タグ:Daniel Brühl ( 4 ) タグの人気記事

ラッシュ/プライドと友情 (Rush)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_02248.jpg
【あらすじ】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、Niki Lauda(Daniel Brühl)とJames Hunt(Chris Hemsworth)が、激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったLaudaは、ドイツ大会の大事故で、大火傷を負いながらも、事故後6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでシリーズ最後のレースに臨む。(作品の詳細はこちら


e0059574_0222059.jpg
Ayrton SennaやAlain Prost以降のF1しか知らないけれど、それでも十分に楽しめた。後半はアドレナリン上昇マックスで、コックピットやレーサーが座る低い位置からとらえた、スピード感があり、臨場感あふれる映像は圧巻だった。まるで自分がハンドルを握って、マシンを走らせているかのようだ。鳥肌が立つようなF1マシンのエンジン音や、Hans ZimmerのBGMが、更に雰囲気を盛り上げ、めちゃくちゃかっこいい。レース終了後は、緊張が解けて私もぐったりでした。


e0059574_0223222.jpg
e0059574_0224554.jpg
しかし何と言っても、キャスティングの素晴らしさに唸った。主役の2人を演じるDanielとChrisが、本人たちに良く似ているだけでなく、キャラの演じ分けがお見事というほかはない。Chirs演じるHuntのチャラ男っぷりには、笑いました。「おれが首位をとってやる」という単純なライバル意識が、レースを重ねるうちに、互いを高めあう最高のパートナーとなり、成熟した大人の友情が生まれる。その過程をクールな視点で描き、主役の2人が絶妙の呼吸で演じた。


e0059574_0232720.jpg
e0059574_023397.jpg
『グッバイ、レーニン!』で初めてDanielを観て以来、時おりふっと気になる役者だ。見るからに生真面目ではにかみ屋、思慮深くて真っ直ぐで一途なんだけど、不器用な性格が時に災いすることもある。そんな彼を見ていると、思わず母性本能が刺激される。薄い唇をきっと結んだ表情が、特に好き。安定した演技は、実力派として今後も大いに期待できそうです。そんな彼がLauda役に抜擢されたのは、宿命でしょう。残念なのは、邦題のサブタイトル。プライドと友情って...?あまりにも雑な処理に、泣けてきます。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-19 00:23 | - Other film | Comments(6)

Burnt (二ツ星の料理人)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_1712159.jpg
【あらすじ】 Adam Jones(Bradley Cooper)は数年前、パリの一流レストランでシェフとして働き成功をおさめた。しかしすぐにカッとなる短気な性格や傲慢な態度が災いして一気に転落。薬物やアルコール依存症になり、同業者や業界の人々に多大な迷惑をかけ、また多額の借金を背負ったまま姿を消した。数年後ロンドンを訪れたAdamは、ミシュラン・ガイドの三ツ星獲得を目標に再起を懸け、昔の仲間たち1人1人に声をかけて、レストランの厨房チームに引き入れていくのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_1712118.jpg
e0059574_17122175.jpg
ストーリーに意外性はなく、ほぼ想像通りの結末を迎える。クリスマスからお正月にかけてご馳走三昧でお腹一杯なのに、厨房の調理シーンやカラフルな食材や芸術のような料理が、私の目を楽しませてくれた。Bradley Cooperの作品を観るのは、たぶんこれが初めて。マッチョなBradleyが厨房で腰をかがめ、皿に吸い込まれるようにして盛りつける姿が印象的だった。生意気なガキ大将がそのまま大きくなったように見えるところは、料理の腕こそ確かだが人間的には未熟なAdamそのもと言ったところ?


e0059574_17123154.jpg
レストランマネージャーを演じたDaniel Brühlも、生真面目な中にコミカルな部分をちらっと見せて、キュートで良かった。黙々と仕事をこなし、うわべはクールなんだけど、Bradleyにからかわれて、思わずポッと赤面するシーン、あれは可愛らしかったなぁ。彼、いじられキャラかも。


e0059574_17124164.jpg
e0059574_17125067.jpg
e0059574_17131351.jpg
e0059574_17132819.jpg
一瞬誰だか分からなかったUma Thurman、顔をいじりすぎて一気に老けた。人気上昇中のAlicia Vikanderは可愛いお嬢さん、それ以上でも以下でもなし。安定した脇役のEmma Thompson。Sienna Millerの負けず嫌いで勝気な表情は、魅力的で好感が持てる。


e0059574_17134115.jpg
e0059574_17135373.gif
e0059574_1714554.jpg
ほどよく力の抜けたRiccardo Scamarcioをみて、いい役者になったなぁと叔母のようにしみじみ。2年前に英国デビューを果たし、昨年はロンドン・スパイでも顔を見せてくれたが、次はいよいよ米国デビュー。John Wick 2の公開が待ち遠しい。本作品の邦題も楽しみ。

