タグ:Giovanna Mezzogiorno ( 6 ) タグの人気記事

Del perduto amore

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0315535.jpg
【あらすじ】  1958年、プーリアにある小さな村。熱血漢の共産党員である若い教師Liliana(Giovanna Mezzogiorno)は、天井もない廃墟を学校がわりにして、村の少女たちに教えていた。そんな彼女に淡い恋心を抱く14歳のGerardo少年(Pietro Pischedda)は、宗教への純粋な思いと篤い信仰心から、将来は教会の司祭になりたいと思っていた。何もない荒涼とした村や暴君のような教会の司祭、キリスト教民主党員と共産党員のぶつかりあい、少年から青年への過渡期にあるGerardoの、Lilianaに寄せるプラトニックな思いなどが、大人になったGerardo(Michele Placido)の脳裏に浮かぶのだった。


e0059574_032678.jpg
Fabrizio Bentivoglioが出ているからというだけで観はじめたら、これがなかなかよかった。彼はGerardo少年の父親役で、今回はプーリア地方のアクセントで喋っている。いつもよりさらに庶民的で土着の人間臭さがにじみ出て、「お父さん」より「オヤジ」とか「とーちゃん」と呼んだほうがふさわしい雰囲気。そんな彼が夕食の席で、生の唐辛子をかじるシーンがある。「これはなァ、血のめぐりをよくするんだから。お前も食べろ」と息子にも食べさせる。彼は食事のときにも帽子をかぶったまま。ミサなど改まった場所に出かけるときは、スーツを着て精一杯のおめかしをする。自分の無学をどこかで恥じているところがあるのだ。女房は何が気に食わないのか?いつも喧嘩腰。そんな状況の中でも、飄々として生きているFabrizioがよかった。

Gerardo少年を通して、子どもの頃にあったはずの純粋で潔癖な気持ちを思い出し、ちょっぴり胸がきゅんとなった。それにしてもSergio Rubiniってどんだけ嫌なヤツなんだ?嬉しいサプライズは、Giovanna Mezzogiornoの女性らしい優しさや柔らかい一面に触れることができたこと。15年前の作品だから、当時彼女は24歳。ふっとした表情や横顔に、少女の頃の面影が蘇り、「あ、可愛いなぁ」と初めて心の底から思った。いや、彼女って可愛いんだけど、いつもヒステリー起こして切れまくってる役が多いから、素直に可愛いなぁとは思えなかったの。プーリア地方のアクセントは、分かり辛かったな。I need 字幕~!

製作国:Italy
初公開年:1998年
監督:Michele Placido
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Pietro Pischedda, Fabrizio Bentivoglio, Rocco Papaleo Enrico Lo Verso, Rino Cassano, Michele Placido, Sergio Rubini ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-15 00:32 | - Italian film | Comments(0)

Basilicata coast to coast

私のお気に入り度 ★★★★☆(81点)

e0059574_2592042.jpg
【あらすじ】 南イタリアはBasilicata州が舞台。妻に頭が上がらない数学教師Nicola(Rocco Papaleo)、売れない役者Rocco(Alessandro Gassman)、恋の痛手から立ち直れない家具職人Franco(歌手のMax Gazzè)、あきらめかけた医学の道に再び目覚めるタバコ屋の若者Salvatore(Paolo Briguglia)。この4人がScanzano Jonicoで行われる音楽祭に参加することを決める。しかもティレニア海~イオニア海に面したマテーアを出発して10日かけて歩いてバジリカータ州を突っ切ろうという計画。彼らの移動を記録するため、教会系新聞のジャーナリストTropea(Giovanna Mezzogiorno)が随行することになった。



e0059574_2593451.jpg
イタリアの全州を列挙するとき、何となく忘れてしまうのがモリーゼ州とバジリカータ州(汗) その1つバジリカータ州がこの作品の舞台になっている。距離にして100km強、高速を車で走れば1時間半の距離を、4人組が徒歩で突っ切るのだ。ストーリーは特に盛り上がりがある訳ではなく、最初から最後まで平坦で、どちらかと言えば退屈かもしれないが、日常生活をそのまま映画にした気楽な作品なので、姿勢を正して真剣にあるいは気合を入れて観るというより、BGMを聞くような美術館で絵画を眺めるような感覚で、バジリカータの風景や人間模様を観るといいかも。

