タグ:Colin Farrell ( 8 ) タグの人気記事

マイアミ・ヴァイス (Miami Vice)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_2345838.jpg
【あらすじ】 合衆国司法機関の極秘情報がドラッグ密輸コネクションに漏洩する事態が発生。それを受け、マイアミ警察特捜課(ヴァイス)の刑事コンビ、Sonny Crockett(Colin Farrell)とJamie Foxx(Ricardo Tubbs)は南米に飛び現地の犯罪組織と接触し、情報が漏れた原因を見つけ出す任務を任された。(作品の詳細はこちら


e0059574_2365738.jpg
e0059574_2374095.jpg
e0059574_2375710.jpg
機内上映第3弾。TVシリーズは観ていないけれど、十分楽しめた。ロンゲのColin Farrellが、やんちゃ振りに拍車をかけて、いいわぁ。とにかく主役の2人がクールでカッコいい。突っ込み所満載だけど、そんなの全く気にしない。あれでイイのだ。大雑把で大らかなアメリカ人向きの作品ってことで、OK!


e0059574_238981.jpg
久しぶりに見たLi Gongが、誰かに似ているな(そっくりさんを見つけるのが好きな私)とフライト中ずっと考えていた。そして着陸寸前に、ピンと来た。山口百恵?


[PR]
by amore_spacey | 2016-09-05 00:00 | - Other film | Comments(2)

The Lobster (ザ・ロブスター)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_15331859.jpg
【あらすじ】 独り者は悪とされる近未来社会。ここで生きるには常にカップルでいなければいけないため、独身者は身柄を拘束され、強制的にホテルに連行され、45日以内に同じ独身者からパートナーを見つけてカップルにならなければ、罰として自分で選んだ動物の姿に変えられ森に放たれる。妻に別れを告げられ独り身になったDavid(Colin Farrell)もホテルに送られ、カップルを見つけなければ、’’希望通り’’ロブスターに変えられてしまうことになった。しかし想像を絶するホテルの生活に耐えきれず、Davidは独身者たちが密かに暮らしている森へ逃亡。そこで彼は1人の女性(Rachel Weisz)に恋をするが、独り身世界の掟を破ってしまう。(作品の詳細はこちら


e0059574_15332997.jpg
e0059574_15334084.jpg
e0059574_15335021.jpg
奇想天外なストーリーで、ブラックユーモアにあふれたシュールな会話や映像が次々に登場する。前半は小気味のよいテンポで進んでいくが、Davidの逃亡あたりから冗長で緩慢になり、中弛みのままフィナーレを迎える。しかし話が収束しないため、もやもや。着地場所が見出せず、視聴者に丸投げした感が強い。前半86点、後半66点。

David扮するColin Farrellの、ボッテリした締まりのない身体、人生どうでもいい投げやりな感じ、自分のことにすら無関心、虚ろなまなざし。人生に疲れたおっさん、そんなColinが可愛くてたまらない。ハグしてあげたい。彼の兄(弟?)が姿をかえたワンコも可愛い。


e0059574_153411.jpg
e0059574_15341263.jpg
e0059574_15342086.jpg
e0059574_15344969.jpg
価値観や法が全く違う(理不尽な)社会における、個人としての人や、他者との繋がり・組織の中の個人の様相に迫る。斬新な切り口で、とても興味深い試みだと思う。例えば『霧と夜』の時代に生まれていたら、四の五の言ってる場合じゃない。命令に従わなければ(従っても)殺される。今の世の中は、様々なことに寛容になってきている(ように見える)。価値観も多様化している。その中で、いかに自分らしく生きるか、いかに生を全うするのか?それは社会や世間が決めるのではなく、個人の意志に委ねられている。


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-16 06:47 | - Other film | Comments(0)

True Detective season 2 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ/ロサンゼルス シーズン2 全8話)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2262222.jpg
【あらすじ】 カリフォルニア・ハイウェイパトロールの警官Paul Woodrugh(Taylor Kitsch)は、道路脇でVinci市幹部Casperの死体を発見。この事件はさらにVinci署のRay Velcoro刑事(Colin Farrell)とVentura保安官事務所のAni Bezzerides刑事(Rachel McAdams)が加わり、3つの警察組織による合同チームが誕生した。捜査が進むにつれ、市を巡る巨大な腐敗と過去の因縁が浮かび上がる。またこの事件にVelcoroの旧知の犯罪者で、実業家のFrank Semyon(Vince Vaughn)が絡んでいた。(作品の詳細はこちら


e0059574_2263118.jpg
シーズン1から1年が経った。シーズン2は舞台がルイジアナからカリフォルニアに変わり、キャストや物語も一新。殺人事件を担当する3人の刑事と、この事件に巻き込まれて彼らに手を貸すことになる裏社会の男を中心に、ストーリーが展開していく。シーズン1と2に関連性は全くないが、共通しているのは、事件にかかわる人々が、薄暗い過去や重い現実を背負いながら、自分自身や家族と折り合いをつけて、何とか前に進もうと苦悩する姿である。だから事件の解明そのものより、1人1人が抱えている問題を、どのように解決していくのか、そこに興味があった。

