タグ:Nikolaj Coster-Waldau ( 13 ) タグの人気記事

ニュー・アムステルダム シーズン1全8話 (New Amsterdam Season1 8 episodes)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_17235852.jpg
【あらすじ】 2008年、ニューヨーク。NY市警の殺人課の刑事John Amsterdam(Nikolaj Coster-Waldau)は、3世紀以上もの間、様々な人生を生きてきた。時を遡ること1642年、Amsterdamはオランダ兵として、植民地のNew Amsterdam(後のニューヨーク)に派兵された。原住民村での大虐殺で、原住民の少女を守ろうとして彼は命を落とす。が、少女の呪文によって彼は生き返り、不死の身体になった。そして「心から愛する人」(One true love)に出会うまで、Amsterdamは永遠の時を生き続けることになる。(作品の詳細はこちら


e0059574_1724764.jpg
e0059574_17243762.jpg
えっ?これって『フォーエバー』(2014年)のパクリ?と思ったのだけど、こちらは2008年制作だから関係ありませんね。とは言え、どちらもニューヨークを舞台に、不老不死の命を授かったNY市の刑事(又は検視官)が、現在と過去の交錯した時間を生きていくお話なので、どうしても比べてしまいます。『フォーエバー』が断然いい。


e0059574_17241896.jpg
e0059574_1724264.jpg
いやいや、しかしイケメンNikolaj Coster-Waldauが主役なんだから・・・と、頑張って観ました。何てったってNikolajが若い!少年のようなじゃないか!!! 目の保養になるわぁ。でもストーリーはスカスカだし、Nikolaj刑事の相方の女性刑事Eva(Zuleikha Robinson)や、彼のご意見番的な老人Omar(Stephen Henderson)など、脇役のキャラクターに面白味がないため、観るのが苦痛なだけになってきた。脚本とキャスティングがよければ、少なくとも打ち切りだけは避けられたのではないかしら。残念です。


[PR]
by amore_spacey | 2016-07-31 17:24 | - TV series | Comments(2)

1000 times good night (おやすみなさいを言いたくて)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (77点)

e0059574_23525220.jpg
【あらすじ】 世界屈指の報道写真家Rebecca(Juliette Binoche)は、アフガニスタンの首都カブールで、自爆テロに出向くための女性に密着取材をしていたが、自爆テロの爆風で瀕死の重傷を負ってしまう。海洋学者で大学教授の夫Marcus(Nikolaj Coster-Waldau)に付き添われ、彼女はアイルランドの自宅に帰ってきた。そこで夫・高校生の長女Steph・小学生の次女Lisaが抱いていた様々な思いを知り、Rebeccaは葛藤の末ある決断をする。(作品の詳細はこちら


e0059574_23535513.jpg
e0059574_23541089.jpg
Nikolaj Coster-Waldauが出ているからという、ごく単純な理由で観始めた。が、冒頭の衝撃的なシーンに、ガツンとやられた。ポスターとタイトルから、戦争がもたらす悲恋物語?な~んて的外れなストーリーを、お気楽な私は予想していたからなのです。


e0059574_23533633.jpg
e0059574_2356266.jpg
報道写真家に関しては、『バンバン・クラブ』の記事にも書いた。今回は主人公の写真家が、妻であり母である。愛する家族がいるのだ。しかしRebeccaの使命感やプロ意識が強まるほど、自宅で待つ夫や娘たちを苦しめてしまうという、皮肉な状況を生み出す。家族は常に、Rebeccaの死に怯えながら暮らしているからだ。


e0059574_23564268.jpg
e0059574_2356547.jpg
「家族にそんな酷な思いをさせてまで、仕事を優先するRebeccaは、エゴイストだ」「家族を犠牲にしてでもやり通すのが、プロフェッショナル」「家族も仕事も…と言うなら、妥協策が必要」などなど、思うところはある。グチャグチャになったRebeccaの気持ちも、分からないではない。

しかしそれ以上に彼女の身勝手さが目立ち、残念ながら全く感情移入できなかった。彼女に憤りすら覚えてしまった。それからあからさまに母親を嫌悪していた娘が、いつの間にかアフリカ行きを決め母親に感謝?この心変わりの早さに、ビックリ。Rebeccaに比重を置きすぎたため、あちこち省略せざるを得なかったに違いない。 


[PR]
by amore_spacey | 2016-06-11 00:02 | - Other film | Comments(2)

