「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Cristiana Capotondi ( 7 ) タグの人気記事

La mafia uccide solo d'estate (マフィアは夏にしか殺らない)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0224023.jpg
【あらすじ】 1970年代のパレルモ(シチリア)。マンマがArturo(Alex Bisconti)を身ごもったのは、Viale Lazioの惨劇が起きた日だった。そんな腐れ縁のせいか、Arturoの人生の節目にはいつもマフィアによる殺人が起こっていた。マフィアに関する彼のアンテナは、成長とともに研ぎ澄まされていく。小学生になったArturoは、転校生のFlora(Ginevra Antona)に一目惚れする。何とか思いを伝えようと奮闘するが、空回りするばかり。念願かなって新聞記者になったArturo(Pif)は、ある日偶然Floraに再会する。


e0059574_0225829.jpg
「これは僕の伝記映画ではない」とPierfrancesco Diliberto(=Pif)監督は断りつつも、パレルモに生まれ育った彼の脳裏に焼きついた、子どもの頃に見た幾つもの風景が、作品に織り込まれている。戦時中にも笑いがあったように、隣に暮らすマフィアが気がかりではあるけれど、Arturoにも1970年代に育った子どもたちが体験するような日常的な出来事があり、笑ったり地団太踏んだりの毎日を送っている。他の地域の子どもたちと違うのは、マフィアが自分の生活圏内にいること。Arturoのように聡明な子なら小さい頃から、「マフィアって何?」の自問自答を繰り返し、マフィアに対する自分の立場をはっきりさせていくに違いない。大多数の大人たちが見て見ぬフリするマフィアの存在を、Arturoは敢えて掘り起こし、問題提起する。この作品は子どもの目線でマフィアの問題を描いたところが斬新で、ぐっと身近なものとしてとらえることができた。


e0059574_0231281.jpg
マフィアの闘争事件&拳銃事件は、日常的に報道されている。この国に暮らし始めたばかりの頃は、「えー、ホントにマフィアっているんだぁ」なんて能天気なことを思っていたが、それは私の暮らしの圏外で起きた、自分とは無関係な事件だからだった。何年か前に近くのピッツェリアが爆破されてメチャメチャになったときには、さすがに震え上がった。マフィアが絡んでいたそのピッツェリアは、ショバ代を払わなかったため、焼き討ちの刑に遭ったのだ。このピッツェリアには1度も行ったことはないけれど、その界隈をよく通るので、自分の生活圏が脅かされたかのような恐怖を抱いた。


e0059574_024167.jpg
MTVの某番組でPifをよく見かけた。バカなことばかりやるチャラけたテキトー人間と思っていたら、ついこの間は助監督として、今回は監督としてデビューを果たした気骨のあるサプライズ男だ。あら、パパも監督なのね。

製作国:Italy
初公開年:2013年
監督:Pierfrancesco Diliberto(本名)
キャスト:Cristiana Capotondi, Pif(芸名), Antonino Bruschetta, Barbara Tabita, Rosario Lisma, Leonardo Amato ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-30 00:25 | - Italian film | Comments(0)

La kryptonite nella borsa (バッグにはクリプトナイト)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_045648.jpg
【あらすじ】 1970年代のナポリ。9歳のPeppino(Luigi Catani)は、パパAntonio(Luca Zingaretti)・マンマRosaria(Valeria Golino)・若き叔父Salvatore(Libero De Rienzo)・若き叔母TiTtina(Cristiana Capotondi)・祖母と、ちょっと騒々しくも微笑ましい大家族に囲まれて暮らしている。そんなPeppinoには、自分がスーパーマンだと信じている風変わりな従兄Gennaro(Vincenzo Nemolato)がいた。しかしPeppinoの心の支えだったGennaroが突然事故死する。その上Peppinoのマンマは夫の浮気を目撃したショックで、寝込んでしまう。そんなこんなで家族の調和が崩れ始め、Peppinoは先行き不安な生活に向き合うことになる。タイトルのクリプトナイトは、スーパーマンの唯一の弱点となる鉱物の名前。


e0059574_0451689.jpg
物語がどっちに向かっているのかさっぱり見当がつかず、「何だかなぁ?」ともやもやしているうちに作品が終わった。70年代に流行ったヒッピーやファッションや音楽は十分堪能できるが、う~む。Luca ZingarettiはIl Commissario Montalbanoの警部役で、つるんとしたやかん頭がトレードマークとして定着しているだけに、本作品のような中途半端に髪のある彼って、イタリアの磯野波平?な感じで、違和感あるな。妙に中年の嫌らしさが漂ってるし(苦笑) Capotondiちゃんは、いつ見てもキュートで可愛い(*^^*)

