悩や問題や難しさが、静かに、力強く問いかけられている。が、それに対する答えが見つからない。だからこの作品(監督の立ち位置)がこの事件を冤罪としていることや、象徴的なラストシーンに希望の光を見い出しつつも、やりきれない気持ちでいっぱいになるのだ。割り切れないことだらけ。現在もまだ続いている袴田事件。袴田氏&熊本裁判官の両人とも健在であり、袴田氏は獄中で今も死刑囚として毎日その恐怖に耐えているという。

萩原聖人くん、ガッツがある。見直した。葉月里緒奈ちゃん、なんであんなに痩せちゃったのォ??

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:高橋伴明
キャスト:萩原聖人, 新井浩文, 葉月里緒奈, 村野武範, 保阪尚希, 大杉漣, 國村隼, 岸部一徳, 石橋凌 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-08-21 00:37 | - Japanese film | Comments(2)

名前をなくした女神

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_032095.jpg
【あらすじ】 ハウスメーカーに勤める秋山侑子(杏)は、結婚・出産後も仕事を続けていたが、会社からのリストラと引越を機に、健太(藤本哉汰)が通い始めた近所の幼稚園『ひまわりの子幼稚園』で出会った、安野ちひろ(尾野真千子)、進藤真央(倉科カナ)、沢田利華子(りょう)、本宮レイナ(木村佳乃)たちと関わることで、息子をお受験させることを決意する。が、そこにはママ友の嫉妬や見栄や嘘や裏切りなど、様々な思念が渦巻いていた。幸せを模索する全ての女性たちへ贈る、女性の女性による女性のための社会派ドラマ。


e0059574_035339.jpg
イタリアでこれを観ていた時には、「本当ににママ友地獄なんてあるの?」 まるで別の惑星の出来事のような気がしていたけれど、最後の2話は日本一時帰国中に観ていたので、やけにリアルだった。中にはあれに近い地獄が本当にあるらしいけれど、TVドラマということでちょっぴり脚色されているとのこと。各家族のキャラや雰囲気がよく考えられていたな。


e0059574_04534.jpg
どの役者も好きだけど(子どもたちが可愛いね~)、衝撃のキャラは何と言ってもちひろの夫を演じた高橋一生でしょう。カマキリのように冷酷な顔で、妻を監視し家庭内DVを続ける男。最初は、キモーーーーッ!と思ったけれど、ハマっちゃったァ、彼の魅力に(ё_ё;) 毎回登場するたびに、今度はいつ切れるんだろ?って気になって気になって、私のほうが病的?!あははっ。可愛いエプロン姿で厚焼き卵を焼くシーンに、萌え~♪ ときおり見せる子どものような表情に、胸きゅん(^^;) 彼は大変貌を遂げましたね。


e0059574_041656.jpg
レイナ(木村佳乃)の姑を演じた山本道子↑↑↑や、東郷チャイルドスクールの塾長を演じた夏木マリも、すごくよかった。彼女たちのようなベテランが脇を固めていたからこそ、全話観るに耐えられた。それにしても5人のママ友のみなさんは、お肌がとっても綺麗ですね。アップで映っても、ほうれいせんや目のたるみがぜーんぜんなくて、つるん、つるん!う、羨ましい。イタリアでは最初のうちこそ、◎◎ちゃんのママって呼ぶけれど、すぐに自己紹介して名前で呼ぶようになるなー。やっぱり名前で呼んで欲しいよね。

製作国:Japan(フジテレビ)
公開年:2011年4月12日~6月21日
プロデューサー:浅野澄美
キャスト:杏, 尾野真千子, 倉科カナ, りょう, 木村佳乃, つるの剛士, 高橋一生, 萩原聖人, 夏木マリ ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-22 00:05 | - Japanese film | Comments(0)

江~姫たちの戦国~ 第11話

イチ抜けた度 ★★★★★(100点)

e0059574_05246.jpg
【あらすじ】 天正11年4月。江(上野樹里)たちは秀吉(岸谷五朗)の人質となって安土城へ入り、おね(大竹しのぶ)から京極龍子(鈴木砂羽)を紹介される。龍子は夫を秀吉に殺されたが側室になり、秀吉は優しい人と語るが、江たちは激しく嫌悪する。そんな時秀吉の工作で、織田信孝(金井勇太)が自害。それを聞いて激怒した信雄(山崎裕太)は、家康(北大路欣也)に打倒秀吉の戦を仕掛けようと持ちかける。一方茶々(宮沢りえ)の美ぼうに心を奪われる秀吉の様子に、「姉様を秀吉の毒牙から守る」と江は宣言する。


e0059574_053691.jpg
もうこの茶番劇にはついていけませぬ。「秀吉には徹底的に悪者になってもらう」という制作者の談話を読み、ここらで切り上げるのが潮時かと。あの秀吉がもっともっと我が物顔で大暴れするなんて…(絶句) すでに破綻をきたしているこのドラマの行く末が、ただただ心配でなりませぬ。誠に心苦しゅうございますが、第11話をもってリタイアさせて頂きとうございます。

