タグ:Tom Hanks ( 3 ) タグの人気記事

ハドソン川の奇跡 (Sully)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_392346.jpg
【あらすじ】 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。マンハッタン上空850メートルで、突如全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始めた。Sullenberger機長(Tom Hanks)の必至の操縦により、70トンの機体は目の前を流れるハドソン川に着水。乗客乗員155名全員無事という奇跡の生還を果たした。着水後も、浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は、国民的英雄として称賛を浴びる。だがその裏で、彼の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_393579.jpg
知らなかった、あの事故のあと、こんなことがあったなんて。あの悲劇を最小限に食い止めることが出来たのは、勇気ある機長の迅速な判断や責任感のお陰ではなかったのか。安全委員会にしてみれば、機長は自分勝手なことをした、組織を乱す迷惑な人。管制塔の指示を無視し、勝手に航路を変えた。マンハッタンのビルの谷間を飛ぶとは、テロ機と間違われるような行為、ましてやハドソン川に不時着させるなんて、無謀で言語道断。釈明の余地なし、という訳だ。

再現された当時の状況をみると、事故機はさまざまな偶然や幸運に恵まれていたのも確かだ。機長の英断、熟練した機長の操縦技術そして着水成功、民間船による素早い救出、乗客乗員の一致団結など、1つでも欠けていたら、状況がさらに悪化していたであろうことは、容易に想像できる。安全委員会が主張した「引き返す」という選択は、あり得なかった。

その安全委員会は、「どうしてマニュアル通りにやらなかったのだ?」「なぜ管制塔の指示に従わなかったのだ?」と感情的になる。また作品を観ている私たちは、機長の口から出てくる35秒の猶予とか、208秒の持ち時間というのが、一体どんな意味を持つ数字なのか、具体的によく分からない。しかしその後、畳み掛けるように迫る幾つものシミュレーションによって、あの非常事態の中で機長が何を成し遂げたのか、安全委員会や私たちは知ることになるのだ。いやはや、あの緊迫感といったらなかった。


e0059574_3105834.jpg
Sullenberger機長(↑本人)は、危機的な状況下においても公聴会の席でも、努めて平常心で、なすべきことを淡々とやっていく。国民から英雄扱いされても、当たり前のことをしたまでと言う、それどころか家族や同僚や乗客への配慮を忘れない。パイロットという仕事に誇りを持つ姿は、清々しく高潔だった。

こういった役どころをTom Hanksにやらせると、実に上手い。説得力がある。軽いコメディ映画にも出て欲しいが、ダヴィンチシリーズの安っぽい学者などではなく、こういった社会派ドラマでビシッと決めて欲しい。演出も演技も過不足なし、その上これだけ濃い内容をビシッと90分におさめたClint Eastwood監督の、卓越した手腕にも唸る。そうは言っても、1年に1度は飛行機に乗る身にとって、この手の作品はちょっとねェ。フライト前に観ちゃいけません。


[PR]
by amore_spacey | 2016-12-25 03:12 | - Other film | Comments(2)

インフェルノ (Inferno)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_23444187.jpg
【あらすじ】 ハーヴァード大学のRobert Langdon教授(Tom Hanks)は、何者かに襲われて記憶喪失になり、気がついたらフィレンツェの病院のベッドにいた。Sienna Brooks女医(Felicity Jones)の力を借りて徐々に記憶を取り戻していくLangdonは、彼女とチームを組んで、Danteの長編叙事詩『神曲』<地獄篇>に取り付かれた科学者Bertrand Zobrist(Ben Foster)が仕掛ける謎を解き明かしていくのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_23445657.jpg
このシリーズは1作目の『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年)がひどかったので、『天使の悪魔』(2010年)はパスしたけれど、『インフェルノ』はエキストラ出演という貴重な体験をさせてもらった楽しい思い出もあり、観に行くことにした。一日がかりでクレーンも使って撮影したあのシーンは、果たして使われたのかしら?もし使われたとしたら…大スクリーンに映って、ついに世界デビューしちゃうのね、うふふっ(*^^*)という淡い期待に包まれ、表向きはクールな顔を装いつつ、実はドキドキしながら着席。

本作は人口増加が止まらない現代を舞台に、ウィルスを撒き散らして人類を減らそうとする狂った科学者と教授の対決で、教授役のTom Hanksは殴られて血まみれになったり、雨や水でずぶぬれになったりと、文字通りの汚れ役で、本人もメイクさんもさぞや大変だっただろう。


e0059574_23451775.jpg
e0059574_2345424.jpg
教授と行動を共にするSiennaを演じたFelicity Jonesをはじめ、狂った科学者のBen FosterやOmar Syが無難に脇を固めていた。Ben Foster、もっとインパクトがあるかと思ったんだけどな。


e0059574_23455656.jpg
e0059574_2346885.jpg
めぐり逢わせのお弁当で地味な会社員だったぎょろ目がトレードマークのIrrfan Khanが、今回は面白味のある男役を演じ、ナイフで一突き!という得意ワザをみせてくれる(笑) 女医Elizabethを演じたデンマークの女優Sidse Babett Knudsenが、クールで颯爽としていて憧れます。

肝心のストーリーや演出はありがちで、「無理矢理3部作にしてみました」感が強かった。そこそこ楽しめるが、突っ込みどころ満載だし、ラストに至っては原作と大幅に違うらしく、原作が気に入っている人は(読んでなくても)、「何なんだ、あの安っぽい演出は!」と一気に冷めてしまう。因みにエキストラ出演したシーンは・・・、1/10秒の登場(クロスカッティングの中の1つ)で、ツバ広の大きな麦藁帽子をかぶっていなかったら、全く分かりませんでしたー。


