タグ:Luca Argentero ( 14 ) タグの人気記事

Eat, Pray, Love (食べて、祈って、恋して)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (62点)

e0059574_0211984.jpg
【あらすじ】 ニューヨークでジャーナリストとして活躍するElizabeth(Julia Roberts)は、離婚と失恋を経た後、全てを捨てて自らを探す旅に出る。イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは精神力を高めるべくヨガと瞑想(めいそう)に励む。そして最後に訪れたインドネシアのバリ島では、彼女の人生を大きく変える出会いが待っていた。Elizabeth Gilbertの自伝的小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_0213025.jpg
e0059574_0214492.jpg
公開当時ひじょうに評判が悪かったので、Luca Argenteroが出演しているにも関わらず、観ないまま過ぎてしまったが、今回ある調査のため、本作品のイタリア編だけ観た。あちゃーーっ、こりゃヒドイ。「ギャラもらったから出たけど…」なオーラが、どの出演者からも出ていて、痛々しく腹立たしい。なので今回の目的である「食」とLucaの鑑賞のみに集中することにした。


e0059574_0215680.jpg
e0059574_022594.jpg
e0059574_0221548.jpg
e0059574_0222824.jpg
朝のバール・散歩途中のジェラート・トマトソースのシンプルなスパゲッティ・本場ナポリの特大ピッツァマルゲリータ・友人たちとの食事・ワイン・丸ごとローストしたホロホロ鳥(ターキー?)…。こうしてみていると、イタリアは食の舞台にふさわしい。フレンチや和食に比べれば、彩りや盛り付けが大雑把だけど、素材をいじくり回さないから、素材がよければ、すこぶるおいしい。そしておいしいものを大勢で囲んで食べれば、なお美味しい&楽しい&話が弾む。これなんだなぁ、イタリアの食の醍醐味は。


e0059574_022408.jpg
e0059574_0225055.jpg
e0059574_023083.jpg
でもねェ、何の説明もなく、いきなりJulia姐とLucaが一緒に登場したり、Lucaの恋人?やトスカーナで暮らすLucaの家族が、脈絡なく出てくるのには参りました。「ストーリーは、視聴者の想像力にお任せ」「ヒントをあげるから、適当に補って繋げちゃって下さい」の、丸投げ状態。ロケ中も、何だかなぁ?な場面があったんだろうな。笑顔の素敵なLucaが、まったく冴えないんだもん。妙にひきつった笑いが隋所に出てきて、かわいそうな役どころでした。「ま、でも、ギャラもらってるから、いっか」ってなトコロですかね。それにしても主人公には、まったっく共感できなかったな。


[PR]
by amore_spacey | 2016-03-19 00:26 | - Other film | Comments(0)

Luca Argentero a Modena (ルカ・アルジェンテーロとハグしてサインもらってツーショット)

e0059574_4592413.jpg
「今日の夕方6時頃、Luca Argenteroがモデナに来るんだって」という携帯メッセージが入った。時刻は夕方4時。私「えーーーっ、何でモデナに来るの?」 友人「某ブティックのリニューアル・パーティに呼ばれてるらしいの」 ガセネタかもしれないが、本当だったら・・・。用事を2つ済ませて、旧市街にあるブティックの前にすっとんだ。


e0059574_4594344.jpg
夕方6時過ぎに、ブティック前で歓声が沸き起こり、Lucaが本当にやって来た。友人も私もそこに集まった人みんなも、ぼぉーーー。あ、写真撮らなくちゃ。友人は動画を撮っていた。


e0059574_50055.jpg
ブティック内ではアペリティーボがふるまわれ、招待客にはLucaとハグ&サイン&ツーショットという、夢のようなひとときが待っていた。招待券がない人々は、ショーウィンドウにはりついて、写真撮影。


