タグ:Monica Bellucci ( 12 ) タグの人気記事

アラン・ドロンとモニカ・ベッルッチ (Alain Delon & Monica Bellucci)

e0059574_122216.jpg
先日ネットを見ていたら、こんな画像がありました。1953年に創業した毛皮ブランドAnnabellaの、広告キャンペーンに使われた写真のようです。

e0059574_122343.jpg


e0059574_1225559.jpg


e0059574_1211481.jpg
e0059574_122531.jpg
1987年の撮影当時、Alain が52歳でMonica姐が23歳。Alain、渋くて素敵なおじさまだわぁ。Monicaも可憐で可愛い!


[PR]
by amore_spacey | 2017-12-14 01:26 | Alain Delon | Comments(2)

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン3 第2~5話 (Mozart in the Jungle season 3 episode 2-5)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2591751.jpg
【あらすじ】 ニューヨークでは、NY交響楽団のコンサートホールがバブルショーに使用されたため、Cynthia(Saffron Burrows)たち楽団員たちは抗議デモを行った。一方ヴェネツィアではRodrigo(Gael García Bernal)が、伝説のオペラ歌手Alessandra(Monica Bellucci)に、現代劇を歌ってはどうかと提案する。そうこうするうちに気持ちが燃え上がり、2人は一夜を共にしたが、彼女は男と寝ると声が出なくなり、行方をくらましてしまう。   
 Alessandraを捜しに行くため、Rodrigoはオーケストラの指揮をHailey(Lola Kirke)に任せた。そこへ楽団存続の危機にあるGloria(Bernadette Peters)とThomas(Malcolm McDowell)が訪ねてくる。そして復帰公演当日、RodrigoとHaileyのキスを見たAlessandraにやる気スイッチが入り、水上公演は大成功をおさめた。しかし歌姫は2度とRodrigoとは組まないと言い放つのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_259291.jpg
e0059574_302673.jpg
そうでしょ、そうでしょ、RodrigoとAlessandraは絶対にこういう流れになる!2人の濡れ場がある!と確信していました。世界のMonicaファンにとって、このシーンは眼福ものだったでしょう、ぐふぐふ。でもMonicaの貫禄に比べるとね、Gaelが何とも頼りなくて、成熟した大人の濃厚なベッドシーンのはずが、母と息子の近親相姦か?って、ごめんね、Gael。


e0059574_303925.jpg
e0059574_311036.jpg
e0059574_31225.jpg
復帰公演を水上でやるとは、ヴェネツィアのロケーションを最大限に生かした粋な計らいに、TVドラマとはいえなかなか本格的で感動しました。おまけに76歳のPlacido Domingoもカメオ出演って、豪華すぎやしませんか?三大テノールと呼ばれた全盛期に比べれば、容姿も声も及びませんが、それでもやはり素敵なテノールに違いありません。うーん、PlacidoとMonicaの濡れ場が見たかったかも、へへッ(p_-)


e0059574_321859.jpg
勢いで一夜を共にしたとは言え、世界の歌姫Alessandraが指揮者ごときに遊ばれたなんて、プライドが許さない。いや、Rodrigoにそんなつもりは毛頭なく、あの時のあの流れや勢いからすれば、行き着く先は誰が考えても、ベッド・・・でしょ?怒りの炎をメラメラ燃やしたAlessandraは、公演の最中にあの手この手でRodorigoに「復讐」する。彼のチャームポイントのエクステンション(って言うの?尻尾みたいについてる極細の三つ編み)を、ザックリ切り落としちゃうわ、ピストルぶっ放すわ。この次バッタリ会ったりしたら、大事なトコも切り落とされそう。怖ぇーーーっ。

でも、これでいいんです。HaileyのことをHailaiと呼んで可愛がるRodrigoと、そんな彼に好意を抱くも、自分の気持ちに気づいていないのか?自信がないのか?何となく宙ぶらりんの状態にいるHailey。この2人はRodrigoの婆ちゃんの予言どおり、きっと結ばれるでしょう。


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-08 03:03 | - TV series | Comments(0)

