ノッティングヒルの恋人 (Notting Hill)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (90点)

e0059574_1413164.jpg
【あらすじ】 バツイチの冴えない男William(Hugh Grant) は、ロンドン西部のノッティング・ヒルで旅行書専門の書店を営んでいる。大して儲かっていないその店に、ある日どこかで見たような女性が訪れた。それはハリウッド・スターAnna(Julia Roberts)だった。本を買った彼女は微笑んで店を去るが、そのすぐ後に飲み物を買いに出たWilliamと街角で衝突、Annaの服がオレンジジュースで汚れてしまった。うろたえたWilliamは自分のアパートに連れて行き、服を乾かす。不器用ながらも誠実な彼に、Annaは好意を寄せた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1414879.jpg
e0059574_142388.jpg
e0059574_1421758.png
ハリウッドの大スターと小さな本屋の店員のラブストーリー?いやいや、んなわけないだろうと突っ込みながらも、コミカルな会話に引き込まれて、「そんなことがホントにあったら、いいなぁ」と思わせてくれる、現代版おとぎ話。主題歌のShe(←音が出ます)が、これまた泣かせる。『ブリジッド・ジョーンズの日記』(2001)や『ラヴ・アクチュアリー』(2003)の元祖とも言える上質のラブコメで、何度観ても楽しめる作品だ。


e0059574_1423349.jpg
e0059574_1424625.jpg
Hugh Grantの全盛期がちょうどラブコメブームと重なって、あのころ彼はラブコメの帝王でしたね(遠い目)。タレ目でちょっとはにかんだ表情が、憎めなくて可愛い。超イケメンじゃないけど、トータルでイイ感じ。彼にウソつかれても、意地悪されても、結局は許せてしまう。得なキャラの持ち主です。そんな彼の同居人Spike(Rhys Ifans)が、エキセントリックで強烈なインパクトがあって、ボケキャラの脇役なのに、アンタ、目立ち過ぎやろ(爆)


e0059574_143187.png
e0059574_1431346.jpg
Williamのお見合いシーンや、妹Honey(Emma Chambers)のバースデーパーティーのシーンは、色々な意味で忘れられない。フルータリアン(熟して木から自然に落ちた果実や種のみを食する人)という言葉を、この作品で初めて知った。パーティーの席では、大女優を前にして舞い上がるHoneyとKYなこの方のリアクションが、あまりにもかけ離れていて、人それぞれだなぁと。

人物描写が丁寧で、Williamを取り囲む人々の関係がとてもいいし、それぞれが良い意味でアクが強く、観ていて底抜けに楽しいのだ。ハッピーエンドに向かうときの躍動感や爽快感が心地よく、「William!頑張れ~!」と、思わず応援したくなる。ラストシーンの公園の2人も、ほーんとに良い雰囲気。素敵な余韻を残してくれる。


e0059574_1432625.jpg
Williamの本屋で働く(同僚?アシスタント?)兄ちゃん、チョイ役なんだけど、勘違い振りがお茶目。あんなタイプ、現実にもいる、いる。


[PR]
by amore_spacey | 2017-12-22 01:43 | - Other film | Comments(3)
Commented by CK at 2017-12-22 19:29 x
いつの間にかブログタイトル変わっちゃったー、けれども引き続き楽しみにしています。
Commented by CK at 2017-12-24 05:08 x
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=s5zCJAUU9w0
上のトレンディあるあるの法則1ですね
Commented by amore_spacey at 2017-12-27 00:31
☆ CKさんへ。
いらっしゃいませ&初コメありがとうございます。そうなんです、こっそりブログタイトルを変えました。もうずっと変えようと思っていたんですョ。

動画、観ました。面白かったァ。バブル世代なので、すごく懐かしいやら小っ恥ずかしいやら。出会いがしらに衝突した同じ日に、別の場所で再会のパターンは、少女漫画にもよく使われるますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ピーキー・ブラインダーズ シー... ピーキー・ブラインダーズ シー... >>