タグ:Jean-Louis Trintignant ( 2 ) タグの人気記事

追い越し野郎 (Il Sorpasso)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

ネタばれあり!

e0059574_19253680.jpg
【あらすじ】 聖母被昇天の日(8月15日)のローマ。生真面目で内気な法学部の学生Roberto(Jean-Louis Trintignant)は、通りがかりの見知らぬ中年の男(Bruno= Vittorio Gassman)に電話を貸したことから、2人のドライブ珍道中が始まった。Robertoの叔父を訪ね、ナイトクラブに立ち寄り、Brunoの別居中の妻と娘に会いに出かける。強引でお調子者のBrunoに嫌気がさしつつも、どこかで惹かれる正反対のRoberto。そんな矢先、思いもかけない出来事がふたりを待ち受ける。(作品の詳細はこちら


e0059574_19254836.jpg
e0059574_1926066.jpg
Brunoに振り回されっぱなしのRobertoが、『地獄でなぜ悪い』の星野源のようで、Noと言えないためにBrunoのペースから逃れられなくなり、ずるずると巻き込まれていく。『激しい季節』 のJean-Louisもそうだったが、生真面目で世間擦れしていない役どころがピッタリ。当時32歳だが、法学部の学生の設定に違和感がない。年齢不詳だ。


e0059574_19261214.jpg
e0059574_19262529.png
e0059574_19263581.jpg
チャラいBrunoだが、別れた妻の家へ転がり込めば、年頃の娘Lilli(Catherine Spaak)に軽く扱われ、彼なりの葛藤があったりする。「人生色々あるけれど、楽しんだもん勝ちじゃないか?」というBrunoのような生き方は、自分の力ではどうしようもない人生に、あえて逆らおうとしない。良い意味で諦めていると言ったらいいのか。しかしラストの悲劇で、全てが一転する。絶望に打ちひしがれたBrunoの姿が、目に焼き付いて忘れられない。Robertoが初めて自分を解放できたというのに、それが人生最後の日だったなんて…。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-17 19:26 | - Italian film | Comments(0)

Estate Violenta (激しい季節)

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0251419.jpg
【あらすじ】 1943年夏。アドリア海沿岸の避暑地リッチョーネでは、兵役を逃れた上流社会の若者グループが青春を享楽していた。戦火を避けて帰ってきた、ファシスト党高官(Enrico Maria Salerno)の息子Carlo(Jean-Louis Trintignant)も、当然のようにこのグループに加わる。グループの中の幼なじみRosanna(Jacqueline Sassard)は、物静かなCarloに恋心を抱いていた。一方Carloは幼い少女を助けたことから、その母親Roberta(Eleonora Rossi Drago)に出会う。彼女は海軍将校の夫を、戦場で失ったばかりの未亡人だった。Robertaの美しさに、Carloは激しく惹かれていく。(作品の詳細はこちら


e0059574_025285.jpg
e0059574_0254846.jpg
e0059574_02559100.jpg
大傑作ではないけれど、ふっとまた観てみたくなる作品である。『女ともだち』で、仕事に生きる女Cleliaを演じた、Eleonora Rossi Dragoの代表作と言われる。Catherine DeneuveやGrace KellyやIngrid Bergmanのような、気品と官能に満ちた美貌に恵まれた彼女が、当時としては大胆なベッドシーン(DVDではカット)を演じたことでも話題になった。日本で公開された昭和35年当時、主演女優がベッドシーンでヌードになったのは空前のことだったため、噂を聞きつけた殿方は映画館に殺到し、リピーターになったらしい。

いやぁ、女性の私もEleonoraの美しさに頭がクラクラしました。成熟した女性のエレガンスや余裕を感じさせ、彼女(当時34歳)より遥かに年上なのに、大人になりきれない中途半端な自分が恥ずかしい。


e0059574_0261252.jpg
e0059574_0262328.jpg
Jean-Louis Trintignantは、形容し難い不思議な魅力のある役者だ。彼のまなざしには、動物的な感覚を呼び覚ます野生的なエロティズムがあり、抗えない魔力を持っている。不穏な空気を漂わせ、人の心をざわざわさせる。好きなタイプではないが、どこか気になる役者。逃亡中の列車がドイツ軍の爆撃を受けて、Carloは目が覚めた。祖国の若者が国のために戦っているというのに、自分は一体何をしているんだ?自分の人生だけでなく、未亡人の人生をも台無しにするといころだった。ラストシーンは本当に切ない。


e0059574_0264323.png
一度見たら忘れない、目鼻立ちがはっきりしたJacqueline Sassard(当時19歳)。みんなにちやほやして欲しい、自分が女王様でないと気がすまない。Rosannaに嫉妬し、嫌がらせをしたり、冷たく当たったり、Carloの前では拗ねてみせたり、ほんとに面倒くさい子。


e0059574_0265240.jpg
Robertaの母親(Lilla Brignone)の容貌も、脳裏に焼きついて離れない。大のファシスト嫌いで、愛想のない女だ。『レベッカ』に出てくるDanvers夫人のごとく、無表情で不気味。表情や喋り方も堅苦しく、女性特有の丸みが全くない。サボテンやカメを相手に喋っていたほうが、ずっと楽しくて心和むことでしょう。


[PR]
by amore_spacey | 2016-03-03 00:28 | - Italian film | Comments(0)