タグ:Giampaolo Morelli ( 2 ) タグの人気記事

ジャンパオロ・モレッリ主演のTVドラマにエキストラ出演 (L'ispettore Coliandro)

e0059574_4494145.jpg
先日またエキストラ出演の機会に恵まれ、ボローニャで行われたTVドラマのロケに参加した。2006年にスタートした『L'ispettore Coliandro』のシーズン5で、撮影は5月から始まった。朝8時、ボローニャ旧市街の広場に男女10人のエキストラが集合。8人は警察署に滞在許可証を更新する外国人、2人は警官という設定。


e0059574_449537.jpg
そこへ主役のGiampaolo Morelliがスタッフとともに、「チャオ!」と片手をあげてやってきた。うわっ、背が高っっ。2m近い?ポプラが歩いてる。いきなりの展開に、ぇええぇェェーー!もしかして今日は、彼と一緒に撮影?^^ 女性陣のテンションが上がる。キャスティング・アシスタント(この日は彼女も警官としてエキストラ出演)の案内で、セットのあるビルへ移動した。書類に署名したあと、衣装とメイクのチェックを終えて廊下に出ると、Yシャツ+ジーンズ姿のGiampaoloにバッタリ鉢合わせ。きゃうきゃう!端正な顔立ちに、ドキドキ。えっ、トイレ?彼もトイレに行くんですね。


e0059574_450045.jpg
準備ができたエキストラは、セットの外で待機した。目の前にGiampaoloがいる、うふふ。セット内を歩き回りながら、台詞の仕上げに余念がない。そこへ監督のManetti兄弟(Marco & Antonio↑↑↑)が登場。撮影クルーは、機械・道具の最終点検に入る。大部分のスタッフがローマやナポリ出身で、彼らの強い訛りが新鮮に響く。予行演習のあと、本番スタート。「静かに!」 Giampaoloの声は、艶やあってよく通る。耳に心地よい。ずっと聞いていたい。背が高い上にトレードマークのRay Banのサングラスをかけ、黒の革ジャンを着ているから、どこにいても、何をしていても(何もしていなくても)、とにかく目立つ。存在感があるノダ。1つ1つの仕草が、これまた可愛くて、萌えエェェ♪


e0059574_4501165.jpg
いよいよエキストラの出番。ザックリした指示に従って動いた後、立ち位置や振りやクチパクなどの指示が、徐々に具体的になっていく。Giampaolo扮するColiandro検査官が、移民局前に並ぶ外国人の列をかき分けて、事務所に入るシーンでは、通り道を作るためGiampaoloがエキストラの肩を、両手で左右に押しのけて行く。撮り直しのたびにアタシの右肩に彼の手がぁぁぁ、うふっ(*^^*) またまた萌え死ぬ。そのシーンにやっとOKが出るかと思いきや、救急車のサイレンがマイクに入って、やり直し。クルーは一斉にため息をつくが、私はぜんぜん平気。何千回撮り直してもいいわよ、Giampaoloと一緒にいられるもーん。


e0059574_4502069.jpg
正午を過ぎた頃、「おなかが空きましたねェ」という監督の声で、短いランチ休憩になった。色んな種類のピッツァ・ドルチェ・果物・飲み物が用意されたテーブルを、役者もエキストラも撮影クルーも、みんな一緒になって囲む。学祭のノリで、とても楽しい。どのピッツァにしようか迷っていると、頭の上から、「これがおいしいよ」と声がして、箱のフタをあけてくれたのが、Giampaolo(*^^*)