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン3 第1話 (Mozart in the Jungle season 3 episode 1)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_152478.jpg
【あらすじ】 ヴェネツィアに到着したRodrigo(Gael García Bernal)は、伝説のオペラ歌手Alessandra(Monica Bellucci)と初めて対面した。スポットライトを離れてから数年が経つ彼女は、復帰公演の指揮をして欲しいとRodrigoに協力を求める。一方Hailey(Lola Kirke)は、NY交響楽団の客演チェリストAndrew Walsh(Dermot Mulroney )率いるアンサンブルに参加し、コンサートのためヴェネチアに来ていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1525767.jpg
e0059574_1531075.jpg
Monica姐とChristian De Sicaの出演で話題を呼んだシーズン3。第1話から姐とGaelの絡みが満載です。伝説の歌姫Alessandraの家を訪れたRodorigoは、手料理を振舞うという彼女に、「エプロンの後ろをお願いできますか」と囁かれる。いやぁ、グラマラスなMonica姐の後ろにGaelが立つと、彼女が貫禄ありすぎて、マンマの後ろで息子がエプロンのひもを結んでますの図(爆) レモンイエローのダイニングキッチンで、いそいそとテーブル・セッティングしながら、歌姫はパスタを茹でる。こんな所帯じみた?風景に、Monica姐が居ていいんでしょうか?


e0059574_1533290.jpg
e0059574_1534595.jpg
これ、私の大好きなイカ墨のスパゲティです。「うまい!実にうまい。しかし残念だが、これは茹ですぎだ」と、Monica姐の手料理にケチをつけるRodorigoは、一口食べただけで全部残した。この瞬間、世界中の何人の男性が、Rodorigoに殺意を抱いたかしら?


e0059574_1535615.jpg
e0059574_154824.jpg
Alessandraのマネージャー役で出演のChristian De Sicaが、いつもの弾けたペースでわが道をずんずん行く。身体も口も軽快にコミカルに動き、まるで踊っているようで、楽しい雰囲気なんだわぁ(笑)


e0059574_1541816.jpg
しかしここで事件発生。ランチで食べた魚介類が中って、Haileyのお腹はゴロゴロピー。演奏どころの話ではなく。コンサートの真っ最中に、トイレにダッシュという大醜態!コンサートは散々、もちろん解雇されてしまう。


e0059574_154571.jpg
e0059574_1551160.jpg
小柄なのにインパクトのある白髪ばあちゃんに連れられて、Rodrigoは真夜中のフェニーチェ劇場にやってきた。そこでMonica姐が、SchubertのAve Mariaを歌う。こんな声でも復帰できるかしら?とRodrigoに確認を求めた、真夜中の1人オーディションって訳です。52歳になったMonicaですが、ゴージャスな美貌は衰えず、世界中の男性を惹きつけてやみません。「歳をとるのは怖くない」と言い切る彼女を見習って、私も素敵に歳を重ねていきたい今日この頃です。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-20 01:55 | - TV series | Comments(2)

Dobermann (ドーベルマン)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_4531732.jpg
【あらすじ】 パリ市内の銀行で立て続けに強盗事件が発生。犯人はDobermannと名乗る強盗Yann Le Pentrec (Vincent Cassel)とその一味。クスリでラリって銃をブっぱなすイカれた奴らだが、犯罪の腕だけは世界一だった。彼らに手の打ちようがなくなった市警本部長のClodarec(Patrick Rocca )は犯人逮捕の為なら手段を選ばない凶暴な警視Sauveur Cristini(Tchéky Karyo)に捜査の協力を要請。かくして神をも恐れぬDobermannと警察バッジをつけた悪魔Cristiniの壮絶な対決が始まった。


e0059574_454785.jpg
悪魔のようなCristini警視がすごすぎ!強盗一味よりねちっこくて、凶暴で非情なのだ。あ・うんのVincent Cassel & Monica Bellucci夫婦、若くて絵になるな。Monica姐は、32歳の女盛りですものね。最高にエロくてカッコいい。今まで観た彼女出演作品の中で、これが一番いい。だってね、最初から最後まで喋らないから(爆) さすが監督!Monica姐はオブジェに徹すると、いい味出すことをご存知だったんですね。彼女、この路線でずっと行けばよかったのに。ということでMonica姐的な私のお気に入り度は★★★★☆(98点) 減点2点は、途中で姐の品のない笑いがあったからだよ~ん。


e0059574_455570.jpg
すごい!と言えばこの人↑↑↑ 役柄によって豹変する人だけど、今回は切れ方&壊れっぷりが痛すぎたかな。ま、あそこまでできちゃうなんて、あっぱれだけどね。昔(Jean GabinやAlain Delonが活躍していた頃)の仏フィルム・ノワールは、ハードボイルドで暗~い雰囲気が多かったような気がするんだけど、最近は血生臭い中にシニカル&コミカルな色を添えたこんな作品もあったりして面白い。- 追伸 - お願いだから正気に戻ってね、Romain Duris!

