タグ:Fabrizio Bentivoglio ( 20 ) タグの人気記事

Il capitale umano (Il capitale umano)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_2271033.jpg
【あらすじ】 クリスマス・イヴの夜。北イタリアの街Brianzolaの県道で、自転車に乗った男がジープにひき逃げされた。目撃者の証言によりこの事件に、機関投資家Giovanni(Fabrizio Gifuni)とCarla(Valeria Bruni Tedeschi) の裕福なBernaschi夫妻の1人息子Massimiliano(Guglielmo Pinelli)と、破産間際にある不動産業者Dino(Fabrizio Bentivoglio)と精神科医Roberta(Valeria Golino)の中産階級のOssola夫妻の1人娘Serena(Matilde Gioli)が絡んでいることが分かった。そしてひき逃げ犯を捜査するうちに、意外な真実が明るみに出る。


e0059574_2272411.jpg
観終わったあと、言い表せない重苦しい感情に包まれた作品だった。ストーリーは淡々と進んでいく。私情を挟まない。声高な主義主張やスローガンも見当たらない。そういう厳然たる現実がある、明確なのはそれだけ。この乾いた展開が却って、どうにもならない現実をより際立たせ、「そうなんだ」と認め諦めざるを得ない。それでも割り切れない嫌な感情が、残響音のようにいつまでもくすぶり続ける。

21世紀の新興ブルジョワ階級にのし上がった有能な金融トレーダーGiovanniや、何とか窮地を脱しようともがく破産寸前のDinoは、かつてないこの不況を乗り切るためなら、なりふり構わず何だってやる。モラルや良識なんて、とうの昔に忘れてしまった。そうしなければ、自分も家族も路頭に迷ってしまう。食うか?食われるか?現実は厳しい。そんな彼らを、どうして責めることができようか?極秘に裏取引きをしたDinoやGiovanniの妻Carlaにしても、別のやりかたで真実を明らかにすることができたのに、と言うは易し。私が彼らの立場だったら、同じ手段を選んだと思う。


e0059574_2274015.jpg
そんな薄汚れた大人の中で、ひっそりと、しかし毅然と健気に生きているのが、Dinoの1人娘Serenaだ。何者にも汚されない純粋な思い。厳しい不況の中で、大人たちが見失ってしまったモラルや正義のようなもの、それを彼女はまだ手放していない。真実を見ようとする、彼女のぶれない堅固な意思が、この作品の大きな救いである。


e0059574_228281.jpg
タイトルのIl capitale umano=人的資本は、人間が持つ能力(知識や技能)を資本として捉える。この作品の場合、県道でひき逃げされた男の人間的価値で、年齢・性別・社会的地位(職業)・資格・年収・所有財産・家族の有無など、全てを指す。彼の人的資本は約3000万円と弾き出された。

製作国:Italy, France
初公開年:2014年
監督:Paolo Virzì
原作:Stephen Amidon 'Human Capital'
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Valeria Golino, Valeria Bruni Tedeschi, Fabrizio Gifuni, Luigi Lo Cascio, Matilde Gioli, Guglielmo Pinelli, Giovanni Anzaldo ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-14 02:28 | - Italian film | Comments(0)

Denti

私のお気に入り度 ★★★☆☆(66点)

e0059574_3512722.jpg
【あらすじ】 小さい頃からAntonio(Sergio Rubini)は、自分の前歯に大きなコンプレックスを抱いていた。笑ったり喋ったりするときに、ちらりと見える下駄のような前歯。そんなAntonioが大人になり結婚して娘もできたが、間もなく離婚。今は新しい彼女Mara(Anita Caprioli)と暮らしている。ある日彼女と大喧嘩した拍子に、前歯のうちの1本が折れてしまったから、さあ大変。口元へのコンプレックスは増すばかり。これを機会に前歯を何とかしようと、Antonioの歯医者行脚が始まる。


e0059574_3513769.jpg
最初から最後までグロテスクで奇妙な作品だった。特に洞窟のような胡散臭い歯科医院や、そこで働くPaolo Villaggio扮する歯医者が、不気味すぎる。あんなのを観ると、歯医者には金輪際、絶対に行きたくないと思ってしまう。しかし幼い頃から下駄のような巨大な前歯のせいで、鬱々とした性格になったAntonioにとって、歯医者は自分の人生を変えてくれる場所だった。はずなのだ。それなのに診察台に乗ると、子どもの頃の嫌な思い出ばかりが蘇ってくる。そして行き着いたのは、母親の愛情に飢えた幼いAntonioだったのだ。