Game of Thrones season 6 episode1-2 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6 第1~2話)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (90点)

e0059574_1321611.jpg
待望のシーズン6がやっと始まりました。聞くところによると、このドラマにハマッているObama大統領は、シーズン6全10話を入手して、多忙な業務の合間にサクサク観ているらしい(羨) でもじれったい思いをしながら次週を待つのもいいかも(負け惜しみ) 今日は第2話までの中で、おぉぉっ!と思ったシーンをピックアップしました。作品の詳細はこちらをご覧下さい。


e0059574_1322724.jpg
Doran Martell(Alexander Siddig)がEllaria Sand(Indira Varma)に殺される。Ellaria、とんでもない女だ。


e0059574_1331279.jpg
2人の間に出来た娘MyrcellaがEllariaに毒殺されたことを知り、悲しみに打ちひしがれるCersei(Lena Headey)。そんな彼女に、かならず仇を討ってやると約束するJaime(Nikolaj Coster-Waldau)。Cerseiの大暴れ、確定です。


e0059574_135526.jpg
義理の弟が生まれたことによって、世継ぎ問題がこじれるのをおそれたRamsay(Iwan Rheon)は、父を殺したあと、生まれたばかりの義理の弟も犬のエサにして始末した。これでオレ様はBolton一家の主なのだ!鬼畜なRamsayの最期が、今からとっても楽しみ。


e0059574_139119.jpg
Tyrion(Peter Dinklage)は鎖に繋がれていた2匹のドラゴンを自由にしてやる。君たち、一刻も早くママDaenerys(Emilia Clarke)を助け出してやってね。Tyrionたら今回も自分に突っ込み入れて、可笑しすぎる。


e0059574_1411777.jpg
Davos(Liam Cunningham)はMelisandre(Carice van Houten)に、奇蹟の魔術をお願いする。第1話で見たMelisandreの本当の姿が、くっきり脳裏に焼きついている。魔女も時の流れには逆らえない。


e0059574_1431467.jpg
Melisandreが心を込めて施行した魔術のお陰か?Jon Snow(Kit Harington)ファンへのサービスのためか?(爆)、Jonはあっさり生き返る。アンチJon Snowの間には、超ガッカリなため息が流れた。



[PR]
by amore_spacey | 2016-05-04 01:48 | - TV series | Comments(2)

Hodejegerne (ヘッドハンター)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_253660.jpg
【あらすじ】 背が低くて冴えない風貌ながら、優秀な人材を引き抜く敏腕ヘッドハンターとして名をはせ、誰もがうらやむような美しい女性Diana(Synnøve Macody Lund)と暮らしているRoger(Aksel Hennie)。しかし彼女との豪勢な暮らしを続けるために、美術品を盗んでは生活資金へと変えていた。
 そんな折り、Rogerは電子機器の分野で成功を収めた元エリート軍人のClas(Nikolaj Coster-Waldau)と知り合う。その高価な絵画コレクションの存在をつかんだ彼は、最後の大仕事としてClasの屋敷に忍び込んだ。しかしそこで、人生最大最悪のトラブルに遭遇する。(作品の詳細はこちら


e0059574_2532054.jpg
小気味のよいテンポで展開するが、どの方向に話が進んでいるのか見当がつかず、ブラック・コメディなのか大真面目なドラマなのか、最後までオチが分からない。騙し合い・裏切り・落とし穴の掛け合い…と状況が刻々と変化し、今度こそ絶体絶命!なシーンが何度も出てきて、「ありえない!」と突っ込みながら常に緊張状態を強いられる作品だった。

序盤では、Rogerが副業にしている絵画泥棒の余裕の仕事ぶりを見せてくれる。しかし人生最悪の事件勃発によって、Rogerが追われる身となってからは、画面から目が離せなくなるのだ。この先どうなっちゃうの?突っ込み所はあるが、映像と演出のリアルさに優れているので、許容範囲。伏線の回収もお見事。


e0059574_2534784.jpg
e0059574_2535946.jpg
e0059574_2541089.jpg
血まみれ、糞まみれ、撃ち合いシーンあり。倫理や道徳に反するシーンもてんこ盛り。なのに作品全体に緩~い可笑しさが漂う。不思議で魅力のある作品だった。


e0059574_2542327.jpg
Rogerを演じたAksel Hennieは、Steve BuscemiとChristopher Walkenを足して2で割ったような顔立ちに加え、年齢不詳の不思議な風貌の持ち主だ。Dianaに手当てしてもらう丸坊主Rogerガ、まるでママと息子の姿で微笑ましかった。何だかんだ言っても、愛の力は大きいのだ。