製作国:France
初公開年:1997年
監督:Jan Kounen
キャスト:Vincent Cassel, Tchéky Karyo, Monica Bellucci, Patrick Rocca, Antoine Basler, Dominique Bettenfeld, Pascal Demolon, Marc Duret, Romain Duris ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-23 04:55 | - Other film | Comments(4)

Manuale d'am3re (昼下がり、ローマの恋)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_0583750.jpg
【あらすじ】 ローマの賑やかな通りに、気さくなAugusto(Michele Placido)が管理人を務めるアパートメントがあった。このアパートに住むSara(Valeria Solarino)と結婚するつもりの青年弁護士Roberto(Riccardo Scamarcio)は、トスカーナ地方の農場に立ち退き交渉のため出張する。そこでRobertoは、美しいMicol(Laura Chiatti)に一目惚れし、滞在を延長して素晴らしいひとときを過ごす。『イタリア的、恋愛マニュアル』のGiovanni Veronesi監督が送るシリーズ第3弾。


e0059574_125477.png
恋は理屈ではなく突然始まる若者カップルの第1話、刺激的な恋にはリスクがともなう中年カップルの第2話、そして恋に年齢は関係ない中年&熟年カップルの第3話と3つのエピソードが展開する。が、Carlo Verdoneおじちゃま大奮闘の第2話(↑画像左)以外は、メッチャつまらなかった。Donatella Finocchiaro扮する女ストーカー(↑画像右)、ありゃ凄い!ホント、刺激的な恋には落とし穴ありだな。苦笑

第1弾『イタリア的、恋愛マニュアル』のあの新鮮さやコミカルな面白さが失われ、本作品はひたすら時間を埋めるだけの物語がだらだらと続く。第2弾『モニカ・ベルッチのイタリア的、恋愛マニュアル』の頃からすでにその兆候はあったんだけど、第3弾は完全自爆ですね。相変わらずMonica姐は大根役者だし、日本語タイトルは超ベタだし。
 

e0059574_0591948.jpg
腐っても鯛?的なRobert De Niroの扱いに、ワタクシ異議あり!出演OKした彼も彼だけどね。Monica姐が相手役と聞いて、食指が動いたのかしら?それじゃ、単なるスケベオヤジ?久しぶりにRobertがイタリア語を喋っているのを聞いたなァ(^^) Carlo Verdoneが公開前に、「世界のRobertと同じ空間を共有することができるなんて、俳優をやってて良かった。俳優冥利に尽きる。」とTV番組のインタビューで大感激していたが、彼だって監督の端くれなんだから、煮ても焼いても食えないこの脚本にどうして噛み付かなかったんだろう?痛すぎる作品でした。これを観た人たちは、「イタリアンな陽気で明るい恋物語っていいな。元気になれる!」な~んて、またステレオタイプな勘違いをするんだろうな。イタリアン=明るい、って大間違いではないんだけど…。

製作国:Italy
初公開年:2011年
監督:Giovanni Veronesi
キャスト:Robert De Niro, Monica Bellucci, Riccardo Scamarcio, Michele Placido, Laura Chiatti, Valeria Solarino, Donatella Finocchiaro, Carlo Verdone, Daniele Pecci ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-14 01:05 | - Italian film | Comments(2)

L'uomo che ama (ダブル・ボディ 愛と官能のルール) 

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0415480.jpg
【あらすじ】 トリノ。薬局で働く薬剤師のRoberto(Pierfrancesco Favino)は、自分の運命の人と信じ心から愛していたSara(Ksenia Rappoport)から、「もう愛していない」と別れを告げらる。しかしその現実を受け止められず、抜け殻のようになって暮していた。しばらくして新しい恋人Alba(Monica Bellucci)と付き合い始めるものの、RobertoはSaraへの未練を断ち切れないでいた。


e0059574_042656.jpg
ええーーっ、冒頭からベッドシーンですかぁ?これも『30日の不倫』のように、監督の自己満足な作品なの?男1女2の三角関係をだらだら描いた退屈な作品?と、嫌ァな予感がした。早送りにしようかと思ったが、やらなくてよかった。ここには色んな人間模様や恋愛の形が登場する。過去の恋愛にしがみつくRoberto、愛する青年Yuri(Glen Blackhall)と同居生活をするRobertoの弟Carlo(Michele Alhaique)、薬局の上司(Marisa Paredes)と亡夫、Robertoの父(Arnaldo Ninchi)と母(Piera Degli Esposti)の、一方通行の寂しい愛、相手を思いやる静かで強い愛、互いに与えあう穏やかな愛。

