人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スタジオジブリに名誉パルムドール授与

スタジオジブリに名誉パルムドール授与_e0059574_23475907.jpg
カンヌ映画祭は4月17日、『千と千尋の神隠し』や『君たちはどう生きるか』などのアニメーション映画で知られるスタジオジブリに、名誉パルムドール(Palme d'or d'honneur)を授与すると発表しました。本当におめでとうございます。

スタジオジブリに名誉パルムドール授与_e0059574_23480400.jpg
スタジオジブリに名誉パルムドール授与_e0059574_23480942.jpg
映画界への貢献をたたえる名誉パルムドールは、映画監督や俳優など個人に授与されてきましたが、団体に授与されるのは初めてだということです。初の劇場用アニメ『ルパン三世 カリオストロの城』から『風立ちぬ』まで、私もたくさんのジブリ作品を観てきました。

スタジオジブリに名誉パルムドール授与_e0059574_23481656.jpg
スタジオジブリは1985年『天空の城ラピュタ』の製作時に、『風の谷のナウシカ』を製作した出版社・徳間書店が中心となり、設立したアニメーション・スタジオで、以後、宮崎駿・高畑勲両監督の劇場用アニメーション映画を中心に製作してきました。

因みにジブリは、サハラ砂漠に吹く熱風に由来しており、第二次世界大戦中イタリアのCaproni社で製造された、偵察爆撃機 Caproni Ca.309 の別名でもあるそうです。(詳細はこちらこちら


# by amore_spacey | 2024-04-20 00:07 | My talk | Comments(0)

SHOGUN 将軍 第9話

ネタばれあり!!!
SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23223122.jpg
【あらすじ】 藪重(浅野忠信)・按針(John Blackthorne)と共に、大坂城入りした鞠子(澤井杏奈)は、虎永の正室・桐の方(洞口依子)と静の方(フジモトマコ)を連れて江戸に戻ると宣言する。しかし石堂(平岳大)はこれを退け、彼女は事実上の軟禁状態となった。
 翌日、大坂城を出発しようとする鞠子たちを、許可状がなければ門を通せないと、石堂の兵たちは足止めする。鞠子側の兵と城の護衛の間で、激しい斬り合いが繰り広げられた。様子を見下ろすばかりの大老衆も、日和るのみで手出しをしない。
 これに対して鞠子は、意に反して囚われの身となったことを抗議。矢が振る砂利道も動じずに歩みを進め、一本の薙刀を振り回しながら男たちに立ち向かう。そして鞠子は胸に帯びていた、真の使命を口にする。James Clavellの同名小説をドラマ化。(作品の詳細はこちら


SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23223659.jpg
「これだけの多勢を相手に、戦うことはできませぬ」 鞠子は声を上げる。「この者たちのせいで務めを果たすことがかなわぬなら、かような不名誉を背負うて生きてはいけませぬ。私は日没に自害いたしまする」 生きることだけでなく、いかに死ぬかが重要。とは言え、あんな散り様はあんまりだ~(号泣)

SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23224786.jpg
SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23224008.jpg
緊迫したかけひきの中で、鞠子は見事に裏切りを誘発させる理由を演出した。これが裏切りの娘の役目、敵討ちはこうしてなされるのか。虎長の策略か?あな恐ろしや。

SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23225270.jpg
藪重、おぬしは、憐れな奴よのう。

SHOGUN 将軍 第9話_e0059574_23225705.jpg
このミニシリーズも、あと1話を残すのみ。関ヶ原の戦いを描くだけでも、2~3話は必要でしょう、さらにこの戦いに勝利して天下を手にした虎永が、征夷大将軍に任命されるまでを、残り1話に詰め込むのは、絶対にムリ。

となると、シーズン2があるのかしら?という淡い期待から、いや、ありますよね。なきゃ、おかしいって確信しかない。ですよね、真田さん!!!


