タグ:Valeria Bruni Tedeschi ( 5 ) タグの人気記事

歓びのトスカーナ (La pazza gioia)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_1173310.jpg
【あらすじ】 虚言癖でおしゃべりな自称・伯爵夫人Beatrice(Valeria Bruni Tedeschi)と、自分の殻に閉じこもった全身タトゥーの女Donatella(Micaela Ramazzotti)。社会復帰を助けるトスカーナの診療施設から脱走を図った2人は、破天荒な逃避行を繰り広げるなか、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく。2017年David Donatello賞で、作品賞や監督賞や主演女優賞(Valeria Bruni Tedeschi)など5部門受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_117476.jpg
e0059574_118213.jpg
タイトルの語感から、弾けるような喜びに満ちた、軽いコメディタッチのドラマを想像していた。確かにBeatriceとDonatellaの逃避行は、Thelma & Louise (1991) を彷彿させるような珍道中だが、2人はどこでどう間違ったのか?人生に躓(つまづ)いて傷つき、心の奥に深い怒りや悲しみや後悔を抱えて生きている。

彼女たちの性格はコインの裏と表のように正反対で、事件が起きるたびに、それぞれのリアクションが面白いほど異なる。Beatriceが光なら、Donatellaは闇。自称・伯爵夫人のBeatriceは、出鱈目な話を間断なくすることで現実から目をそむけ、自分を保っている。Donatellaは付き合った男に捨てられたばかりか、2人の間にできた子どもを認知してもらえず、その子も養子にとられてしまう。心の中は生々しい傷だらけで、その痛みに1人でじっと耐える。殻に閉じこもることで、崖っぷちから転落しないように、なんとか踏みとどまっている。


e0059574_118172.jpg
e0059574_1195272.jpg
この2人を演じたValeriaとMicaelaが、まぁ、実に素晴らしかった。舞台劇のような幾分大袈裟な演技も、Valeriaにかかると、俄然、真実味を帯びてきて、「ああ、こんな人いる」と思わせ、説得力があった。テンションが高く、口を開けば嘘がよどみなく出てくる。あそこまで流暢に次から次へと嘘が出てくると、もうあっぱれ!一緒にいたら非常に疲れるタイプだが、どこか愛嬌があって憎みきれない。一方Micaelaはげっそり痩せて頬がおちくぼみ、全身のタトゥーが嫌でも人目をひく。絶望に沈んだまなざしが痛々しくやるせない。すっかり笑いを忘れた彼女に、施設の先輩であるBeatriceが、あれこれ世話を焼こうとする。Donatellaが気になる存在なのだ。

けれどまるでピエロのように面白おかしく、時には狂ったように陽気な振る舞いで、刹那的に生きるBeatriceに、Donatellaは戸惑いを隠せない。嘘の話でどんなに誤魔化しても、現実は変わらないことを知っているから。厳しい現実を味わったDonatellaは、幸せな時間のあとに襲って来る、あの何とも言いようのない寂しさや重苦しさが、もはや恐怖でしかない。対照的な2人の性格や生き方に、「それはそうだけど…」と言いつつも、そのどこかに自分の姿が重なるような、何かしら共感できる部分があり、知らないうちに引き込まれる。


e0059574_1184214.jpg
背負っている人生は違うが、束の間の逃避行で、何かが少し変わった。現状は、依然、変わらない。しかし2人の間に相手を気遣う愛情が芽生え、傷ついた心を癒してくれる。心を通わせる相手がそばにいて、気持ちがふわっと軽くなる支えがあるというのは、愛に飢えた2人にとって最高の癒しに違いない。養子に出された子どもに再会し、辛い過去など忘れて海で戯れる、こんな束の間の幸せも、私たちの日常に思いがけなく訪れる。人生、悪いこともあれば、いいこともあるよ。


 
[PR]
by amore_spacey | 2017-04-26 01:21 | - Italian film | Comments(0)

Viva la libertà (自由に乾杯)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_324822.jpg
【あらすじ】 野党の党首・Enrico Oliveri(Toni Servillo)は気が滅入っていた。選挙が迫るが支持率は低迷し、このままでは負けるのは確実だからだ。疲労困憊の彼はある日、突然失踪する。実はパリの元恋人Danielle(Valeria Bruni Tedeschi)の許に身を寄せていた。一方、党首がいなくなった野党は大混乱に陥り、腹心の部下Andrea Bottini(Valerio Mastandrea)と妻Anna(Michela Cescon)が知恵を絞った末の解決策は、Oliveriの双子の兄弟Giovanni Ernani(Toni Servillo)だった。しかし作家・哲学者のGiovanniには、重い心の病を患った過去がある。果たしてGiovanniは、この危機を救うことができるか?2013年David di Donatelloで、脚本賞(Roberto Andò)&助演男優賞(Valerio Mastandrea)を受賞。