私たちの日常はこんなにも騒がしいというのに、Robertoが暮す空間は闇が多くシーンと静まり返っていた。オルタ湖畔の景色が素晴らしく、絶妙なカメラアングルにより、汚いだけのイタリアの病院や病室すら美しくみえる。それにしてもMonica姐が出演する作品の邦題は、毎度のコトながら暴走してますなー(苦笑) 役柄によって雰囲気やイメージが変わるKsenia Rappoportってすごい。でも彼女の内に秘められた芯の強さは、変わらない。今回Favinoがやたらシャワーを浴びるんだけど、どして?^^

製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Maria Sole Tognazzi
キャスト:Pierfrancesco Favino, Ksenia Rappoport, Monica Bellucci, Marisa Paredes, Michele Alhaique, Glen Blackhall ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-11 00:44 | - Italian film | Comments(2)

Sanguepazzo

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_345261.jpg
【あらすじ】 ファシズムの嵐が吹き荒れる1930年代のローマ。下積み中のLuisa Ferida(Monica Bellucci)は、Golfiero監督(Alessio Boni)に見出されて大女優への道を歩み始める。彼女の憧れだった人気役者Osvaldo Valenti(Luca Zingaretti)との共演が実現し、2人の役者は公私ともに栄光と幸せの頂点に立ったかに見えた。しかしファシズムを支持しパルティザンと戦うDecima MASに加盟したOsvaldoの活動が、彼らの運命を決定的なものにするのであった。



e0059574_3453735.jpg
Luisa Ferida&Osvaldo Valentiと言えば、ファシズム体制下にあったイタリア人にとって忘れ難い役者で、若かった姑も彼らの名をよく見聞きしたという。その2人をMonica姐&Luca Zingarettiが共演、また女優に仕事上の立場を超えた恋慕の念を抱くGolfiero監督をAlessio Boniが演ずるなんて、夢のようなキャスティングではありませんか。しかもMarco Tullio Giordana監督の『輝ける青春』で共演したLuigi Lo CascioやAlessio BoniやSonia Bergamascoがこの作品で再会している。監督御用達の役者さんたちなんだろう。



e0059574_345492.jpg
息の合ったLuca Zingaretti&Mocica姐が素晴らしかった。TVドラマ『モンタルバーノ警部』の柔和な表情は殆ど観られず、コカイン中毒でトリップしたり禁断症状に苦悩する様は鬼気迫る。コカインを買う金を工面するために、汚れた仕事にも手を染めるMonica姐の健気さや気丈さや悲哀は、ゴージャスで女王様的な彼女が演じたからこそずっしり心に響いた。この2人のベッドシーンはヨダレもの、うほほーっ!Alessio Boni様は今回もちょっぴり神経質なナイスガイで、わたくしを裏切らなかった(*^^*) 少しお痩せになったかしら?そんな彼とMonica姐。2人は決して言葉にしなかったけれど、あんな密やかな愛の形もあるのね、うるっ。

それにしてもLuca ZingarettiやMonica姐のような役者が、作品の中で別の作品(劇中劇)を演ずる場合、どういった役作りをするの?「役者は色んな役柄を演ずることによって、自分の新たな面を発見し、同時に自分の中に溜まったものを吐き出すことができる」と愛するKevi様は仰ってますが、劇中劇の場合も自分軸が揺らぐことはないのかしら?ないわよね、プロだもの。 

製作国:Italy & France
初公開年:2008年
監督:Marco Tullio Giordana
キャスト:Monica Bellucci, Alessio Boni, Luca Zingaretti, Luigi Lo Cascio, Maurizio Donadoni, Tresy Taddei, Luigi Diberti ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-05-31 03:46 | - Italian film | Comments(0)

Il cielo e' sempre piu' blu

私のもやもや度 ★★★★☆(90点)

