タグ:Keanu Reeves ( 5 ) タグの人気記事

ジョン・ウィック チャプター2 (John Wick - Chapter 2)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (73点)

e0059574_213633.jpg
【あらすじ】 引退の身から呼び戻された伝説の暗殺者John Wick(Keanu Reeves)は、かつて血の契約を結んだ、国際的な暗殺組織を乗っ取ろうとする殺し屋仲間Santino D'Antonio(Riccardo Scamarcio)の依頼を受け、ローマへ飛び、世界最強の殺し屋たちと対決することになる。(作品の詳細はこちら


e0059574_2141264.jpg
e0059574_2145717.jpg
本作は『ジョン・ウィック』の続編で、舞台はNYとローマ。突っ込みどころ満載ですが、頭を空っぽにして楽しめる痛快アクションもの。前作はシリーズ第一弾という新鮮味に助けられ、ぐいぐい引き込まれて観た。今回も期待を裏切らず、黒スーツでビシッと決め、悲しい表情で容赦なく悪党を殺していくKeanuが、ゾクゾクするほどクールで、前回よりもパワーアップしたアクションを披露してくれた。が、アクション・シーンがワンパターンで長かった。Ruby Roseも全く必要なかったな。


e0059574_2174540.png
e0059574_2181948.jpg
e0059574_2183744.jpg
e0059574_219777.jpg
今回はローマが舞台なので、イタリア人役者が多数参加している。『ローマでアモーレ』『ロンドン・スパイ』『二ツ星の料理人』、そしてこの2月にクランクアップしたばかりの『Andorra』など、国際舞台に進出するRiccardo Scamarcioが、最初から最後までほぼ出突っ張り、退場の仕方も潔かった。贔屓目になるが、Keanuと並んでも遜色なく、なかなかパワフルで見応えがあったと思う。しかし、あの髪型は…ないな(苦笑) ラブコメの軽いノリのRiccardoもいいが、暗黒街や戦乱の世に生きる男が似合う。


e0059574_15131740.jpg
緊張を強いられるアクションシーンの合間に、『マトリックス』仲間のLaurence Fishburneや、殺し屋御用達コンチネンタル・ホテルの強面ホテルマンLance Reddickが登場すると、知り合いに会ったような懐かしさがこみ上げ、気持ちが和む。素晴らしい脇役たちが、作品にメリハリを出してくれていた。


e0059574_2194099.jpg
e0059574_2195671.jpg
倍返しなんて生ぬるいもんじゃない、「誰が来ようが皆殺しだ」と言い切るJohn、。しかし彼はあの世界の掟を破ったため、全てを敵にまわしてしまった。不死身のJohnも、Chapter 3で永遠の引退(=死)なんてことになるのかしら?暗殺組織の会長Winston(Ian McShane)が、彼を始末する?(涙) Chapter 3がとても気になります。


[PR]
by amore_spacey | 2017-03-27 02:22 | - Other film | Comments(0)

キアヌ・リーブス、ローマの病院へ(Keanu Reeves all’ospedale di Roma)

e0059574_0332125.jpg
e0059574_0333697.jpg
1月下旬ローマに着いたKeanuは、John Wick Chapter 2ロケのため、ローマのスタッフと合流しました。共演者のRiccardo Scamarcioらと夕食したり…(↑↑2枚目の画像 「NGシーンが多すぎンだよぉ」とScamarcioに凄まれ、うなだれるKeanu?)


e0059574_034353.jpg
e0059574_0344917.jpg
オフの日はトレーニングジムで身体を鍛えたり、散歩したり。ローマのあちこちでKeanuに会った!サインもらった!セルフィーした!ファンが続出。髪の毛はボサボサ(毎日洗わない?)、ひげもじゃもじゃ、服も適当。相変わらず自分のイメージに、まったく無頓着なKeanuです。


e0059574_035951.jpg
その後サンレモ音楽祭にゲスト出演したKeanuは、再びローマへ。カプリ島在住の妹Kim Reevesが、治療・検査のためローマの病院に1週間入院、その付き添いに来たのでした。病院の至るところで目撃され、ファンからサインやセルフィーを求められた彼は、嫌な顔一つせず気さくに応じていました。Capri島在住の妹を訪ねて、今後もKeanuは来伊してくれそうです。


[PR]
by amore_spacey | 2017-03-17 00:38 | My talk | Comments(0)

サンレモ音楽祭のキアヌ・リーブス (Keanu Reeves al festival di Sanremo)

e0059574_2354416.jpg
第67回サンレモ音楽祭(2009年にはKevin Spacey様が出演)の2日目のゲストは、Keanu Reeves。あいかわらず大物俳優らしくない庶民的な雰囲気に、とっても親近感が沸きます。


e0059574_236088.jpg
司会者のMaria De Filippiから若い頃の話を振られると、何度も椅子に座り直したり腕を組み直したりしながら(こういう場が落ち着かないんでしょうね)、高校時代はアイスホッケー一筋だっただったこと、トロントではイタリア食品店でパスタを作っていたこと、大好きなバイクの事故で何度も病院にお世話になったこと、薄幸な少女との出会いがきっかけで詩集を出版したこと、そして最近ついに家を買ったことなどを話した。しきりに照れるKeanuが可愛い!