『アマルフィ』でローマの警部を演じたRocco Papaleoが、この作品で監督デビューを果たした。彼が生まれ育ったバジリカータ州へのオマージュである。『夜行バス』を観た時にも思ったんだけど、Giovanna Mezzogiornoは幾分切れている女をやったほうが、肩の力が抜けて可愛い。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Rocco Papaleo
キャスト:Alessandro Gassman, Paolo Briguglia, Max Gazzè, Rocco Papaleo, Giovanna Mezzogiorno, Claudia Potenza, Michela Andreozzi, Antonio Gerardi ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-09-15 03:04 | - Italian film | Comments(0)

La Prima Linea

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_22534363.jpg
【あらすじ】 1989年11月TorinoのLe Nuove刑務所で1人の男、イタリア左翼ゲリラ組織Prima Lineaを結成したSergio Segio(Riccardo Scamarcio)が、自分の辿ってきた過去を語り始める。折り合いが悪かった両親、生涯の友人との仲違い、Susanna(Giovanna Mezzogiorno)に初めて出会った日のこと、結成したゲリラ組織、そして1982年3月Veneziaに集結した仲間とともに、Rovigoの刑務所に投獄されているSusannaら4人を助け出そうという計画…のことなどを。



e0059574_22535794.jpg
鉛の時代(anni di piombo)と呼ばれた1960年代終盤~1980年代初頭のイタリア、それは『野良犬たちの掟』(映画TVドラマ)にも描かれているように、武装したテロリストが暗躍し爆弾テロや要人暗殺が横行、また学生や労働者をも巻き込んだ労働運動が各地で勃発した暗黒の時代である。同じ頃日本では1969年に共産主義者同盟赤軍派(通称赤軍派)が結成され、武装闘争の時代に突入しようとしていた。テロリストによる革命の嵐が世界中に吹き荒れた時代であった。しかしどういう訳か?鉛の時代についてイタリア国内では、あまり議論されない傾向にあるらしい。クサいものには蓋?だからこの時代を映画化するには、監督の着眼点や力量が問われるに違いない。



e0059574_2254147.jpg
武装闘争の時代でありながらこの作品のようにむしろ静寂が時に心地よく、時間軸に囚われないでSergioの現在と過去を交錯させた描写に好感が持てた。しかもSergioの過去のほんの幾つかに的を絞ったことにより、あの時代を知らない者にも比較的分かりやすい流れになっていたように思う。Riccardoくんは甘ったるい恋愛モノより、こういった硬派な作品が断然向いているね。今後の成長に期待!驚いたことに今回はGiovanna Mezzogiornoが、1度もヒステリックに叫んだりわめいたりしておりませぬ!(爆) 肩の力を抜いた淡々とした役者たちの演技が、武装闘争に狂走したあの時代の若者たちのリアルな心情に寄り添うことができたのではないかな?

製作国:Italy, France, U.K., Belgium
初公開年:2009年
監督:Renato De Maria
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Riccardo Scamarcio, Michele Alhaique, Awa Ly, Lucia Mascino, Fabrizio Rongione, Lino Guanciale, Daniela Tusa ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-05-14 00:03 | - Italian film | Comments(2)

Notturno bus (あのバスを止めろ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_1621755.jpg
マイクロチップと200万ユーロの大金を巡るシークレット・サービスの争奪戦に、ひょんなことから深夜バスの運転手と嘘つき泥棒女が巻き込まれる。マイクロチップ&大金と2人のゆくえはどうなる?Giampiero Rigosiの小説を映画化。



e0059574_1623868.jpg
電話の呼び出し音が虚しく鳴り響くオープニング。どす黒い血が床に広がっていく。事件のにおいがするぞ。ノワール仕立てだが、クスッと笑える台詞や、時には物憂げな時には軽快なジャズ・ブルースの音楽にのって、話はコミカルに進んでいく。夜行バスの運転手Franz(Valerio Mastandrea)はポーカー・ゲームに負け続け借金を抱えた少々陰鬱な男。もちろん彼女もいない冴えないヤツなのだ。そんな彼のバスに飛び乗った裸足の女Leila(Giovanna Mezzogiorno)が彼のアパートに転がり込むことで、生活が一変する。ところがこのミステリアスな美女ときたら、大嘘つきの上、盗みを働いてはパスポート偽造&販売にも手を染めているという、とんでもないタマだったのだ。こんな役柄を演じるGiovanna Mezzogiornoは、いつもより生き生きして見える。あばずれ女のほうが気楽に役に入ることができるのかしら?ズラが妙に似合っていたし。ウソをついてダメなら、涙を見せて男の心を落とす。そんな見え透いた女の常套手段も使っちゃうノダ。

