タグ:Johnny Depp ( 5 ) タグの人気記事

Donnie Brasco (フェイク)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_253873.jpg
【あらすじ】 Donnie Brascoという偽名を使って、ブルックリンを拠点とするマフィア組織に潜入したFBI捜査官Joe Pistone(Johnny Depp)。彼は組織の中のひとりBenjamin Lefty Ruggiero(Al Pacino)に気に入られ信用を得て、組織の中枢へと上り詰めていく。LeftyはそんなDonnieに夢を托し再起をかける。しかし潜入捜査6年目を迎えたある日、DonnieにFBIから撤退命令が下った…。囮捜査官として6年もの間マフィア組織に潜入し、アメリカ5大ファミリーのひとつを壊滅に近い状態に陥れたJoseph D. Pistoneの著書に基づく実話を映画化。


e0059574_26136.jpg
この作品が公開された当時、Al Pacinoが57歳でJohnny Deppが34歳。JohnnyはAl Pacinoの単なる引き立て役?と懸念したが、いやいや、対等に渡り合って素晴らしかった。都合が悪ければ身内さえ簡単に消した『ゴッドファーザー』の冷酷非情なMichael Corleoneを演じたAl Pacinoが、本作品では万年チンピラで人生の下り坂を転げ落ちていく初老のマフィアを好演。実の父親のように優しくDonnieに接するLeftyが、一方ではドラッグに溺れた息子に心を痛め、自分を越えてのし上がった若いボスの下でコマネズミのように働く悲哀に、心の中でむせび泣く。そんな人生の負け犬を、Al Pacinoらしく丁寧に演じてくれた。かっこいいだけのJohnnyとは、桁違いの厚みがある。でもくたびれた赤のジャージに老眼鏡をかけて、TVの動物番組を嬉しそうに見るAl Pacinoの姿を観た時には、「そこまでやらなくても…」と胸が痛くなった。

イタリア語版のAl Pacinoの吹き替えは、彼の強い希望によりGiancarlo Gannini様が担当。もちろんGiancarlo様も大好きなんだけれど、Al Pacinoの顔にGiancarlo様がダブって見えるのが難点かな。ラストシーン前に家を出て行くAl Pacinoの一挙一動、そして扉を閉める彼の背中に漂う哀愁に、目頭が熱くなり鼻の奥がつーん。

製作国:U.S.A.
初公開年:1997年
監督:Mike Newell
キャスト:Al Pacino, Johnny Depp, Michael Madsen, Bruno Kirby, James Russo, Anne Heche, Zeljko Ivanek ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-02-06 02:10 | - Other film | Comments(4)

Chocolat (ショコラ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(94点)
チョコが食べたくなる度 ★★★★★(100点)

e0059574_084825.jpg
【あらすじ】 冬のある日フランスの小さな村に、謎めいた女性Vianne(Juliette Binoche)が娘と2人でやってきた。やがて彼女は教会の近くに、宝石のような素晴らしいチョコレートが並ぶ店を開く。訪れた客の好みをピタリと当て、チョコレートを勧める彼女の店はたちまち村の話題になった。が、奇しくも村はキリストの断食期。村の指導者Reynaud伯爵(Alfred Molina)は、なんとかしてVianneを村から追い出そうとする。


e0059574_085919.jpg
ブルゴーニュ州はディジョンの北西約40kmにある美しい村フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny sur Ozerain)、その村にオープンしたショコラテリア。


e0059574_091449.jpg
敬虔なクリスチャンReynaud伯爵(Alfred Molina)は、チョコレートを悪魔の食べ物と忌み嫌い、Vianneを村から追い出そうとする。そんな彼は妻との関係に悩んでいた。


e0059574_092634.jpg
Vianneが心を込めて用意したホットチョコが楽しみなArmande(Judi Dench)は、糖尿病という健康上の問題だけでなく、娘との関係に悩んでいる。


e0059574_093731.jpg
ある日この村にジプシーの一団が流れ着いた。VianneはそのリーダーであるRoux(Johnny Depp)という男に心を奪われ、彼を店に招き入れる。


e0059574_094851.jpg
船上で一人静かにギターを奏でるジョニデ♪ あの頃の彼は最高によかったなァ。


e0059574_010161.jpg
Armandeの誕生日パーティーには、チョコレート尽くしのご馳走がテーブルに並んだ。ジョニデが手にするローストターキー?に、チョコレートソースの組み合わせ。あれを食べてみたい。


e0059574_0101614.jpg
夫の暴力を恐れ店に逃げ込んだJosephine(Lena Olin)は、Vianne母娘の生活に加わって店を切り盛りする。

ヴァレンタインデーでしたね。日本では熱いチョコレート商戦が繰り広げられたことでしょう。チョコと言ったら、この映画が真っ先に頭に浮かぶ。ジョニデがよかった。脇役にJudi DenchやAlfred MolinaやLena Olinという癖のある役者が揃ったことで、不思議な雰囲気が漂っていたっけ。『チャーリーとチョコレート工場』にも出ているジョニデは、Vanessa Paradisと結婚してチョコホリックになったのかしらん?^^

製作国:UK, USA
初公開年:2000年
監督:Lasse Hallström
キャスト:Juliette Binoche, Johnny Depp, Judi Dench, Alfred Molina, Lena Olin...