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-29 02:54 | - Other film | Comments(0)

A Second Chance (真夜中のゆりかご)

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (74点)

e0059574_17385799.jpg
【あらすじ】 刑事のAndreas(Nikolaj Coster-Waldau)は、湖畔の家で妻Anna(Maria Bonnevie)や生まれたての息子とともに幸せな毎日を送っていた。そんなある日、通報を受けて同僚のSimon(Ulrich Thomsen)とともに現場にかけつけた一室で、薬物依存に陥った男女Tristan(Nikolaj Lie Kaas)とSanne(May Andersen)と育児放棄された赤子の衝撃的な姿を目にする。夫婦交代で息子をあやし愛に満ちた日々を送るAndreasだったが、ある朝思いがけない悲劇に見舞われ、彼の中の倫理観が揺らいでいく。(作品の詳細はこちら


e0059574_17391384.jpg
繰り返し出てくる寒々としたデンマークの湖畔の景色は、母性や育児放棄や虐待、貧困やドラッグやアルコール依存、家庭内暴力や離婚…と、リアルで深刻な社会問題を演出するのに、ぴったり。寂しげな湖や曇り空の薄暗さが重苦しく迫り、観ているだけで鬱々としてくる。余計なラストシーンで、弱冠安っぽくなってしまったのは残念だけど。

作品に登場するどの人も、何らかの問題を抱えて生きている。平静を装って暮らしているが、何かの拍子に些細なことが引き金となり、あっと言う間に心のバランスを崩し、その後の人生が全く違うものになってしまう。人間や人生ってものは、儚く脆いものだ。死んだわが子と育児放棄された赤子を取り替えたAndreas。妻のために犯した罪を隠し通さねばならないと思いつつ、ジャンキーTristanを尋問しながら、真相が発覚するのをどこかで期待している。保身と良心の呵責、両局面の抱き合わせ。ぎりぎりのところで行き来するAndreasの姿が、切実で痛々しい。


e0059574_17394170.jpg
ドラッグに家庭内暴力に育児放棄で自己中心。Tristan(Nikolaj Lie Kaas)ってば、最低なヤツ、人間のクズだ。『しあわせな孤独』でNikolaj Lie Kaasを初めて観て、「おっ、イケメンじゃん!」 好印象の出会いだったのに、その後は情けない役回りばかり。時にはイケてる役もお願いします。Simon演じたUlrich Thomsenが、いいのだ。好きだなぁ。あんなおじさんと、寂れた居酒屋で飲んでみたい。


e0059574_17402519.jpg
ところで夜泣きする赤ちゃんをあやすのに、何も外に連れ出さなくなって、家の中で出来ることがいくらでもあるでしょう。どうして外なの?不可解です、誰か教えてェ。


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-25 17:51 | - Other film | Comments(2)

Game of Thrones Musical (ゲーム・オブ・スローンズ ミュージカル)

毎年3月に英国で行われるチャリティ企画Red Nose Day。今年はCold PlayとGame of Thronesのキャストがコラボして、NBCのイヴェントに参加しています。その様子をまずはこちらでご覧下さい。
e0059574_0343623.jpg
さぁさぁ、これからバンドのヴォーカリストChris Martin先生が弾くピアノに合わせて、歌の練習を始めるよ。輪唱(懐かしい)もやってみるかな。


e0059574_0345162.jpg
ダンディーなTyrion(Peter Dinklage)が、マイクを握りしめて歌う。渋くてセクシーな声(*。*)


e0059574_0351999.jpg
Jaime(Nikolaj Coster-Waldau)だって負けちゃいない。愛する姉Cersei(Lena Headey)に、ピアノの弾き語りを捧げますemoticon-0152-heart.gif


e0059574_0352973.jpg
3匹のドラゴンたちがバックコーラス隊で歌ってくれたら、もっとDaenerys(Emilia Clarke)のテンションも上がったのに(笑)


e0059574_0354725.jpg
おぉぉ!Jon Snow(Kit Harington)が、ノリノリだよ♪ 実はヘヴィメタ少年のロック野郎だったのか?(爆)


e0059574_0363350.jpg
音楽とTVのコラボは、やり方次第でこんなにはじけちゃうのね。みんなノリがよくて楽しんでいるのが分かる。面白い企画をありがとう!