e0059574_50115.jpg
大勢の招待客と喋るLuca。ノドも乾くってもんです。


e0059574_50276.jpg
が、疲れたそぶりすらみせず、始終にこやかに微笑みを浮かべ、1人1人に気のきいた言葉をかける。


e0059574_504444.jpg
彼の甘い視線に萌え死 emoticon-0152-heart.gif


e0059574_511530.jpg
ブティック前には、長蛇の列。
地方紙の記事によると
400人余りが来ていたらしい。


e0059574_512865.jpg
可愛い~♪



e0059574_51499.jpg
このあとミラノのイヴェントのため、サイン会は夜9時に終了。革ジャンを着てブティックを出たところで、最後のセルフィーを快く承諾するLuca。ここには書けない感動的なエピソードがあり、ますますLucaのファンになった。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-16 05:09 | My talk | Comments(0)

Il grande sogno

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (73点)

e0059574_1385935.jpg
【あらすじ】 1968年ムーヴメントの幕開け。役者を夢見る若き警官Nicola(Riccardo Scamarcio)、厳格なカトリックの家庭に育ったが、政府やヴェトナム戦争への抗議やフリーセックスを訴える学生デモ行進に参加するLaura(Jasmine Trinca)、そしてフィアットで働く女工の息子で、Lauraと同じ大学に通うLibero(Luca Argentero)の3人の若者たちの、出会いや別れを描く。Nicolaは若き日のMichele Placidoがモデルになっている。プーリアからローマに上京し、生計を立てるため警官隊に入る。その後、演劇芸術アカデミーに通い役者になった。


e0059574_1391160.jpg
イタリアの暗黒時代を知りたければ、この映画TVドラマのほうが遥かにリアルだし、当時の若者の葛藤なら『輝ける青春』で一目瞭然。


e0059574_1392335.jpg
どう考えてもこれは、Michele Placido監督の自己陶酔的な自分史、または当時思いを寄せていた女性への詫び状としか思えない。年を重ねて自分を振り返るのは勝手だけど、それを映画化するってどうなの?年とって、公私混同が激しくなってきたかな。


e0059574_1393430.jpg
でもこんなおいしいシーンや


e0059574_1394493.jpg
Lucaのこんなものを拝見できたから、ま、いいか(*^^*)

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Michele Placido
キャスト:Riccardo Scamarcio, Jasmine Trinca, Luca Argentero, Laura Morante, Michele Placido, Ottavia Piccolo, Silvio Orlando, Massimo Popolizio, Federica Vincenti ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-30 01:40 | - Italian film | Comments(2)

C'è chi dice no

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_39748.jpg
【あらすじ】 フィレンツェ。出版会社に勤めるMax(Luca Argentero)と医師Irma(Paola Cortellesi)と大学講師のSamuele(Paolo Ruffini)はそれぞれの職場で一生懸命やっているが、うだつがあがらず悶々としている。そんなとき高校時代の同級会で、エリートコースを歩む同級生たちを見てしまった。妬み心がムラムラと湧き上がってきた3人は、 団結してストーキング行為で彼らを悩ませた。この結果3人はそれぞれの職場で、良いポジションを得るのだが。


e0059574_392542.jpg
絶対にあり得ないと思いつ つ、コミカルに展開していく話にのせられて、最後まで観てしまった。この世はコネとカネ!それがなきゃ、才能があってもただの人。花を咲かせることはできない。教授の推薦状や社会的権力を行使して、子どもを就職させる。こんな方法が未だに暗黙の了解でまかり通っている。不況の真っ只中、コネや金や権力のない学生の就活は、混迷の一途。何とかなりませんか、イタリア!