船員の制服を着たFabrizio Bentivoglioが、ほんの一瞬だけ登場するが、実にいい。少し前は彼のシェフの白衣姿に萌えたばかり^^ 軍服や医師の白衣もよく似合いそうだなァ。

製作国:Italy
初公開年:2000年
監督:Gabriele Salvatores
キャスト:Sergio Rubini, Anouk Grinberg, Tom Novembre, Anita Caprioli, Fabrizio Bentivoglio, Paolo Villaggio, Claudio Ammendola, Massimo De Lorenzo ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-19 03:52 | - Italian film | Comments(0)

La balia

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_3273081.jpg
【あらすじ】 20世紀初頭のローマ。裕福な社会階級の精神科医Ennio Mori(Fabrizio Bentivoglio)と妻Vittoria Mori(Valeria Bruni Tedeschi)に子どもが生まれる。しかし妻が出産後パニックに陥り母乳が出なくなったため、赤子のために乳母を見つけなければならなかった。乳母として選ばれた農民Annetta(Maya Sansa)は、自分の赤子や家族を残して、精神科医夫妻の屋敷にやって来る。自分の子どもを抱くことすらできない母性愛の薄いVittoriaに代わって、Annettaはまるで実の母親のように赤子の面倒をよくみた。ある日Annettaは左翼デモで投獄中の夫から手紙を受け取るが、文盲の彼女はEnnioに読んでもらう。これを機にAnnettaはEnnioに読み書きを習いたいと申し出るのだった。


e0059574_3281672.jpg
La balia=乳母。Fabrizio Bentivoglioと元仏首相の奥方Carla Bruniの姉Valeria Bruni Tedeschiという、ちょっと珍しい組み合わせに食指が動いた。けれどValeriaの魅力の乏しさにがっかり。乳母を演じたMaya Sansaが、きらきら輝いていた。


e0059574_3274533.jpg
育ちのよさがにじみ出ている精神科医@Fabrizio Bentivoglioは、言うまでもなく素晴らしかった。ますます彼にのめりこんでしまいそう(*^^*)

製作国:Italy
初公開年:1999年
監督:Marco Bellocchio
原作:Luigi Pirandello "In silenzio"
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Valeria Bruni Tedeschi, Maya Sansa, Michele Placido, Elda Alvigini, Pier Giorgio Bellocchio ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-17 03:28 | - Italian film | Comments(0)

Un'anima divisa in due

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0305793.jpg
【あらすじ】  Pietro Di Leo(Fabrizio Bentivoglio)はミラノのデパートで、警備員として働いている。妻(Philippine Leroy-Beaulieu:)とは別居中で、週末になると息子が会いに来る。同じデパートの化粧品売り場で働くLidia(Silvia Mocci)とは、恋人未満の関係。何もかもが中途半端の彼は、時々精神不安から鼻血が出たり、突如として怒りが爆発したりする。そんなある日勤め先のデパートで、ジプシー  の少女Pabe(Maria Bakò)に出会う。彼女と関わっていくうちに不思議な感情が芽生え、Pietro Di Leoは彼女をジプシーの生活から救ってやりたいと思うようになった。そして彼女と一緒にミラノから脱出して、逃亡生活をしようと企てる。本作品でFabrizio Bentivoglioは、1993年第50回ヴェネチア映画祭の主演男優賞を受賞。


e0059574_031910.jpg
普通に暮らしていたら、どこかですれ違うだけの2人。1人はミラノのデパートの警備員Pietro、もう1人はジプシーの少女Pabe。彼女のことがなぜか気になる。それがきっかけだった。PietroとPabeの間には、燃え上がるような男女の愛というより、彼女を守ってやりたい、何とかしてやりたい、という父性愛に近いものがあった。ぽっかりあいた彼の心を埋めるのに、彼女の存在は大きかった。逃亡生活は無謀で有り得ないとはいえ、「いい夢を見させてもらったぜ」 冒険にわくわくする少年のようなPietroや、外界におびえる子どものようなPabeに、愛しさを感じた。