[PR]
by amore_spacey | 2016-10-26 23:46 | - Other film | Comments(6)

トム・ハンクス主演『インフェルノ』にエキストラ出演 前編

e0059574_3165843.jpg
先日フィレンツェで、映画のエキストラを初体験した。フィレンツェと言えば、昨年12月にHannibalのロケが行われたばかりで、MadsやHughやLaurenceを間近に見た嬉しい思い出がある。今回はDan Brownの小説『Da Vinci Code』シリーズ第3弾で、Ron Howard監督&Tom Hanks主演の『Inferno』(2016年秋公開予定)の撮影だ。私が参加したのは、ヴェッキオ宮殿のシーン。


e0059574_3172293.jpg
朝5時集合だったので、前日ホテルに泊まり、翌朝は3時半に起床。眠い(=_=) シャワーを浴びてシャキッとさせ、朝食を済ませて出発。会場には既に100人あまりのエキストラが来ていた。何枚もの書類に署名したあと、衣装室に行く。自前の服でよかったが、帽子があるといいと言われ、奥に連れて行かれた。無数の衣装の向こうに、帽子や鞄や傘などの小道具がぎっしり並ぶ。その中から帽子をいくつか選んで、私の頭にのせる。最後に選んだ大きな麦わら帽子を使うことになった。「休憩時間は手に持っていてもいいですが、撮影中はずっとかぶっていて下さいね。」と3回念を押された。次は化粧室。これも自前の化粧でOK。こうして身支度の整った約300人のエキストラ が、フィレンツェのTVプロダクションのスタッフに連れられて、シニョリーア広場にぞろぞろ移動した。

広場には大きなクレーンが2台、TV局の大型トラックやワゴン車が何台も並んで、物々しい雰囲気。そこへ第2撮影クルーが荷台に機材を乗せてやってきた。続いて大勢のカラビニエリ(軍警察)が、何台ものパトカーとともに登場。現場を警備するためかと思ったら、彼らもエキストラだった。本物か偽者か分からーん(O_o) 


e0059574_3173985.jpg
伊米合同の撮影クルーがてきぱき準備をしている横で、300人のエキストラは何組かのグループに分けられた。私はBグループ50人の一人。世界各地からフィレンツェにやってきた旅行者という設定だった。各グループの責任者は、フィレンツェのプロダクションのスタッフだが、「ホスト倶楽部から来た人たち?」のように、イケメン揃い。北村一輝やRomain DurisやAlessio BoniやLuca ArgenteroやTom Hardyが目の前にいる(爆) こんな素敵な若者たちに会えただけでも、幸せ~♪ 因みにBグループの責任者は、ちょっと甘えん坊なRomain Durisの雰囲気。早朝で寒いとは言え5月なのに、Romainは野球帽をかぶってマフラーに厚手のジャンパーを着込んでいた。


e0059574_3174936.jpg
Roman Durisのあとについて、Bグループの50人はヴェッキオ宮殿の中庭に入る。エキストラの中には、私のような初心者から、プチ経験者やエンドクレジットに名前が出るようなセミプロがいた。Game of ThroneやStar Warsの最新作に、ちょい役で出たという人もいる。イケメンで体格の良いセミプロの方々は、露出度の多い役に抜擢される。Colin FirthやVittorio De Sicaに似た彼らは、カラビニエリの役。これがまたね、どの人も警察官の制服が似合うの。本物より紳士で魅力的。それだけでなく彼らは長~い待ち時間中に、質のよい小噺や駄洒落で私たちを笑いの渦に巻き込み、和やかなムードにしてくれた。(写真↑はツアーガイド役で特出したフィレンツェ市長)


e0059574_3175990.jpg
間もなくリハーサルとカメラチェック。1分足らずのシーンを、30分~1時間かけてじっくり撮る。助監督(米国人)が出す英語の指示を、そのつどグループ責任者がイタリア語で説明。助監督の「よーい(Motore!)」に続いて、各部門の助手らが「本番よーい」と復唱。次に助監督の「スタート(In posizione!)」で、カメラや照明やマイクなどにスイッチが入る。そして「アクション(Movimento!)」と共にカチンコが鳴ると、撮影が始まる。NGの場合は速攻で、「カーーット!(Tornate in posizione!)」 この台詞をいったい何回聞かされたっけ・・・。今でも空耳で聞こえてくる(笑)

当たり前なんだけど、助監督はなかなか首を縦にふってくれない。結局リハーサルも含め60回ほど撮り直して、やっとOKが出た。私はスニーカーだったからよかったものの、10cmヒールを履いた女の子は地獄を見た。初老の女性も午前中で疲労困憊し、足元がふらふらと覚束無い。しかも午後1時過ぎになっても、ランチ休憩の気配がない。お腹が空くと、人間って気持ちがトゲトゲしくなる。空腹と疲労がMaxに達し、険悪な空気が漂い始めた時、主役のTom HanksやFelicity Jones(主役の2人)の姿が見えた。エキストラの間に、どよめきが起こる。しばらくして目の前をRon Howard監督が通過。嬉しいサプライズに気持ちが少し丸くなる。午後2時ごろ「それではランチ休憩に入りまーす」の声に、気持ちは真ん丸になった^^(後編に続く) ※最初の1枚を除く他の画像はこちらから借用)


[PR]
by amore_spacey | 2015-05-18 00:56 | My talk | Comments(2)