製作国:Italy
公開年:2011年
監督:Ivan Cotroneo  
キャスト:Valeria Golino, Luca Zingaretti, Cristiana Capotondi, Libero De Rienzo, Luigi Catani, Vincenzo Nemolato, Fabrizio Gifuni ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-09-17 00:46 | - Italian film | Comments(2)

La Passione(ラ・パッショーネ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1545311.jpg
【あらすじ】 5年間も映画を作ることができずスランプの映画監督Gianni Dubois(Silvio Orlando)は、プロダクションから新作のプロットを早く出すように催促されている。しかし彼が所有するトスカーナの小さな街の貸家で水漏れがあり、下の階に隣接する教会の歴史的な宗教画が無残な姿になっていた。そこでこの街の市長(Stefania Sandrelli)が、聖なる金曜日に上演される「キリスト受難」の演劇の監督をしてくれるなら、文化財毀損の告発はしないという交換条件を出してきた。


e0059574_1552194.jpg
Silvio Orlando・Giuseppe Battiston・Corrado Guzzantiと、非常に濃いキャラの役者が勢揃いするというので、「キリスト受難」という宗教的な内容に幾分引っかかりながらも観てみた。うーん、ハズレ。これだけ豪華キャストが揃ったのに、何だか中途半端な終わり方でガッカリだった。が、1つだけ収穫あり。映画の中のGuzzantiを初めて観たが、強烈だー!存在感がある。怪しげなオーラを放っている。そして耳にスパーンと飛び込んでくる、艶と張りのある声がとても気持ちよい。彼の怪演の陰に隠れて、今回はGiuseppeがいつもより小さく見えたぞ(笑) 

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Carlo Mazzacurati
キャスト:Silvio Orlando, Giuseppe Battiston, Corrado Guzzanti, Cristiana Capotondi, Stefania Sandrelli, Kasia Smutniak ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-21 01:55 | - Italian film | Comments(0)

Volevo solo dormirle addosso

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_0281548.jpg
【あらすじ】 有能な青年マネージャーMarco Pressi(Giorgio Pasotti)に、法外な昇進の話が持ちかけられた。3ヵ月の間に25人の社員を解雇すること。それが昇進の条件である。生来の生真面目さで着々と解雇は進んだが、ストレスや過労、そして友人以上恋人未満のLaura(Cristiana Capotondi)との関係が、今ひとつ安定しない心を抱えてさまよい出た夜のディスコで、Angelique(Faju)に出会う。



e0059574_0282928.jpg
青リンゴを齧るGiorgio Pasottiは、若いのに老成&世の中を達観した不思議な役者だなぁと思う。ちょっぴり近づき難いオーラをまとっている。私生活では黒帯のカラテ・キッドなのね。



e0059574_0285526.jpg
イタリアのTV『R.I.S.5』にも出ている市川純の京劇風メイクは、かなりコワイぞー。 

製作国:Italy
初公開年:2004年
監督:Eugenio Cappuccio
キャスト:Giorgio Pasotti, Cristiana Capotondi, Faju, Massimo Molea, Antonino Bruschetta, Marcello Catalano, 市川純 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-09-11 00:31 | - Italian film | Comments(0)