Fabrizio Bentivoglioが若い。20年前だから36歳かぁ。彼には男女の関係をこえた優しさがにじみ出ていて、たまらなく好きだ。ちらっと出てくるGiuseppe BattistonやAntonio Albaneseも若い。Antonioはむかしから頭の真ん中がつるつるだったんだぁ(爆) 

製作国:Italy
初公開年:1993年
監督:Silvio Soldini
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Maria Bakò, Philippine Leroy-Beaulieu, Jessica Forde, Felice Andreasi, Silvia Mocci, Giuseppe Battiston, Antonio Albanese ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-16 00:31 | - Italian film | Comments(0)

Testimone a rischio

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_071693.jpg
【あらすじ】 セキュリティ・システムのセールスマンPiero Nava(Fabrizio Bentivoglio)は、妻Franca(Margherita Buy)と小さな2人の子どもたちと共に北イタリアに暮らしている。1990年9月21日の朝、彼はアグリジェントのクライアントに会うため、シチリアの高速道路を走っていた。その道中に目撃した妙な事故が気になり、警察に連絡する。彼が見た事故は、実はマフィアの一味がRosario Livatino判事を殺害した大事件だったのだ。警察の要請により、Pieroは当時の様子を証言する。重要な目撃者となったPieroは家族とともに、Nardelli検査官(Claudio Amendola)率いる警官たちの保護下におかれ、仕事も自宅も捨てて、転々と仮住まいを続けることになった。


e0059574_082139.jpg
この作品は、目撃証言をした一市民を守ることができない国や制度に対して痛烈な批判を投げかけている。証言者保護は、あくまでも犯人を見極めさせ、証言台に立たせて勝訴するためだけ。証言者の私生活など関知しない。国はそういうスタンスで、証言者は都合よく使い捨てられる。ある意味、国というのはマフィア以上に一筋縄ではいかない厄介なものなのだ。

正しいことや正義が評価されることもあれば、面倒なことの引き金になることもある。この作品は後者のよい例。マフィアの追っ手から逃れるため、証言者家族は普通に営んできた暮らしを捨てねばならなかった。自由を奪われ、夫婦の間も険悪になる。事件を見なかったことにすればよかったのに。このNava一家と国の板ばさみになったNardelli検査官のような人が、国や警察の上層部に居て欲しいのに、現実はいつも冷酷なもの。


e0059574_083512.jpg
名前を変え全く見知らぬ土地で暮らすことになった一家。最後にPieroはこう呟く。「この一件によって、私も妻も以前より丸く寛容になった気がする。」 今まで築いてきたものを全部奪われてしまったのに、そんな台詞が吐けるなんて、泣けるじゃないか。それがFabrizio Bentivoglioの口から出た言葉だから、何があっても人生を投げちゃいけないな、と思わせてくれる。

製作国:Italy
初公開年:1997年
監督:Pasquale Pozzessere
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Claudio Amendola, Arnaldo Ninchi, Margherita Buy, Carlo Cartier, Maurizio Donadoni, Paolo Montevecchi, Paolo Maria Scalondro ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-12 00:08 | - Italian film | Comments(0)

