タグ:遠藤憲一 ( 3 ) タグの人気記事

バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役者がシェアハウスで暮らしたら~

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_1355069.jpg
【あらすじ】 「中国の動画配信サイトが『七人の侍』のリメイク版を制作する。待遇もギャラも破格な大型プロジェクトなので、主要キャストとして出演して欲しい」と、遠藤憲一・大杉漣・田口トモロヲ・寺島進・松重豊・光石研の6人にオファーがきた。監督は中国映画界の巨匠・張芸謀監督で、役所広司の出演も予定しているという。クランクインするまで、絆を深めるためにシェアハウスで3ヶ月間共同生活を送ることが出演条件だった。当初は戸惑うが、俳優間では絶大な信頼と尊敬を寄せられる役所の名前を出されたこともあり、6人は条件を受け入れ、大杉が所有する館山の別荘で共同生活をスタートさせた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1361991.jpg
面白そうな予感がしたんだけど、どこか中途半端で微妙。6人の絡みを楽しみにしていたのに、苦手な大杉漣が仕切っているのを見て、嫌な予感がしたのです。無理矢理ねじ込んだテープ盗難事件(どーでもいい)やそのショボすぎる真相に、テンション急降下。大杉漣ではなくて、國村隼や浅野和之や岩松了だったら、もっと味のあるドラマになっていたかもしれない。


e0059574_1364151.jpg
6人の名脇役をメインに引っ張り出した企画はよかったが、個性派も集団になるとダメなのかな。脚本や演出が手抜きでいい加減だったのは確かです。会話や台詞で笑わせて(勝負して)欲しかったのに、ウミガメ鑑賞会や制服ダンスやフラフープで、安っぽいコントをやらせたり(私が知らない小ネタで、日本ではバカ受けしたのかもしれないけど)、何度も自嘲気味に「おじさん」と言わせて彼らをおちょくるような演出など、寒い小ネタが多すぎて、ノリ切れなかった。変なテンションの中国人の女の子も、必要あった?バイプレトークは面白かった。フリートーク(もしくはバラエティ番組)か、リメイク版『七人の侍』にしたほうが、良かった気がする。


e0059574_137213.jpg
e0059574_1372312.jpg
ボサボサの役所広司(九州弁がしっくり馴染んで、なーんかいいおやじだ)や、ぐうぜん通りがかった平田満(もっと絡んでいって欲しかった)や、相変わらずキャラが濃い竹中直人がいい。滝藤賢一の不倫騒動は妙に生々しくリアル過ぎて、この次どこかのドラマで彼を見かけたら、不倫騒動からちゃんと立ち直れたのかなぁ、なんて本気で心配しそうです。頑張って第8話まで観たけれど、たぶんリタイア。


[PR]
by amore_spacey | 2017-03-22 01:37 | - Japanese film | Comments(2)

お父さんは二度死ぬ

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_0105295.jpg
【あらすじ】 お父さん(遠藤憲一)が突然亡くなり、通夜と葬儀の会場で、家族の知らなかったお父さんの実像が次々に明らかになってきた。父親の死の謎が深まっていくとともに、家族の秘密までもが暴かれていくという二重のミステリー。


e0059574_0111117.jpg
1話30分×4回というテンポのよさ。そしてミステリータッチで展開していく話に、どんどんのめり込んでいった。父にまつわる不思議な事件や事象について、何となく消化しきれないまま最終話に突入。そこで意外な結末が待っている。大どんでん返し。分かってしまえば、な~んだ!な事なんだけど、順序を間違えるとありきたりな話になってしまう。これは本当に面白かった。餡パンをむさぼりくう麻生祐未の姿は凄まじかったが、餡パン、食べたい。コワモテの遠藤憲一の裸踊り(*_*) 彼にあんな路線に行って欲しくないなぁ。お父さんの部下を演じた安田顕、結構イケメンだな。

製作国:Japan(NHK BSプレミアム)
放映日:2013年6月1日~6月22日
演出:藤井裕也
キャスト:遠藤憲一, 麻生祐未, 南沢奈央, 柾木玲弥, 植原卓也, 渡辺いっけい, 田中要次, キムラ緑子, 安田顕, 笹野高史 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-14 00:12 | - Japanese film | Comments(0)

外事警察 その男に騙されるな

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_0133862.jpg
【あらすじ】 2011年。東日本大震災の混乱が続く中、大学施設で原子力関連の極秘データが盗まれる。一方、朝鮮半島からは濃縮ウランが流出したとの情報がもたらされ、核テロの脅威が現実味を帯びる。住本健司(渡部篤郎 )たち外事四課では、5年前に韓国から来日し、日本人女性と結婚して日本国籍を取得した奥田交易社長の奥田正秀(Im Hyeon Jun)に疑いの目を向ける。そこで住本は奥田の妻・果織(真木よう子)に近づき、協力者(=スパイ)として取り込むべく、彼女の弱みを徹底的に洗い出し、彼女が落ちるまで容赦なく追い詰めていく。


e0059574_0134860.jpg
渡部篤郎がストイックで渋い!喜怒哀楽が少なく寡黙な真木よう子の、シャープで体当たりの演技が、直球で迫ってきた。彼女には清純な女性から極道の女まで、役を選ばず幅広く演じて欲しい。そして超ナイスバディのKang-woo Kim!ビョン吉かと思ったよ。渡部篤郎は恋愛系より、スパイやテロリストやサスペンスが似合う。

製作国:Japan
初公開年:2012年      
監督:堀切園健太郎
キャスト:渡部篤郎, Kang-woo Kim, 真木よう子, 尾野真千子, 田中泯, Im Hyeon Jun, 遠藤憲一, 余貴美子, 石橋凌 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-18 00:18 | - Japanese film | Comments(2)