e0059574_32598.jpg
とても面白かった。Toni Servilloの双子の兄弟の演じ分けが際立っているのと、イタリアを牛耳る政治家&政治屋、そしてそれに群がるジャーナリストへの痛烈な批判が込められ、胸がスカッとした。「実際にこんなことがあったら、面白そう」と本気で考えてしまう。ああ、また妄想癖がぁぁぁ・・・。ラストシーンに登場したのは、本人なのか?それとも影武者のGiovanni?


e0059574_33911.jpg
『追憶のローマ』のToniは、かなり鬱陶しかった。役柄に因る処もあるが、彼が200パーセントの力を投入すると、上手すぎて重いノダ。今回の作品のように、6~7割くらいでやってくれたほうが、彼の持ち味が生かされ、彼のよさが引き立ち、私たちも力を抜いて観ることができる。Valerio MastandreaやValeria Bruni Tedeschiも、出過ぎず引き過ぎずの匙加減が絶妙。Valerioは髪の量で、印象が全く違う。自尊心が高くちょっぴり偏屈なToniやValerioは、ジャーナリスト泣かせで知られているが、彼らの役者魂は素晴らしい。

製作国:Italy
初公開年:2013年
監督:Roberto Andò
キャスト:Toni Servillo, Valerio Mastandrea, Valeria Bruni Tedeschi, Michela Cescon, Gianrico Tedeschi ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-02 03:02 | - Italian film | Comments(0)

人間の値打ち (Il capitale umano)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_2271033.jpg
【あらすじ】 クリスマス・イヴの夜。北イタリアの街Brianzolaの県道で、自転車に乗った男がジープにひき逃げされた。目撃者の証言によりこの事件に、機関投資家Giovanni(Fabrizio Gifuni)とCarla(Valeria Bruni Tedeschi) の裕福なBernaschi夫妻の1人息子Massimiliano(Guglielmo Pinelli)と、破産間際にある不動産業者Dino(Fabrizio Bentivoglio)と精神科医Roberta(Valeria Golino)の中産階級のOssola夫妻の1人娘Serena(Matilde Gioli)が絡んでいることが分かった。そしてひき逃げ犯を捜査するうちに、意外な真実が明るみに出る。


e0059574_2272411.jpg
観終わったあと、言い表せない重苦しい感情に包まれた作品だった。ストーリーは淡々と進んでいく。私情を挟まない。声高な主義主張やスローガンも見当たらない。そういう厳然たる現実がある、明確なのはそれだけ。この乾いた展開が却って、どうにもならない現実をより際立たせ、「そうなんだ」と認め諦めざるを得ない。それでも割り切れない嫌な感情が、残響音のようにいつまでもくすぶり続ける。

21世紀の新興ブルジョワ階級にのし上がった有能な金融トレーダーGiovanniや、何とか窮地を脱しようともがく破産寸前のDinoは、かつてないこの不況を乗り切るためなら、なりふり構わず何だってやる。モラルや良識なんて、とうの昔に忘れてしまった。そうしなければ、自分も家族も路頭に迷ってしまう。食うか?食われるか?現実は厳しい。そんな彼らを、どうして責めることができようか?極秘に裏取引きをしたDinoやGiovanniの妻Carlaにしても、別のやりかたで真実を明らかにすることができたのに、と言うは易し。私が彼らの立場だったら、同じ手段を選んだと思う。


e0059574_2274015.jpg
そんな薄汚れた大人の中で、ひっそりと、しかし毅然と健気に生きているのが、Dinoの1人娘Serenaだ。何者にも汚されない純粋な思い。厳しい不況の中で、大人たちが見失ってしまったモラルや正義のようなもの、それを彼女はまだ手放していない。真実を見ようとする、彼女のぶれない堅固な意思が、この作品の大きな救いである。


e0059574_228281.jpg
タイトルのIl capitale umano=人的資本は、人間が持つ能力(知識や技能)を資本として捉える。この作品の場合、県道でひき逃げされた男の人間的価値で、年齢・性別・社会的地位(職業)・資格・年収・所有財産・家族の有無など、全てを指す。彼の人的資本は約3000万円と弾き出された。

製作国:Italy, France
初公開年:2014年
監督:Paolo Virzì
原作:Stephen Amidon 'Human Capital'
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Valeria Golino, Valeria Bruni Tedeschi, Fabrizio Gifuni, Luigi Lo Cascio, Matilde Gioli, Guglielmo Pinelli, Giovanni Anzaldo ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-14 02:28 | - Italian film | Comments(0)