Del perduto amore

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0315535.jpg
【あらすじ】  1958年、プーリアにある小さな村。熱血漢の共産党員である若い教師Liliana(Giovanna Mezzogiorno)は、天井もない廃墟を学校がわりにして、村の少女たちに教えていた。そんな彼女に淡い恋心を抱く14歳のGerardo少年(Pietro Pischedda)は、宗教への純粋な思いと篤い信仰心から、将来は教会の司祭になりたいと思っていた。何もない荒涼とした村や暴君のような教会の司祭、キリスト教民主党員と共産党員のぶつかりあい、少年から青年への過渡期にあるGerardoの、Lilianaに寄せるプラトニックな思いなどが、大人になったGerardo(Michele Placido)の脳裏に浮かぶのだった。


e0059574_032678.jpg
Fabrizio Bentivoglioが出ているからというだけで観はじめたら、これがなかなかよかった。彼はGerardo少年の父親役で、今回はプーリア地方のアクセントで喋っている。いつもよりさらに庶民的で土着の人間臭さがにじみ出て、「お父さん」より「オヤジ」とか「とーちゃん」と呼んだほうがふさわしい雰囲気。そんな彼が夕食の席で、生の唐辛子をかじるシーンがある。「これはなァ、血のめぐりをよくするんだから。お前も食べろ」と息子にも食べさせる。彼は食事のときにも帽子をかぶったまま。ミサなど改まった場所に出かけるときは、スーツを着て精一杯のおめかしをする。自分の無学をどこかで恥じているところがあるのだ。女房は何が気に食わないのか?いつも喧嘩腰。そんな状況の中でも、飄々として生きているFabrizioがよかった。

Gerardo少年を通して、子どもの頃にあったはずの純粋で潔癖な気持ちを思い出し、ちょっぴり胸がきゅんとなった。それにしてもSergio Rubiniってどんだけ嫌なヤツなんだ?嬉しいサプライズは、Giovanna Mezzogiornoの女性らしい優しさや柔らかい一面に触れることができたこと。15年前の作品だから、当時彼女は24歳。ふっとした表情や横顔に、少女の頃の面影が蘇り、「あ、可愛いなぁ」と初めて心の底から思った。いや、彼女って可愛いんだけど、いつもヒステリー起こして切れまくってる役が多いから、素直に可愛いなぁとは思えなかったの。プーリア地方のアクセントは、分かり辛かったな。I need 字幕~!

製作国:Italy
初公開年:1998年
監督:Michele Placido
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Pietro Pischedda, Fabrizio Bentivoglio, Rocco Papaleo Enrico Lo Verso, Rino Cassano, Michele Placido, Sergio Rubini ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-15 00:32 | - Italian film | Comments(0)

La lingua del santo (聖アントニオと盗人たち)

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_228910.jpg
【あらすじ】 パドヴァ。元高級文具セールスマンのWilly(Fabrizio Bentivoglio)は、失業しただけでなく妻のPatrizia(Isabella Ferrari)とも別居している。Antonio(Antonio Albanese)はしがないラグビー選手で、ベンチを温めていることがほとんど。そんな冴えない40代の2人の男が、ひょんなことから泥棒コンビを組むことになった。ある夜、「仕事中」の2人は運悪く警官に見つかり、聖アントニオ大聖堂に逃げ込んだ。そのどさくさに紛れて、Antonioが大聖堂にまつられている聖人の尊い舌を盗み出して来てしまったから、マスコミやジャーナリストは大騒ぎ。2人はこれをネタに、何億ものの身代金をゆすり取ろうと計画した。金は受け取りたいが、逮捕されるのは真っ平御免である。さあこの計画はうまくいくのか?


e0059574_228214.jpg
コメディでありながら、笑い飛ばすだけに終わらない作品だった。Willyを演じるFabrizio Bentivoglioがナレーターも務める。この作品は彼の視線で展開していくのだ。彼の心の奥底で揺れ動く気持ちが、ある時はパドヴァの街中、ある時はヴェネト州の丘、またある時はヴェネツィア沖のラグーナを背景に描かれる。『ある海辺の詩人 ~ 小さなヴェニスで ~』の中にも登場したラグーナは、観光客が押し寄せている水の都ヴェネチアの喧騒から遠く離れたところで、静かに潮の満ち引きを繰り返す。ここにやって来ると、Willyはほっとする。自分自身を取り戻すことができる。ドタバタ事件に巻き込まれ、いつになく喜怒哀楽の感情を揺さぶられたが、ラグーナで素の自分に戻った。そこで自分の人生にとって大切なものを見つけるのだ。ヴェネトのアクセントで話すFabrizioがいいね。

