タグ:Christopher Plummer ( 3 ) タグの人気記事

人生はビギナーズ (Beginners)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1171347.jpg
【あらすじ】 息子のOliver(Ewan McGregor)に、ゲイであることをカミングアウトしたHal(Christopher Plummer)は、44年連れ添った妻に先立たれ、自身もガンを宣告されるが、75歳にして新たな人生をスタートさせた。一方イラストレーターのOliverは38歳になっても、内気な性格からなかなか恋をすることができない。しかし父が亡くなった後、仲間から誘われたパーティーで、運命の女性Anna(Mélanie Laurent)と出会った。2012年のアカデミー賞&Golden Globeなど30以上の映画賞で、Christopher Plummerが助演男優賞を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_1172592.jpg
Oliverは始終むっつりとして殆ど笑わないし、ミュージシャンに依頼されたCDのジャケットのイラストが、孤独に満ちた寂しいものばかり。はっきりしない曇り空のようなトーンに覆われ、少々気が滅入った。が、この鬱屈した重苦しさこそ、Oliverが子どもの頃から抱えてきたもので、そこから脱出できず悶々としている。喜怒哀楽のないだるい雰囲気が、Ewan McGregorからじわっと滲み出ていた。


e0059574_1173871.jpg
e0059574_1175311.jpg
こんなOliverを中心に、ゲイをカミングアウトした父、その父を丸ごと包み込んでくれる男友だちAndy、Oliverに似てなかなか他人に心を開くことができないAnna、そして愛する人には絶大な信頼を寄せる父の愛犬Arthurと、なかなか個性的な人々が、微妙な距離を保ちながら関わりあっていく。

ゲイをカミングアウトし、残された自分の人生を謳歌するHalを演じたChristopher Plummerが、想像以上に素晴らしかった。さすがベテラン役者で、こなれている。魅力的で清潔な色気があり、幾つになっても現役俳優で、様々な役柄に挑んでいる。そんな生き方をする彼を、1人の人間として尊敬する。


e0059574_1181369.jpg
e0059574_1183682.jpg
Halは息子の心を、むりやりこじ開けようとはしない。自分の生き様をみせることで、息子が初めの1歩を踏み出せるように導くのだ。そんな姿に戸惑いつつも、父の愛情に触れて、Oliverの中で何かがカタンと音を立てる。

Annaと出会ったことも良かった。子どもの頃、家族(とくに母親)に思い切り甘えられなかった寂しさが癒され、Annaも自分に似たOliverを愛しく思い、2人の距離が徐々に縮まっていく。人生ってなかなか思うようにはいかない。でも自分はこのままでいい。ここで1歩を踏み出せば、何かが変わるかもしれない。それにしても、愛犬Arthurの可愛らしいこと!こんな愛くるしい子を前にしたら、誰でも無防備になります。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-10 01:22 | - Other film | Comments(0)

トレヴィの泉で二度目の恋を (Elsa & Fred)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_1585742.jpg
【あらすじ】 共に人生を歩んできた妻を亡くした80歳のFred(Christopher Plummer)は、引っ越したアパートで自由奔放な隣人のElsa(Shirley MacLaine)と出会う。ひょんなことからFredに惹(ひ)かれたElsaは、頑固な彼に心を開いてもらおうと奮闘。やがて二人は惹(ひ)かれ合うが、実はElsaにはある秘密があった。(作品の詳細はこちら


e0059574_15991.jpg
e0059574_1592290.jpg
e0059574_1593576.jpg
良くも悪くもこの作品は、Elsaの魅力なくしては成り立たないでしょう。自由奔放に生きる74歳のElisaが、携帯を持ちながら片手運転したり、後ろの車に当て逃げしたり、勘定を払わないで食い逃げしたり(あのデザート、すごくおいしそう)と、これが実母や姑といった身内の話だったら、迷惑以外の何ものでもなく、全く笑えない。が、これは映画の世界で、夢想家とも嘘つきとも思える憎めないElisaの特異なキャラを、幾つになってもキュートなShirley MacLaineが魅力的に演じ、「またそういう嘘をついて…」と苦笑しながらも、可愛らしくて何となく許せてしまう。


e0059574_1594511.jpg
e0059574_1595656.jpg
e0059574_201167.jpg
こんなエキセントリックな彼女に翻弄されつつも、徐々に引き込まれていったFred。しょぼくれた頑固爺さんが、Elsaに心を開き2人で一緒に笑うようになるにつれ、気難しい頑固な表情がどんどん柔和になり、とても素敵な男性に生まれ変わっていく過程は、微笑ましいものだ。

Federico Fellini監督の『甘い生活』へのオマージュという形をとりつつ、ローマのトレヴィの泉のシーン(Shirleyのヅラ+ドレス姿は、うーん)は、心憎い演出でした。素敵な衣装に身を包んで、男性にエスコートして欲しい。愛の言葉を囁いて欲しい。幾つになっても、女性は夢見る少女です。Elisaらしいエンディングに、またクスッと笑い、余韻を噛み締めました。タイトルが、残念。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-05 02:01 | - Other film | Comments(0)

Remember (手紙は憶えている)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1524463.jpg
【あらすじ】 妻を亡くした老人Zev Gutman(Christopher Plummer)は認知症を患いながら、高齢者ケア施設で知り合った、アウシュビッツの生存者の仲間Max Rosenbaum(Martin Landau)の手紙を基に、かつて自身の家族を殺したアウシュビッツの監視人に復讐を図る。(作品の詳細はこちら


e0059574_1595427.jpg
本作品の主役を演じたChristopher Plummer。若かりし頃の彼は、Michael Fassbenderを彷彿させる超イケメンで、『サウンド・オブ・ミュージック』のVon Trapp大佐(当時36歳)があまりにもダンディー&クールで、彼が画面に出てくるたびにクラクラ目眩がしたものだった。


e0059574_1525449.jpg
e0059574_153638.jpg
e0059574_1531764.jpg
あのTrapp大佐も、いまや86歳。準主役陣も高齢のため保険代が高くなり、製作に難航したという逸話があるらしい。初めのうちは色々な意味で、「大丈夫かな?」と思わせるが、話が展開するに従い、作品にぐいぐい引き込まれていく。


e0059574_1533445.jpg
徐々に緊張感で引き締まり、重鎮俳優たちの健在ぶりに圧倒されながら、意外な事実に仰天させられる。あんなに都合よく偶然が重なることは不可能に近いが、こんな方法で復讐することもできるのだ。もちろん作品にも魅かれたが、いくつになっても現役で活躍している役者の姿や、与えられた生を役者として全うしたいという心意気に、感動で胸が熱くなった。


[PR]
by amore_spacey | 2016-03-10 02:23 | - Other film | Comments(2)