[PR]
by amore_spacey | 2015-05-24 03:12 | Comments(0)

Black Hawk Down (ブラックホーク・ダウン)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_037494.jpg
【あらすじ】 1993年10月3日。ソマリアの首都モガディシオの市街地に、100名の米軍特殊部隊の兵士たちが舞い降りた。彼らの任務は、現地の独裁者Mohamed Farrah Aidid将軍の副官2名を捕らえること。当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが、ブラックホーク・ヘリが撃墜されたことから、兵士たちの運命は一変した。 実際にソマリアで起こった、15時間に及ぶ壮絶な激闘を映画化。「兵士たちはアメリカやソマリアのためでなく、ただ窮地に陥った仲間を救うためだけに戦った。」


e0059574_037202.jpg
2時間20分という長さを感じさせない、リアルで迫力ある作品だった。暴徒と化した大勢のソマリア民兵が、負傷した米兵たちをじわじわと取り囲んでいくシーンや、弾丸が発射された瞬間は、自分がそこにいるかのような錯覚に陥り、心臓バクバク。今まで味わったことのない緊張感に、観終わったあと疲労困憊してグッタリ。主役・準主役級の素晴らしいキャストが集まったのも、脚本やRidley Scott監督の手腕によるところが大きかったに違いない。


e0059574_037316.jpg
戦場がどんなものなのか?死と隣り合わせにいる兵士たちの、追い詰められた精神状態。無秩序や混沌が渦巻いた極限状態で味わう、怒りや恐怖や痛みや絶望。それらはとうてい想像もつかないが、少なくともこれを観た多くの人は、強烈な何かを感じたはずだ。


e0059574_0374184.jpg
ブラック・ホークが墜落。それは全く想定外だった。かくして容易なはずのミッションが、困難な救出作戦へと変わる。市街戦に集中させたことで、もはや人間の手では止められない次元で、戦闘が拡大していく過程をじっくり描き出した。始めたら最後、もうやめられない。引き返せない。その恐ろしさ、そこに生じる膨大な負のエネルギー。それが戦争なのだと思う。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-07-30 00:39 | - Other film | Comments(0)

Game of Thrones season 4 episode 10 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第10話)

ネタバレあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (83点)

e0059574_339254.jpg
「お取り込み中のところ申し訳ございませんが、お命を頂戴しに参りました。」 Tyrion Lannister(Peter Dinklage)は実父Tywin Lannister(Charles Dance)と愛人Shae(Sibel Kekilli)を殺し、Varys(Conleth Hill)とともにEssosへ旅立った。


e0059574_3394144.jpg
Daenerys Targaryen(Emilia Clark)は、まだ自分の言うことを聞く残りの2匹のドラゴンを地下墓地へ連れて行き、太い鎖を首にかけて閉じ込めた。苦渋の決断だった。


e0059574_3395627.jpg
Bran Stark(Isaac Hempstead-Wright)たちは、木の根の中心に座る一人の老人に会った。彼はBranに言う。「君が歩けるようになる事はないが、飛ぶ事はできる」


e0059574_3401097.jpg
Arya Stark(Maisie Williams)はWesterosを離れ、船に乗って剣の師Syrio Forelの故郷Braavosへ一人旅立った。

それぞれが断腸の思いで決断を下す。ある者は旅立ち、ある者はその地にとどまる。どんな展開になるんだろう?Season 5が待ちきれない。

製作国:USA(HBO)
放映日:2014年6月15日
監督:D.B. Weiss
原作:George R. R. Martin "A Song of Ice and Fire (氷と炎の歌)"
音楽: Ramin Djawadi
キャスト:Peter Dinklage, Nikolaj Coster-Waldau, Lena Headey, Emilia Clarke, Kit Harington, Charles Dance, Jack Gleeson, Sophie Turner, Maisie Williams, John Bradley ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-23 03:40 | - TV series | Comments(0)

Game of Thrones season 4 episode 8 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第8話)

ネタバレあり!!!