チャラけた役が多かったVince Vaughnだが、いやぁ、見直した。ダークでストイックな男が似合う。存在感もある。私生活ボロボロのColin FarrellとVinceの絡みもよかった。駄々っ子Colinも、魅力的な中年役者になってきた。若い頃のやんちゃなだけのColinより、少々くたびれて歯切れの悪いColinのほうが、何倍も好感が持てる。


e0059574_228355.jpg
今回のシリーズで、ずっとTaylor Kitschから目が離せなかった。彼、タイプ(*^^*) ちょっと翳のある涼しげな目元、獲物を狙うときのナイフのような視線にゾクゾクする。シャープでタイトなボディで言葉少な目で、カッコいい。バイクが大好きで、「パトロール隊に残留させてくれ」って、子どものように懇願する眼差しに萌え~♪


e0059574_2272792.jpg
Rachel McAdamsもカッコよすぎる。男前な女刑事だ!刑事にしては可愛らしい顔立ちで、少女のような童顔だが、プロ意識が高く非常にタフなのだ。


e0059574_2273896.jpg
『チュー ダー朝』で、どこまでもヘンリー8世に忠実なThomas Cromwellを演じたJames Frainが、今回は毒を出しまくで、コヤツが出てくるたびに、血管が切れそうになった。こういう輩が法の網の目をくぐり抜けて、何食わぬ顔して出世していくんだ(怒!)

とてもシビアで現実的な描き方に、有無を言わせない説得力があった。倫理観や道徳観に、価値を見出さない。世の中は、正義が勝つとは限らない。長いものには巻かれよ。組織の中でうまく立ち回って生きていくほうが楽であり、社会的に成功する近道だ。ええ、確かに現実はそうなんだけど、それじゃ救いがない。それを言っちゃ、身も蓋もないんじゃないか?唯一生き残ったAni Bezzerides刑事に、一縷の望みが託されるものの、後味の悪い、すっきりしない、やり切れない結末だった。しかし役者陣の演技は素晴らしかった!


[PR]
by amore_spacey | 2015-09-12 02:31 | - TV series | Comments(2)

Seven Psychopaths (セブン・サイコパス)

ネタバレあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2203616.jpg
【あらすじ】 シナリオライターのMarty Faranan(Colin Farrell)は、自作の脚本『Seven Psychopaths』の構想に悪戦苦闘している。決まっているのはタイトルと7人のサイコパスが登場することだけ。親友のBilly Bickle(Sam Rockwell)は、何とかMartyにその脚本を完成して欲しくアイデアを提供する。Billyは失業中の俳優で、犯罪仲間のHans Kieslowski(Christopher Walken)とコンビを組んで、犬を誘拐しては飼い主に返して礼金をいただくという詐欺まがいの方法で小銭を稼いでいた。ある日Billyがさらってきたシーズーが、行動予測不可能の凶暴なギャングCharlie Costello(Woody Harrelson)の愛犬Bonnyと判明し、Martyたちは思いもよらぬトラブルに巻き込まれていく。


e0059574_125675.jpg
本作品は『Happy Family』のように、入れ子構造になった劇中劇である。シナリオライターのMartyが生きる現実の世界と、彼が書いている作品の世界の両方から、7人のサイコパスが紹介される。が、実はこのサイコパスが実在していたり、作り話だったはずが実際に起きた事件だったり、徐々に現実と作品の世界が入り乱れてくる。そんな中ある殺人事件の犯人が明らかになるのだ。ストーリーの展開より、7人のサイコパスの暴走ぶりや切れっぷりやアイロニーが込められた1つ1つのシーンが、面白ろ可笑しくてちょっぴりほろ苦い。白いうさぎがうじゃうじゃ出てきたり…


e0059574_1252191.jpg
大真面目になればなるほど微妙にずれてて、それが私のツボにハマる可愛いChristopher Walkenもワンコを抱えていたりする。


e0059574_1253895.jpg
自宅でワンコ模様のパジャマを着ていたり、動物模様のシャツを愛用していたり、シリアスな場面なのに犬の帽子をかぶって大真面目に演説ぶったりするSam Rockwellや、ふだんは頭がイカレた凶暴なWoody Harrelsonなのに、愛犬Bonnyのことになると、子どものようにうろたえてしまう姿が滑稽すぎる(⌒▽⌒)アハハ! ちょっぴり優柔不断でヘタレなColin Farrellの「八の字」眉毛が、今回も十分に堪能できます。ちらっと出てきたOlga Kurylenkoが、ますます綺麗になった~♪


e0059574_126245.jpg
見所はたくさんあるけれど、このBonnyちゃんの可愛らしさ&おとぼけ具合に敵う人はいませんぞ。何回もBillyが「お手」と言うのに知らん顔。やっと最後に「お手」をしてくれる。ここはみんなの顔がほころぶ瞬間^^ 