飄々とした風貌でノラリクラリとかわすValerio Mastandrea、いやぁ、いいなぁ(^^) 彼らしさ100%★ 気が弱くてノーとは言えないから、災難を抱え込んで、知らないうちに渦中の人になっている。Tittiという名前はやけに可愛らしいのに、図体がでかくて力持ち(脳味噌なし)の男に、Franzはポーカーで負けて借金があるから頭が上がらない。支払い期限は1週間以内、という最後通牒をTittiからつきつけられたばかりなのだ。ああ、金が要る!

走る、走る。追っかける、逃げる。走る、走る。まぁ、みんな、よく走ったもんだ。Giovannaは素足で走ったもんね。ミクロチップと大金を追っかける2人組の1人Garofanoを演じたFrancesco Pannofino。あら、この声をどこかで聞いたことがある、と思ったら、何と!Kevi様の吹き替えを担当している方だったんですねぇ。本人はかなりむさ苦しい容貌でございます。滝汗 それからMateraを演じたEnnio Fantastichini、彼はいつも脇役ながらいい味出してるんだな。渋い大人、素敵なオジサマです(*^^*) 

製作国:Italy
初公開年:2007年
音楽:Gabriele Coen, Mario Rivera
監督:Davide Marengo
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Valerio Mastandrea, Ennio Fantastichini, Anna Romantowska, Roberto Citran, Francesco Pannofino, Mario Rivera, Antonio Catania ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-08-05 16:03 | - Italian film | Comments(0)

La Bestia nel Cuore (心の中の獣)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

ネタばれあり。

e0059574_331787.jpg
声優の仕事を持ち、同僚のFrancoと一緒に暮らすSabina。何の問題もない幸せそうな2人に見えるが、Sabinaが妊娠に気づいた頃から、幼少時代の傷跡が蘇る。
家族問題を取り上げた作品が最近イタリアで増えているが、この作品では、子どもが育つ環境、幼い頃はそれが普通だと思っていた環境が、成長と共に、実は醜く歪んだもの、他人には語れないものであったと知り、愕然とする。さらに傷を深めてしまう。その傷が生涯彼らを苦しめ続けるのか?それとも新しい環境の中でこの呪縛から逃れることができるのか?新しい命の誕生によって、一筋の希望が投げかけられ、それぞれの状況が好転しつつある余韻を残して終わっている。

e0059574_3313195.jpg
わぁ~、こんなところにAlessio Boniさまがいらっしゃる~
今回は『La Meglio Gioventu'』の時ほど精神的に追い詰められた役柄でなく、Sabinaを優しく見つめる視線や、彼女の身体を慈しみ愛する仕草がとても柔らかくて、またまたAlessio様に目がピターーッと吸い付いてしまいました。こんな上向き加減の視線も、真っ直ぐ投げかける視線も、何もかも、あああああ~!!!


e0059574_3315184.jpg
あれは悪夢だったのか?実際に起きたことなのか?近親相姦という、他言できない痛手を負う兄妹が成長し、家庭を築き子どもをもうけることになってから、過去の傷跡に再び塩を塗りこむような苦悩に苛(さいな)まれる。私は親になる資格がない、自信もない。兄Danieleと1対1で初めてパンドラの箱をあけるSabina。
やはりあれは現実の出来事だった。しかも兄は兄なりにずっと苦しみ続け、泥沼から這い上がろうとあがいていたのだ。自分より深いところで兄はもがいていた。可哀想な私たち2人。優等生で人生の成功者に見えた兄が、嗚咽しながら心の内を吐露してくれた。その衝撃と「苦しんでいたのは私一人ではなかったのだ」という安堵。この対話がきっかけで、Sabinaは前向きに考えるようになる。
をっ!『La Meglio Gioventu'』のLuigi Lo Cascioですね。 彼は医師や大学教授といった、割と分別くさい役柄がピッタリ。


e0059574_3321927.jpg
Sabinaを取り巻く人々がとても魅力的で、こちらも目がはなせませんョ。
幼馴染で目が不自由なEmiliaはSabinaを女友だち以上に慕い、心の拠り所にしている。それ以外の世間との接触はいっさい断ち、地下室のような一室でダックスフンドと暮らす。その彼女もある日散歩に出たことから、徐々閉ざした心を開き、外の世界に出て行けるように…。