# by amore_spacey | 2024-04-18 00:00 | TV series | Comments(0)

魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版

ネタばれあり!!!
魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00182836.jpg
【あらすじ】 寛永15年。幕府のキリシタン弾圧から引き起こされた、島原の乱で殉死したはずの天草四郎(沢田研二=ジュリー)は、魔界の力を借りて蘇った。怨みをはらそうとする彼は、やはり無念の死を遂げた人々:細川ガラシャ(佳那晃子)・宮本武蔵(緒形拳)・宝蔵院胤舜(室田日出男)・伊賀の霧丸(真田広之)・但馬守柳生宗矩(若山富三郎)を集め、島原の乱で12万人もの信者を虐殺した、老中・松平伊豆守(成田三樹夫)を始めとする徳川幕府への、いや、現世すべての人間への復讐を果たすべく動き出した。
 頻繁に起る不思議な事件を、魔界転生した妖怪たちの仕業とつきとめた柳生十兵衛(千葉真一)は、刀匠・村正(丹波哲郎)が作った妖刀を携えて、妖怪成敗に出ていく。山田風太郎の同名小説を映画化。(作品の詳細はこちら


 
魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00183896.jpg
真田広之ひとり祭り。公開当時エログロ満載と聞いて、観に行かなかったけれど、あらまぁ、目もくらむような超豪華キャストではありませんか。でも『不適切にもほどがある』のポリコレやコンプラがあったら、存在しませんでしたね。

この映画、ジュリーなしには語れません。殺陣シーンやアクションの迫力に加え(魔界の描写は雑だけど)、ジュリーのカリスマ性や色気!その容姿や佇まいはもちろん、声の美しさよ。不気味な笑い声すら、痺れるほどカッコいい。2003年版が盛大にコケたのも、仕方あるまい。

当時ジュリーと真田のBL匂わせシーンが、大きな話題になりました。村娘と恋に落ちて、悪いことが出来なくなった霧丸に、天草四郎が「あんなもんは、犯せばいいんだ(←おいおい)」とそそのかしたあと、唇にそっとキス。真田の手にキスするシーンも、心をザワつかせるほど妖しく色っぽい。

魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00184025.jpg
妖しく色っぽいと言えば、佳那晃子の妖艶さは底なし沼で、ハマったら怖い。気前よく脱いでくれるから、深作欣二監督も撮影冥利に尽きるってものですが、脱がなくても、目が離せない魔力を放っています。丹波哲郎も仙人のような、この世の人間とは思えないオーラがある。

魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00185749.jpg
魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00191857.jpg
この映画のもう1つの見どころは、千葉真一×若山富三郎、千葉×ジュリー、千葉×緒形拳の殺陣で、前者は日本の時代劇史上、最高の殺陣の1つと言われるほど。炎上する江戸城で千葉と若山が対決するシーンは、火の海にいるような臨場感に包まれ、スリルと迫力満点でした。

魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00192590.jpeg
千葉に首を斬られても死なない、不死身のジュリー。斬られた首を持った四朗本人が、笑いながら、「必ず戻って来る」と言って去っていく。コメディ?中途半端な終わり方だけど、これでいい。

魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00193028.jpg
魔界転生 (Samurai Reincarnation)1981年版_e0059574_00193598.jpg
因みに松平伊豆守を演じた役者を、子どもの頃に時代劇などでよく見ました。悪役といえば成田三樹夫。切れ長の涼し気な目元が印象的で、すぐに思い出したのですが、長兄と彼は東大へ次兄は早稲田に進学、叔父は東大文学部の教授と、エリート一族なんですね。


# by amore_spacey | 2024-04-16 00:26 | Japanese film | Comments(2)

真田広之が出演したCM

真田広之が出演したCM_e0059574_00192628.jpg
真田広之ひとり祭り。『SHOGUN 将軍』の真田さんが、こんなにCMに出ているなんて、歌も歌っていたのかぁ。おすすめに出てきた【真田広之のCM集(1981~2017)】をふっと開いて・・・気づいたら最後まで観ていた。映画やドラマとは違った、色んな真田さんがいますね。

一番好きなのは、安全地帯の♪あの頃へ♪と一緒に流れる、月桂冠・花鳥風月(←音!)のCM。玉置浩二×真田さんの無敵コンビ。

真田広之が出演したCM_e0059574_00191943.jpg
岡本喜八監督との共演や、徳永英明×真田バージョンも、よかね。

真田広之が出演したCM_e0059574_00342752.jpg
UCCの缶コーヒー THE COFFEE(←音!)の真田さん、そこで何やっちょる?