うだつのあがらない男を演じたときのほうが、素顔に近いせいか?Luca Argenteroは生き生き&キラキラ。カッコいい彼を見慣れている目には、新鮮に映るんだろう。 カッコよくてもうだつがあがらなくても、彼の笑顔は最高に素敵^^ あら、奥さんのMyriam Cataniaと共演してるのね。

製作国:Italy, France
初公開年:2011年
監督:Giambattista Avellino
キャスト:Luca Argentero, Paola Cortellesi, Paolo Ruffini, Myriam Catania, Claudio Bigagli, Marco Bocci, Chiara Francini ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-26 03:09 | - Italian film | Comments(0)

Il cecchino (裏切りのスナイパー)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)


e0059574_055267.jpg
【あらすじ】 パリ。スナイパーVincent(Mathieu Kassovitz)率いる強盗団は、銀行強盗を働いた直後にMattei刑事(Daniel Auteuil)らに取り囲まれた。銃撃戦の末、Vincentの正確な狙撃によって、David(Jérôme Pouly)・Éric(Francis Renaud)・Nico(Luca Argentero)は脱出に成功する。大怪我をしたNicoは、Éricが紹介した闇医者Franck(Olivier Gourmet)の手術によって一命を取り留める。Vincentが金を隠し、ほとぼりが冷めたところで山分けすることになった。しかしVincentは何者かの密告により逮捕され、Vincentの弁護士で金の隠し場所を知る元恋人Kathy(Arly Jover)が惨殺される。犯罪組織を追う警察と、組織のメンバーであるスナイパーとの攻防を描く。


e0059574_0551549.jpg
Luca Argentero一人祭りを終えないうちに、色んな祭りを始めてしまったので(浮気性だな)、これを観るのが遅くなってしまった。Michele Placido監督はフィルム・ノワールを目指していたようだけど、う~ん。煙った暗闇のシーンが多いのは、文字通りノワールだな(苦笑) 銀行強盗やスナイパーや仲間割れや息子を殺した犯人や多重人格者と、色々詰め込み過ぎたせいか?却ってチープな感じがとても残念。しかもシーンの繋ぎの悪さや説明不足が祟って、話がきれいに流れない。


e0059574_0552588.jpg
不自然で突っ込み所満載なんだけど、豪華キャストにBGMやハードボイルドな雰囲気に盛り上げられて、そこそこ楽しめる。Mathieu Kassovitzが、めっちゃカッコええ!負傷したLuca Argenteroがエロい。またPlacido父娘の共演なのね。Violante Placidoは可愛いけれど、女優としての力量は?しばらく見ないうちに、Daniel Auteuilの鼻がさらに大きく育った気がするんですが?(爆)

製作国:France, Belgium, Italy
初公開年:2012年
監督:Michele Placido
キャスト:Daniel Auteuil, Mathieu Kassovitz, Olivier Gourmet, Francis Renaud, Nicolas Briançon, Fanny Ardant, Violante Placido, Luca Argentero, Arly Jover ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-23 00:55 | - Italian film | Comments(0)

La donna della mia vita

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0162152.jpg
【あらすじ】 Alba (Stefania Sandrelli)には、性格が全く違う2人の息子がいる。長男のGiorgio (Alessandro Gassman)は妻Carolina (Sonia Bergamasco)とローマで暮らす医師だが、女遊びがはげしく次から次へと浮気相手を変える。今の浮気相手はどうやら、ミラノにいるらしい。次男のLeonardo (Luca Argentero)はとても繊細でウツ傾向にあり、ついこの間、彼女に振られて自殺未遂をしている。そんな彼がある夜パーティーでSara (Valentina Lodovini)と知り合い、やっと彼の人生にも光が射してきたかにみえた。しかしSaraがGiorgioの元カノと分かり、一家はてんやわんやの大騒ぎになる。


e0059574_0163545.jpg
キャスティングが素晴らしい。優秀で要領のいい長男Alessandro Gassmanに、やや弱気な次男のLuca Argentero、そしてそんな2人をやきもきしながら見守るマンマがStefania Sandrelli。適材適所である。


e0059574_0174344.jpg
それにしても、せっかく出会って意気投合した相手が、優秀な兄の元カノだったなんて、あんまりな話だ。自殺未遂をするような繊細な心の持ち主には、耐えられない事実。これが一家の大事件になるのは、まさに子どもの問題はマンマの問題でもあるのよ、ああ大変!と、イタリアらしい展開になっていくからだ。確かに自分の息子たちではあるが、もう立派な大人なんだから、第三者は首を突っ込むべきではないのにね。でもそのドタバタぶりは、イタリアならではの可笑しさがあって、目が離せない^^