Sabinaの同僚のMariaは、夫が自分の娘ほどの女の子と恋に落ちたことで、結婚生活は破局し世の中の男という男に愛想をつかす。そんな自分の中に、同性を愛する気持ちが芽生えるのを知る。Maria演じるAngela Finocchiaroは、TVドラマでも味のある会話と演技で、素晴らしい脇役を務めてくれる。彼女のような女優さんが増えると嬉しいです。

Sabinaの婚約者のFrancoが出演するTVドラマシリーズの監督Andreaが、これまた一風変わった男。格調高い映画を撮りたいという長年の夢も、経済的な理由から、安っぽいTVドラマの監督に甘んじる自分を自嘲。『Pane e tulipani』でユニークな探偵を演じていた彼。このキャラがとっても好きだわ~。

重いテーマを扱いながら湿っぽくならなかったのは、EmiliaやMariaやAndrea監督のちょっぴりシニカルでウィットに富んだやりとりによるところが大きいでしょう。

製作国:Italy・UK・France・Spain
製作年:2005年
監督:Cristina Comencini
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Alessio Boni, Stefania Rocca, Angela Finocchiaro, Giuseppe Battiston, Luigi Lo Cascio, Francesca Inaudi ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-05-31 03:34 | - Italian film | Comments(0)

La Finestra di fronte (向かいの窓)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

ネタばれあり。

e0059574_436462.jpg
鶏肉工場で働くGiovannaは、子煩悩ながら彼女には少々ぶっきらぼうな夫Filippoと2人の子供に恵まれるが、今の生活に満足できないでいる。向かいの窓に若い男性の姿が見える瞬間だけが、彼女を現実から引き離してくれる甘美なひととき。その若い男性Lorenzoもまた窓越しに彼女の姿を追っていたのだった。
ある日橋の上で立ち尽くしていた記憶喪失の老人「Simone」を自宅に保護することから、Giovannaの心情や身辺に微妙な変化が生じる。



e0059574_4371294.jpg
人は自分の生活が少し落ち着くと、むずむずくすぶり始める。不満はないが、今のままでは嫌だ。何かしいことがしたい。自分の夢を実現したい。Giovannaが常にイライラして、ちょっとした言葉尻を捉えてFilippoと言い争いになる彼女の気持ちがよく分かる。そのGiovannaがアパートの「向かいの窓」のエリート銀行員Lorenzoとひょんなことから顔見知りになり、物語は甘美な不倫の悲恋物語の様相を保ちつつ、記憶喪失の老人の身元確認へと展開されている。

Massimo Girotti扮する記憶喪失の老人は、「Simone」が実はDavideという名前であること、ユダヤ人収容所から生還し、遠い過去の深い傷を背負ったまま歳月を重ねて心を閉ざした日々を送る世捨て人のようでありながら、Giovannaと出会ったことで若かりし日々を思い起こし、彼女と静かに踊りながら、かつて心を寄せていた青年Simoneの面影や、腕の良い菓子職人であった輝かしい過去を思い、徐々に傷が癒される。初老の男性と若い女性が踊るシーンは『Pane e Tulipani(ベニスで恋して)』にも登場したけれど、今回の作品でもDavideとGiovannaの踊りは心に小波(さざなみ)が立つような静かな感動を得た。


e0059574_4373966.jpg
Davideが作った数々のお菓子が大テーブルに並べられたシーンは、もうため息もの。撮影が終わった後スタッフみんなで山分けしたのかしら?^^ 転勤によりLorenzoとは離れ離れになるが、Giovannaはあの甘い思い出を胸に秘めながら、Davideとの出会いにより彼女の中で何かがふっきれる。静かに新しい一歩を踏み出すGiovannaの歩みに重なるようにして流れるメロディー♪ 作品中そしてエンディングに流れるGiorgiaのGocce di Memoriaが、とても甘美で切なく寂しく美しいメロディーである。リメイク版では私の好きなLaura Pausiniが歌っている。こちらも素敵ョ♡ Massimo Girottiにはこれが遺作となった。

製作国:Italy/UK/Turkey/Portugal
製作年:2003年
監督:Ferzan Ozpetek
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Massimo Girotti, Raoul Bova, Filippo Nigro, Serra Yilmaz ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-03-17 04:44 | - Italian film | Comments(10)