タグ:Romain Duris ( 6 ) タグの人気記事

Dans Paris (パリの中で)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0153983.jpg
【あらすじ】  Paul(Romain Duris)は恋人のAnna(Joana Preiss)といっしょに、パリを離れて田舎暮らしをしていたが、彼女とうまくいかず、1年後にはうつ状態になる。そして離婚した父(Guy Marchand)と弟Jonathan(Louis Garrel)の住むパリのアパートに戻ってきて、弟の部屋を占拠して、引きこもり生活を始めた。年金生活の父とまだ学生のJonathanは、なんとかPaulの力になろうとするが…。


e0059574_0155437.jpg
ポスターを見て、「これって同性愛モノ?」 1つベッドに川の字になって寝る男・男・女のオープニングに、「男と女を恋人に持ったバイセクシャル男(=真ん中の男)の話?」と思ったら、これがぜーんぜん違うのだ。鬱になった兄がひきこもるという設定ながら、全体のトーンは重苦しくなく、それどころか、Paulのことを気遣い労わるパパや弟、そして彼らに対するPaulのリアクションに、クスッと笑える場面が多い。いちいち言葉には出さないけれど、同じ思い出や悲しみを共有してきたということに気づいて、「そうだったんだ」と、改めてそれぞれが家族の絆やぬくもりを見直す。私たちも心地よい幸福感に満たされるというプラスのスパイラル^^


e0059574_0161945.jpg
うつろな目をした失意のRomain Durisが、少しずつ少しずつ立ち直っていく様子は、見ていて嬉しかった。そんな兄を支える弟を演じた役Louis Garrelって、はっきりした骨格のギリシャ青年的な美貌なのに、軽妙でコミカルなキャラがミスマッチで面白い。彼がマジ2枚目をやったら、若い頃のAlain Delonみたいで、ちょっと鼻につくかも。もちろん目の保養には言うことなし!


e0059574_0164114.jpg
パパ役のGuy Marchandは、適度にゆるくKYっぽいところがいい。こんな家族だから、傷心のPaulも心を開いていけたんだろうな。これが例えばAnni feliceのような家庭だったり、マンマがGiovanna MezzogiornoとかLaura Moranteのように、終始ピリピリしているような環境だったりすると、かなり辛いわぁ。

製作国:France, Portugal
初公開年:2006年
監督:Christophe Honoré
キャスト:Romain Duris, Louis Garrel, Joana Preiss, Guy Marchand, Marie-France Pisier, Alice Butaud, Lou Rambert-Preiss ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-04 00:16 | - Other film | Comments(2)

Dobermann (ドーベルマン)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_4531732.jpg
【あらすじ】 パリ市内の銀行で立て続けに強盗事件が発生。犯人はDobermannと名乗る強盗Yann Le Pentrec (Vincent Cassel)とその一味。クスリでラリって銃をブっぱなすイカれた奴らだが、犯罪の腕だけは世界一だった。彼らに手の打ちようがなくなった市警本部長のClodarec(Patrick Rocca )は犯人逮捕の為なら手段を選ばない凶暴な警視Sauveur Cristini(Tchéky Karyo)に捜査の協力を要請。かくして神をも恐れぬDobermannと警察バッジをつけた悪魔Cristiniの壮絶な対決が始まった。


e0059574_454785.jpg
悪魔のようなCristini警視がすごすぎ!強盗一味よりねちっこくて、凶暴で非情なのだ。あ・うんのVincent Cassel & Monica Bellucci夫婦、若くて絵になるな。Monica姐は、32歳の女盛りですものね。最高にエロくてカッコいい。今まで観た彼女出演作品の中で、これが一番いい。だってね、最初から最後まで喋らないから(爆) さすが監督!Monica姐はオブジェに徹すると、いい味出すことをご存知だったんですね。彼女、この路線でずっと行けばよかったのに。ということでMonica姐的な私のお気に入り度は★★★★☆(98点) 減点2点は、途中で姐の品のない笑いがあったからだよ~ん。


e0059574_455570.jpg
すごい!と言えばこの人↑↑↑ 役柄によって豹変する人だけど、今回は切れ方&壊れっぷりが痛すぎたかな。ま、あそこまでできちゃうなんて、あっぱれだけどね。昔(Jean GabinやAlain Delonが活躍していた頃)の仏フィルム・ノワールは、ハードボイルドで暗~い雰囲気が多かったような気がするんだけど、最近は血生臭い中にシニカル&コミカルな色を添えたこんな作品もあったりして面白い。- 追伸 - お願いだから正気に戻ってね、Romain Duris!