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Luca Lucini
キャスト:Luca Argentero, Alessandro Gassman, Stefania Sandrelli, Valentina Lodovini, Giorgio Colangeli, Sonia Bergamasco, Gaia Bermani Amaral, Franco Branciaroli ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-30 00:17 | - Italian film | Comments(4)

Cha Cha Cha

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0135779.jpg
【あらすじ】 ローマ。16歳の少年が交通事故で死亡した。その現場を目撃した元警察官の私立探偵Corso (Luca Argentero) は、事故死として片付けようとする刑事Torre(Amendola)の見解に反して、少年の死に不審なニオイを感じ取る。同じ日ローマ郊外の荒地で、1人の技術者の死体が発見された。2つの事件は何の関係もないように見えたが、Corsoが極秘に調査するにつれ、意外な事実が分かった。


e0059574_0145480.jpg
主役の人選を誤った。フィルム・ノワールにLuca Argenteroでは、イケメンすぎる。優しすぎる。正義の味方すぎる。汚れがなく潔癖すぎる。これではアウトローな私立探偵Corsoの存在感や真実味が薄れてしまう。という下馬評とは異なり、今までコメディ路線で来た彼が脱皮を図ろうと懸命に模索している姿勢を評価したいと私は思った。ええ、彼のファンですからァ。フィルム・ノワールの主人公といえば、1950~70年代の仏映画に登場する、冷酷非情でストイックな一匹狼、Alain Delon。ハードボイルドの世界だ。あれを目指したのだとしたら、この作品は足元にも及ばないが、21世紀のイタリアン・フィルム・ノワールという新カテゴリーを設定するなら、そこそこイケてるんじゃないかな。ローマ郊外の夜を上空からとらえたオープニングの映像や音楽が、ものすごくツボにハマッた。トップモデルのEva Herzigovaも39歳かぁ。アップにすると小皺があちこちにあるけど、イジッてない自然な感じがいい。彼女が演じたMichelleのようなプールつきのお屋敷で、執事たちに傅(かしず)かれて1週間くらい暮らしてみたいですこと。


e0059574_015631.jpg
問題のこのシーン。全裸のLucaのアノ部分にモザイクを入れるかどうか?映倫の検閲にひっかかったらしい。これに対して彼は、某雑誌のインタビューにこう答えている。「あのシーンを撮影している時には、濡れ場シーンの時のような恥ずかしさや緊張感より、ちゃんと上手く撮れているか?自分の動きのほうが気になった。モザイクを入れるなんて不自然だ。だいたいこのシーンが槍玉に上がること自体、どうかしてる。脱いだ、脱がない。見える、見えない。そういう問題じゃないと思う。」そうだよ!Lucaのプロ魂を見習いたまえ。もっともっと芸域を広げて、21世紀のイタリア映画界を担う役者になって欲しい。いや~、しかし、彼のアレはデカかった。って、そこか?(~_~;)

彼と同居しているワンコが、可愛いんだなぁ。右の前足がないのに、それを感じさせず健気に走り回っている。Lucaがボコボコに殴られたとき、傷口をペロペロを舐めて、心配そうに寄り添うワンコにうるうる。『結婚できない男』に登場したケンちゃんそっくりで、とても愛嬌があるんです。


e0059574_015172.jpg
国の威光を笠に着て、臭いものにはどんどん蓋をする(=不都合なことはもみ消す)Torre刑事でさえ、最後に「che cazz* di paese (何て糞っタレのような国なんだッ!) 」と悪態をつくようなイタリア。不況が長引くせいで?税金や光熱費などは引き上げられるのに、給料は頭打ち(どころか減少傾向)の暮らしにあえぐ国民が大勢いる。イタリア、本当に大丈夫なのか?