[PR]
by amore_spacey | 2011-02-15 00:10 | - Other film | Comments(4)

Nemico pubblico (パブリック・エネミーズ)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_2301897.jpg
1930年代前半のアメリカ。鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、John Dillinger(Johnny Depp)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為、強者から金を奪っても弱者からは一銭も奪わないといった独自の美学を貫くカリスマ性に、不況に苦しむ多くの国民は魅了され、まるでロックスターのようにもてはやした。そんなDillingerとって、一人の女性Billie(Marion Cotillard)との出会いは、これからの人生を決定付ける運命の瞬間だった。Billieもまた危険な選択だと分かりながらも、彼の強引で一途な愛に次第に惹かれていく。一方で捜査当局は、Dillingerをアメリカ初の“社会の敵ナンバーワン(Public Enemy No.1)”として指名手配する。捜査の包囲網が徐々に彼らを追いつめていくなか、永遠の愛を信じながら、二人の自由への逃亡劇が始まった…。



e0059574_231098.jpg
ちょっと長い。2時間以内にまとめたらこんなに間延びせ、テンションをあげたままラストシーンに突入することができたのに。Johnny Depp vs Christian Baleの対決、こうなったら意地でもクリリンがジョニデを捕まえたいとこなんですが、『ヤギを見つめる男たち』で壁の通り抜け術に見事玉砕する将校(≧∇≦)を演じたStephen Langが、Dillingerを仕留めるんですね。彼はなかなか渋いデス。



e0059574_2311650.jpg
Christianって老け顔?痩せてたから老けて見えたのかしら。セミロングのJohnnyもいいなと思ってたけど、1930年代のザンギリ風ショートもイケますね。どんな服も帽子も眼鏡も似合って、何をやってもカッコイイんだわぁ(*^^*) でも内容が薄っぺらいんですよね。あれじゃ、文化祭のチャンバラ劇でしょ?で、また寝ちまいました、前半のだるだる部分で。最近映画館で寝る癖がついちゃったみたい(殴っ)

製作国:U.S.A.
初公開年:2009年
監督:Michael Mann
キャスト:James Russo, David Wenham, Christian Stolte, Stephen Lang, Jason Clarke, Johnny Depp, Christian Bale, Marion Cotillard ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-11-22 02:33 | - Other film | Comments(2)

Pirati dei Caraibi3 (パイレーツ・オブ・カリビアン3)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(53点)

ネタばれあり?そもそもネタがあったのか?ストーリーがあったのか?

e0059574_2354940.jpg
海の中へ消え去ってしまったジャック・スパロウの行方や、強大な陰謀に立ち向かう海賊たちの戦いが壮大なスケールで描かれる。というコピーに騙されてまた観に行ってしまった。娘も私もジョニデのファンやしぃ。


e0059574_2372219.jpg
お気に入り度53点なんて低得点は久々かも。最初から文句を言わせて頂きますと、内容が薄っぺらいのに長すぎ!誰が何のために今の行動に出てるのかさっぱり分からね。しかもストーリーやシーンのつなぎ方が雑で理解不能でした。誰が主人公なの?ジョニデはキース・リチャーズが出た時点で脇役扱いだし、呪術師?のねえちゃんはいきなりデカくなって大量にカニを吐いて力尽きるし、イカも絶命する。
えっと、新庄剛志氏扮するタコ男はどこに?見つけられた方います?戦闘シーンも退屈だったジョ。出演者たちは楽しんだかもしんないけれど、無理やりまとめて終わらせたね。娘がいなかったら途中で出てたョ。


e0059574_2363451.jpg
キースをちらっと拝むことができたからよかったか?彼が肌身離さず身につけているドクロのリングもばっちり見たもんね(^^)v あ、それだけっす。


e0059574_2375248.jpg
わたし的にはこの作品の主役は、あのお茶目な小猿…ですかね。
そうそう、長ーいエンドロールの後に(劇場に残ったのはアタシと娘の2人。イタリア人ってどーしてエンドロールが始まると同時に席立つの?)登場した10年後のエリザベスと少年。あの少年はウィリアムの子?ジャック・スパロウの子?ブヒブヒッ。
で、このシリーズはまだ続くんですか~?もうこれで勘弁して下さいよぉ。

製作国:USA
製作年:2007年
監督:Gore Verbinski
キャスト:Johnny Depp, Geoffrey Rush, Orlando Bloom, Keira Knightley, Yun-Fat Chow, Reggie Lee, Keith Richards ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-06-03 02:41 | - Other film | Comments(6)

La Fabbrica di Cioccolato (チャーリーとチョコレート工場)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (90点)
e0059574_211359.jpg
子どもも大人も一緒に楽しめる作品ですが、笑うシーンが微妙に違うのですね。子どもたちは視覚的な面白さだけで笑っているのだけれど、大人たちは、ジョニデがクールな顔でさらっと言いのける、シニカルなジョークやブラックユーモアに苦笑いを誘われました。音楽ネタも受けました。 ジョニデの歯がやたら真っ白で、歯並びもすごくよかったけれど、あれもメイク?

e0059574_21494986.jpg
キャラクターの中でひときわ異彩を放っていたのが、ウンパ・ルンパ軍団でした。登場のタイミングといい、レトロなBGMや振り付けといい、彼らの踊りを見ているととても和みますね~(^^) ウンパ・ルンパそっくりの知人を思い出して私ひとりで受けていました、わはははっ。  「はっ?」(・・?) ひょっとするとあれは彼だったのかもしれない( ̄∇ ̄;)

*CIAK No.9 settembre 2005より転写

ネタばれあり
[PR]
by amore_spacey | 2005-09-26 21:21 | - Other film | Comments(12)