製作国:Italy
初公開年:2000年
監督:Carlo Mazzacurati
キャスト:Antonio Albanese, Fabrizio Bentivoglio, Toni Bertorelli, Ivano Marescotti, Isabella Ferrari, Marco Paolini ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-11 02:28 | - Italian film | Comments(0)

Un eroe borghese

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_384734.jpg
【あらすじ】 1974年ミラノ。民事弁護士Giorgio Ambrosoli(Fabrizio Bentivoglio)は銀行資本家Michele Sindona(Omero Antonutti)が所有する銀行の管財人(破産した銀行を清算する)に任命される。捜査を進めていくうちに、国や大物政治家やマフィアやバチカンの癒着、そして彼らの間で黒い金のやり取りがあっとことが分かった。しかしこれが明るみに出るのは、Sindonaや関わった連中には非常に都合が悪い。そこでSindonaはGiorgioが捜査から手を引くよう交換条件を出したり、暗殺をほのめかす脅迫電話をかけたりしたが、Giorgioは屈することなく、財務警察の准尉Silvio Novembre(Michele Placido)とともに捜査を進めた。1979年7月11日深夜Giorgioは、Sindonaの殺し屋に暗殺された。実際に起きた事件をもとに書いたCorrado Stajanoの作品を映画化。


e0059574_391182.jpg
これは近代イタリア史上に汚点を残した、恥ずべき事件であるらしい。国は一市民を見殺しにした、と。Giorgioに身の危険が迫っていることを知りながら、国はボディーガードの1人すらつけなかった。「言われた仕事だけすればいいんだ。余計なことに首を突っ込むな」ということだったのか。


e0059574_393275.jpg
Giorgioは一市民として一弁護士として、与えられた任務をまっとうした。捜査の途中で妙な金の流れに気づいた彼は、見てみぬふりをすることができなかったのだ。身の危険を感じた協力者が1人2人と立ち去って行く中、彼は怯(ひる)まなかった。誰かに頼まれた訳ではない。ただ真実をつきとめたかった。使命感から粛々と処理していく自己犠牲の精神。そんな彼が虫けらのように殺され、市民のヒーローと呼ばれ賞賛を受けた。裏を返せば、いかに国家が腐敗しているかということなのだ。Giorgioのように犬死した者が、どれほどいることだろう。イタリアにも彼のような人間がいるということに安堵し勇気づけられる反面、どこまでも腐り続けるこの国に、果たして明るい未来があるのか?先日選挙が行われたが、その結果に暗澹たる思いは深まるばかり(ため息)

Fabrizio Bentivoglio祭りは、まだまだ続くよ(^u^)

製作国:Italy
初公開年:1995年
監督:Michele Placido
原作:Corrado Stajano
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Michele Placido, Omero Antonutti, Philippine Leroy-Beaulieu, Daan Hugaert, Laura Betti, Laure Killing, Ricky Tognazzi ...
[PR]
by amore_spacey | 2013-02-28 03:07 | - Italian film | Comments(0)

La terra

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_027145.jpg
【あらすじ】  ミラノの大学で哲学を教えるLuigi(Fabrizio Bentivoglio)は、久しぶりに故郷のサレントを訪れた。父親の母への暴力に耐えられなくなった彼は、青年時代に家を飛び出したまま、一度も実家に戻ったことがなかったのだ。あの頃の忌々しい思い出はすっかり過去のものと思っていた。しかし腹違いの兄Aldo(Massimo Venturiello)が所有する半ば荒地となった農地を売却させるため、不動産屋のMichele(Emilio Solfrizzi)とボランティア活動を続けるMario(Paolo Briguglia)の2人の弟とともに、頑固なAldoを説得しようとし始めたのが運のつきだった。そんなある日の夜、この街の黒幕Tonino(Sergio Rubini)が、何者かに銃殺された。


