「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Giorgio Pasotti ( 6 ) タグの人気記事

La grande bellezza (グレート・ビューティー/追憶のローマ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_4422379.jpg
【あらすじ】 ローマ。若い頃に出版した唯一の小説が伝説的に売れたがために、以降執筆もせず、優雅にして退廃的な日々を過ごしてきたジャーナリストで作家のJep Gambardella(Toni Servillo)は、65歳の誕生日を迎える。ローマの社交界に集う貴族や金持ちやアーティストや政治家や知識階級に囲まれ、パーティー三昧の派手な生活を送りながらも、彼は人生の目的を失い、言いようのない虚無感や喪失感があった。そんなJepの心の彷徨を綴ったドラマ。2014年第71回Golden Globe外国語映画賞、2014年第86回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。


e0059574_4423522.jpg
この作品がGolden Globeの外国語映画賞を受賞したや否や、アカデミー賞同部門の獲得をめぐって外野がやたら騒がしくなった。映画評論家と称する輩やジャーナリストが良くも悪くもはしゃぎすぎて、一時は些細なことで炎上(● _ ●) またアカデミー賞授賞式に参加したスタッフ vs イタリアに残ったスタッフの間で、微妙な空気が流れているとか、早くもこの映画に便乗したローマのロケ地ツアーが企画されたとか、この受賞の裏には米伊間の政治的な動きがあったとか、様々な噂が流れていますが、みなさん、落ち着いて下さいよぉ。映画=エンターテインメントなんだから、肩の力を抜きましょうよ。


e0059574_4425235.jpg
Carlo VerdoneやGiorgio Pasottiが出ているというので、昨年の公開時に観に行ってきた。友人夫婦は開始30分後、「申し訳ないけど・・・」と言って、途中退場(-_-) 私も便乗したかったが、Giorgio Pasottiの登場を待ってからとその場に残り、結局ずるずる最後まで観ちゃったよ~ん。


e0059574_443395.jpg
う~ん、現実離れして風変わりな作品だった。冒頭のシーンから微妙。日本人観光客がどう見ても中国人なのだ。エキストラ料をケチったのか?なんて余計なことを考える。Jepの哲学的な語りも、だんだん鼻について面倒くさくなってくる。監督や主役を演ずるToni Servilloの芸術の押し売り感が見え隠れして、うっとうしい。


e0059574_4431539.jpg
Carlo Verdoneは何だか冴えないし、かつては豊胸が売りだったSerena Grandiの劣化ぶりには、目を覆うばかり。Federico Felliniの『甘い生活』を彷彿させるという人もいるけれど???日本語のタイトルに至っては、もう論外。何じゃ、こりゃぁ?(-"-)


e0059574_443286.jpg
でもLuca Bigazziがこの作品を救ってくれた。どこを切り取っても芸術的&絵画的な映像で、音声をゼロにして観たら最高です。冒頭のジャニコロの丘の噴水や夜明けのテベレ川に黒く浮かび上がるサン・ピエトロ寺院やローマ時代の長い水道橋をみていたら、またローマに行きたい病がムズムズ沸きあがってきた。ちらっと登場したFanny Ardantの、しっとりしたマダムぶりにハッとする。何よりも嬉しかったのは、久しぶりにGiorgio Pasottiに会えたこと。どこか翳があって、放っておけない気持ちにさせる人なの(*^^*) 


e0059574_4434035.jpg
映画や舞台で活躍するToni Servilloは、独特のカリスマを持つが、それはこの作品に流れる空気や色とは相容れないような気がする。今まで演じてきた役柄のせいか?Toniには黒幕のイメージ(毒気や灰汁)が強すぎて、ローマのセレブ社会に君臨するインテリには見えないんだなぁ。


e0059574_4435175.jpg
私がキャスティング・ディレクターだったら(妄想ワールド)、JepにはFabrizio Bentivoglioや50代の頃のGiancarlo Gianniniを、Sabrina Ferilliが演じたローマの女↑↑にはMonica姐(台詞がほとんどなくオブジェ的な扱いだったから彼女が適役)を起用したい。何はともあれ、アカデミー賞受賞おめでとう。