ところで一流レストランのシェフが主役になった作品やTVの美食番組や、恒例のミシュラン番付を観るたびに思う。食べるって何なんだろう?お腹を満たすことすらままならなかった貧しい時代の食事から、豊かな食材に囲まれた美食時代の食生活。自分の能力や腕を最大限に生かして、真剣勝負するシェフたちの意気込み。一方で美味しい物や珍味を貪欲に開拓する人々。食の原点を見失うと、おかしな方向に暴走しそうだ。因みに人生最後の食事で食べたいものは、ゆかりごはんで作ったおにぎりと熱い日本茶か、醤油とわさびを少し入れたお茶漬け。


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-09 17:40 | - Other film | Comments(2)

『リフト』 『The Bourne Ultimatum』

『リフト』 (Lifted)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_5392989.jpg

《一言感想》 果たしてこの見習い宇宙人は試験に合格することができるのか?

製作国:USA
製作年:2006年

............................................................................................................
『The Bourne Ultimatum』

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_539527.jpg

《一言感想》 もうマット・ジミー大西なんて呼びません。MOTOROLAは売り上げ好調でウハウハでしょうかねぇ?^^

製作国:USA
製作年:2006年
監督:Paul Greengrass
キャスト:Matt Damon, Julia Stiles, David Strathairn, Scott Glenn, Daniel Brühl ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-12-01 05:40 | - Other film | Comments(6)

Good Bye Lenin! (グッバイ、レーニン!)

私のお気に入り度 ★★★★☆(95点)

e0059574_1592267.jpg
東西ドイツの統合前後(瞬間)の様子を、東ベルリンに暮らす一家族の視点から描いたところに、この作品のよさがあるように思います。何よりも息子アレックス(ダニエル・ブリュール)とその母親クリスティアーネ(カトリーン・ザース)の暖かい心の通い合いが全体を包み込んで、私たちを優しい気持ちにさせてくれる。母親を混乱させないため、あの手この手と必死に駆け回るダニエル・ブリュールが、一途で誠実で母親思いの青年を好演し、鑑賞後とても爽やかな雰囲気に浸りました。


e0059574_224677.jpgベルリンの壁崩壊に至る経緯や、東西ドイツ統合に関する歴史的な説明や描写を一切つけなかったのは、監督の狙いだったのでしょう。一市民にとっての壁崩壊という捉え方は、私たちの日常生活に置き換えて観ることができる。庶民レベルで、分かりやすかった。東ベルリンという近いようで遥かに遠かった街を、ぐっと身近なところにまで引き寄せてくれたような気がします


e0059574_233317.jpgヤン・ティルセンのピアノ曲がこれまたいい。寂しげで心細いメロディー(←音が出ます)なのに、何だかその曲想がクスッとおかしい。『アメリ』でも彼独特の威力を遺憾なく発揮していました。


e0059574_24486.jpg臨時合唱隊やピクルス入れ替え作業や、架空のTVニュース製作や、撤去されたレーニン像が空中運搬される様子や、紙くず以下になった瞬間の旧東ドイツ紙幣…と、ユーモラスなシーンを挙げればきりがありません。


e0059574_243224.jpg母親のピクルスの食べっぷりにはビックリしました。サンドイッチやつけ合せに、薄くスライスしたピクルスというのはお馴染みですが、彼女のように瓶から1本取り出して、丸ごとポリポリ食べちゃうなんて…、斬新。

製作国:Germany
初公開年:2002年
監督:Wolfgang Becker
音楽:Yann Tiersen
キャスト:Daniel Brühl, Katrin Saß, Chulpan Khamatova, Florian Lukas, Alexander Beyer, Burghart Klaußner ...


[PR]
by amore_spacey | 2005-12-02 02:08 | - Other film | Comments(14)