製作国:USA
初公開年:2013年
監督:Martin McDonagh
キャスト:Sam Rockwell, Colin Farrell, Abbie Cornish, Christopher Walken, Olga Kurylenko, Gabourey Sidibe, Tom Waits, Woody Harrelson, Bonny the ShihTzu ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-01 01:27 | - Other film | Comments(2)

2012年いい男に囲まれた暮らし 欧州男優前編

今日は若いの、選り取り緑だよ。

e0059574_031285.jpgRomain Duris(1974生まれ)
このまま袈裟を着て高野山に行って頂いても、全く違和感がありません。



e0059574_032424.jpgなんて爽やかな笑顔なのぉ、Romain(^^)



e0059574_03371.jpg髪が少し伸びただけで、雰囲気が全く変わるRomain!って、誰でもそうですね、アハハッ(滝汗)



e0059574_035020.jpgこりゃ21世紀のアフロ?(≧∇≦)
街角でいんちきなマジックショーなんかやって、小銭を稼いでいそう。でも貴方になら騙されてもいいわ(*^^*)



e0059574_0427.jpg髪が長くなればなるほど、切れ度&アブノーマル度も上昇する貴方。その危険な香りが、わたくしはたまらんのです、エヘヘッ。ベースギター持たせたら、上半身ぬうど&髪振り乱して弾きまくっちゃいそう♪^^
 


e0059574_041547.jpgColin Farrell(1976生まれ)
アイルランド系らしいんだけど、ホント?それにしては、ものすごく濃いです。何が? っって、眉毛。眉毛の上に雪を積もらせるワザありの、稀有な人なんですってね(爆) アイルランドの片田舎でどじょうをすくっていたところに(ウソです)、Kevieさまが通りかかってスカウトしたとか(コレは本当の話)



e0059574_042799.jpgJames Franco(1978生まれ)
加藤雅也に通じる顔立ちだと勝手に思ってます。ちんまり綺麗にまとまったパルファムのCMより、デビュー当時の小汚くてぼ~っとしたガキンチョJamesのほうが良かったなぁ。小っちゃく縮めてキーホルダーにぶら下げて持ち歩きたい(*^^*)



e0059574_044170.jpgJesse Williams(1981年生まれ)
この目ぢからに勝てる人がいたら、今すぐ名乗り出て下さい!あ、腕相撲じゃないですよ、目ぢから部門ですからね。



e0059574_045496.jpgFrançois Arnaud(1985年)
おぉ、セミロングが素敵な甘いマスク(*^^*) 一緒にパリの路地裏カフェで、お喋りしたいです。そのあと公園を散歩しながら2人でマーガレット摘んで、花輪を作っちゃったりなんかしてねーーー(ё_ё;)



e0059574_05581.jpgあら、ふだんの髪型はこーなの?ちょっとガッカリ。なんかテンション下がるわぁ↓↓↓ 若い頃のJohn Travoltaって気がしないでもないんだけど?!



[PR]
by amore_spacey | 2012-05-02 00:06 | My talk | Comments(4)

Horrible Bosses (モンスター上司)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_312375.jpg
【あらすじ】 Nick(Jason Bateman)・Kurt(Jason Sudeikis)・Dale (Charlie Day)の3人は、それぞれ耐えがたい上司の下で毎日うんざりする日々を送っていた。自ら会社を辞めるつもりはない3人は、少しでも仕事をマシにするため、怪しげな酒飲みで自称「殺人コンサルタント」(Jamie Foxx)のアドバイスを受けて、絶対に成功する「上司排除計画」を練る。しかしいざ実行に移すと、そこには大きな落とし穴が…。


e0059574_315259.jpg
無料鑑賞券をもらったので、一般公開に先駆けて観に行ってきた。Kevin SpaceyやColin FarrellやJennifer Aniston(幾つになってもキュートで可愛い)やJamie Foxxなど、ベテラン役者が適材適所で好演したお陰で、何とか作品として形を成していたかな。嫌味たらたら&ねちねちの底意地悪い上司をやらせたら、Kevinは間違いなく№1★ 『ザ・プロデューサー』のBuddy Ackermanを思い出して、懐かしいなぁ&彼も歳とったな。


