タグ:Sandra Ceccarelli ( 5 ) タグの人気記事

La vita che vorrei (映画のようには愛せない)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_3404949.jpg
【あらすじ】 役者として頂点を極める人気俳優Stefano(Luigi Lo Cascio)は、間もなくクランクインする19世紀を舞台にした作品『La Vita Che Vorrei』で主役の貴族Federicoを演じるが、不倫の恋に生涯をかける相手役の貴婦人Eleonoraに無名の女優Laura(Sandra Ceccarelli)が抜擢されるらしいと聞いて、戸惑いや不満があった。しかし初日の読み合わせで、とらえどころがなくそれでいて情熱的で凛とした彼女に魅力を感じ、いつしか恋に落ちていくのだった。


e0059574_3415962.jpg
この作品は、実生活と劇中劇を同タイトルの下に交差させながら展開していく。実生活の2人は、俳優としては一流だが、他人に無関心で誰かを本気で愛したことがないStefanoと、女優として成功したいという野心があるわけではないのに、気がついたら彼女に惚れた男を(結果的に?)利用して出世街道を歩くLaura。演技と感情は別だと言うStefanoと、未経験のことは演じられないLaura。

一方劇中劇の2人は、よくできた妻と可愛い子がいるにも関わらず、舞踏会で出会ったある伯爵の愛人Eleonoraに一目惚れし恋に落ちていく、誠実で人望のある貴族Federicoと、美貌を武器に伯爵という後ろ盾を利用して、社交界に生き残るEleonora。舞踏会のシーン↑↑は、『山猫』を彷彿させる。


e0059574_342916.jpg
LauraもEleonoraも、自分の気持ちに正直で情熱的だが、利己や理性にコントロールされたStefanoは、自分の感情を開放する術(すべ)を知らない。そんな彼がLauraに、同業者としてまた1人の男として、嫉妬し苦悩するのだ。そりゃ、自業自得。今まで多くの女性を泣かせてきたんだから。地味な作品ながらLuigi Lo CascioとSandra Ceccarelliの2人が適役で、少し時間をおいて観なおしてみたいと思う。

製作国:Italy, Germany
初公開年:2004年
監督:Giuseppe Piccioni
キャスト:Luigi Lo Cascio, Sandra Ceccarelli, Galatea Ranzi, Fabio Camilli, Antonino Bruschetta, Roberto Citran, Paolo Sassanelli...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-05 03:44 | - Italian film | Comments(0)

La forza del passato

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1214527.jpg
【あらすじ】 40歳になるGiovanni Orzan(Sergio Rubini)は児童文学作家で、妻Anna(Sandra Ceccarelli)と8歳の息子と暮らしている。そんなある日彼の父親が亡くなる。公私共に厳格な陸軍大将だった父親と、Giovanniは子どもの頃から良い関係を築けなかった。ある夜、父親の友だちだと称する男Gianni Bogliasco(Bruno Ganz)が、とつぜんGiovanniの前に現れ、生前の父親はファシスト党員ではなく実はKGBのスパイだったことなどを明かす。厳格な父親像がゆがみ始めたところへ、今度は妻の浮気を知らされ、今まで信じていたGiovanniの平穏な暮らしが足元から崩れ落ちていくのだった。


e0059574_1223836.jpg
自分にとって絶対的な拠り所であったものや、信じていたものの真の姿が暴かれたとき、それまでの自分の人生観や世界観がガラガラと音を立てて崩れていく。世の中の見え方も違ってくる。それらをうまく受け入れて、前向きに新しい自分を構築していくのか?いつまでも過去にしがみついて、悶々としながら生きていくのか?それはGiovanni次第である。この作品は、子どもが成長するにつれ、親と子の立ち位置や力関係が微妙に変わり、やがて入れ代わる時がやってくる、その過程を子の視点から描いている。


e0059574_1231450.jpg
地味な作品だけれど、共感できるところが多く、切なくやりきれない思いと過去の呪縛から解放される喜びが交錯した。こういう役をやらせると、小柄で地味なSergio Rubiniがきらりと光を放つ。かなり怪しげな人を演じたBruno Ganzも、いつもながら上手い。

製作国:Italy
初公開年:2002年
監督:Piergiorgio Gay
原作:Sandro Veronesi
キャスト:Sergio Rubini, Bruno Ganz, Sandra Ceccarelli, Giuseppe Battiston, Sebastiano Moise ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-07-05 14:34 | Comments(0)

Luce dei miei occhi (ぼくの瞳の光)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0172912.jpg
【あらすじ】 ローマ。ハイヤー運転手をするAntonio(Luigi Lo Cascio)は仕事に誇りを持ち、SF小説を愛する真面目な青年。彼はある夜、運転中に猫を追って飛び出してきた少女(Barbara Valente)をはねそうになる。その時、後からやって来た彼女の母親Maria(Sandra Ceccarelli)と知り合う。Mariaは一人で食料品店を営み、女手ひとつで娘を育てていた。Mariaに心惹かれたAntonioはこの母娘の力になりたいと思う。MariaがSaverio(Silvio Orlando)への多額の借金返済に苦労していることを知ると、Mariaには内緒で借金の肩代わりをするためSaverioの運転手を買って出るのだった。2001年第58回ヴェネチア映画祭でLuigi Lo Cascioは主演男優賞を、Sandra Ceccarelliは主演女優賞を受賞。


e0059574_0174147.jpg
日々の暮らしや、自分が大切にしている小さな世界を守るために、今日という日を必死に生きる。毎日その繰り返し。大きな希望や変化があるわけではなく、時間が流れていく。どこかうまくいかない2人に、「そこさえ要領よくやれば、あとはうまくいくのに…」と思うが、これを観ている私たちだって、決して要領よく生きている訳ではないから、激しく感情移入してしまうのだ。非常に現実的なテーマを扱いながらも、SF小説の語りやLudovico Einaudiが奏でるピアノの音色(←音が出ます)の効果で、現在や過去の苦しみや後悔が少しずつ癒され、かすかな希望の光が見えてくる。人生、捨てたもんじゃないよね。