製作国:Italy
初公開年:2013年
監督:Marco Risi
キャスト:Luca Argentero, Eva Herzigova, Claudio Amendola, Pietro Ragusa, Bebo Storti, Marco Leonardi, Shel Shapiro, Jan Tarnovskiy, Nino Frassica, Pippo Delbono ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-29 00:16 | - Italian film | Comments(4)

Oggi sposi

私のお気に入り度 ★★★★☆(81点)

e0059574_0232660.jpg
【あらすじ】 プーリア出身の警官Nicola(Luca Argentero)とインド人女性Alopa(Moran Atias)、60代の金持ちRenato(Renato Pozzetto)と若くて綺麗なマッサージ師Giada(Carolina Crescentini)、職場(シェフ)恋愛のSalvatore(Dario Bandiera)とChiara(Isabella Ragonese)、若手金融家Attilio(Francesco Montanari)と女優のSabrina(Gabriella Pession)、この4組のカップルの結婚式までを描くラブ・コメ。


e0059574_0234324.jpg
何らかの形で関わり合っている4組のカップルが、それぞれの抱える問題を解決あるいは一部保留のまま結婚式に漕ぎ着ける。その中でもプーリア出身の警官NicolaとAlopaのエピソードは抱腹絶倒モノ。警官を演じるLuca Argenteroが濃い。彼の父親Sabino(Michele Placido)が、これまたプーリアの田舎の農夫で濃い。亭主関白で思い込みが激しい。世間体とか品格という文字が、彼の辞書にはない。またAlopaの父親(Hassani Shapi)が負けず劣らず濃い。インド大使という社会的な肩書きはあるものの、根底に流れるキャラは農夫Sabinoと同じ。この2人が賑やかに華々しくドタバタ喜劇を引き起こすから、バカバカしいと思いつつ笑いが止まらない。


e0059574_0235698.jpg
〆のインド式結婚式が、これまた豪華絢爛&大騒ぎ!インド式新郎のきらびやかな衣装が、何とまあLucaによく似合いますこと!全く衣装負けしていないのがすごい。バターと生クリームとマスカルポーネを一気飲みした、そんな濃厚なエピソードだ、げぽっ☆


e0059574_024744.jpg
濃いエピソードで胸焼けしないよう、箸休め的なシーンが所々に用意されているので、脇役たちのボっぷりに、テンションが緩む。ハイテンションのままでは、どんなに面白くてもブチ切れる危険がありますから(^◇^)


e0059574_0242446.jpg
検察官を演じたFilippo Nigroの神経症的な生真面目さは、「何でもキチンとしたいタチなんで・・・」というTAKE FIVEの吾郎ちゃんそっくり。生真面目&几帳面なキャラの必須アイテムは、古今東西を問わずメガネなんだな。

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Luca Lucini
キャスト:Luca Argentero, Moran Atias, Dario Bandiera, Isabella Ragonese, Carolina Crescentini, Filippo Nigro, Francesco Montanari, Gabriella Pession, Michele Placido, Hassani Shapi, Lunetta Savino, Renato Pozzetto, Francesco Pannofino, Caterina Guzzanti ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-22 00:24 | - Italian film | Comments(2)

