タグ:Micaela Ramazzotti ( 7 ) タグの人気記事

歓びのトスカーナ (La pazza gioia)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_1173310.jpg
【あらすじ】 虚言癖でおしゃべりな自称・伯爵夫人Beatrice(Valeria Bruni Tedeschi)と、自分の殻に閉じこもった全身タトゥーの女Donatella(Micaela Ramazzotti)。社会復帰を助けるトスカーナの診療施設から脱走を図った2人は、破天荒な逃避行を繰り広げるなか、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく。2017年David Donatello賞で、作品賞や監督賞や主演女優賞(Valeria Bruni Tedeschi)など5部門受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_117476.jpg
e0059574_118213.jpg
タイトルの語感から、弾けるような喜びに満ちた、軽いコメディタッチのドラマを想像していた。確かにBeatriceとDonatellaの逃避行は、Thelma & Louise (1991) を彷彿させるような珍道中だが、2人はどこでどう間違ったのか?人生に躓(つまづ)いて傷つき、心の奥に深い怒りや悲しみや後悔を抱えて生きている。

彼女たちの性格はコインの裏と表のように正反対で、事件が起きるたびに、それぞれのリアクションが面白いほど異なる。Beatriceが光なら、Donatellaは闇。自称・伯爵夫人のBeatriceは、出鱈目な話を間断なくすることで現実から目をそむけ、自分を保っている。Donatellaは付き合った男に捨てられたばかりか、2人の間にできた子どもを認知してもらえず、その子も養子にとられてしまう。心の中は生々しい傷だらけで、その痛みに1人でじっと耐える。殻に閉じこもることで、崖っぷちから転落しないように、なんとか踏みとどまっている。


e0059574_118172.jpg
e0059574_1195272.jpg
この2人を演じたValeriaとMicaelaが、まぁ、実に素晴らしかった。舞台劇のような幾分大袈裟な演技も、Valeriaにかかると、俄然、真実味を帯びてきて、「ああ、こんな人いる」と思わせ、説得力があった。テンションが高く、口を開けば嘘がよどみなく出てくる。あそこまで流暢に次から次へと嘘が出てくると、もうあっぱれ!一緒にいたら非常に疲れるタイプだが、どこか愛嬌があって憎みきれない。一方Micaelaはげっそり痩せて頬がおちくぼみ、全身のタトゥーが嫌でも人目をひく。絶望に沈んだまなざしが痛々しくやるせない。すっかり笑いを忘れた彼女に、施設の先輩であるBeatriceが、あれこれ世話を焼こうとする。Donatellaが気になる存在なのだ。

けれどまるでピエロのように面白おかしく、時には狂ったように陽気な振る舞いで、刹那的に生きるBeatriceに、Donatellaは戸惑いを隠せない。嘘の話でどんなに誤魔化しても、現実は変わらないことを知っているから。厳しい現実を味わったDonatellaは、幸せな時間のあとに襲って来る、あの何とも言いようのない寂しさや重苦しさが、もはや恐怖でしかない。対照的な2人の性格や生き方に、「それはそうだけど…」と言いつつも、そのどこかに自分の姿が重なるような、何かしら共感できる部分があり、知らないうちに引き込まれる。


e0059574_1184214.jpg
背負っている人生は違うが、束の間の逃避行で、何かが少し変わった。現状は、依然、変わらない。しかし2人の間に相手を気遣う愛情が芽生え、傷ついた心を癒してくれる。心を通わせる相手がそばにいて、気持ちがふわっと軽くなる支えがあるというのは、愛に飢えた2人にとって最高の癒しに違いない。養子に出された子どもに再会し、辛い過去など忘れて海で戯れる、こんな束の間の幸せも、私たちの日常に思いがけなく訪れる。人生、悪いこともあれば、いいこともあるよ。


 
[PR]
by amore_spacey | 2017-04-26 01:21 | - Italian film | Comments(0)