製作国:Italy, France
初公開年:2013年
監督:Paolo Sorrentino
撮影:Luca Bigazzi
キャスト:Toni Servillo, Carlo Verdone, Sabrina Ferilli, Carlo Buccirosso, Giovanna Vignola, Isabella Ferrari, Giorgio Pasotti, Serena Grandi, Fanny Ardant, Massimo Popolizio, Giovanni Anzaldo ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-08 04:44 | - Italian film | Comments(2)

2013年いい男に囲まれた暮らし イタリア人男優 前編

e0059574_2215177.jpg
Valerio Mastandrea(1972年生まれ) 本名Valerio Marco Massimo Maria Mastandrea。長いぞ。若い頃の彼はAl Pacinoや…


e0059574_222767.jpg
阿部ちゃんに似てるかな?とも思うんだけど

 
e0059574_2234562.jpg
一歩間違うとホームレス(Ф_Ф;)



e0059574_2254095.jpg
しばらく前まで近所の夜間高校で、数学を教えていた。私はそこで彼と出会ってスピード結婚(*^^*) そんな彼は古新聞をまとめてたたむのがとてもうまい。イタリア人にしては珍しく縦横ぴしっと合わせて機械のように正確にたたんで、古紙回収袋に入れて指定日に出してくれるから、ものすごく助かるんだわぁ。


e0059574_2262287.jpg
Giorgio Pasotti(1973年生まれ) 手先が器用でボタンをつけたり雑巾を縫ってくれたりするのはありがたいんだけど、「やめる」って言葉が彼の辞書にはない。こんなに雑巾ばかりできちゃって、どーすんのよ?


e0059574_2271196.jpg
Vinicio Marchioni(1975年生まれ) 彼の出世作はこれなんだけど、パンチ頭が強烈なんでさぁ。


e0059574_2272538.jpg
頭を刈り過ぎると、こーなる(≧∇≦)


e0059574_2274229.jpg
パンチ頭に黒ぶちメガネをかけると
用務員のおっさん(⌒▽⌒)アハハ!


e0059574_228424.jpg
長めのゆる~いパンチなら結構イケてるかも。ストレートのあたしは、彼のくりくり巻き毛に憧れるわぁ。


e0059574_2282035.jpg
短めのパンチ頭でも、もみ上げ+あごひげがあると、随分雰囲気が変わる。これはグッジョブ!


e0059574_2283850.jpg
頭部なし+黒ぶちメガネの彼も、なかなかイケてる。って、アタシ本当に彼のことが好きなのか?バカにしてんのか?自分でもよく分からないのらァ。


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-20 02:28 | My talk | Comments(0)

Volevo solo dormirle addosso

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_0281548.jpg
【あらすじ】 有能な青年マネージャーMarco Pressi(Giorgio Pasotti)に、法外な昇進の話が持ちかけられた。3ヵ月の間に25人の社員を解雇すること。それが昇進の条件である。生来の生真面目さで着々と解雇は進んだが、ストレスや過労、そして友人以上恋人未満のLaura(Cristiana Capotondi)との関係が、今ひとつ安定しない心を抱えてさまよい出た夜のディスコで、Angelique(Faju)に出会う。



e0059574_0282928.jpg
青リンゴを齧るGiorgio Pasottiは、若いのに老成&世の中を達観した不思議な役者だなぁと思う。ちょっぴり近づき難いオーラをまとっている。私生活では黒帯のカラテ・キッドなのね。



e0059574_0285526.jpg
イタリアのTV『R.I.S.5』にも出ている市川純の京劇風メイクは、かなりコワイぞー。 

製作国:Italy
初公開年:2004年
監督:Eugenio Cappuccio
キャスト:Giorgio Pasotti, Cristiana Capotondi, Faju, Massimo Molea, Antonino Bruschetta, Marcello Catalano, 市川純 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-09-11 00:31 | - Italian film | Comments(0)

Dopo mezzanotte (トリノ、24時からの恋人たち)