Ex (元カレ/ カノ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_22482215.jpg
【あらすじ】 転勤で国を越えた遠距離恋愛になってしまうカップル、離婚するにあたってお互いに子供の親権を放棄しようとする夫妻、元恋人をあきらめきれず、新しい恋人が出来ようものなら脅迫して別れさせようとするストーカー警官、結婚間近なのに神父になったかつての最愛の恋人に出会ってしまったスーパーのレジ係など、問題を抱えた様々な年齢のカップルや夫婦の6つのエピソードが絶妙に織り交ぜられながら、愛の素晴らしさや切なさが描かれる。



e0059574_22483557.jpg
エピソードを盛り込みすぎて尻切れトンボに終わった『バレンタインデー』と大きく異なり、こちらは登場する男女が多いにもかかわらず、各々の繋がりや絡み具合に無理がなく(あんな偶然はありえない!という無粋な突っ込みはやめよう)、どの役者もハマり役で巧い!Silvio Orlando扮するLucaと妻が繰り広げる汚い言葉てんこ盛りの罵りあいは、イタリアのどこかで日々展開されているリアルな喧嘩そのもの。だから私たちは腹を抱えて笑いながらも、あのシーンに自分の姿を重ねて、ふっと恥ずかしくなり内省するのだ。

親権放棄をしようとする夫婦に「大切なのは家族の絆ですよ」と正論を振りかざす判事が、家に帰れば長年連れ添った妻に暴言を浴びせる、なんてのはよくある風景だ。Silvioの逆切れぶりがすごいや(≧∇≦) ああいうシーンはイタリア女(Giovanna Mezzogiornoの十八番)だけのものと思ってたけど、男もやるじゃないか。彼と言いAntonio Albaneseと言い、ずんぐりむっくりで見るからに風采が上がらない。地味な哲学者や実直な公務員がピッタリで、何を考えているのかちょっぴり謎。でも本音をむき出しにした時に人間味が滲み出る可愛い男たちである。状況を冷静に客観的に判断する子どもたちには、いや、参った。うちの娘と似たり寄ったり(汗) 真実を突いているだけに、大人は口をあんぐり。どのエピソードも丸く収まるかに見えるが、同じようなことが第2ラウンド、第3ラウンド…と続くんだろうな。



e0059574_2248482.jpg
しかし、たまげた。1997年のサンレモ音楽祭で優勝したJalisseの♪ Fiumi di parole ♪(音が出ます!)を、こんなところで聞くとは!後にも先にもヒット曲はアレだけで、優勝後ポップス界から姿を消したと思っていたのに、地方巡業や温泉町で細々と歌っていたのかしらん?大好きなBiagio Antonacciの♪ Tu mi piaci ♪(音!) がとても効果的に使われていたのは嬉しかった(^^) 日本語タイトルもうまいっ!

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Fausto Brizzi
キャスト:Claudio Bisio, Elena Sofia Ricci, Nancy Brilli, Cristiana Capotondi, Fabio De Luigi, Alessandro Gassman, Claudia Gerini, Silvio Orlando, Gianmarco Tognazzi ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-05-21 00:01 | - Italian film | Comments(4)

Rebecca, la prima moglie (レベッカ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

Alfred Hitchcock監督の『レベッカ』(1940年)をTV映画用にリメイク。


e0059574_23423980.jpg
          ロケ中のトリオ



e0059574_23425875.jpg
          記者会見中のトリオ



e0059574_23431670.jpg
          ロケ中のMax De Winter夫妻



e0059574_23543934.jpg
記者会見中のMax De Winter夫妻

うーむ、アタクシはAlessio Boni様を過大評価してましたかねぇ?
前回のTV映画『カラヴァッジョ』といいこの『レベッカ』といい、時代劇?のAlessio様はイマイチ歯切れがよくない。『La Meglio Gioventu (輝ける青春)』の弟Matteoを演じた時には、確かにいい役者だと思ったのだ。それともあれは、監督や共演俳優に恵まれていたからよかったのだろうか?同じことがCristiana Capotondiにも言える。彼らは現代設定のほうが、持ち味をより生かすことができるような気がするのだ(ってアタシに言われたくないよね)。レベッカを21世紀の現代ヴァージョンに脚本し直してやってみたら、面白いだろうに。



e0059574_23455584.jpg
かつてのレベッカ付きの使用人で、邸宅を取り仕切るDanvers夫人。怖っっ★



e0059574_23461253.jpg
Mariangela Melato様、メイクによるところもあるけれど、それにしてもDanvers夫人のあの不気味さ・憎らしさはすごかったぞ。背筋ぞわ~っ。さすがは舞台女優でございます。この映画はあなたのためにあったと言ってよいでしょう。主役を奪ってましたものね(^^)