製作国:Japan
公開日:2011年4月2日
演出:伊勢田雅也 他
キャスト:上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 左時枝, 鈴木砂羽, 萩原聖人, 岸谷五朗, 大竹しのぶ, 石坂浩二,北大路欣也, 鈴木保奈美(語り) ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-15 00:06 | - Japanese film | Comments(0)

江~姫たちの戦国~ 第2~10話

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1352277.jpg
【あらすじ】 天下統一を夢見た織田信長(豊川悦司)は、京都・本能寺の変にて最期を遂げた。謀反を起した明智光秀(市村正親)は、秀吉(岸谷五朗)らの軍勢に囲まれ、野武士によって討ち取られた。未亡人となった信長の妹・市(鈴木保奈美)は3人の娘たちを連れて、柴田勝家(大地康雄)に嫁ぐ。しかし平和な日々も束の間、織田家の存続を巡って秀吉と対立した賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家は妻・市と共に自害した。


e0059574_1353513.jpg
時任三郎や豊悦があっけなく退場したあと、光秀や勝家や保奈美ちゃんも逝ってしまって、煩い秀吉だけが残った(-.-;) あの大袈裟な演技、何とかならない?上野樹里や宮沢りえや 水川あさみは、中学の文化祭レベルで見てられないし。ここはベテラン&大御所の石坂浩二や北大路欣也に踏ん張ってもらわないと、ただのドタバタ劇に終わっちゃいますよ。『龍馬伝』との落差があまりにも大きすぎる。

製作国:Japan
公開年:2011年1月9日
演出:伊勢田雅也 他
キャスト:豊川悦司, 鈴木保奈美(ナレーションも兼任), 上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 岸谷五朗, 大竹しのぶ, 市村正親, 左時枝, 萩原聖人, 石坂浩二, 北大路欣也 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-01 01:35 | - Japanese film | Comments(0)

誰も知らない GO ドライブ

『誰も知らない』

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_22524697.jpg
《一言感想》 柳楽少年には不思議な雰囲気が漂っていた。少年とは思えないような大人びた表情には、くら~といってしまいそうでした。苦手なYOUですが、これははまり役ですね。普段の彼女のままだった(笑) これから私は空港へ行くたびに、この子たちのことをふっと思い出すのだろうなぁ。ああ、アポロチョコが懐かしい。

製作国:Japan
初公開年:2005年
監督:是枝裕和
キャスト:柳楽優弥, 北浦愛, 木村飛影, 清水萌々子, 韓英恵, YOU, 寺島進 ...

………………………………………………………………………………………………………
『GO』

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_22531212.jpg
《一言感想》 日本における韓国のあり方。底辺に深刻なテーマを抱えていながら、2人の若い主人公たちのうまい台詞や演技のおかげで、違った見方ができた。「オレって日韓2つの言葉が話せるバイリンガルなんだよね」とか。窪塚くんはちょい苦手なの。脇を固める山崎努&大竹しのぶの両親役が絶妙だった。

製作国:Japan
初公開年:2001年
監督:行定勲
キャスト:窪塚洋介, 柴咲コウ, 大竹しのぶ, 山崎努, 山本太郎, 新井浩文, 大杉漣, 萩原聖人, 田中要次 ...

………………………………………………………………………………………………………
『ドライブ』

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_22533792.jpg
《一言感想》 導入部分で随分期待した分だけ、侍が出てくる中盤あたりの中弛み?意味のないシーンの連続に眠気が襲ってきたけれど、あの大金を銀行に返すシーンでは、実直・堅実で生真面目な主人公のキャラクターが滲み出ていてよかったなぁ。こんな終わり方もいいね。堤さん、目が血走っているけれど素敵♪

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:SABU
キャスト:堤真一, 柴咲コウ, 安藤政信, 筧利夫, 寺島進, 松雪泰子, 松重豊 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-08 22:58 | - Japanese film | Comments(2)