Anni felici

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_415169.jpg
【あらすじ】 1974年、ローマ。前衛アーティストを志すGuido(Kim Rossi Stuart)と妻Serena(Micaela Ramazzotti)の仲はすでに冷え切っていた。妻は彼のことを心から愛していたが、自由を愛するGuidoにとって、妻のそんな愛情は重たく、家庭は息苦しい場所でしかなかった。2人の息子たちは、父親の気分に振り回され、落ち着かない雰囲気の家庭にいながら、それなりに幸せを感じていた。Guidoがなかなか世の中に認められず、業を煮やしたSerenaは、現実逃避をするかのようにフランスへ旅立つ。間もなく彼らに決定的な破綻が訪れ、別居に至る。Guidoは人生最悪の時期にいたが、突如としてある作品が認められ、アーティストとして成功を収め、ようやく平穏な日々が訪れるかのようにみえた。


e0059574_4152791.jpg
Kimさま、吠えまくり!!!Kimさま、ぬうど。Kimさま、ボディ・ペインティング。Kimさま、壊れまくっていました、。彼が演じる人物は、いつもどこか不健康で、心のバランスがうまくとれず、身勝手で愛に飢えているキャラが多い。これって等身大のKimさま


e0059574_416422.jpg
Micaela Ramazzottiはいつ見てもキュートで、ちょっと捲くれあがった上唇が可愛い。2人の息子のうち、年下の坊やが可愛かったな。結局、小さい頃から母親にダメだしされ続けたため、Guidoがあんなにいびつな人間になってしまったということか。母親との関係が吹っ切れたとき、初めて自分の中で自己肯定する方向に転換できたのはよかった。生育環境は大きいけれど、ある年齢になったらそこからは自己責任だよね。

製作国:France, Italy
初公開年:2013年
監督:Daniele Luchetti
キャスト:Kim Rossi Stuart, Micaela Ramazzotti, Martina Gedeck, Samuel Garofalo, Niccolò Calvagna, Pia Engleberth, Benedetta Buccellato, Angelique Cavallari ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-02 04:16 | - Italian film | Comments(0)

Posti in piedi in paradiso (天国は満席)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_293784.jpg
【あらすじ】 元音楽プロデューサーが落ちぶれてレコード店を経営するUlisse (Carlo Verdone)、上司の妻との不倫が原因で仕事も家庭も棒に振った元映画評論家で今は芸能リポーターのFulvio (Pierfrancesco Favino)、女遊びとギャンブルで身を滅ぼした不動産会社・営業職のDomenico (Marco Giallini)は、みんな離婚によって経済的に厳しい状況に陥り、住まいにも事欠く始末。ひょんなことがきっかけで知り合った3人は、アパートで共同生活を始めることになった。しかしそのアパートの下は地下鉄が通り、室内では携帯電話の電波が受信できない。最大電力量の設定が低いため、たびたびブレーカーが落ちる。しかも3人3様の生活スタイルがあり、次々にトラブルが発生するのだった。


e0059574_295492.jpg
3人の略歴だけ読むと、いい歳した男がこれでいいのか?人生舐めんじゃねーよ!と思っちゃうんだけど、この3人を演じる役者たちが個性的で、根はとてもいいヤツなのだ。でも中年以降の人間って、妙な見栄や意地が出てきて、どうしても素直になれない。だから色々と面倒なことが起きるのだ。離婚によって明日の暮らしどころか、今夜のおかずにも事欠くような暮らしになる状況は、『綱渡り』で身につまされた。が、本作品はCarlo Verdone監督ならではのアイロニーを織りまぜながら、明るく笑い飛ばして乗り切ろうというスタンスで描かれている。笑いながらもふっと立ち止まって内省したり、真面目に考えたりしつつ、目の端っこで現実を見ている。


e0059574_210988.jpg
3人に絡む女性陣も、一筋縄ではいかないイタリア女たちばかり。中でも女医Gloria(Micaela Ramazzotti)は、「気違い(医者=Gloriaのこと)が気違い(患者)を診てんだから、あきれて物が言えねぇや」と、精神的に問題のある夫が太鼓判押すくらい、情緒が不安定でおっちょこちょいで、見ていてドキドキ・ハラハラ。ああいう役をやらせるとMicaela Ramazzottiは、本当に上手い。涙でぐちゃぐちゃになったパンダ目がキュートで超可愛い。守ってあげたくなっちゃう。悩みがあったら、私が聞いてあげるから。


e0059574_2102016.jpg
昔は硬派だったPierfrancesco Favinoが、どんどん2枚目半化している。これが悪くないんだなァ。ひょっとしたら硬派は演技で、素のキャラはお笑い系なのか?常に腹が減っている彼は、取材先の立食パーティーで食べ物をポケットにねじ込んだり、Gloriaが主催する彼女の誕生日会の夕食に押しかけて、人目もはばからずガツガツ食い倒したり。人間の見栄や尊厳なんて、ちっぽけなもので、空腹には太刀打ちできない。Ulisseの17歳になる娘Agneseが妊娠していることを父に告白するあたりから、ホームドラマ風に展開していくが、Ulisseの父性愛溢れるシーンにしんみり。