e0059574_32532.jpg
Colin FarrellやJennifer Anistonの壊れっぷりや、Jamie Foxxの無責任ぶりもありえない(Ф_Ф;) Colin Farrellってストイックな2枚目路線でハリウッド街道を突っ走っていくのかと思ったら、こういうハチャメチャな役が意外にハマるのね。昔は苦手だったが、『イン・ブルージュ』を観て、「おっ?こんなColinもありだな。というかこっち系のほうがいいな。」と彼への好感度は更に上昇中。このバーコード頭↑↑↑(って肝心の頭の画像が切れてる…)は、彼の提案だったらしい。ひょっとするとこういうノリがお好き?^^

それにしても部下の3人は、おバカすぎて話にならん!ダークな雰囲気でちらっと登場したIan Gruffddが、これまた頭のネジの緩んだ男なのだ(≧∇≦) エンドロールもお見逃しなく。NGシーンが挿入されて、クスっと笑える。さらっと観るのによいコメディである。

製作国:U.S.A.
初公開年:2011年
監督:Seth Gordon
キャスト: Kevin Spacey, Colin Farrell, Jennifer Aniston, Jamie Foxx, Jason Bateman, Jason Sudeikis, Charlie Day, Ian Gruffdd, Donald Sutherland ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-08-12 03:05 | Kevin Spacey | Comments(0)

Horrible Bosses

e0059574_2581275.jpg
Horrible Bossesの画像が配信されました~♪
左からKevin, Jason Bateman, Charlie Day


e0059574_2574284.jpg
Colin Farrell & Jason Sudiekis
Colinはコメディ路線でいったほうが絶対にイケると思うな。


e0059574_2582928.jpg
Charlie Day & Jennifer Aniston

製作国:U.S.A.
公開予定:2011年7月8日
監督:Seth Gordon
キャスト: Kevin Spacey, Colin Farrell, Jennifer Aniston, Jamie Foxx, Jason Bateman, Jason Sudiekis, Charlie Day ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-04-11 03:01 | Kevin Spacey | Comments(0)

In Bruges (ヒットマンズ・レクイエム)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

ネタばれあり。

e0059574_0443259.jpg
ベルギー西部にある水の街ブルージュ。殺し屋Ray(Colin Farrell)とKen(Brendan Gleeson)にとってここが人生最後の目的地になりそうだった。彼らのボス・Harry(Ralph Fiennes)によってクリスマス直前にこの街へ送られ、命令があるまで2週間待機することになっているのだ。殺しの仕事で罪のない子供を誤射してしまったRayはそのことにずっと苛まれ、Kenはそんな彼を父親のような目で心配していた。そしてHarryからの電話を受けたとき、2人の休暇は一転、生と死を賭けた闘いへ発展する...。



e0059574_0444793.jpg
昨冬訪れた懐かしいブルージュの風景、とりわけ夜景が心に染み渡るように美しい。そんな古都を背景に、いったい何回Fワードが登場したんだろ?殺し屋同士で交わされるブラックジョークは、腹を抱えて笑うたぐいのものではないけれど、緊迫したシーンの中でつい滲み出る人間の間抜けな(人間臭い?)心模様がよく映し出されていた。Colin Farrellが苦手でこの作品をすぐに観なかったのだが、ベテランに囲まれて浮くことなく演じているじゃないか。トレードマークの極太眉毛は困ったワンコみたいな「ハの字」(^^) いつもの行け行けColinとはちょっと違う。2枚目半の彼ってなかなかいい。



e0059574_0445929.jpg
Ralph Fiennesの悪役ぶりには、いつもながら唸る。意外に小柄なんだな。あの不気味さは、Kevieさまに通じるものがある。吹き替えの声が、「セブン」のJon Doeをも担当した方なので、凍りつくような恐怖に髪の毛が逆立ってしまった。その彼もカトリックの罪の意識(=無垢な子どもの命を奪う)に苛まれ、ピストルを口に突っ込んで死んでいく。古都ブルージュを背景に 真正面からは笑えぬような笑いや、アメリカ人嫌いを前面に押し出した、ちょっぴりへんてこりんな作品だった。キャストの面々から、派手にもっとドンパチやるのかと構えすぎてました。苦笑

製作国:U.K., U.S.A
初公開年:2008年
監督:Martin McDonagh
キャスト:Colin Farrell, Brendan Gleeson, Ralph Fiennes, Clémence Poésy, Jérémie Renier, Thekla Reuten, Eric Godon ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-07-18 00:47 | - Other film | Comments(2)