e0059574_0271478.jpg
珍しくスリラー調の家族物語で、犯人探しはもとより、すっかり過去を捨てたはずのLuigiが、土地売却を巡って兄弟とかかわるうちに、封印していた故郷や家族への苦い思いが徐々に氷解していく様子を観るのは、とても興味深かった。久しぶりに故郷に立ったLuigiは、まるで異星人のような感覚に襲われる。しかし作品の最後に彼は、その故郷と和解する。和解というより、自分の中にあったわだかまりが少しとけた、折り合いがついたと言ったほうが正しいかもしれない。ある人にとっては懐かしく、またある人にとっては記憶から消してしまいたい、また別のある人にとっては好きだけど嫌い&嫌いだけど好きな故郷。でも故郷は故郷なのだ。そして人の心は白黒はっきり割り切れない、一筋縄ではいかない。やっかいだけれど愛しいものだと改めて思う。


e0059574_0272519.jpg
どひゃひゃーっ、Toninoを演じるSergio Rubiniが、ほんっとに嫌なヤツ。街のゴミのような男。Sergioっていつもこんな役柄だから、実生活で誤解されそうだけど、インタビュー(音が出ます!)の彼はとても神経質で随分雰囲気が違う。自分の仕事が好きでたまらず、真面目で誠実な人という印象を受ける。そんな彼が気になる。じわーーっと好きになっていく。

製作国:Italy
初公開年:2006年
監督:Sergio Rubini
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Paolo Briguglia Massimo Venturiello, Emilio Solfrizzi, Sergio Rubini, Giovanna Di Rauso, Claudia Gerini, Alisa Bystrova ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-02-25 00:29 | - Italian film | Comments(0)

Una sconfinata giovinezza

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1183683.jpg
【あらすじ】 Lino(Fabrizio Bentivoglio)は有力新聞のスポーツジャーナリストであり、Raiスポーツのコメンテーターとして活躍し、妻のFrancesca(Francesca Neri)は大学でロマンス学を教えている。彼らは子どもを望んでも授かることができず苦悩した時期もあったが、互いに支え合って幾多の困難を乗り越えてきた。そんな2人にようやく平和が訪れたかに見えたが、Linoの言動が徐々におかしくなり、日常生活に支障をきたし始める。若年性アルツハイマーだった。愛する夫の変貌にFrancescaは苦悩し悲しみ時に憤りながらも、何とか夫の気持ちに寄り添いたいと奮闘する。


e0059574_1191181.jpg
若年性アルツハイマーに罹ったLinoの心が、あちこちさまよい歩く。少しずつ現実から離れていく。どんどん子どもに戻っていく。昔友だちと遊んだあの場所で再会した愛犬と一緒に、彼はどこか遠くへ行ってしまう。幼い頃の思い出の森に迷い込んで、とうとうこちら側に戻って来れなくなった。象徴的なこのラストシーンには、Linoの純粋な心が映し出されているような気がする。


e0059574_1193340.jpg
若年性アルツハイマーをテーマにした『頭の中の消しゴム』『明日の記憶』は、病の症状を外側からとらえ、本人や彼を取り巻く人々の葛藤、そして一緒に乗り越えていこうとする過程を描いているのに対して、本作品は主人公の心に映ったものをより多く描き出そうと試みている。家族や身内の絶望的な悲しみや辛さと同じくらい、Linoの心にもスポットをあてている。楽しかった幼年時代の思い出の中に生きる彼は、今とても幸せなのかもしれない。そんな彼を見ていると、底なし沼に足を踏み入れてしまったかのような重苦しさはぬぐえないものの、本人や彼を支える人々にとって、それはかすかな救いになり得るとさえ思えるのだ。

・・・と、言うは易し。現実は過酷で情け容赦ない。怒涛の日々を送る当事者にとって、そんな気休めや奇麗事は、神経を逆撫でされるばかりであろう。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Pupi Avati
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Francesca Neri, Serena Grandi, Gianni Cavina, Lino Capolicchio, Manuela Morabito, Erika Blanc, Vincenzo Crocitti ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-02-18 01:21 | - Italian film | Comments(2)