Lezioni di cioccolato (恋するショコラ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(75点)

e0059574_0125634.jpg
【あらすじ】 ペルージャにある建設会社の若手経営者Mattia(Luca Argentero)は、ルックスにもお金にも恵まれた暮らしをしている。そんなある日、格安で引き受けた仕事に雇った、非正規労働者のエジプト人Kamal(Hassani Shapi)が怪我をしたから大変。非正規がバレないようKamalが警察に通報しない代わりに、MattiaはKamalになりすましてショコラティエの学校に入学する羽目になった。そこで彼は、ショコラティエを目指すちょっぴり勝気なCecilia Ferri(Violante Placido)と出会う。授業についていけず四苦八苦するMattiaにイライラしながらも、彼の家庭教師に指名されて個人レッスンを重ねるうちに、2人の間に淡い恋が芽生えた。


e0059574_013981.jpg
日本語のタイトルには、ラブコメ路線に持ち込もうという魂胆が丸見えだけど、この作品は雇い主 vs 非正規労働者の立場を超えて、MattiaとKamalが友情に近いものを育んでいく話じゃないのかな。Cecilia FerriとMattiaの絡みは、あくまでも刺身のつまで、ストーリーに変化をつけるため、なんて言い過ぎ?


e0059574_0132092.jpg
Kamalを演じたHassani Shapiの大真面目振りやはじけっぷりの落差が、めちゃくちゃ可笑しい。この人は黙っていても、目が全てを語ってしまうので、ウソは絶対につけないでしょう。小柄で里芋のようにクリクリしていて、可愛らしい。ポケットに入れて持ち歩きたい人だわぁ(爆)

ペルージャと言ったら、チョコ。チョコと言ったらPerugina。Mattiaが学校の場所を探すシーンで、このマークがばっちり見える。私もここのチョコが大好きです。

製作国:Italy
初公開年:2007年
監督:Claudio Cupellini
キャスト:Luca Argentero, Violante Placido, Neri Marcorè, Hassani Shapi, Monica Scattini, Francesco Pannofino ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-14 00:13 | - Italian film | Comments(0)

Diverso da chi?

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_011910.jpg
【あらすじ】 ゲイをカミングアウトしている市会議員Piero(Luca Argentero)は、ひょんなことから「党の市長候補を決める選挙」に出ることになった。最有力候補の一位は不動だが、支持者たちのお陰で次点につけることができた。ところが開票結果発表の時に、最有力候補が心筋梗塞で亡くなり、規則に従って次点のPieroが繰上げて党の公認市長候補となる。左派のPieroとのバランスをとるため、党は副市長候補として伝統的な家族のあり方を訴える右派のAdele(Claudia Gerini)を選び、こうして市長選挙戦の火ぶたは切って落とされた。


e0059574_0112338.jpg
ドタバタ・コメディの中に、アイデンティティや家族のあり方や同性愛の問題などを織り込んだ娯楽作品である。イケメンで情熱的な若手議員Pieroはちょっぴり天然、彼の対抗馬となった野心家の議員Adeleは、離婚暦があり子どもを授かることができない、PieroのパートナーでシェフのRemoは、スポーツマンだけど繊細で傷つきやすい。3人各々のほどよい距離感がよかった。が…


e0059574_0114690.jpg
PieroとAdeleが酔った勢いでベッドインしてしまい、3人のバランスが壊れる。さぁ、大変ですよ。400万分の1の確率でAdeleが妊娠し、PieroからAdeleと寝たことを打ち明けられて涙にくれるRemo。Adeleの妊娠で動揺したPieroが、ここ一番!というところで大失言し、彼は落選。でもAdeleの妊娠・出産をきっかけに、3人は家族になる。


e0059574_0115745.jpg
Luca Argenteroは静止画像より、動いている映像が断然いい。彼の2枚目半なキャラが、写真では十分に伝わらないのだ。しわくちゃになった笑顔がとってもキュート。短髪+メガネのオタク風Lucaも、結構いいな。

製作国:Italy
初公開年:2009年
監督:Umberto Riccioni Carteni
キャスト:Luca Argentero, Claudia Gerini, Filippo Nigro, Antonio Catania, Francesco Pannofino, Giuseppe Cederna, Rinaldo Rocco ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-10 00:11 | - Italian film | Comments(0)