真田広之が出演したCM_e0059574_00193285.jpg
鷲のマークのリポビタンD

真田広之が出演したCM_e0059574_00193891.jpg
森永の小枝(小林綾子と共演)やウォーキー・スナッキー。小枝やよく食べたけれど、ウォーキー・スナッキーは全く記憶にないんですが。

真田広之が出演したCM_e0059574_00194374.jpg
黒木瞳と共演した、三菱のパソコン・オフコン。

真田広之が出演したCM_e0059574_00194839.jpg
中井貴一&時任三郎と共演したJRA
柳沢慎吾じゃなくて、真田さん?

真田広之が出演したCM_e0059574_00195448.jpg
サントリーウィスキー・膳

真田広之が出演したCM_e0059574_00200245.jpg
日本コカ・コーラの緑茶・綾鷹(あやたか) 

真田広之が出演したCM_e0059574_00200969.jpg
中井貴一&柳沢慎吾と共演した三菱UFJ信託銀行
時任三郎じゃなくて、真田さん?


# by amore_spacey | 2024-04-14 00:37 | My talk | Comments(2)

たそがれ清兵衛

ネタばれあり!!!
たそがれ清兵衛_e0059574_02103445.jpg
【あらすじ】 幕末、庄内・海坂藩の下級藩士・井口清兵衛(真田広之)は、妻に先立たれた後、幼いふたりの娘(伊藤未希・橋口恵莉奈)と年老いた母(草村礼子)の世話、そして借金返済の内職の為に、御蔵役の勤めを終えると、すぐに帰宅することから、仲間から“たそがれ清兵衛”とあだ名されていた。
 ある日、かつて想いを寄せていた幼なじみで、酒乱の夫・甲田(大杉漣)に離縁された朋江(宮沢りえ)の危難を救ったことから、剣の腕が立つことを知られた彼は、藩命により上意討ちの手に選ばれてしまう。秘めていた想いを朋江に打ち明け、一刀流の剣客・余吾(田中泯)の屋敷を訪れた清兵衛は、壮絶な戦いの末に余吾を倒した。藤沢周平の同名小説を映画化。(作品の詳細はこちら


たそがれ清兵衛_e0059574_02103855.jpg
真田広之のひとり祭り、始めました。この作品は、何度観ても飽きない。藤沢周平の世界にスーッと引き込まれます。ありふれた地味な日常の中に描かれた、清兵衛ら下級武士の生き様や女性への秘めた思いや、かつての日本人の凛とした姿に鳥肌が立ちました。未公開シーン(←音が出ます)もいいですねェ。

たそがれ清兵衛_e0059574_02104380.jpg
たそがれ清兵衛_e0059574_02104788.jpg
2人の娘をみまもる清兵衛のまなざし、朋江を前に嬉し恥ずかし困惑した表情、朋江の元夫を倒したあとのクールさ、討手命令を受けた時の悲しみが混じった苦悩。淡々とした声とは裏腹に、彼の表情が雄弁に語る。一方、清兵衛に会って心華やぐ朋江の、彼の乱れた髪を整える所作や、結婚の申し込みに引き裂かれる思いを飲み込む彼女。2人の素晴らしい演技に、目を奪われるばかり。

たそがれ清兵衛_e0059574_02105184.jpg
清兵衛と余吾善衛門の、果し合い前のシーンは、腹の底にずっしり来ました。「俺は逃げるぞ」と余吾に告げられて、面食らう清兵衛に、余吾はのらりくらり雑談しながら、清兵衛の武士としてのプライドを傷つけて、自分を斬らせようと仕向ける。剣士として確かな腕を持ちながら、不条理な人生を送る、同じような境遇の2人ですが、守るべき家族のある清兵衛と、何もなくただ死へと向かう余吾、2人の勝敗は明らかです。田中泯の存在感は圧倒的で、凄まじいオーラを放っていました。

たそがれ清兵衛_e0059574_02105618.jpg
出世することはなかったけれど、最後に好きな女性と一緒になり、幕軍として戦死した清兵衛。人として武士として本望の人生だった、幸せだったと思います。岸恵子が登場するラストシーンは、ナレーションだけでよかったなぁ。井上陽水の決められたリズム(←音!)が、高揚した気持ちを優しく静めてくれます。


# by amore_spacey | 2024-04-13 02:17 | Japanese film | Comments(0)