【あらすじ】 1990年初頭のローマのある一日を、58人の役者によって描かれた約30のオムニバス映画。

e0059574_1335379.jpg
4~5分足らずの話がフラッシュバックのように幾つも登場する。どこにでも転がっているような、誰でも経験するような出来事の中に、1つ2つショッキングな事件も組み込まれている。まとまりがなく曖昧でどんよりとした空気が流れ、ルーチンワークに退屈した人々。それを増幅する耳障りなBGM。「あなたも、あなたの隣に住んでいる人も、自動車整備士も作家もジャーナリストもセールスマンも…、み~んな似たり寄ったりの思いを抱えながら日々を過ごしているんですョ」ってなことがテーマだったのか?豪華キャストに惹き付けられて観たが、もやもや~~。



e0059574_134585.jpg
最近CMでよく流れるシンガーソングライターRino Gaetano(1950~1981年)の♪ Ma il cielo e' sempre piu' blu ♪(音が出ます!)が、この作品に使われている。庶民の鬱屈した思いや叫びがぎっしり詰まっている。1975年に発表されたEP盤で爆発的な人気を呼び、その後他のポップス歌手によるカバーヴァージョンが出された。この曲が発表されてから四半世紀以上経っているのに、世の中の状況はそんなに変わっていないんだな。むしろじわりじわりと悪化しつつあるのかしら?(● _ ●;)

製作国:Italy
初公開年:1995年
監督:Antonello Grimaldi
キャスト:Luca Barbareschi, Claudio Bisio, Silvio Orlando, Gianmarco Tognazzi, Asia Argento, Margherita Buy, Monica Bellucci, Francesca Neri, Alessandro Baricco, Sergio Rubini, Dario Argento, Piero Natoli, Gabriele Salvatores, Daniele Luchetti ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-05-29 01:36 | - Italian film | Comments(0)

Monica Bellucci (モニカ姐参上!)

e0059574_2143646.jpg
雑誌のインタビューに答えるモニカ。
「アタシね、実はカルラ(ブルーニー)より先にサルコジに口説かれたの。あら嫌だこと、彼女にサルコジを奪われたなんて、そんな言い方はよして下さらない?私と彼女はモデルとして仕事も一緒にしたし、大切なお友だちなのよ。をーーーっほっほっほっ」

いつまでも鼻息の荒い自意識過剰な姐御でいてね~056.gif
[PR]
by amore_spacey | 2008-04-02 02:21 | - Italian film | Comments(0)

Ricordati di Me

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

ネタばれあり。

e0059574_0594730.jpg
傍目には何不自由のないごく普通の家庭であるが、小説家を夢見るサラリーマンのCarloと女優を夢見る教員のGiuliaの間に、もはや以前のような愛情はなくすれ違いばかり。難しい年頃の娘Valentinaと息子Paoloの2人の子どもたちとの間にも、埋めようのない距離が生じている。それぞれが自分らしい生き方を追い求め始めた時、その溝はますます深まり、徐々に崩壊していく家族の姿を描く。


e0059574_114995.jpg
冒頭のナレーションといい展開されるシーンといい、American Beauty()を彷彿させるものがある。Carloの愛人が彼に問いかけた「後戻りするのか、リスクを負ってでも前に進むのか(=2人の関係を続ける)?」は、そのまま「それぞれの家庭に戻って危機を乗り越えるのか、崩壊への道を選ぶのか?」に置き換えられる。Gabriele Muccino監督がL'ultimo Bacioの中でも提起したように、家族を大切にしたい気持ちがあるなら、それぞれが歩み寄ろうとする努力や思いやりが必要である。それなくして危機は乗り越えられるはずがないのだ。


e0059574_152149.jpg
若い頃のFabrizio BentivoglioやLaura Moranteも好きだけれど、歳を重ねるごとに彼らの魅力に深みが加わり、ずっしり手応えのある演技を見せてくれるのがとても嬉しい。今回の2人も非常によかった(^^) いやぁ、あの夫婦喧嘩は凄まじかった。首筋やこめかみの血管が浮き出てたからね。夫婦喧嘩といえば、L'ultimo Bacioの中の、Stefano AccorsiとGiovanna Mezzogiornoも派手にやってました。女性が切れると手がつけられない。ホント、けたたましいです(滝汗) 自分の中に溜まったものを全部吐き出さずにはいられないから?! しかし男性にも限界があるでしょう。聞き役に徹するばかりじゃやってられない。何だかんだ言って、最後にとどめを刺すのは、男性?!

愛人役のMonica Bellucci姐御、うーん、2人の子どもの母親ですか~?何だか違和感があったのだけど。「あたしはヨーロッパを代表する女優なのよ」といった勘違いの尊大な態度が、だめなんです。この尊大さを彼女から取ったら、タダの人になっちゃうわけですが(汗) でもこの作品の姐御は控えめで、わたし的には好感度80点でした(^^)

製作国:Italy
製作年:2003年
監督:Gabriele Muccino
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Laura Morante, Nicoletta Romanoff, Monica Bellucci, Silvio Muccino, Amanda Sandrelli...
[PR]
by amore_spacey | 2007-04-21 01:08 | - Italian film | Comments(6)