私のお気に入り度 ★★★★☆(81点)

e0059574_244090.jpg
トリノ映画博物館(=通称Mole Antonelliana)の夜警として働く寡黙な青年Martino(Giorgio Pasotti)、女たらしの車泥棒Angelo(Fabio Troiano)、そしてその彼女で博物館近くのバーガーショップで働くAmanda(Francesca Inaudi)は今の生活に不満だらけ。ある夜店でトラブルを起こしたAmandaが、警察の追跡から逃れて映画博物館に逃げ込む。そこでMartinoに出会ったことから3人の間に不思議な関係が生まれ、日常が少しずつ変わり始める。古き良き時代の名画へのオマージュをちりばめ、トリノの美しい街並みや夜の博物館の夢のような情景を背景に、緩やかに揺れ動く3人の若者たちの恋愛模様を描き出す。



e0059574_2441962.jpg
1人の女を巡って2人の男が争う構図が三角関係。ところがここに登場する2人の男たちは、自分の面子や女への愛情を賭けて激しく争うわけではないのだ。狭間にいるAmandaも、その状況に特別困っているようには見えず、たとえ選択権を与えられても「私は選ばない」と言い放つ。人生における決断をできるだけ先延ばしにする。誰も彼も自己主張をしない、未来への展望もない、ただ時の流れに身を任せる。一旦社会に出た若者たちの、現実を見てしまったあとの希望なきモラトリアムというものなのか?

そんな雰囲気に最も近いところにいるのがMartinoを演じるGiorgio Pasotti。名画オタクの彼は殆どの時間を好きな映画とともに過ごす、ヒッキーに近い生活を送っている。人との交流は殆どないから、人を好きになって、「オレのものになってくれ~!」と好きになった人を強引に振り返らせるような、エネルギーのいる行動や複雑な駆け引きができない&しない。クールでおとなしい青年なのだが、強烈な個性がなくてちょっと物足りないんだなぁ。TVドラマのDistretto di polizia(刑事)やLa scelta di Laura(医師)でもL'ultimo bacioL'aria salata (潮風に吹かれて)でも、知的イケメンで気になる人なのだけれど、おとなしくて空気のような存在なのが残念。Amandaを演じたFrancesca Inaudiのベリーショートは、彼女の美しい目鼻立ちをより際立たせて、かっこええーーっ!



e0059574_2444219.jpg
この映画のもう一つの見所は、3人の人間関係や人物設定や状況などが 様々な名画のパロディーや伏線になっているところ。見る側にクイズの謎解きのような楽しみがあるのだ。登場人物たちの主張がなく特別なヤマもないエピソードから、映画のような話はそれほど世の中にはないという結論に行き着いて、これじゃ身も蓋もないけれど、それでも見終わったあと、恋愛に不器用なMartinoが、フィルムを使ってAmandaへの気持ちを密やかに懸命に伝えようとするあたりのシーンが蘇ってくると、淡い甘酸っぱさに心がきゅんとなる(*^^*)

トリノを訪れるたびに、Mole Antonelliana前にはいつも行列が出来ているので、あっさり入館をあきらめて旧市街散策に足を向けてしまうが、こんなに素晴らしい映画博物館があると知っていたら、行列待ちも我慢できたのに。トリノのシンボルとも言うべき教会のような塔の円蓋に、フィボナッチ数列のライトアップがされているなんて知らなかったなぁ。面白い。次回のトリノ訪問はここだ!

製作国:Italy
初公開年:2004年
監督:Davide Ferrario
音楽:Fabio Barovero
キャスト:Giorgio Pasotti, Francesca Inaudi, Fabio Troiano, Francesca Picozza, Silvio Orlando(Narrator)


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-07-10 02:48 | - Italian film | Comments(2)

L'aria salata (潮風に吹かれて)

私のお気に入り度 ★★★★☆(78点)