ピッツァを食べながら、彼と軽い世間話をした。夢見たい。気さくでノリがよく、礼儀正しい。きらきらした瞳に、吸い込まれそう。吸い込まれてもいい。こうして間近で見ると、顔が濃い。本~当~に濃い!その彼が、今、アタシの隣に座っている、ドキドキ(*^^*) 口から心臓が飛び出そうになる。他のエキストラや撮影クルーの話も、非日常的で面白かった。あるエキストラは、先日39℃の炎天下で一日中撮影があり、一気に真っ黒に日焼け(O_o) 今日は室内ロケでよかった。


e0059574_4502841.jpg
楽しいランチ休憩はあっと言う間に終わり、午後の撮影に入った。今度はやや角度を変えて、午前中のシーンを撮り直す。「今の、いいよね。絶対にいいよね」「よし、よし、よーし p(^^)q」「ちょっと、今の台詞は、間が短かったかな?」「エキストラのみんな、うまいよ、うん。ボクなんかより、ずっとうまい」というGiampaolo。こんなムードメーカーがいると、現場は本当に助かる。オン/オフの切り替えも見事。プロ根性に感心する。そんな彼に、女性陣がぽ~っと見とれていると、「今日はエキストラのみなさんのお陰で、撮影がとてもスムーズに行きました」と監督、それに続いてクルーの拍手喝采。えーっ、もう終わり?「お疲れ様でしたァ」と全員で拍手をして解散、予定より4時間も早く終わってしまった。

撮影終了後は、役者やクルーと写真を撮ったり喋ったりできたので、待ってましたとばかりにGiampaoloに突撃して、ツーショットをお願いした。チビっ子な私は、彼の肩にすら届かない。ハムスターとキリンの図(≧∇≦) ずっと見上げていると、首の後ろが痛くなる。サインもお願いする。私の名前の綴りを聞かれるが、緊張のあまり言い間違えてしまった。「自分の名前だよねェ、もう」ってピストル型にした片手で、肩をツンツンの真似。きゃーー、もっと彼に叱られたい(←病気) 彼のリアクションがいちいち可笑しくて、胸きゅんきゅん。何度も萌え死にました。最後に、「今日はどうもありがとう」と握手をしてくれた。それは私の台詞です、気さくでフランクでイケメンなGiampaoloと、夢のようなひとときを過ごすことができたんだから。別れが名残惜しい(T^T) とても素晴らしい良い思い出になった。


[PR]
by amore_spacey | 2015-07-27 04:57 | My talk | Comments(2)

L'ispettore Coliandro

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1323971.jpg
Bolognaで起きる様々な事件を軸に、ちょっとドジなColiandro検査官(Gianpaolo Morelli)の身体を張り命を懸けた活躍や、彼を取り巻く人間模様が描かれる。旧市街の柱廊や2つの塔を筆頭に、数少ないBolognaの塔や赤茶けた屋根がフラッシュバックのように映し出される。BolognaがTV刑事ドラマの舞台となるのは初めてでしょう。



e0059574_1325611.jpg
ユニークなのは、上司や相棒や重要参考人には聞かせられないようなColiandro検査官のひとり言や思案が、声になって聞こえてくるシーン。「畜生、こんな仕事押し付けやがって…」「こんないい女とヤルことができたらなぁ。ありえねぇよなぁ、オレなんか…(と言いつつ結局ヤッてしまう)」「糞ったれ、誰だよ、こんな調書を取ったのは?」「警部なんて糞ったれの仕事だよなぁ」「ボローニャなんて糞ったれの街だー!」 

制服と帽子に身を固めて尤もらしい顔をしているが、考えていることは検察官も私たちも似たり寄ったり。本音で押し通すColiandroの若さがいい。風采が上がらず(そうかぁ?わたし的にはタイプ*^^* 母性本能くすぐられます^^)要領の悪さも手伝って、上司からはいつも軽んじられているが、事件の解決に結びつく決定的な証拠はいつも彼が掴んでいる。「今回もキミのお陰で事件が解決したよ、あっはっはっ」という黄門様のような上司の高笑いとともに一件落着、というお決まりのエンディングは、世界共通なのかしら。(公式サイト)


製作国:Italy (Rai 2)
公開年:2006年・2009年・2010年
原作:Carlo Lucarelli
ディレクター:Antonio Manetti, Marco Manetti
キャスト:Giampaolo Morelli, Gloria Bellicchi, Veronica Logan, Roberto Citran ...
[PR]
by amore_spacey | 2009-01-31 01:34 | - Italian film | Comments(0)