Padroni di casa

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_123374.jpg
【あらすじ】 タイル職人のCosimo(Valerio Mastandrea)とElia(Elio Germano)兄弟は、有名なポップス歌手Fausto Mieli(Gianni Morandi)の家のテラスの仕事を任された。Faustoの妻Moira(Valeria Bruni Tedeschi)が、不治の病で車椅子の生活を余儀なくされたため、彼は引退を決意した。アペニン山ろくの小さな村にある豪邸で、幸せに暮らしているかに見える夫婦だったが、実態はどうやらそうではないらしい。CosimoとEliaも傍目には普通の兄弟に見えるが、2人の間にはわだかまりがあった。またFaustoが暮らす小さな村の住人はとても閉鎖的で、この兄弟にも不信感を抱き、まるで外国人のように扱うのだった。そして兄弟と村の住人たちの関係は、ある事件を機に悪化していく。


e0059574_124620.jpg
映画やTVドラマを観る時、観る側の心の状態やそのときの季節や天気が、多少なりとも影響するなぁと思うことがある。たとえばこの作品を観たのは、霧雨の降る肌寒い初秋のある土曜日のゆううつな昼下がり。ようやく夏のヴァカンスの楽しい思い出から抜け出して、日常生活に戻った頃だった。楽しいはずがない。そんなときに観ちゃったから、うわっ、絶望的!救いがない、救いが。ワタシの心は鉛色にどよーんと重くなるばかり。観なきゃよかった、と後悔した。もっと違う状況(例えば春らんまんの頃とかヴァカンス真っ只中)で観たなら、てんこ盛りの突っ込みをしながら、サディスティックに楽しめたかもしれない。


e0059574_125772.jpg
と、長い前置きはさておき、この作品でポップス歌手を演じたGianni Morandiは、実生活でも現役ポップス歌手である。彼の物真似をする芸人が何人かいるほど、仕草や口調や口癖に特徴があって、顔が全く似ていなくてもジェスチャーだけで、Gianniだ!と名前を当てられる、分かりやすいおじさんなのだ。Luciano Pavarottiのお葬式に来ていた彼を見かけた時にも、Gianniらしい仕草が満載で、場違いと思いつつ心の中でクスッと笑ってしまった。あの気さくなおじさんが、表と裏の顔をうまく使い分けるこんな嫌な役もやっちゃうんだぁ。誰にも多重人格の要素があるから、今さら驚きはしないけれど、映像は直接迫ってくるから、その残酷さに心が凍りついてしまった。ところでValeria Bruni Tedeschiは、心の病を患ったり不幸な女の役がやけに多い。不幸体質なのか?実妹(異父姉妹)Carla Bruniとは、容貌も性格もずいぶん違う。

製作国:Italy
初公開年:2012年
監督:Edoardo Gabbriellini
キャスト:Valerio Mastandrea, Elio Germano, Gianni Morandi, Valeria Bruni Tedeschi, Francesca Rabbi, Mauro Marchese, Lorenzo Rivola ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-24 01:03 | - Italian film | Comments(0)

Un'ottima annata (プロヴァンスの贈りもの)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)
 
e0059574_215254.jpg
ロンドンの金融界で働くトレーダー、マックスは、叔父の遺産を相続するため、少年時代の夏休みを過ごした南仏プロヴァンスを20数年ぶりに再訪。この地で過ごすうちに見失っていたものに気づき、愛する女性に出会い、プロヴァンスの光とワインに触れて、自分の人生をもう一度見つめなおす。 


e0059574_2155067.jpg
『ブレード・ランナー』『ブラック・レイン』『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』…のRidley Scott、こういうのも撮るんですね。いや、御見それしました!叔父との思い出のシーンが何度もフラッシュバックするあたりは、『ニュー・シネマ・パラダイス』を彷彿させました。ベタベタしない郷愁がよかった。それはRussell Croweのさらっとした演技のお陰かもしれない。Russell、芸域が広くなったね。なかなかやるじゃないか(^^) 夏の終わりのちょっとセンチメンタルな時期にぴったりの作品でした。ああ、郷里へ戻りたくなる気持ちは、年々強くなりますね。

製作国:USA
初公開年:2007年
監督:Ridley Scott
キャスト:Russell Crowe, Marion Cotillard, Valeria Bruni Tedeschi, Albert Finney, Archie Panjabi ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-09-01 02:31 | - Other film | Comments(4)