人気ブログランキング |

ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

ネタばれあり!!!

ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2335871.jpg
【あらすじ】 1921年。病死したFreddie Thorne(Iddo Goldberg)の葬儀に、Shelby家が集った。ちょうどその時、Pub「Gasoline」が何者かに爆破される。しかもThomas Shelby(Cillian Murphy)は爆破を指示した人物から、アイルランド反体制派のライバルの暗殺を依頼され、やむなく実行した。一方ロンドンを支配するDarby Sabini(Noah Taylor)が経営するクラブに行ったShelby兄弟は、そこで大乱闘を起こしてしまう。その仕返しにSabiniは、Thomasに暴行を加えAda Shelby(Sophie Rundle)を誘拐させた。
 界隈の治安維持のため、再びCampbell警部(Sam Neill)が派遣される。重傷を負ったThomasの見舞いに訪れた警部は、自分のスパイとして動くよう要求した。Thomasは病院を抜け出てロンドンに向かい、裏社会を牛耳るユダヤ系ギャング団のリーダーAlfie Solomons(Tom Hardy)と同盟を結ぶのだった。(作品の詳細はこちら


ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2341390.jpg
どんでん返しのサプライズが続く、波乱万丈のシーズン2、最後まで気が抜けませんでした。もっさりしたTom Hardyの登場で、面白くなってきた。存在感がありますなぁ。表の顔はパン屋のおっちゃんだけど、裏社会では大物泣かせの切れ者で、地雷がどこにあるか分からない。ガラが悪いわ、弁舌巧みでのらりくらり相手を焦(じ)らせるわ、都合の悪いことはトボけるわ。敵にまわしたくないです。彼にとって、金が全て。そんな輩だから、最初はThomasも戦々恐々としていたが、相手の懐に入って扱い方さえ分かればこっちのもの。一世一代の大芝居を打って、Thomasが危機を抜け出すシーン。あれは手に汗を握ったが、スカッとした。Thomas、よくやった!


ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2343343.jpg
ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2344928.jpg
実生活でTom Hardyの嫁であるCharlotte Rileyが、貴族の未亡人でThomasの馬の調教師を買って出るMay Carletonを演じる。MayとThomasは、次第に深い仲になっていくんだけど、ThomasはGrace(Annabelle Wallis)のことが忘れられない。不妊治療でロンドンに来ている彼女と、感動の再会になるはずだったのに、どよーんと沈んだあの空気の中で、Thomasの子が彼女のお腹に宿っている、という爆弾発言…。


ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2355282.jpg
さてThomasが手を尽くしたお陰で、Pollyの子どもたちのその後が分かった。娘はすでに死亡、しかし息子Michael(Finn Cole)は生きていた。間もなく18歳になる。バーミンガムで感動の再会です。Michaelは自分もShelby家の一員として加わり、母の反対を押し切ってBlindersと行動をともにする。Michaelを演じるFinnがなかなか良い青年で、Blindersの経理担当として大活躍してくれるに違いない。


ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2361034.png
気丈で男前なPolly(Helen McCrory)も、息子Michaelのことになると、母性愛全開でメロメロ。息子をムショから釈放させるためなら、Campbell警部(Sam Neill)に強要された肉体関係も受け入れる。でもそこで泣き寝入りするような柔(やわ)な女じゃない。レース場できっちり片を付けさせて頂きました。にしても、Lizzieが可哀相すぎる。いつまでも利用されるだけの都合のいい女で、娼婦あがりとは言え、あの扱いはあんまりだわ。

兄Arthur(Paul Anderson)は悪いヒトではないんだけど、肝っ玉が小さいくせに、気分屋で喧嘩っ早いから、後先考えず問題を起こしてしまう。感情に任せて余計なことをするから、Thomas がやっと軌道に乗せたビジネスも台無しになるし、ロンドン進出の計画も頓挫しちゃったじゃないか。長男だろ?しっかりしてくれよ。


ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_237348.jpg
ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)_e0059574_2371438.jpg
肝心のThomasは、Campbell警部に始末を依頼されたUlster義勇軍のメンバーに、拉致されてしまう。でもここで主役が殺されたら、シリーズは終わり。絶対絶命のエンディングだったけど、Thomasは絶対に助かるわよねっ。


by amore_spacey | 2017-12-18 02:37 | - TV series | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ノッティングヒルの恋人 (No... アラン・ドロンとモニカ・ベッル... >>