製作国:France
初公開年:1997年
監督:Jan Kounen
キャスト:Vincent Cassel, Tchéky Karyo, Monica Bellucci, Patrick Rocca, Antoine Basler, Dominique Bettenfeld, Pascal Demolon, Marc Duret, Romain Duris ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-04-23 04:55 | - Other film | Comments(4)

Paris (パリ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_2365810.jpg
【あらすじ】 ダンサーのPierre(Romain Duris)は、ある日心臓病で余命わずかと告げられる。シングルマザーのÉlise(Juliette Binoche)は弟のPierreの身を案じ、子どもたちを連れて彼のアパートに同居し始めた。やがてPierreは向かいに住む大学生のLaetitia(Mélanie Laurent)が気になっていく。しかし歴史学者のRoland(Fabrice Luchini)もまた、Laetitiaを愛し始めていた。一方、離婚後も元妻とマルシェで働くJean(Albert Dupontel)は、買い物に来るÉliseに好意を寄せるようになっていた。


e0059574_2371399.jpg
こういうパリが見たかった。観光客の憧れ視線ではなく、私たちと同じごく普通の市民が暮す普通の街。そしてこの作品の主人公は、ここに登場する全ての人々。年齢も性別も立場も異なる人々、別々の人生を歩んでいるはずの彼らが、どこかで少しずつ繋がっている。新しい命の誕生、兄弟の葛藤、出会いと別れ、恋や失恋、孤独、悲しみ、永遠の別れ。何気なく通り過ぎている幾つものエピソードの1つ1つ、その一瞬一瞬に私たちは生きている。それが人間の営みであり、それらが積み重なって人生となる。

パリを舞台にすると、そういった人間味あふれた生活臭が、お洒落に色づけされてしまいがちだが、この作品ではパリの街角と人の関わり合いが、いつもとはかなり違って見えた。病院に行くために乗ったタクシーの窓から、走馬灯のように流れていくいつものパリの風景を眺めながら、Pierreの胸のうちには様々な思いが去来する。象徴的なラストシーン。観終ってからじわっと来た。Juliette Binocheがいつになく可愛らしかったな(^^)

製作国:France
初公開年:2008年
監督:Cédric Klapisch
キャスト:Juliette Binoche, Romain Duris, Fabrice Luchini, Mélanie Laurent, Albert Dupontel, François Cluzet, Karin Viard, Gilles Lellouche ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-12-05 02:39 | - Other film | Comments(0)

De battre mon coeur s'est arrêté (真夜中のピアニスト)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_393126.jpg
【あらすじ】 28歳のThomas(Romain Duris)は悪辣な不動産ブローカー。同業の父親Robert(Niels Arestrup)に頼まれれば、借金の取立てに手を貸すこともある。薄汚れた世界で、どうにも満たされない心を持て余していたが、ピアニストだった亡き母のマネージャーと偶然再会したことで、一度は諦めたはずの音楽への夢が甦る。これが最後のチャンスとオーディションに挑む決意をするが、長いブランクに加え個人レッスンを受けることになった留学生Miao Lin(Linh Dan Pham)に、フランス語が通じないことも手伝って焦燥感を募らせるのだった。


e0059574_395326.jpg
邦題タイトルから、ロマンチックで秘密めいた話かと思ったが、と~んでもない!私みたいなヤツが、こういう邦題に引っかかっちゃうのよね~(ё_ё;) Thomasの仕事ぶりや父との愛憎を中心に、東欧からの移民問題や同僚の妻との不倫などを織り交ぜながら、揺れ動く彼の心の流れが描かれている。ピアノは薄汚れた心を浄化し、すさんだ暮らしに束の間の潤いをもたらしてくれる。そんな難しいThomasを演じたRomain Durisは、素晴らしかった。こんな役柄の彼の表情や視線が、堺雅人にも似ているな。コメディ・タッチの彼もいいが、裏社会や暗黒街に生きる男を演じる苦渋に満ちた彼は、さらにセンシュアルな魅力を放つ。ますます好きになっちゃったァ~053.gif

製作国:France
初公開年:2005年
監督:Jacques Audiard
キャスト:Romain Duris, Niels Arestrup, Gilles Cohen, Linh Dan Pham, Aure Atika, Emmanuelle Devos, Mélanie Laurent ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-11-30 03:10 | - Other film | Comments(0)

