La piscina (太陽が知っている)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0113100.jpg
【あらすじ】 太陽がまばゆいサントロペの豪華な別荘で、Jean-Paul(Alain Delon)とMarianne(Romy Schneider)は快適な休暇を過していた。しかしMarianneが招待したHarry(Maurice Ronet)とその娘Penelope(Jane Birkin)が別荘にやって来てから、雰囲気は一変した。HarryとMarianneはかつての恋人同士。そしてHarryはJean-Paulに、今でも彼女を自分のものにする自信があるといい、劣等感と憎悪を抱いているJean-Paulに対して、露骨に軽蔑の態度をあらわすようになった。



e0059574_0111964.jpg
これを観ようと思ったのは、TVで流れたDiorのEau SauvageのCMに、この作品の冒頭のシーンがとてもいい感じに使われていたから。当時34歳のAlain Delonの美貌にクラクラ。彼を観るのが目的だったので、特に山場もなく最後までゆるい作品だったけれど、そんなことは無理矢理よしとします。


e0059574_0114495.jpg
『太陽がいっぱい』で共演したMaurice Ronet。あの時も今回もAlainはMauriceを殺している。何と言う巡り合わせなんだろう。巡り合わせと言えば、Alainの出演作には、前出の『太陽がいっぱい』や『太陽はひとりぼっち』やこの作品のように、太陽ヴァージョンが多いのは、訳者がたまたま太陽好きだったから、でしょうか?麒麟のように背が高くて髪の長いJane Birkinが、娘の友だちに瓜二つでビックリするやら。

製作国:France
初公開年:1969年
監督:Jacques Deray
キャスト:Alain Delon, Romy Schneider, Maurice Ronet, Jane Birkin, Paul Crauchet, Steve Eckardt ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-01-06 00:12 | Alain Delon | Comments(2)
Commented by sandonomeshi at 2011-01-17 23:41
・・・ですよね、なんで太陽なんでしょう? 私はドイツで観ましたがこちらでのタイトルも「プール」でしたし・・・。でも、確かにドイツ語がイマイチ良く分からなかったせいもあったんでしょうが、途中で寝てしまったんですよね。^^;
Commented by amore_spacey at 2011-01-18 00:31
☆ sandoさんへ。
当時「太陽」がイケてる言葉だったのかもしれませんね。時代は若干ずれるかもしれませんが、日本でも「太陽族」って言葉がありませんでしたっけ?(記憶違いかも?) 盛り上がりに欠ける作品だったから、寝ちゃうの、分かります。私はただひたすらAlainを目で追ってたので、寝る暇ありませんでした(^^?)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バブルへGO!!タイムマシンは... 官僚たちの夏 >>