製作国:Italy
初公開年:2001年
監督:Giuseppe Piccioni
音楽:Ludovico Einaudi
キャスト:Luigi Lo Cascio, Sandra Ceccarelli, Silvio Orlando, Barbara Valente, Toni Bertorelli, Mauro Marino ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-13 00:19 | - Italian film | Comments(2)

Il piu' bel giorno della mia vita (私の一番幸せな日)

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_0493119.jpg
ローマを舞台に、Irene(Virna Lisi)の孫娘でRita(Sandra Ceccarelli))とCarlo(Marco Baliani)の次女Chiara(Maria Luisa De Crescenzo)の視線で物語が展開する。表面的には平和に暮らす家族。姉Sara(Margherita Buy)は離婚してシングルマザー、一人息子Marco(Francesco Scianna)と暮している。妹のRitaには愛人Davide(Jean-Hugues Anglade)がいる。弁護士の弟Claudio(Luigi Lo Cascio)は、Luca(Marco Quaglia)を愛している。ともすれば既存の平和な家族を壊してしまう起爆剤にも成り得る深刻な悩みを、それぞれが抱えているのだ。しかし世代や性別を越えてゆっくりとあるがままを受け入れようとしていく。そしてChiaraの聖体拝領の日に彼女は贈られたビデオカメラで集まった家族を撮影しながら、今日がこうして集まる最後の日になるだろうことを予感する。



e0059574_0495966.jpg
外から見れば人が羨むような素晴らしい庭と邸宅でありながら、そこに暮す人々はうかつには口に出来ないような悩みや問題を抱えている。ローマ郊外にあるIreneの邸宅を舞台に、まるで無関係に見える登場人物がどこかしらで繋がりを持ち、ゆっくり穏やかな歩調でエンディングを迎えるという、素晴らしい構成に唸りました。さすが女性を家族を客観的に見つめるCristina Comencini監督!ハッピーエンドでもなく、かと言って悲劇でもメロドラマでもなく、他所様のありのままの日常生活をちょっと垣間見せてもらったというところでしょうか。家族が集まるシーンには、色々とダブル部分が多々あります(^^) Chiaraちゃんのモノローグには、ほろりとしました。あの中では彼女が一番大人になりましたね。

製作国:Italy
初公開年:2002年
監督:Cristina Comencini
キャスト:Virna Lisi, Margherita Buy, Sandra Ceccarelli, Luigi Lo Cascio, Marco Baliani, Marco Quaglia, Jean-Hugues Anglade, Ricky Tognazzi, Francesco Scianna ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-12-27 00:53 | - Italian film | Comments(0)

Piano, solo

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(89点)

e0059574_1474526.jpg
Walter Veltroniの著書'Il disco del mondo. Vita breve di Luca Flores, musicista'をもとに、38歳で自らの命を絶ったジャズピアニスト、Luca Floresの生涯を描く。エンドロールの前に家族から提供されたビデオが流れる。


e0059574_1545315.jpg
幼少時代を家族と共にアフリカで過ごすが、そこで最愛の母親を車の事故で失う。クラシックピアニストとしての才能に恵まれ、後にジャズピアニストとして有名になっていくが、母の死を克服できず精神的に病んでいく。



e0059574_1501187.jpg
1956年 パレルモ生まれ
1961年、ピアノを始める。
1962年 モザンビークに暮らす。母親を事故で失う。
1970年 一家はフィレンツェに移る。
1974年 本格的なジャズ活動を開始する。クィンテット→カルテット→トリオ→ソロへ。
1995年 3月29日 Montevarchiにて自死。



e0059574_1503176.jpg
アルノ川をバイクで走るPatriziaとの優しい時間。彼女の中に亡き母の面影を求めたのだろうか?そんな彼の心の扉をそっとノックしてきたのがPatrizia。しかしその彼女をも拒絶する。師と仰いだChet Bakerの死が、混迷する彼の心をさらに闇の底へと引きずり込んでいく。




e0059574_150498.jpg
♪ キム様が弾き語るピアノ ♪ 長くて細い指。ピアノだけがLucaの心の拠り所だったのか?彼が生きていた世界には音楽しかなかったのだろうか?人のぬくもりや喜怒哀楽にはかかわりたくなかったのか?そんなエネルギーなどどこにもなかったのだろうか?



e0059574_1512172.jpg
もはや肉親にも愛する人にも心を開くことができないLuca。自分がいったいどこへ向かっているのか、何を求めているのか?優しかった母だけが彼の人生の全てだったのか?



e0059574_1515398.jpg
残された家族や友人は、未だに彼が自死に至った意識の流れに、行き着くことができない、受け入れることができないでいる。Lucaが最愛の母の死を克服できなかったように。
ヒゲ大魔王のキム様も定着してきました。若様、よくお似合いでございますことよ。



e0059574_1522017.jpg
Lillo Quaratino, Chet Baker e Luca Flores in studio

製作国:Italy
初公開年:2007年
監督:Riccardo Milani
キャスト:Kim Rossi Stuart, Jasmine Trinca, Paola Cortellesi, Roberto De
Francesco, Corso Salani, Mariella Valentini, Claudio Gioé, Sandra Ceccarelli, Konrad Podolny, Alba Rohrwacher, Michele Placido ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-04 01:52 | - Italian film | Comments(0)