人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)

ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_23541209.jpg
【あらすじ】 ロンドン郊外に暮らし、インド系シク教の伝統を重んじるBhamra家の次女Jess(Parminder Nagra 27歳)は、フットボールが大好きでBeckhamに憧れる18歳の女の子。彼女が公園でストリート・サッカーに興じているところを見かけたJules(Keira Knightley 17歳)は、自分のフットボール・クラブに誘い、コーチのJoe(Jonathan Rhys Meyers 25歳)もJessの才能を見込んだ。
 ところが祖国インドの伝統的慣習に厳格で、何事にも保守的な母(Shaheen Khan)に、フットボールに熱中している事が露見し、即座に禁止を言い渡され、練習や試合に参加できなくなってしまう。(作品の詳細はこちら


ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_00041465.jpg
ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_00043421.jpg
ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_00185350.jpg
ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_00190601.jpg
ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham)_e0059574_00042798.jpg
Jonathan Rhys Meyers1人祭り。彼とKeiraがW主演なのかと思ったら、Parminderが主役で、しかもこれが出世作になったという。原題Bend It Like Beckhamは、Beckhamのようなゴールに吸い込まれるような美しい曲線のクロスを蹴ってみろ!またBeckhamのクロスのように人生を変えてみろ!と言う意味だそうですが、この作品で役者デビューを果たしたParminderが、文字通りそれを実現してみせた訳で、原題の威力が凄すぎる。そして開花目前の17歳のKeiraが、とっても眩しかった。様々な問題を孕みながらも重すぎず、エンタメとして楽しめる青春映画でした。

Jonathan目当てで観たのですが、主役のParminderやその家族、特にパパ(Anupam Kher )がとっても魅力的で、あっという間に引き込まれました。頑なに反対するママ(Shaheen Khan )に対して、パパは過去の苦い経験から、娘にはあんな嫌な思いをさせたくないと。両親のこんな心配をよそに、Jessのフットボールへの情熱がビシビシ伝わってきて、気づいたら心の中で応援していました。友情・風習や宗教の違い・性差別・異国での生き方など様々なことが、青春真っ只中の女の子たちの目線で描かれており、爽快で前向きな余韻を残してくれます。

そしてJonathan。『マッチ・ポイント』や『THE TUDORS ~背徳の王冠~』シリーズとは別人かと思うほど、輪郭がぼやけた優柔不断なキャラで、いやいや、そこはそうじゃないだろ?と突っ込んでみたり。でも、あのシーンには胸が一杯になりました。父母の話をする時の彼の表情や口調が、実の両親のことを語っているようで(両親の離婚やその後母のアルコール依存症)、切なくなってしまったのです。あの時25歳の彼が、遠い目で見ていたのは、何だったのかな。


# by amore_spacey | 2021-12-07 00:38 | - Other film | Comments(0)

ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)

ネタばれあり!
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23544646.jpg
【あらすじ】 1943年、連合軍であるイギリス軍によって訓練された12人のノルウェー人工作員は、ノルウェーを占領するドイツ軍の航空管制搭・破壊作戦のため、母国への上陸を試みた。しかし寸前でドイツ軍の攻撃を受け、1人を除いて11人が捕虜となり、うち1人は即座に銃殺されてしまう。処刑直前に逃走したJan Baalsrud(Thomas Gullestad)は、国境を目指して雪山に踏み込んだ。
 一方ナチスドイツのKurt Stage司令官(Jonathan Rhys Meyers)は、自分の威信にかけて何としてもJanを捕えるべく、執拗に追い続ける。果たしてJanは、ナチスの追跡から逃れることができるのか。実話をもとに映画化。(作品の詳細はこちら


ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23545362.jpg
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23550009.jpg
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23551271.jpg
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23551888.jpg
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (Den 12. mann)_e0059574_23552625.jpg
Jonathan Rhys Meyers1人祭り。とにかく寒いシーンが続き、暖房の効いた部屋で観ているのに、寒さが骨身に凍み、手足の指先がジンジン痛みそうなレベルでした。これは役者も撮影陣も、命懸けでしたね。極寒の雪原の中での壮絶な逃亡があまりにもリアルで、極度の緊張感に見舞われます。「ああ、今度こそ絶体絶命、Janが見つかってしまう!」というシーンが繰り返し出てきて、そのたび手に汗を握り、心臓バクバク。しかし画面から目が離せない。手応えのある重厚な人間ドラマでした。

不屈の闘志で生きのびようとするJanの生命力・命懸けで逃走を手助けする住民たち・ノルウェーという自国のために行動する人々の気高さ・冷酷非情なナチスの残忍さや執拗さ・束の間の安らぎやジョーク・ノルウェーの大自然・晴れ渡った雪山と遊牧トナカイの群の壮大なシーン・逃亡するJanの心理描写など、細部に至るまで全てが素晴らしかった。

Thomas Gullestadの役者魂には、感服いたしました。撮影中やその後の体調は、大丈夫だったのかな。Jonathan Rhys Meyersが、ドイツ語を話しています。彼も頑張った。制服の効果でさらにカッコよく、目の保養になりました。一人祭りをやって良かった。全くダメだったのは、邦題。