L'auberge espagnole (スパニッシュ・アパートメント)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_0351093.jpg
学生生活最後の年を過ごすため、Xavier(Romain Duris)は恋人のMartine(Audrey Tautou)をパリに残し、スペイン語の習得も兼ねてバルセロナへ旅立つ。彼が暮らすことにしたのは、国籍も多様な若者が部屋をシェアする旧市街のアパートだった。友情や恋愛、医師の妻Anne-Sophie(Judith Godrèche)との不倫。ヨーロッパの縮図のような場所で、仲間たちとの連帯が生まれ、Xavierは一回り大きくなってパリに帰る。


e0059574_0353129.jpg
ずーっと観そびれていた作品だったけれど、主演がRomain Durisと知って急いでDLして観た。若いっていいなぁ。みんな輝いている。どんなにバカやっても許されるし(限度はあるが)、1つ1つが全ていい思い出になる。青春時代は勉強なんて2の次。人生の中で一番大切なのは、友情や恋愛。新しい友だちが出来たり、新しい恋を知ったり、別れがあったり…と、甘酸っぱい季節。それにしてもバルセロナからパリに戻ったXavierの落胆振りってどうよ?パリよ、パリ!誰もが憧れるパリ!バルセロナの暮らしが、それ以上に輝いていたってことなのね。


e0059574_0354568.jpg
ステレオタイプで有り勝ちとは言え、色んな国籍の若者のお国柄が滲み出たキャラ設定はおもしろかった。案の定イタリア人は、大袈裟な身振り手振りに、ウザいくらい話好き、なキャラだった。苦笑 イギリス人のWendy(Kelly Reilly)がアメリカ人と浮気している真っ最中に、何とイギリスから彼がサプライズでやってきた!さぁ、大変。修羅場から彼女を助け出すために、アパートの同居人たちが一致団結するシーンは、他愛のないエピソードなのに、胸が熱くなってしまった。

Romain Durisのプチ天然ぶりが、妙に可愛かった(^^) ますます彼にのめり込みそう053.gif セミロングの彼はLuca ArgenteroやElio Germanoタイプだけど、ショートにすると『Dexter』のMichael C. Hall?ああ、バルセロナに行きたくなっちゃった。ガウディの作品が一人歩きして、内陸の街だと思い込んでいたが、よくよく考えたらバルセロナは海に面した街ですね。作品の中でちらっと登場した海辺のシーンが、新鮮でよかった。

製作国:France, Spain
初公開年:2002年
監督:Cédric Klapisch
キャスト:Romain Duris, Judith Godrèche, Audrey Tautou, Cécile De France, Kelly Reilly, Christian Pagh, Kevin Bishop ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-11-25 00:36 | - Other film | Comments(0)

L'arnacoeur (ハートブレイカー)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_056384.jpg
【あらすじ】 姉のMélanie(Julie Ferrier)とその夫Marc(François Damiens)と共に「別れさせ屋」を生業にしているAlex(Romain Duris)は、ビジネス上のルールとしてターゲットと恋に落ちないことをポリシーにしていた。そんな彼の新たなターゲットは、10日後にモナコでイギリス人青年実業家Jonathan Alcott(Andrew Lincoln)と結婚する勝気な美女Juliette Van Der Becq(Vanessa Paradis)である。彼女の父親(Jacques Frantz)は妻の死後、10年間断絶状態だった娘を自分の手に取り戻したいと願い、Alexに頼んだのだった。婚約者との仲が良好でなかなか付け入るすきのないJulietteに、どうにか近づいたAlexだったが…。モナコを舞台に繰り広げられる小粋なラブコメ。


e0059574_0571611.jpg
もうね、最初から最後まで、爽やかなRomain Durisくんに目が釘付け(*^^*) 超イケメンって訳ではないんだけど、トータルでいい男なんだなぁ。どこかでみたことがあるかも?と思ったのは、(Luca ArgenteroElio Germano)÷2と私好みの顔立ちだからかな。彼を観たのは本作が初めて。キュート&コミカルで、2枚目や3枚目の使い分けが抜群にうまい。泣き落としのシーンは秀逸だった。カメラに向かってウソ泣きをみせる彼って、可愛いかったな(^^) ダンスもメチャうま。『ダーティ・ダンシング』のリメイクをやるなら、ぜったい彼に踊って欲しい♪


e0059574_0581328.jpg
ジョニデの奥さんもそれなりによかったんだけど、笑うと隙間のある前歯が、気になって気になって。暗い場所にいる彼女が、誰かに似てるな。誰だっけ?と考えていたら…

More
[PR]
by amore_spacey | 2011-11-16 00:41 | Comments(2)