地上の星たち (Every child is special/Taare Zameen Par)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_222232.jpg
【あらすじ】 小学生のIshaan少年 (Darsheel Safary)は、優秀な兄とは正反対。成績は最悪、文字の読み書きもままならない落ちこぼれで、いつも先生に叱られてばかりいた。が、好奇心と想像力は人一倍たくましく、絵を描くことが大好き。そのマイペースっぷりに学校もさじをなげ、絶望した父親は親元を離れた寄宿学校に入れてしまう。そんなある日、Ram先生(Aamir Khan)というユニークな新任美術教師と出会い、なぜIshaanが勉強が不得意なのか明らかになる。(作品の詳細はこちら


e0059574_222344.jpg
久々のアジア映画。歌って踊ってぎらぎらした、よくあるインド映画とは違った。インドの町は汚くて混沌としている、という先入観がある。ところがこの作品は冒頭から、苔生(む)した側溝の水中のシーンが実に美しく、Ishaanが学校をさぼって1人で小さな冒険をした町の風景も、インドとは到底思えないような街並みが広がって、カメラマンの腕に唸った。景色の切り取り方や撮影法にもよるが、確かに美しい風景やシーンが、インドにもある。十把ひとからげに「インドは汚い」など、言語道断だと自分を叱った。


e0059574_2233090.jpg
e0059574_2234411.jpg
こういう作品を見ると、育つ環境や人との出会いによって、人生は良くも悪くも大きく変わるなぁと実感する。私はごく平凡な子どもで、卓越した能力はない代わりに、何でも普通程度にこなしてきた。そんなどこにでもいるような子にも、特別目をかけてくれた先生が何人かいて、思い出すと嬉しさがこみ上げてくる。Ram先生のようなインパクトはなかったし、当時先生たちが話してくれたことの意味は良く理解できなかったこともあったけれど、分かってくれる大人が親の他にもいるというのは、何かちょっと誇らしくて嬉しかった。


e0059574_2235995.jpg
e0059574_2241184.jpg
IshaanとRam先生の出会いは奇跡である。失読症であることを突き止めたばかりか、Ishaanの得意分野を引き出してくれたんだから。こんな先生に数学や物理を教えてもらったら、ひょっとしたらもてもての理系女になっていたかもしれないなぁ(妄想)


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-08 02:24 | - Asian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< メン・イン・キャット (Nin... 『アメリ』のロケ地めぐり >>