製作国:Italy (TV Raiuno)
初公開年:2008年
監督:Riccardo Milani
キャスト:Alessio Boni, Cristiana Capotondi, Mariangela Melato, Omero
Antonutti, Thomas Arana, Roberto De Francesco ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-04-10 00:12 | - Italian film | Comments(2)

Notte prima degli esami

私のお気に入り度 ★★★★☆(91点)

e0059574_17322897.jpg
イタリアの高校を卒業する前には、全国統一テスト(筆記&口答)をクリアーしなければならない。卒業試験というヤツだ。このテストを控えた同い年の男女の心模様を、80年代後半という舞台設定の中で、じわじわ心に染みるシーンを丁寧に重ねながら描き出している。



e0059574_17334335.jpg
どうしてこうドジで間が悪いんだろう?というヤツがどこにもいるが、主人公ルカ(Nicolas Vaporidis)がまさにこのタイプ。


e0059574_17344472.jpg
一目惚れした同い年の女の子クラウディア(Cristiana Capotondi)が、実はルカの通う高校の中で、一番嫌われている教師(Giorgio Faletti)の娘だなんて…。


e0059574_17351374.jpg
でもルカは友だちに恵まれている。良くも悪くもいいヤツばかりなのだ。悪戯をしかけたり煽動したりする、ちびっ子のような悪ガキ連中だけど、本音のところでは限りなく優しくて、酸いも甘いも分かち合える仲間たち。

イタリア人ではない私には、高校卒業前の全国統一テストといった体験が過去にないので、「ふ~ん、そうなのか?」で終わってしまって、気持ちにぴったり添う作品ではなかった。けれど、何度も見直しているうち、17~18歳の頃に戻り、甘酸っぱくて恥じらいのある青春真っ只中のあの時代を思い出して、とても懐かしくなった。

ローマの風景がよい。昼間のシーンも夜のシーンも。使われている音楽がこれまたよい、非常によい♪ ふんだんにちりばめられた大好きな80年代のポップスが、この作品と私の距離を縮めてくれる。前評判はあまりよくなかったが、公開されてから口コミで作品のよさが人から人へと伝わり、イタリア人の気持ちをがっちり掴んだこの作品は大ヒットした。

《この映画で使われた曲目》
Don't Stop Me Now (Queen)
Notte Prima Degli Esami (Antonello Venditti)
Cosa Rester・Degli Anni ・0 (Raf)
Wild Boys (Duran Duran)
Gioca Jouer (Claudio Cecchetto)
Lamette (Donatella Rettore)
Noi I Ragazzi Di Oggi (Luis Miguel)
The Final Countdown (Europe)
Settembre (Antonello Venditti)
Ultimi Giorni Di Scuola (Bruno Zambrini)
I Miei Migliori Amici (Bruno Zambrini)
Luca E Claudia (Bruno Zambrini)
La Carogna (Bruno Zambrini)
Un Nuovo Amico (Bruno Zambrini)
Woodstock (Bruno Zambrini)
Dopo Gli Esami (Bruno Zambrini)

Save A Prayer (Duran Duran)
Self Control (Raf)
Terra Promessa (Eros Ramazzotti)
Sweet Dreams (Are Made Of This) (Eurythmics)
Girls Just Want To Have Fun (Cindy Lauper)
Rock 'n' Roll Robot (Alberto Camerini)
Wake Me Up Before You Go Go (Wham!)
I Like Chopin (Gazebo)
Survivor (Mike Francis)
Wishing Well (Terence Trent D'arby)
Walk This Way (Run Dmc Feat. Aerosmith)
Eye Of The Tiger (Survivor)
Eye In The Sky (Alan Parsons Project)
Sexual Healing (Marvin Gaye)
Albachiara (Vasco Rossi)
Stand & Deliver (Adam & The Ants)
Should I Stay Or Should I Go (The Clash)
You Spin Me Round (Dead Or Alive)

製作国:Italy
製作年:2006年
監督:Fausto Brizzi
キャスト:Giorgio Faletti, Cristiana Capotondi, Nicolas Vaporidis, Valeria Fabrizi ...
[PR]
by amore_spacey | 2006-11-12 17:38 | - Italian film | Comments(4)