e0059574_2361497.jpg
e0059574_2362816.jpg
オーケストラボックスから受け取ったベースギターで、ちょっとだけ演奏もしてくれた。


e0059574_2365333.jpg
e0059574_237462.jpg
もう1人の司会者Carlo Contiは普通に握手しただけなのに、MariaはKeanuのアゴをがっちり固定して、強引にキスした。(● _ ●)エッ…、ちょっと待ってよ。司会者の特権って…そりゃそうかもしれないけど、それってずるーい。John Wick Chapter 2、早く観たい。


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-17 02:39 | My talk | Comments(0)

John Wick (ジョン・ウィック)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2141282.jpg
【あらすじ】 John Wick(Keanu Reeves)は伝説的な暗殺者として、裏社会にその名を轟かせたが、愛に目覚め引退し暴力から遠く離れた暮らしをしていた。しかし妻が死に、その忘れ形見の愛犬の命を、ロシアン・マフィアの息子Iosef Tarasov(Alfie Allen)の手によって奪われる。碇と憎しみに支配されたJohn Wickは、封印していた殺しのスキルを蘇らせ、たった一人、復讐に乗り出す。(作品の詳細はこちら


e0059574_2143115.jpg
e0059574_2144575.jpg
良くも悪くも分かりやすいストーリーで、Keanuのための映画。アップテンポで展開する壮絶な復讐劇や迫力の格闘シーンは、暴力反対!とか、教育上よろしくありません!などと無粋なことは言わない。とても痛快でスカッとする。

次々と襲ってくる敵を容赦なく殺していくKeanu、至近距離で頭や心臓を撃ちぬくKeanu、ボロボロになっても亡き妻との約束を守って帰宅するKeanu。Matrixとはまた違ったカッコよさを見せてくれる。うらぶれたKeanuもいい。Willem DafoeやIan McShaneやMichael NyqvistLance Reddickなど、渋い面々が脇を固めている。


e0059574_2155095.jpg
e0059574_216111.jpg
e0059574_2161272.jpg
こんな可愛いワンちゃんの命を奪うなんて…。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-05 02:20 | - Other film | Comments(0)

The Lake House (イルマーレ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_1164062.jpg
【あらすじ】 2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師Kate(Sandra Bullock)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越す。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年Alex(Keanu Reeves)からの手紙だった。2000年の韓国映画『イルマーレ』をリメイクした恋愛映画。(作品の詳細はこちら


e0059574_116525.jpg
久しぶりに韓国版の『イルマーレ』を観た。何だかそんな気分だったので。全体を包むブルー。藍色に近いブルーや水色に近い淡いブルー。色んなブルーに包まれた中でヒロインが醸し出す透明な雰囲気、不思議な時空間を潜りながら少しずつ縮まっていく2人の距離。しっとりした心地よい世界に浸ったあと、勇気を出してこのリメイク版を観ることにした。リメイク版で成功した例は少ないから、期待していなかったけれど、Keanu Reevesが見たかったから。


e0059574_117462.jpg
うーーーん、ただリメイクすればいいってものじゃありませんね。まず湖岸の一軒家。遠目には放置されたまんまの温室風あばら屋にしか見えず、秋~冬という季節設定のせいもあって、裸木林に囲まれた殺風景な景観が何とも残念。韓国版の家には何となく秘密基地っぽくて、好奇心を搔き立てる魅力があった。家の中の壁の色が好きだったな。


e0059574_1171467.jpg
このワンちゃん、ものすごく可愛かった。まるで人の心が読めるかのような仕草や表情に、心が融けてしまった。韓国版もハリウッド版も、つじつまの合わないところはたくさんある。それでも韓国版は、「ちょっと不思議なおとぎ話を観る」感覚で楽しめたが、ハリウッド版はやっつけ仕事的で気になるところがあまりにも多く、それが気になって気になって・・・。


e0059574_1173082.jpg
さて主役の2人。Keanuと言ったらスーパーヒーローや非情な殺し屋がはまり役、そんな彼を見慣れているので、果たして恋愛モノは大丈夫なの?と、やや不安があった。が、ナイーブな青年をやらせると、殆ど地のままなのか?照れくささを隠し切れない彼に、胸がきゅんきゅん☆ 苦手なSandraは山口智子のようにきゃぴきゃぴ&ぶりっ子で、彼女の全てが煩わしく思うけれど、本作品は比較的穏やかな演技でほっとした。しかしこの2人って、ホントに大根役者!(>_<) でもKeanuのことは、なぜか憎めない。アジアのDNAが呼ぶのかしら?^^


[PR]
by amore_spacey | 2015-05-03 01:18 | - Other film | Comments(0)