製作国:Italy
初公開年:2012年
監督:Carlo Verdone
キャスト:Carlo Verdone, Pierfrancesco Favino, Marco Giallini, Micaela Ramazzotti, Diane Fleri, Nicoletta Romanoff, Nadir Caselli, Valentina D'Agostino, Maria Luisa De Crescenzo, Pippo Delbono ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-27 02:11 | - Italian film | Comments(0)

La prima cosa bella

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_2415966.jpg
【あらすじ】 Bruno(Valerio Mastandrea)はミラノの高校で文学を教える冴えない中年男。ちっとも運が巡ってこない自分の人生にうんざりしていた。ある日母Anna(Stefania Sandrelli)が癌で余命いくばくもないという連絡を妹のValeria(Claudia Pandolfi)から受けて、久し振りに故郷リヴォルノに帰省する。彼はここで過去と対峙し、これまでの関係を修復することに決める。思い起こせば1971年の夏、8歳だったBrunoは家族と一緒にリヴォルノの海でヴァカンスを過ごしていた…。


e0059574_239852.jpg
Brunoを演じるValerio Mastandreaの人生を投げた諦めぶりや屈折した思いや無気力な毎日が、彼の背中や薄くなった髪やだるい喋り方に垣間見えて、「おい、しっかりしろよ」と思わず肩を叩きたくなる。若かりし頃の母Annaを演じたMicaela Ramazzottiは、正統派美人でもなければものすごく顔が整っている訳でもないのに、同性の私が見てもそそられるクラクラッとくる色気を漂わせている。ちょっぴり突っ張ったところが好きだな。

思わせぶりな素振りや仕草をしないのに男たちから声をかけられる魅力的な母。彼女のエロティシズムや自由奔放な生き方に、物心ついた頃から家族は振り回されている。本当は母のことが大好きなのに、妙な嫌悪感が邪魔してBrunoはいつもひねくれていた。2人の子どもたちに無類の愛を注いできた母。そんな母を独り占めしたかったのかなぁ?エディプスコンプレックスが絡んだ母と息子の関係は、母と娘のそれよりある意味厄介なのかも。


e0059574_2392031.jpg
そして現在の母を演じたStefania Sandrelliは、さすが大御所であります。素晴らしい!息子に甘える口調や仕草、ぷいっと横向いて怒っちゃう表情が可愛らしい。あんな可愛いおばあちゃんになりたいなー。


e0059574_2393654.jpg
黒白はっきりしたメリハリのある妹役のClaudia Pandolfiや、Bruno&Valeriaの子ども時代を演じた2人がとてもいい。主役と脇役のバランスが見事だった。時間をおいて繰り返し観たい作品である。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Paolo Virzì
キャスト:Valerio Mastandrea, Micaela Ramazzotti, Claudia Pandolfi, Stefania Sandrelli, Dario Ballantini ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-06-07 02:42 | - Italian film | Comments(0)

Questione di cuore

ネタばれありありあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_23461878.jpg
心臓循環器科の回復室で偶然隣り合わせたシナリオ作家Alberto(Antonio Albanese)と自動車整備士Angelo(Kim Rossi Stuart)。Albertoは映画界という表面的には華やかな世界に身を置きながら、常に孤独感を引きずり自分の殻の中に閉じこもっている。同じように孤独なAngeloには、3人目の子を宿した美しい妻Rossanaに思春期の反抗期真っ只中のPerlaと可愛いAirtonの2人の子どもがいる。社会背景の異なる2人はこの出会いを通して、同じ船(心臓病)に乗りあわせた同志のようなものを互いに感じ、徐々に心を開けながら不思議な友情を育んでいく。その一方で担当医師から受けた絶望的な宣告を、Angeloは誰にも告げず一人ひっそりと消化し受け止め、愛する大切な家族をAlbertoに託していこうと決める。