# by amore_spacey | 2021-12-03 00:24 | - Other film | Comments(0)

アメリカン・クライム・ストーリー/弾劾 全10話 (Impeachment - American Crime Story 10 episodes)

アメリカン・クライム・ストーリー/弾劾 全10話 (Impeachment - American Crime Story 10 episodes)_e0059574_00220418.jpg
【あらすじ】 第42代アメリカ大統領Clinton(Clive Owen)は、ホワイトハウスの実習生Monica Lewinsky(Beanie Feldstein)との性的な関係を否定したが、後に偽証だったことが発覚した。
 アメリカ政治史に残る汚点と言うべき、在職中の大統領の弾劾裁判に至る過程で、Clinton引き摺り下ろし作戦に利用された2人の女性、セクハラ容疑でClintonを告訴したPaula Jones(Annaleigh Ashford)と、1995年~97年まで大統領と不倫関係を続けたホワイトハウスの実習生Monica Lewinsky。そしてホワイトハウスから異動させられたMonicaが、ペンタゴン(国防総省本庁舎)で出会い、意気投合した法律顧問付き秘書のLinda Tripp(Sarah Paulson)。
 政争に巻き込まれた3人の女たちの目を通して、Clinton弾劾裁判に持ち込んでいくまでの日々を描く。(作品の詳細はこちら) 


アメリカン・クライム・ストーリー/弾劾 全10話 (Impeachment - American Crime Story 10 episodes)_e0059574_00221112.jpg
アメリカン・クライム・ストーリー/弾劾 全10話 (Impeachment - American Crime Story 10 episodes)_e0059574_00221719.jpg
アメリカン・クライム・ストーリー/弾劾 全10話 (Impeachment - American Crime Story 10 episodes)_e0059574_00222558.jpg
アメリカン・クライム・ストーリー』のシリーズ第3弾。Lewinskyがプロデューサーの1人として制作陣に参加しているそうですが、重箱の隅っこをつつきまわした、芸能スクープ番組のようなえげつない内容で、少々げんなりしました。この手の話は嫌いではないので、最後まで観ましたが、やっつけ仕事の最終話には参ったな。事件に関しては専門家に任せて、2人の役者について簡単に感想を書いておきます。

Linda Trippを演じたSarah Paulson。Bravissima!!! いや、もう、エクセレント!素晴らし過ぎます。彼女がこのドラマを支えていました。限りなく黒に近いグレーなキャラを、まぁ、いとも簡単に(いやいや、研究し尽くしたに違いありません)演じてくれました。

そしてBill Clintonを演じたClive Owen。配役をみたとき、「彼が大統領って、マジですか?こりゃ、ミスキャスティングだわ」と思った。スミマセン、前言撤回します。何様発言でした。メイクの素晴らしさもありますが、感情のこもっていない低い声や表情や仕草など、まぁ、瓜二つのそっくりで唸りました。重要な脇役をやらせると、彼の渋い魅力が威力を発揮するのかもしれません。


# by amore_spacey | 2021-12-01 00:32 | - TV series | Comments(0)

ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)

ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)_e0059574_00193283.jpg
ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)_e0059574_00193876.jpg
良いニュースは、北イタリア・トリノで撮影された、Franco Nero監督・主演の映画『L'uomo che disegnò Dio』(10月5日イタリア国内で公開)への出演(刑事役)で、Kevin Spaceyが本格的に俳優復帰する見込みであること。素晴らしい役者ですから、再起をかけて踏ん張って欲しいところです。ロケの合間にテニスを楽しむ彼の姿(←音!)が、目撃されております。

人の声を聞くだけでその人の体格から成育履歴までピタリと当てる、並外れた才能を持った視覚障害のある絵描きEmanuele (Franco Nero)の半生を描いた、実話に基づいた作品で、ロケ中にはVanessa Redgrave(この映画に出演予定だったが中止になる)も顔を見せていた。(詳細は ***

ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)_e0059574_00195211.jpeg
ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)_e0059574_00195796.jpg
ケヴィン・スペイシーに関する良いニュースと悪いニュース (Good news, bad news)_e0059574_00200508.jpg
悪いニュースは、彼が制作スタッフらへのセクハラ疑惑で、人気ドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』から降板した問題で、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の地方裁判所は、番組の制作企業に対する約3100万ドル(約36億円)の損害賠償支払いを、Kevin Spaceyに命じた。36億円ですかァ、働かないといかんな。(詳細は **


# by amore_spacey | 2021-11-28 00:31 | Kevin Spacey | Comments(0)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)_e0059574_01061962.jpg
No.1は『太陽がいっぱい』の
Purple Noon(←音が出ます)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)_e0059574_01064149.jpg
No.2はBourneシリーズの
Extreme Ways(←音!)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)_e0059574_01261737.jpg
No.3は『007 スカイフォール』の
Skyfall(←音!)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)_e0059574_01062784.jpg
No.4は『ニュー・シネマ・パラダイス』の
Love Theme(←音!)

好きなサントラ ベスト5 (Soundtrack)_e0059574_01063472.jpg
No.5は『ボディガード』の
I Will Always Love You(←音!)


# by amore_spacey | 2021-11-26 01:21 | My talk | Comments(2)