Downton Abbey (ダウントン・アビー)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_2571129.jpg
【あらすじ】  ヨークシャー州の広大な敷地にある架空のダウントン・アビーを舞台に、貴族階級のCrawley家とそこで働く執事や召使いたちの暮らしを描く。時は1912年4月15日、豪華客船タイタニック号が沈没したというニュースに、Crawley家は大混乱におちいる。タイタニック号にはCora Crawley伯爵夫人(Elizabeth McGovern)のいとこにあたるJames Crawleyとその息子が乗船。まもなく死亡の悲報が届いた。彼ら2人はCrawley家の遺産相続人だった。そこでマンチェスターに暮らす弁護士でいとこの若き青年Matthew Crawley(Dan Stevens)が、新たな相続人として選ばれる。法的判断とはいえ、こともあろうに相続する意思がこれっぽちもない「手に職を持った(卑しい)」人間に莫大な財産が手渡ることに、Crawley家は戸惑い怯えるのだった。2012年Golden Globeの最優秀TVドラマ賞を受賞。


e0059574_2572459.jpg
主な登場人物。左からアシスタント執事のJohn Bates(Brendan Coyle)&メイドのAnna Smith(Joanne Froggatt)、給仕のThomas Barrow(Rob James-Collier)、新たな遺産相続人になったMatthew Crawley(Dan Stevens)、Violet Crawley伯爵夫人(Maggie Smith)、Robert Crawley伯爵(Hugh Bonneville)&Cora Crawley伯爵夫人(Elizabeth McGovern)、Matthewの母Isobel Crawley(Penelope Wilton)、伯爵夫妻の長女Mary Crawley(Michelle Dockery)、次女Edith Crawley(Laura Carmichael)、三女Sybil Crawley(Jessica Brown Findlay)

脚本が素晴らしい!主役級から脇役や端役に至るまで、一人一人のキャラがはっきり描き分けられている。そして演出・衣装・舞台・役者に至るまで、すべてが素晴らしかった。暗い雰囲気が漂うときにも、ウィットに富んだ辛口のジョークがちりばめられて、何ともお洒落な大人のドラマだ。


e0059574_2592579.jpg
登場した全ての人が好きだが、特に印象に残っているのがViolet Crawley伯爵夫人を演じたMaggie Smith↑↑↑ チワワのような無垢な表情を装いつつ、敵のアキレス腱を狙ってチクリと言い放つ。相手を思いやりながら自分の意見も遠慮なく言う。憎めない可愛らしいおばあちゃまです。本作品で2011年に2度目のEmmy賞助演女優賞を受賞。


e0059574_2594965.jpg
給仕のThomas Barrow。こやつはCora Crawley伯爵夫人専属のメードSarah O'Brien(Siobhan Finneran)とつるんで、休憩時間には裏山にある神社の境内で煙草を吹かしながら、いつも良からぬことを企んでいる狡猾な男。トコトン憎らしいんだけど、間抜けなところが可愛いな。


e0059574_30220.jpg
そしてベスト・カップルのMatthewとMary(*^^*) 紆余曲折あって一時はどーなるんだ、この2人?って心配で夜も眠れなかったけれど、シーズン2終了の現時点では、ハッピーエンドになって本当によかったぁ。Matthewを演じるDan Stevensにメロメロな娘は、結婚して3歳になる娘がいることを知って号泣(T^T) シーズン3は2012年9月からスタート。待ちきれないョ~!

製作国:UK(ITV)
初公開年:2010~2011年(シーズン1&2)
クリエーター:Julian Fellowes
キャスト:Hugh Bonneville, Elizabeth McGovern, Michelle Dockery, Laura Carmichael, Jessica Brown-Findlay, Maggie Smith, Dan Stevens, Penelope Wilton, Jim Carter, Brendan Coyle, Phyllis Logan, Siobhan Finneran, Joanne Froggatt, Rob James-Collier, Lesley Nicol, Sophie McShera ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-03-28 03:00 | - TV series | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 平清盛 (第6~12話) A Good Woman (理... >>