タグ:Valeria Golino ( 2 ) タグの人気記事

36 Quai Des Orfevres (あるいは裏切りという名の犬)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

ネタばれあり。

e0059574_1805787.jpg
【あらすじ】 パリ警視庁の警視Léo Vrinks(Daniel Auteuil)とDenis Klein(Gérard Depardieu)は、互いにライバル心を抱き、次期長官の座を争っていた。現金輸送車強奪事件でDenisが犯したミスによって、Léoの親友Eddy Valence(Daniel Duval)の命を奪ったのを機に、2人はますます対立の様相を深めていく。そして意外な結末を迎えることになる。 実際に警察官だった経歴を持つOlivier Marchal監督が、共同脚本として本作に関わった元刑事の経験したエピソードをヒントにして、警察組織内部を描き出した作品。(作品の詳細はこちら


e0059574_1812538.jpg
e0059574_1815085.jpg
イヴの夜にふさわしい作品とは言えないが、この作品が大好きで、また観てしまった。元刑事が拘わったエピソードをベースにしているだけあって、リアルで生々しく、緊迫したドラマが繰り広げられる。リメイク版もあるが、やはりパリの裏社会や警察組織が舞台ならではの醍醐味があり、正統派フレンチノワールと言える。それにしても警察たちの面々が、マフィア軍団と大差ないのにびっくり。長年この手の仕事に携わると、顔つきも変ってくるってもんだ。


e0059574_18221.jpg
Valeria Golinoの活躍が嬉しい。『レインマン』の頃より艶っぽく綺麗になった。世界の舞台に出ている他のイタリア女優に比べて(Monica姐とか…)、派手さはないものの、コツコツと地道に揺るぎない独自の世界を築き上げている。力みのない自然体の彼女に、とても好感が持てる。Riccardo Scamarcio、彼女を手放すんじゃないよ。


e0059574_1822767.jpg
権力の座を獲得して社会的には成功を収めたかに見えるが、精神的には崩壊中のDenis。そんな彼にピストルを突きつけながら、友人の命を奪わなかったLéoには、人間として守るべき誇りがあり、最後の一線を越えなかった。ああ、台詞がなくても、2人がいるだけでぐっと来る。アップになったGérard Depardieuの、隠微で異様な形&桁違いにデカい鼻にも圧倒された。音楽がこれまた秀逸♪ 

で、この邦題( ̄~ ̄;) ここまで大きく空振りしているのも珍しい。この潔い的外れっぷりに、座布団10枚!


[PR]
by amore_spacey | 2015-12-25 18:06 | - Other film | Comments(0)

A casa nostra

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_173280.jpg
【あらすじ】 ミラノ。格式のあるレストランでランチをとりながら、銀行の幹部Ugo (Zingaretti)と起業家が黒いビジネスの打ち合わせをしている。この黒い取引き及びUgoの一部始終を盗聴するのは、財務警察の隊長Rita (Valeria Golino)。Ugoの情婦で高級娼婦のElodie(Laura Chiatti)。しがないスーパーの店員Gerry(Luca Argentero)。彼の妻(Valentina Lodovini)は病院の看護士。旧東ヨーロッパからイタリアに来て娼婦をしているBianca(Cristina Suciu)。ガソリン・スタンドの職員(Giuseppe Battiston)。彼らもミラノの片隅でささやかな暮らしを営んでいる。一見何のかかわりもない人々が、どこかですれ違っている、関わり合いを持っている。そんな商業の街ミラノ。


e0059574_181063.jpg
これぞ、Francesca Comenciniワールド!!! グレーで憂鬱な雰囲気が立ち込めるミラノ、かすかな希望すら見出せない街。21世紀のイタリアを象徴している。こんな作品を観ると、重苦しくて暗澹たる気持ちになる。先が見えない時代に生きているからこそ、現実にきちんと向き合おう。というスタンスに一理あり。でも後腐れのないさらっとした作品を見て、もやもやした気持ちから解放されたい、という思いも強い。後者の場合、本作品はハズレ。あ~あ、正義は存在しないんだな。結局とかげの尻尾が切り落とされるだけだ。貧乏くじを引いたGerry、お前が悪いんだ。


e0059574_174596.jpg
悪役Luca Zingarettiが、ふてぶてしくて実に嫌なヤツだ。心の底から憎悪が沸いてくる。正義の味方Montarbanoと正反対の役どころだが、演じ分け方が実に上手い。


e0059574_183069.jpg
脇役の常連Giuseppe Battistonも光っている。何日も洗っていないべっとりした髪の風采の上がらない男。見栄えが悪く、臆病で口下手、閉鎖的でうまく人間関係が築けないが、彼は心根の優しい男。Valeria Golinoは『レインマン』の頃から、少しも歳をとらない、サイボーグのような女優だ。

製作国:Italy
初公開年:2006年
監督:Francesca Comencini
キャスト:Valeria Golino, Luca Zingaretti, Giuseppe Battiston, Laura Chiatti, Luca Argentero, Fabio Ghidoni, Valentina Lodovini, Cristina Suciu, Jonathan Banks ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-16 01:08 | - Italian film | Comments(0)