私の悲しみ度 ★★★★★ (100点) emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif emoticon-0106-crying.gif

e0059574_1225093.jpg
ショック!大ショック! 悲しすぎて立ち直れない(T^T) 現実逃避したテレビの世界がこれじゃ、ストレスがたまるだけで、ちっとも娯楽にならないじゃん。Tywin Lannister(Charles Dance)、あなたはろくな死に方をしない。いや、普通にあっさり死なせてたまるもんですか!(怒) とりあえず今夜、裏の神社に呼び出して、リンチだ。


e0059574_1232892.jpg
ガーン!Jorah(Iain Glen)が実はスパイだった。彼はDaenerys Targaryen(Emilia Clark)の情報を、Robert Baratheonが生きていた頃、彼に流していたノダ。重臣としてJorahを信頼していたDaenerysは、怒りと悲しみのどん底に突き落とされ、国外退去を命ずる。


e0059574_1233912.jpg
Tyrion Lannister(Peter Dinklage)の運命をかけたThe Mountain(Hafþór Júlíus Björnsson)とOberyn(Pedro Pascal)の対決は・・・。なんで、ああなっちゃうんだぁぁぁぁあああああああああああ!(T^T)

Oberyn、キミは詰めが甘かった。ごちゃごちゃ喋ってないで、まずはThe Mountainにとどめを刺すべきだった。なーんて言っても、しょうがない。そういう脚本だったんだから。嗚呼、Tyrionの味方がどんどん消されていく。彼の死刑は確定?頼みの綱はJaime(Nikolaj Coster-Waldau)だけなのか?次話を早く見たいような見たくないような、もやもやした気持ちです。

製作国:USA(HBO)
放映日:2014年6月1日
監督:D.B. Weiss
原作:George R. R. Martin "A Song of Ice and Fire (氷と炎の歌)"
音楽: Ramin Djawadi
キャスト:Peter Dinklage, Nikolaj Coster-Waldau, Lena Headey, Emilia Clarke, Kit Harington, Charles Dance, Natalie Dormer, Jack Gleeson, Sophie Turner, Maisie Williams, John Bradley ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-03 01:24 | - TV series | Comments(0)

Game of Thrones season 4 episode 3-7 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第3~7話)

ネタバレあり!?

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

e0059574_1443726.jpg
書きたいことは山ほどありますが、長くなりそうなのでさらっと流します。


e0059574_145432.jpg
Brienne(Gwendoline Christie)とJaime(Nikolaj Coster-Waldau)の別れ。互いに伝えたい熱い思いがあるのに、何も言わずあっさりさよならしてしまった。胸きゅん。Sansa(Sophie Turner) を無事帰宅させるため、Brienneは出発した。きっと戻ってきてくれるよね?


e0059574_1452139.jpg
Margaery(Natalie Dormer)と祖母Olenna Tyrell。祖母はユーモアあふれた懐の深い人間だが、孫娘や一族を守るためなら、一肌も二肌も脱ぐ。戦乱の世に必要な賢女。彼女がJoffreyを毒殺したのか?謎だ。


e0059574_1462184.jpg
Tyrion Lannister(Peter Dinklage)が最愛の息子を毒殺したと信じているCersei(Lena Headey)は、酒浸りの日々。何としてもTyrionをこの世から抹殺してやりたい。そこで裁判を行う。


e0059574_1464038.jpg
Oberyn Martell(Pedro Pascal)って、軽薄でチャラけた男色家(バイセクシュアル?)なのかと思ったら、大間違いだった。味のあるヤツなのだ(*^^*)


e0059574_1472340.jpg
行く先々で奴隷を解放して家来にし、一国の女王になったDaenerys Targaryen(Emilia Clark)。イケ面な家来の誘惑に軽々しくのったりしない。じっくり値踏みしておいて、機が熟したら、脱がせてイイコトしちゃうの(*^^*) カッコいいな。ジャンヌ・ダルクのような北条政子のような女性だ。


e0059574_148534.jpg
前出のMargaeryと並んでDaenerysの2人は、女性陣の中でもキャラクターが素晴らしく、彼女たちの衣装は目の保養になる。 


e0059574_151410.jpg
Jon Snowや〈壁〉や〈冥夜の守人〉の話はね、正直言って全~然興味ありません。第7話が終了した時点で、あの人もこの人も退場。今後も入退場は続きますが、JaimeやTyrionやOberynのようなキャラクターは、最後まで残して欲しいデス。監督、そこんとこ宜しくお願いします。

製作 国:USA(HBO)
放映日:2014年4月6日~5月25日
監督:D.B. Weiss
原作:George R. R. Martin "A Song of Ice and Fire (氷と炎の歌)"
音楽: Ramin Djawadi
キャスト:Peter Dinklage, Nikolaj Coster-Waldau, Lena Headey, Emilia Clarke, Kit Harington, Charles Dance, Natalie Dormer, Jack Gleeson, Sophie Turner, Maisie Williams, John Bradley ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-21 01:52 | - TV series | Comments(0)