ネタばれあり。

e0059574_111294.jpg
刑務所で服役者の社会復帰を手助けする職務に熱心な青年Fabioは、隣人殺人で20年の刑に服す気難しい初老の男を担当することになった。Fabioはこの男に深い興味を持ち始め、辛抱強く対話を続けてゆく。が、その男が実の父親と分かると積年の恨みが噴出し、Fabioはコトあるごとに彼に辛く当たるのである。父なし子として辛酸を舐め苦学の末に現在の仕事に就いたFabioは、父親が許せなかった。しかしそれはFabioの思い込みであり真相は違っていたのだ。初老の男を演じたGiorgio Colangeliが、David di Donatello賞助演男優賞に輝いた。



e0059574_111683.jpg
相手が他人だと思っている間はほどよい距離感があるのに、親子だと分かった途端に生々しい感情が噴出し始める。互いに心にかけてやりたいと思いながら、微妙にすれ違ってしまう父と子の不器用な姿が哀しい。Fabioは恨みつらみを晴らしたくてわざと父に辛く当たるが、実は父親が残した貯金を使って腕のいい弁護士を雇っていれば、父の行為は正当防衛として認められ無罪になったかもしれなかった、というのだ。Fabioの姉はそれを自分たちの養育費や学費に使った。20年という歳月を埋めるには途方もない時間が必要であるが、それでも互いに人生の無情を受け止め、2人の間にあったわだかまりが徐々に氷解していくかのように見えた。



e0059574_1111063.jpg
だからあのラストシーンは唐突で衝撃的だった。頭をガツンとやられた。2人は仲良く車に乗って帰途につくとばかり思っていたのに、1人先に車に乗ってハンドルを握った父が、そのままアクセルを踏み込んで防波堤から海に飛び込んで即死だなんて……あんまりじゃないかー?(号泣)

気を取り直して、、、飄々としたGiorgio Colangeli、いいですね。

製作国:Italy
初公開年:2006年
監督:Alessandro Angelini
キャスト:Giorgio Pasotti, Michela Cescon, Giorgio Colangeli, Katy Louise Saunders, Sergio Solli ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-04-06 01:12 | - Italian film | Comments(2)

L'ultimo Bacio (Last Kiss)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_2250054.jpg
新婚夫婦や赤ちゃんのいる夫婦や結婚前提のカップルや、父親を亡くし恋人も失う男や自由な関係の恋人たち…。この30代前後の男女たちは何れも、自分の人生が大きく変わる(かもしれない)分岐点に立っている。大小の問題を抱えながら日々暮らしている。大人の責任を丸ごと引き受ける覚悟と用意が出来ていない彼ら。


e0059574_23442875.jpg
見終わった後とてもやるせない気持ちに包まれるのは、身につまされるような日常生活が、作品に繰り広げられ、これを観ている私たちの生々しい日常生活がそのまま登場するから、か?揺るがない現実がガンと立ちはだかっているから、か。夢や希望の滑り込む余地があまりにも少ない。

結婚前提のカップル(Stefano Accorsi)と、Julia(Giovanna Mezzogiorno)、2人の間に可愛い少女Francesca(Martina Stella)が登場。この3人を軸にストーリーが進められている。抜き差しならない問題を抱えているのは若者たちだけではなく、安定しているかに見えていたJuliaのママの熟年世代も同様。


e0059574_23313577.jpg
出会った時のままの気持ちでいるのは難しい。それは有り得ないのではないか?と私は思う。


愛だよ、愛♡


真紅の熱い嵐や目くるめく思いも時とともに変わる。自分を取り巻く環境や感情が刻々と変わるように。が、相手のことが好きで2人の関係を続けたい気持ちがあるなら、お互いに歩み寄ろうとする努力や思いやりは必要でしょう。 …と自戒。

- 追伸 -
Gabriele Muccino監督の『La Ricerca della Felicita' 』(The Pursuit of Happyness)が、イタリア国内でも好評(^^)

製作国:Italy
初公開年:2001年
監督:Gabriele Muccino
キャスト:Stefano Accorsi, Giovanna Mezzogiorno, Stefania Sandrelli, Pierfrancesco Favino, Claudio Santamaria, Martina Stella, Sergio Castellitto, Silvio Muccino, Giorgio Pasotti ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-01-27 23:37 | - Italian film | Comments(2)