e0059574_23464097.jpg
この作品がおもしろい!と思ったのは、見るからに風采の上がらないAntonio Albaneseがシナリオ作家を、眉目秀麗なKim Rossi Stuart様がオイルにまみれた自動車整備士を演じるという、意外な配役にありました。どうみたって華麗なる映画の世界に生きるシナリオ作家には、Kim様のほうがふさわしいじゃありませんか!この2人のうまさ、そして意気投合振りに驚きました。昔から2人で漫才やってたんじゃないの?ボケと突っ込みのタイミングが絶妙なんです。



e0059574_2347251.jpg
Giorni e nuvole(日々と雲行き)で、共同経営していた会社から2ヶ月前に追い出されて失業した夫を演じたAntonio Albanese。あの時も見映えの悪いおっさんだなぁと思いましたが、いやいやどうして、人には見られたくない醜悪な一面を、人間味あふれる表情や言葉で、そりゃもう、見るものを唸らせます。



e0059574_23474840.jpg
Tutta la vita davanti(見わたすかぎり人生) で惜しげもなくヌードを披露してくれた(お尻が可愛いの)Micaela Ramazzotti。彼女のキッとなった表情が好きですわぁ。

まだまだ続くKim様…
[PR]
by amore_spacey | 2009-04-25 00:13 | - Italian film | Comments(4)

Kim Rossi Stuart

e0059574_543480.jpg
2009年4月17日公開予定のQuestione di cuoreで共演する3人
Antonio Albanese&Micaela Ramazzotti&Kim Rossi Stuart



e0059574_5435917.jpg
Micaela Ramazzotti&Kim Rossi Stuart

io donna 2009年4月11日号より転写。


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-04-14 05:46 | My talk | Comments(0)

Tutta la vita davanti (見わたすかぎり人生)

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_23441100.jpg
大学の哲学科を優秀な成績で卒業し、夢と希望を抱いて社会に出たものの、Marta(Isabella Ragonese)が得た職はコールセンター。ひょんなことから知り合ったシングルマザー(Micaela Ramazzotti)の紹介だった。こんな仕事には納得できないが、ここで彼女は腐らず、会社の方針や鬼上司Daniela(Sabrina Ferilli)のOJTにも素直に従い、あっと言う間に月間予約件数№1社員に選ばれる。



e0059574_23442014.jpg
それぞれのキャラクターに適した的確なキャスティングが素晴らしかった。



e0059574_23455841.jpg
大抜擢のIsabella Ragoneseの持つ、あの若さにもかかわらず人生の酸いも甘いも知った(ような?)包容力や寛容さと、抜けるような楽天性は、Pane e tulipaniのLicia Magliettaの持つ雰囲気に似ている。有望な役者さんです。怒った時の歩き方はチャップリンみたいでとってもお茶目なのよん。



e0059574_23445770.jpg
Sabrina Ferilli様、おみそれしました。あなたにあんな演技力があるとは知らず、過小評価していました。TVドラマより映画の世界のほうが本来の力が発揮できますね。模範的な人物より小意地の悪い一癖も二癖もあるようなキャラクターのほうがあなたらしさが滲み出ています。実力派Massimo Ghiniの顔の使い分けもうまっ!



e0059574_23461555.jpg
話題になっているIsabellaとElio Germanoの車中での♡シーンや…



e0059574_23464387.jpg
Micaelaのセミヌードもそれなりに楽しめますが…



e0059574_23465870.jpg
労働組合の活動にエネルギーを費やす不器用なGiorgio(Valerio Mastandrea)の、懸命な姿に惚れました。ふっとしたアングルが、阿部寛に瓜二つ(^^)

ラストシーンにほろり。先のことは誰にも分からない。でもこの大切なひとときをみんなで分かち合おう、一緒に食べて語り合おう。明日のことはそのあとで考えればいいのだ。こんな世の中だけれど、まんざら捨てたものではない。山あり谷あり、でも今はこの優しい時間をこの人たちと過ごそう。

気になったのは、Laura Moranteのナレーション。役者としては大好きだけれど、舌をかみそうな非常に聞き辛いナレーションがちょっぴり耳障りだった。


製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Paolo Virzì
キャスト:Isabella Ragonese, Sabrina Ferilli, Elio Germano, Valerio Mastandrea, Massimo Ghini, Micaela Ramazzotti, (voce Laura Morante) ... 
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-06 00:03 | - Italian film | Comments(6)